キャリア・ライフの自己研鑽カレッジ

フリーのキャリアコンサルタントが試験対策講座の運営、子供3人の子育てや趣味の記事を気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


自己効力感の尺度や自己肯定感の意味を理解して行動変容を導くキャリコン/第19回ケース2まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20170920185314j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。

 

現在開講中の第20回キャリアコンサルティング技能検定2級試験対策講座。  

www.careerlife.jp

この講座の中で、実技面接試験出題の仮想ロールプレイを実施し、

逐語録を分析してカウンセリング技法などの確認を行っています。   

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います。

 

でも、皆さんは自分のロールプレイを録音して聞いたり、

試験対策講座の先生に指導を受けたりはしていても、

文章に起こして添削されたことはあまりないのではありませんか?

 

案外、同じことを何回も言っていたり、

マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのカウンセリングプロセス

きちんと踏んでいるかなどは、その場の相談支援や指導の会話だけで

確認しきれていないのではないかと思っています。

 

そんな皆様に、今回は現実の逐語録をもとに、

実際のリアルなロールプレイをご覧頂いて、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。

 

※ロープレ内容につきましては、試験と全く同条件の表示はできませんので、

基本情報等は変更しておりますが、キャリアコンサルティングスキルの

確認という視点であれば、それほど違和感はないかと思います。 

 

CL役はニシワキさん、

CC役はスズキさん(仮名)

 

試験を受けない方でも相談を受けた時や

コミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。

 

相談事例

◆ケース2 ニシワキさん 40歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1 

ニシワキです。 

CC1

本日担当するキャリアコンサルタントのスズキです。

 

CL2 

はい。 

CC2

本日ここでお話頂いたことは我々

ャリアコンサルタントは守秘義務というのがございますので、

外に漏れることはありませんので、安心してお話ください。

またお時間の方が20分です、

限られた時間ですがリラックスしてお話して下さい。

椅子の位置はいかかがですか。(ああ、大丈夫です)

時計の方はすいません、こちらの方に向けさせて頂きます。

(ああ、いいですよ)

では、ニシワキさん今日はどうされましたか。

 

CL3 

はい、私大学院を私出まして、

自動車部品を製造している繊維会社に勤めて16年目になります。

実は去年4月に部署移動してから新しい仕事に馴染めないんですよね。

コミュニケーションもちょっと取りづらくて、

仕事内容もす気を遣うことが多くてですね・・・(はい)

緊張の連続で疲れを感じています。

上司に相談しても親身になってもらえませんし、

今後どうしたらいいのか分からず相談に伺いました。

CC3

そうなんですね、お疲れの中、良く来ていただきましたね。

(ありがとうございます)

まあ、繊維会社に大学院を卒業後に入社されて、

16年と仰ってましたか(はい)

16年、長くお勤めされていて、

4月に新しい部署に異動されたということで

仕事にもまだ慣れていないというところもあり、

コミュニケーションも取りづらいというお話もされていましたよね。

上司にもご相談されたけども親身になってくれないということで、

気を遣うお仕事ということで緊張感と共に疲れが続いてしまっている、

ということで今後どうしたらいいのかという

ご相談でお越し頂いたのでしょうか。

 

CL4 

はい、そうですね。

CC4

異動されてから1年近く頑張って来られましたね。

 

CL5 

まあ頑張った分、疲れているというか。  

CC5

疲れを感じているということですけど、もう少し疲れを感じている原因だったり、

ニシワキさんなりに色々思うところがあるようなので、

一つ一つ整理しながら行きたいと思いますので、

まずはニシワキさんが強く感じていることからお話頂けませんか。 

 

CL6 

はい4月に・・・、私は設計部門の人間だったんですけれども

(はい、設計部門)

そっから品質保証の方に異動がありまして、8カ月くらいかな、

色々ありましたけど、やっぱり疲れを感じてしまうというか、

今の仕事に馴染めないなというのを強く感じていますね。(う~ん)

CC6

疲れを感じて今の仕事に馴染めない・・・、

品質保証部門に異動されてというんですけれども、

異動された理由は聞かれたんですか。

 

CL7

いや~、異動ですよね・・・、人事異動なんかは結構

頻繁にあるので聞いてはいないですね。

会社側の都合で人事異動ですから、みんな聞いてもあんまり意味がないって。

聞いたから、それで戻れるわけでもないですし。

CC7 

みんなは聞いてないから聞けなかった。

その辺ってニシワキさんは気にならなかったですか。

CL8 

いや~気になりましたね。

まあ今までは設計の方で一生懸命やってきましたから、

品質保証と言うと少しやることも違うので、畑違いというかなんでなのかなと。

CC8 

でも、設計から品質保証・・・ですか。

モノ作りとして繋がっているような感じはしないですかね。 

 

