キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


第22回キャリコン2級検定試験対策講座ケース➁パート7まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座の個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。  

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、実技面接試験出題の仮想ロールプレイを実施し、逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルやカウンセリング技法などの確認を行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

第23回検定に向けて、文字に起こされた逐語録を見て分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、指導者としての力を蓄えるチャンスとして役立てております。 

さて、キャリコン2級を受験される方は、こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回も言っていたり、ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

また、マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェックシステマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるかなど、その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、確認・改善が難しいのではないでしょうか。 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

そして、そんな細かなスキルまでフォローして成長に貢献していくのが弊社の試験対策講座!

試験対策講座後の「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はイノウエさん、CC役はスズキさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。 

では、行ってみましょ~う!! 

 

相談事例

◆ケース2 イノウエさん 32歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

井上です。

CC 1

キャリアコンサルタントの鈴木です。 

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

よろしくお願いします。 今日の面談時間は事前の説明もあったと思いますが、20分ということで時間を予定しております。その中でこちらから質問をしたりですとか、気づいた点を申し上げることがあるかと思いますけどもよろしいでしょうか?

 

CL 3

質問もあるんですね大丈夫です。 

CC 3

そうですね、大丈夫でしょうか。20分でもし終わらない場合には次回の面談ということも設定できますのでそこは安心してお話ください。

 

CL 4

わかりました。

CC4

それから言いにくいことがあったとしたら、それは遠慮なくおっしゃっていただければと思います。 

 

CL 5

すいません、ありがとうございます、わかりました。 

CC5

それでは面談に入って行きたいと思いますが、今日はどういったご相談でしょうか。

 

CL 6

私専門学校は Web について学んで広告代理店にまず入社しまして、そこに四年ぐらいいたんですけど今は Web 制作会社に転職しまして8年目になります。 

CC 6

8年目、はい。

 

CL 7

年内に子供が生まれる予定なので婚約者がいるんですけど、入籍してこれから家族のためにさらに仕事を頑張ろうかなあと思っていまして・・ただそんな矢先に上司からそろそろプロジェクト管理の仕事をやって欲しいと言われたんですが、自分には向いていないと思っていまして。

CC 7

ええ。

 

CL 8

引き受けるべきか悩んでいるんですね。 

CC 8

そうなんですね。

 

CL 9

今後の働き方も含めて今日は相談をしたいんですけども。 

CC 9

はい、わかりました。 井上さんは今 Web 制作会社にお勤めで年内にお子様が生まれるということで、婚約者もいらっしゃるということでこれから家族のために頑張っていこうと思う・・今思われていたところそんな矢先に会社からプロジェクト管理の仕事をやってほしいという風に言われて、ご自分には向いていないんじゃないかということで悩まれているということでしょうか。

 

CL 10

そうですね、結構悩んでいますね。 

CC10

結構悩んでいらっしゃるんですね。では今日の面談ではそういった井上さんのお悩み・・その辺を伺いながらですね、一緒に解決の方向を見つけていけたらなーと思うんですが。

 

CL 11

ありがとうございます。

CC 11

お仕事の話を伺いたいと思うんですが、今お勤めの Web デザイン会社の仕事というのはプロジェクト管理を任されるというか依頼される前、現在のお仕事はどんなことをやっているのですか?

 

CL 12

基本的に私はデザイナーをやっていまして、 Web デザインですとかそういった仕事を担当しています。 

CC 12

Web デザインというのは専門学校でそういった勉強されたんですか?

 

CL 13

Web についてはずっとやりたいなと思っていたので、前の広告代理店だとフォーマットがあって入力する作業とかが多かったんで、どちらかと言うとクリエイティブな感じではなかったんですよ。なので Web でのホームページ作成だとかデザインに特化してやりたいなと今の会社に転職したんですけど。

CC 13

そうなんですね、井上さんとしてはクリエイティブなデザインのところをやってみたいなと。

 

CL 14

昔からデザインについてはやりたかったですし、仕事についても面白いというかやりがいも感じてますし。 それに特化してやっていきたいなというのは思っていましたね。

CC14

なるほど、今どんなところがデザインのお仕事でやりがいになってらっしゃいます?

