キャリアトーーク!

利他の心を追求する「埼玉のキャリアコンサルタント」試験対策講座の運営や実践的スキルアップも応援しています!!

【SPONSORED LINKS】


我が社も見習いたい働き方改革5つのムーブメント【日本マイクロソフト編】

【SPONSORED LINKS】


 

はじめに

f:id:career-life:20171101170337j:plain

名もなきキャリコンこと敬天愛人です。

 

以前、トヨタの「働き方改革」について記事にしたところ、

関心度も高いのか、たくさんの反響を頂きました↓

www.careerlife.jp

日本の働き方改革を担う先方はトヨタ自動車と思っていましたが、

リサーチしたところ・・・、

まだまだ働き方改革を推進している素晴らしい企業・取り組みがあります! 

 

そんな日本の働き方を変えようとしている、働き方改革推進企業を厳選し、

お届けしますので、是非、ご覧頂きたいと思います。
 
さて、今回は「日本マイクロソフト」の働き方改革です。 

 

特徴や取り組み内容だけでなく、

自分の働く企業に照らし合わせながら見て頂けると、

有意義な時間が過ごしてもらえると思います。

 

では、 

我が社も見習いたい働き方改革5つのムーブメント

【日本マイクロソフト編】

 

行ってみましょ~う!! 

 

「日本マイクロソフトの働き方改革」

www.microsoft.com

日本マイクロソフトでは働き方改革ムーブメントと銘打って、

自社の取り組みだけでなく、様々な企業・団体とも協力し、

継続的に「働き方改革」の活性化を図っています。

働き方改革 ムーブメント - Microsoft for business

 

うーむ、こういう周りを巻き込んだ、

しかも企業の垣根を超えた取り組みは凄いですね。

 

起業だけでなく、政府や役人とも意見交換しながら推進しており、

かなり理想的な組織開発、改革の進め方なのではないでしょうか。

 

正直、内容も幅広く深いためどう伝えようか迷ったのですが、

キャリアコンサルタントとしては人事を主眼においた取り組み、

社員制度と環境についてご紹介したいと思います。

 

まず、最初に素晴らしいと思ったのはコンセプトが明確なことです。

 

「すべての垣根を取り払い、

 一人ひとりがいきいきと働ける環境を」

 

マイクロソフトのダイバーシティにおいて社員制度と環境に目をやると

この言葉がすぐに飛び込んできます。

 

私はこういったアイ・キャッチ・コピー

表現方法がいかにもダイバーシティらしくて好きです(笑)

 

続いて、すべての人が生き生きと働けるように、

将来のキャリアビジョンに向かって、

自己実現と成長のために活用して欲しいと記載されています。

 

自分にあった働き方を選ぶ
  1. テレワーク制度
  2. 短時間勤務制度
  3. 快適なインフラ

テレワークでは最大週5日の利用、

フレックス制度のコアタイム廃止を実施しています。

 

短時間勤務制度では1日3時間まで勤務時間を削減できるそうですから、

超驚きです!

 

どうやって業務分担やタスク管理をしているのでしょうか。

普通に知りたいです。

 

健康に働き続ける
  1. 超過勤務の削減
  2. 健康セミナー
  3. 健康イベント
  4. ヘルスケアルーム
  5. メディカルルーム
  6. カウンセリング

働く上で一番大切なのは心と体です。

充実した健康増進の取り組みがなされており、

月一回、なんと、業務時間内に

無料でマッサージが受けられるそうです(笑)

※カウンセリングも匿名で無料相談可能。

 

働きがいを実感する
  1. 大きな裁量
  2. シンプルな評価制度
  3. 社員意識度調査

キャリアコンサルティングも一緒ですが、

働きがいを尊重した取り組みですね。

 

仕事の裁量範囲や権限委譲の効果というのは、

戦争時(非常時)の人材活用やメンタルヘルスの分野でも実証されている通り、

人間のポテンシャルを最大限発揮させる合理的な手法です。

 

そこにシンプルで透過性の高い人事制度を整え、

社員意識度調査、いわゆる人事アンケートは目安箱の役割を果たし、

経営陣と社員が一体となった環境作りを行っているようです。

 

みんなで楽しみ、考える
  1. 多様性の推進
  2. コミュニティー
  3. 社内クラブ活動
  4. 社会とのつながり

もう十分すぎるほどマイクロソフトさんは考えているのですが、

まだまだ取り組みがあります。

 

コミュニティーの、

「ワーキング ペアレンツ コミュニティ」制度は面白いですね。

 

こういうデメリットのありそうな仕組みを、意見を吸い上げるだけでなく、

会社側が率先して実現するのが更に素晴らしいと思います。

 

マイクロソフトで成長する
  1. 社内公募制度
  2. メンター制度
  3. グローバルタレントプログラム
  4. 英語・スキル 

もう企業体ではなく、一つの社会を形成してますね(笑)

 

社内公募はありがちなんですが、

常時webで空いているポジションが表示されていて

いつでも応募できるというのがスゴイ( ゚Д゚)!

 

例えば役職者がいきなり異動して大丈夫なんでしょうか ・・・。

 

メンター制度も自ら直接依頼できるなど自由ですね~。

 

グローバルタレントプログラムは部門長からの推薦があれば

他国で学べる仕組みのようですが、

一般の中小企業で取り組むのはちょっと無理かもしれません。

 

 

やっぱり、「」でしょ!!

 

 

おわりに

今回の

我が社も見習いたい働き方改革5つのムーブメント【日本マイクロソフト編】

は如何でしたでしょうか。

 

正直、ここまで素晴らしい取り組みをしているとは、

嬉しい驚きと自分の無知さにショックを隠せません。

 

今の自分が組織にいたら、この情報をどうやって役立てるか、

会社に提案するか、真剣に考えてしまいました。

 

みなさんは、みなさんの働く組織ではどうですか?

 

こういうのあったらいいな~、出来たらいいな~

という取り組みはありましたでしょうか?

 

この記事が少しでも、こういった創造や革新に貢献して、

皆さんの「働きがい」や「生きがい」に寄与したら嬉しいです!

 

それにしても、

企画だけでなく実践している企業、本当に凄いと思います。

そこで働く社員の方の幸福度も高そうです。 

 

我々も負けてられませんね!! 

 

では、今回の記事が皆さんのキャリアや職場において、

少しでも役立てば幸いです。

 

お忙しいところ、お読みいただきありがとうございました。

 

働き方改革の過去記事です、宜しければお役立て下さい。 

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

 

 

【SPONSORED LINKS】


Copyright©2017careerlife All Right reserved