CL9 

そうですね、設計したものを作ってますから。

CC9 

そうしましたらまずですね、今のところで慣れなくて合っていないのかなと

お感じになられているようなんですけど、以前居た部署では如何でしたか。

 

CL10  

ああ、設計の方は私、理工学の方を出ているので、

そういう意味ではそんなに違和感なく、

勉強したこともすぐに生かせるところもありましたし。

入社する時は私なりに調べて興味適正なんかもやって入りましたし、

仕事面に関してはそういう面で悩みというのは無かったです。

CC10 

就職するにあたって自分が勉強したことを生かせるところを探されて、

今の会社を選んで。

 

CL11 

そうですね、そのぐらいは私なら自分で出来るかなと思って当時やりましたけど。

CC11 

では、設計に入った時はどうでしたか。

生かせるところを念頭に会社を選ばれたということですけど。

 

CL12  

設計部門に入った時ですか・・・。(はい)

そのまま仕事に生かせてましたよね・・・あとはなんだろうな。

同期の人間なんかもいましたし(同期の方もいらっしゃった)

CC12 

何人くらい?

 

CL13 

同期で入ったのは10人くらい居ましたかね。

設計に来たのは3人くらいでした。

CC13  

同期の方は3人、上司の方とはどうでしたか。

 

CL14 

上司の方?関係性みたいなやつですか?

CC14 

すいません、はい。 

 

CL15 

上司は言った当時は私も若かったので・・・40歳位の上司で、

ちゃんと話も聞いてくれてね、話やすかったですけど。

CC15 

では職場の雰囲気としては、上司の方とは話やすかったし、

同期も3人居たのでニシワキさんにとってお仕事的にはやりやすかったんですか。

 

CL16 

そうっすね・・、今考えるとそうでしたね。

CC16 

どういうところがやりやすかったですか、人間関係以外で。 

 

CL17 

そうだな、仕事面はそのまま生かせてやりやすかったのと、

人間関係はコミュニケーションなんか比較的得意ではないので、

そういう意味では上司とかに話をしやすかったですかね。

年上だったし。 

CC17 

年上だったから話やすかったですか。

 

CL18 

それはやりやすい点ですね。 

CC18 

そうだったんですね、そうすると前の部門では上司も年上だったし、

同期も居たし、自分の勉強したことも生かせているということで、

やりがいを持って、お話を聞いていると

雰囲気もよくお仕事をされていたようですよね。 

 

CL19 

はい、特別疲れを感じていたなんてことは無かったですね。 

CC19 

疲れも感じずに毎日やって来られていた。(ですね)

そして異動して品質保証部門にいらしてからはどうでしょうか。

 

CL20 

品質保証の方は実際に傷がついていないかとか、品質検査ですから

作業が違うというのは感じますし、同期の人間も居なくて

知らない人が多いというのと、あとは上司が年下なんですよね。

(あっ、そうなんですね)

そういう面でなんか相談しづらいというか・・・、慣れてないんでね、

年下の人に気を遣うとか・・・

逆に気を遣ってコミュニケーション取りづらいですけど。

CC20 

そうなんですね、上司の方が年下でニシワキさんの方が気を遣ってしまう?

 

10分経過

 

CL21 

そうですね・・・、遠慮まで行かないですけど。

CC21 

そういえば知らない人ばっかりと仰ってましたけど、

年下の上司以外にはニシワキさんと同じ年代の方はいらっしゃらないんですか。

 

CL22 

年代の人は居ますけどね。

でも同じ部署になったことない人がほとんどですね。

CC22 

同じ部署になったことがないというのは?

 

CL23 

設計部から来た人間は居ないですね。

CC23 

本当に知らない人ばっかりなんですね。 

 

CL24 

そういうことになりますね。

CC24 

でも同じ年代の課方は、その上司の方とはどんな風に接してらっしゃいますか。 

 

CL25 

そんなに仲良くもなくというか、普通に接している感じですかね。

飲みに行ったりしているわけでもなさそうですし、

普段親身になって仲良く話している風も別に見られないですし。

CC25 

そうしますと、ニシワキさんにとって上司とご相談した時に

親身になってくれなかったと仰ってましたけど、

どんな風に声を掛けてくれたら、

この人は親身になってくれているなと思いますか。

 

CL26

話しかけた時は、そういうものだから、そういう仕事だからと

突き放された感じですかね。逆に上司として親身だったら、

どうしてそうなんだとか聞いてくれるとか、そんな感じなんじゃないですかね。

CC26

どうしてそう思ったのかを聞いて欲しかった?