 

~約5分経過~

 

CL 15

やっぱり自分にしかできないデザインとか・・そういうオリジナリティみたいのが出せた時って言うんですかね創造性と言うか・・・ 他にも Web デザイナーがいるんですけど、競争みたいな感じでいかにいいデザインを作るかという感じになってくるんで、そういう周囲の評価もありますし、会社として良いウェブデザインが提供できれば利益にもつながるのでそういうところはやりがいは感じます。 

CC 15

う~ん、ご自身でしか生み出せないようなデザインを作った時に、それを評価されるとやりがいを感じられるというところなんでしょうか。

 

CL 16

そうですね・・ Webデザイナーってそういうクリエイティブな職業なんで、そこが醍醐味のような気がしてますけどね。

CC 16

そうなんですね。クリエイティブな仕事っていうところに自分も好きだし、やりがいを感じていらっしゃるというところですね。

 

CL 17

自分にしかできないようなことをやりたいなというのは思います。 

CC 17

井上さんじゃないとというようなお仕事のやり方ですか。

 

CL 18

確かにそう言われると嬉しいですね。

CC 18

あ~そうなんですね。今まではそういったことができていたというところなんでしょうか。

 

CL 19

はい今まではやりたいようにできていたとは思います。 

CC 19

そういったところで今回のプロジェクト管理のお仕事をやってほしいという風に言われた時にどうでした言われた時に。

 

CL 20

う~ん・・・前々からなんですけど管理業務っていうのは向いてないなと思っていましたね~ですから言われた時は正直嫌だなと、向いていないのになという感じですね。 

CC 20

どんなところが嫌だなーと思うところですか。

 

CL 21

そうなんすよね~自分がやっているデザインとかこだわりを持ってやってるんですけど、自分以外の人のデザインもそうなんですけど色々なチェックとか管理をやってくと思うんですけど・・そういうところというのはまずやりたくないなぁと思っていたんですよね。あまり興味がないと言うか、マネジメントみたいな仕事じゃないですか管理になると。そういったところにあまり興味がなくて出来れば自分のやりたいようにやっていたいなと。

CC 21

うんうん。ご自分のマネジメントという意味ではいかがですか。自分の仕事の管理というか。

 

CL22 

私の仕事のマネジメントみたいな感じですかね・・・まあ進捗管理とかはプロジェクト管理の方がやってくれるんで、そんなに遅れが出るとか期限が間に合わないとかはないんですけど、 時折仕事に没頭してしまいますし・・どっかで妥協しないといけないんですよねデザインもずっとやるわけにもいかないので・・

CC 22

そうですよね、納期があってということですもんね。

(少し相談者の発言に被せるような印象あり)

 

CL23

デザインにこだわったとしても納期の問題もあるので、それを上司と話し合いながら妥協点みたいなのを探ってくんですけど落としどころというのかな・・そういう役目っていうのは結構大変だなっていうのは思ってましたし、結構好きにデザインをして・・後は上司と妥協点を探すみたいな感じでやってきたので、それが自分に向いてるのかなというのはちょっと疑問なんですよね。

CC23

うんうん・・ご自身の業務のマネジメントっていう意味でも、ご自身で意識されている部分と、プロジェクト管理全体を見ている方からのチェックが入っての進行状況っていうんですかね。

 

CL 24

そうですね、デザイン部門だけじゃなくて他のエンジニアさんとか担当領域がいくつかあるので、それぞれ納期を合わせたりとかタイミングを合わせなくてはいけないので・・そういった仕事、管理の方も重要な仕事のところなんでその辺は難しそうだなぁと思っていましたけど。

CC 24

あ~ご自身では今やってらっしゃらないけど、実際は管理していただいているという感じで・・

 

~約10分経過~

 

CL 25

うんうん。

CC 25

実際その仕事を見ていると大変そうだなと。

 

CL 26

自分にはあまり向いていないんじゃないかなと前々から思っていたんですよ。 

CC 26

先ほど他の方の所にあまり興味が持てないということでしたけど、それは全体としてホームページであるとかチームとして作っている部分があると思うんですが・・その辺に関してはいかがでしょうか?

 

CL 27

はい、プロジェクト単位で動く仕事ですとチームで動く仕事になるので・・リーダー的に進めるとかそういう要素は若干苦手かなと。結局は統括の責任者なんで責任も重いじゃないですか、家庭で色々あったのでそういうプレッシャーというか・・・ 色々と悩んじゃいまして。

CC 27

新しい責任と言うか、重圧とまではいかないかもしれないんですけど今までやったことがない管理というマネジメントのお仕事に関して前々から抵抗もあったし、このタイミングでというところがあったのでしょうか?

 

CL 28

そうですね・・結構今まで自由にやってきた人間なんで、自己責任といえば責任なんですけど、子供が生まれたりとか家族が増えるとかを考えると大丈夫かなーとか、ストレスもかかりそうなので、そういう面は心配は心配ですよね。 

CC 28

生活の面でも一人じゃなくて家族が増えるとなると今までとは違ってきますもんね。 

 

CL 29

はい、そういうのが重なってしまうとそういうのは重いなあと思うんですけど。

CC 29

うんうん、はい。今お話を15分くらい伺って20分の時間の中なのでちょっとここで一旦整理させて頂きますと・・

 

CL 30

わかりました、お願いします。 

CC 30

井上さんは今、ウェブのデザインというところで自分しかできないという仕事をされる中ですごくやりがいを感じていらっしゃったというところで、プロジェクト管理の仕事をやってみないかと言われた時にご自身の私生活の面でも変化があって、そこに新しいもともと苦手意識と言いますか・・向いていないんじゃないかと思っていた仕事を任されたことで戸惑ってらっしゃる。

 

~約13分経過~

 

CL 31

そうですね、はい。うんうん・・

CC 31

というところなんでしょうかね。

 

CL 32

はい。

CC 32

ここまでお話ししていただいた中で他に何か話しておきたい事ってありますか。

 

CL 33

実はちょっと引っかかってるところがあって・・管理の仕事についてなんですけどプロジェクト管理ですね。 

CC 33

はい。

 

CL 34

プロジェクト管理をやっている上司がいるんですけど、この方って結構すごいデザイナーの方だったんですよ・・・ 

CC 34

あ~すごいデザイナー。 

 

CL 35

今管理の仕事に移ってデザインからは外れてるんですけど、見ていると管理業務とか結局会議とかも多いじゃないですか。 

CC 35

うんうん多いですよね。

 

CL 36

だから デザイナーとしての凄さみたいなのがなくなっちゃって・・小さくまとまっちゃったっていうんですかね・・・すごい尊敬していた人だったのでそれってすごく残念なことだなーって思ってたんですよ。

CC 36

井上さんとしては上司の方をそういう風に見られているというところなんですね。

 

~約15分経過~

 

CL37

すごいなーって尊敬していて、そういう風になりたいなっていう自分がいたんですけど・・なんかすごく細かいこととか言うようになっちゃって、面白みのない先輩になっちゃったんですよね。だから自分もそうなってしまうんではないかなという不安もあって・・そういうのを見ているとあまりやりたいと思わないんですよ。

CC37

あ~。

 

CL 38

そこは正直なところ悩むことの一つなんですけど。 

CC 38

悩むことの一つということで・・何かその上司の方に自分を重ね合わせて、今やりがいを持ってらっしゃることができなくなってしまうんではないかという不安はお有りなんでしょうか。

(本音や感情の吐露に対する配慮) 

 

CL 39

そうですね、デザイナーに特化してやりたいと思ってこの会社に来たので、その中でその部門から抜けて管理の仕事をやっていくとなった時に、嫌になってしまうんではないかなとか向いていないんじゃないかなとは思うので・・そこは何でしょう、やりたいと思う事ともギャップはあるのかもしれないので悩みます。 

CC 39

うんうん、それはその話を上司の方に伺ったことがありますか ?

 

CL 40

いや~、まだその話を聞いてないんですよ。引き受けるかどうか、プロジェクト管理の仕事を任せたいというところも言われて、ちょっと考えさせてくださいと言っただけなんで・・具体的には言ってないんですよね。

CC 40

その上司の方がどういう風な考えで井上さんに任せたいと思ったのか、上司の方自身が元デザインをやってらっしゃって、管理の仕事を今やる中でどういうふうに考えてらっしゃるのかというところは具体的には聞いてらっしゃらないというところなんですね。

 

CL 41

そうですね、今のところ聞いてないですね 

CC 41

そしてこれから井上さんがその仕事をどういう風に、いつぐらいからどんな形で受けるのかというところは伺ってはいないですか?

 

CL 42

まだ婚約者にもそういう話はしてないので・・そこも相談してからだなぁと思ってまして・・・

CC 42

それは何か相談しづらいというところがあるんでしょうか?