 

CL27

大丈夫、どうしてそうなっちゃったのみたいな感じですかね。

CC27 

そうすると反対にニシワキさんが上司で、年上の部下が同じような

相談をしてきた時には大丈夫かと言って差し上げる?

 

CL28

まあ、そうですよね~馴染んでいなそうなのは気付いてあげたいというか。

CC28

そうですよね、そういうところがあったとしたら、

もしかしたらよかったのになとニシワキさんは思われているんですかね。

でも部下が同じぐらいの年代だったら、ニシワキさんは声を掛けられますか?

 

CL29

まあかけると思うんですけどね、余裕が無いとちょっと無理なのかな。

基本的にはそういう風に声を掛けると思いますけど。

CC29

あとは緊張感じて疲れを感じるとおっしゃってましたっけ。(はい)

その辺はどういうところが原因ですか。

 

CL30

やっぱり品質保証なんで、変な話ですけど厳しいですからね。

検査基準も高くなってますし、ミスした時に責任ていうのも大きいですから。

そういう意味で緊張しますね作業は。

CC30 

今は厳しくなっているとニュースでも言っていますからね。

なお一層責任感が強くなりますよね。

 

CL31

日産とかね、自動車業界は・・・スバルもそうかな。

違法な検査があったってことで揉めてましたからね。

CC31

そうですね、だから尚更、責任を持って頑張ってらっしゃるんですね。

 

CL32

そうなんですよ、やっぱりそれなりの人が見ないといけないんでしょうね。

CC32

でも凄い気苦労もあるでしょうし。

(はい、気を遣いますよね)

色々なことに配慮して行かないとですからね。睡眠は取れてますか?

 

CL33

あ~、帰って少しお酒飲んだりして遅くなる時はありますけど、

正直全然眠れないというのは疲れているんでないですけど

CC33

今まで色々とお話を伺ったんですけど、

ニシワキさんの今のお気持ちや状況を誰かにご相談されていますか。

 

CL34

まあ、妻には異動してから仕事が上手くいってないんだよと

話しましたけどね。

CC34

そしたらなんて。

 

CL35

いやいや子供がまだ2歳だから頑張ってよってねという話で、

言われたのと、今は妻が妊娠してましてね、2人目なんですけど・・・

だからそれ以上は突っ込んだ話は出来ないなと。

妻は妻で大変みたいなんで。

CC35

奥様が今妊娠中で2人目を身ごもっているということですからね。

それはそれでニシワキさんは嬉しいと感じられています?

 

CL36

ああ、長女は2歳で可愛いんで、ただやっぱりそういう面で気を遣うし、

疲れはしますよね。

CC36

そうなんですね、仕事でも家庭でも気を遣われて配慮されているんですね。

 

CL37

まあ妻がまだ家に居てくれる分にはまだいいんですけどね。

CC37

でもそしたら、経済的にはニシワキさんが頑張らないといけない

お立場なんですか?

 

CL38

そうですね、仕事辞めるっていう選択肢はあまり考えていないですけど。

CC38

なるほど、分かりました。

そうしましたら今の仕事を辞めるっていうお気持ちではない?

 

CL39

辞められないですね。

CC39

そうしたらニシワキさんにとって、

今後理想的な展開を考えたらどうなることが良いと思いますか。

 

CL40

そうですね・・・設計部門に戻りたいですね。

CC40

設計部門に戻りたいということですが、どうしたら戻れますか。

 

CL41

いや~会社の決める事なんで戻れないと思うんですよね。

CC41

会社が決めたことだから戻れないとお感じになってるんですね。

先ほど品質保証部門に異動した理由を気になっているんだけど、

誰も聞いていないから自分も聞いていないとおっしゃっていたじゃないですか。

そういうのってどなたかに聞いてみる事は出来ないでしょうか。

 

CL42

いや~、聞くとね、例えば今の職場は嫌なのかとか、

そういう詮索もされるかもしれないし、

それを聞いたからと言って部署移動が出来るわけでもないと思うんで。

CC42

でも、もし異動の理由を聞いて一緒に会社の制度なんかを聞いた上で、

よく一般的には開発部門に繋がる部門に、

修行じゃないけど何年か行ってまた戻ってきた時に役立てるために異動とか、

あとはステップアップのための異動など

会社方針があるということも聞くんですよね。

 

CL43

ああ、そうですよね・・・そういうのがあるのかもしれませんよね。

CC43

前に居た部門の上司の方は年上で、とても話しやすいと仰っていたので、

そこの責任者の人はニシワキさんの異動を職場から出して

違うところに異動させるっていうのは上の方ならご存知じゃないのかしら。

(そうですね、確かに)

 

ピピピピピ・・・。

 

ここで時間切れとなりました。

 

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

ここから口頭試問のロールプレイです。 

 

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

SIK1 

この相談者の相談したい問題点とは何でしたか。 

CC1 

はい、この相談者の相談したい問題点はなにかということですね。

大学院を卒業して繊維会社に勤めて16年従事されていて、開発部門から

4月に今の検査部門に異動されたということで、

慣れない仕事の中頑張って来られたんですけど、

上司に相談したら親身になってくれなかったことや、

検査部門ということで気苦労をされて仕事をやっているということで

疲れを感じている、緊張しているという状況で今後どうしたらいいのか、

悩まれて相談にこられたことが問題点だと思います。 

 

SIK2

では、キャリアコンサルタントとして考える相談者の問題点は何ですか。 

CC2

キャリアコンサルタントとして考えるこの相談者の問題点としては、  

4月から検査部門へ異動したことがこの方の転機に直面したことだと思います。

異動して頑張ってこられたんですけれども、責任感だったり、

家族のことを考えたりで、頑張らなきゃいけないと、

とても真面目な性格がゆえに、自分が思っていることを聞けない、

例えば自分の方から検査部門に異動したことは

とても気になるけども聞けないというような情報不足だったり、

聞けないコミュニケーション不足を感じます。

あとは何故異動したのか聞けてないということもあるので、

会社方針や制度のことも情報不足と感じますので、

会社ということでの職業理解も不足しているのではないかと思います。

あとは仕事を辞めないと仰っていますが、

この方の中長期的なキャリアプランがまだ不明確と感じました。

 

SIK3

今のロールプレイで良かったところ、悪かったところを言ってください。  

CC3

はい、良かった点と悪かった点ですね。

まず良かった点は、最初はとても自己効力感が下がっていたので、

丁寧にお話を聞いていくことに務めました。

感情や思いに応答していくことで少しずつ言葉数が増えてきたところは

良かったと思います。

だからこそ、今の会社は辞めないという素直なお気持ちが聞けたことは、

良かった点だと思います。 

悪かった点は、とても自己効力感が下がっていたので

どう話を進めて行けばこの方が心を開いてくれるのかということに、

意識が行ってしまった為に、目標設定や方策まで行けなかったところは

悪かった点かなと思います。

今後はもう少しテンポよくクライエントの方が考えていることを

導き出せるような問いかけを工夫して行きたいと思いました。

 

SIK4

では、次回の相談機会があればどんな支援を行いますか。

CC4 

はい、次回の支援ですが今回はニシワキさんの思いや感情を

丁寧に聞くことに徹しましたので、

先ほど言った通り目標設定や方策まで行くことは出来ませんでしたので、

目標や戦略を立てられるような支援をしていきたいと思います。

まず、異動の理由、会社制度についてニシワキさん自身に

情報収集してもらった結果を聞きながら

ニシワキさんがそれをどう思ったのか聞きながら、

これからどうして行きたいのか確認しながら、

今後の戦略を一緒に立てて行きたいと思います。 

 

SIK5

では、最後になりますが相談者との関係構築は出来たと思いますか。

CC5

はい、相談者との関係構築はほぼ出来たと思います。

最初はとても言葉数が少なかったのですが、お話を丁寧に聞き、

感情に応答をしていくことで少しずつ言葉数も増えてきて、

心を開いてくれたのではないかと感じています。

なので今の部門というよりも会社は家族のことも考えて、

辞める気持ちはないと聞けたことは良かったので、

関係構築は出来たと思っています。 

 

SIK6

では、本日はお疲れ様でした。

CC6

ありがとうございました。 

 

おわりに

自己効力感の尺度や自己肯定感の意味を理解して

行動変容を導くキャリコン/第19回ケース2まとめのまとめです。

 

今回はシンプルに実際のロールプレイのみをご紹介しました。 

 

この方の3カ月前のロールプレイはこちらの記事になります。 

www.careerlife.jp

この受講生がどのように成長したのか、その差を理解することで、

同じような傾向やクセのある方の改善方法が見えてくるかもしれません。

 

また、2級検定合格のため、自分に何が足りないのかを

分析するために役立てて頂ければ幸いです。  

 

文章に起こして逐語録としてまとめるのは大変ですが、

指導者として気付きも多く、冷静に分析出来て為になりますね。

 

どこがどのように出来ていないのか、

物凄く分かりやすくて私自身も勉強になりました。

  

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームへ!

お問い合わせお待ちしております!

もちろん、自分が本当はどうしたいのか分からない方、客観的に知りたい方、

キャリアプランの相談もこちらまで!

goo.gl

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

テキスト販売中 

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、

合わせてお読み頂けると大変嬉しいです。  

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp  

 

www.careerlife.jp

 

 

Copyright©2017careerlife All Right reserved