 

CL 43

やっぱそうですよね、管理の仕事になるのに悩んでるなんてちょっと頼りないから嫌じゃないですか。 

CC43

あ~、結婚されたばかりで家族の大黒柱じゃないですけど自分がしっかりしてやらなければという思いなんでしょうか。

 

CL 44

まだ入籍はしてないですけど一応仕事自体は頑張ろうかなという気はあるので・・・その辺がうまく説明ができなくて・・・・やる気がないわけではないんですけど。

CC 44

ええ、ええ。そうですよね。これから頑張って行こうと思ってらっしゃるところでしたもんねきっと。

(視点の切り替えと状況確認)

 

CL 45

そうなんです。 

CC 45

わかりました、今お話を伺っていて気づいた点があるんですがお伝えしてもよろしいでしょうか。

 

CL 46

はい。

CC 46

上司の方とプロジェクト管理のお仕事に関してまだ具体的にお話をされていないというところで、ご自身がその仕事を受けた後でどんな風になっていくのかという所が、今のデザインの仕事をひっくるめて(含めて)先々のことが具体化していないというのがあると思うんですよね。

 

CL 47

そうですね。

CC 47

だからその辺の上司の方の思いであるとか仕事の進め方とかやり方、そういったところも情報収集と言いますか・・この先どうなっていくかを考える上ではまず一旦お話を伺うというところが大事なことであるとも思ったことと、それから婚約者の方とのお話も大事なところかなと思いますが いかがでしょうか?

(CC視点の見立てと問題共有)

 

CL 48

はい、今後のこと家庭のことですね、婚約者とこれから入籍しますので気まずくなるのも嫌なんで・・・やっぱり考えていきたいところですね。 

 

~20分経過~

 

CC48

そうしましたら今日はもうお時間が迫ってきていますので、次回の面談で今お話ししたプロジェクト管理の仕事に関しての具体的な話を上司ともう少し深めていただくということと、それから婚約者の方に井上さんの今のお気持ちですとか、今プロジェクト管理の仕事に悩んでおられるということをまずは必要なのかなとも思いますが。 

(今後の展望と動機づけ)

 

CL 49

はい・・・はい。大事な気がします。 

CC 49

その辺を伝えていただいた上で今後どうしていこうかと、お仕事の方向性を情報収集した上で見極めていくというところでいかがでしょうか?

(方策のマネジメント)

 

CL 50

・・まず何からしたらいいですかね?

CC50

井上さんとしてはまずは婚約者の方にお話しすることをさきに進めたいですか?それとも上司の方にもう少し具体的な話を聞いてから進めたいですか?

 

CL 51

う~ん、そうだなあ・・やっぱり仕事を頑張りたい気持ちはあるので、上司からどういう経緯で仕事を受けていくのかとか、もうちょっと具体的なところは確かに情報収集不足なのでそこが先かなって思います。 

CC 51

そうなんですね、わかりました。でしたらその辺を次回の面談までに情報収集を進めていただくというところで、その内容をもとに婚約者の方にどういう風にお話をしたらよいのかというところを次回進めていきましょうか。

 

CL 52

ああ、それなら進められそうな気がするので大丈夫だと思います、わかりました。 

CC 52

じゃあそのような形で。 

(その他にも支援者としてできることはないか?最後まで相談者に寄り添う)

 

CL53

次回は何時頃来ればいいですか。

CC53

井上さんはいつくらいに上司の方とお話ができそうですか?

 

CL 54

今週中には話ができると思います。 

CC 54

そうですか、では来週のこの時間でしても大丈夫でしょうか。

 

CL 55

この時間であれば大丈夫だと思います。 

CC 55

じゃあまた来週この時間でお待ちしております。

 

CL 56

分かりましたよろしくお願いします。ありがとうございました。  

CC56

ありがとうございました。 

 

おわりに

さて、「第22回キャリコン2級検定対策講座ケース➁パート7まとめは如何でしたか。  

さて、皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、フィードバックやアドバイスを行うでしょう?

企業分野のキャリアコンサルティングで求められていることは何でしょうか?職業能力開発や職業生活設計支援する上で大切なことは何か・・・色々と考えさせられるテーマだと思います。

今回もこのように必要に応じて逐語録や添削指導を作成し、個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。   

www.careerlife.jp 

キャリアコンサルティングのアプローチは無限に視点があるので難しいですが、2級検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけですから、押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは必ず一定値存在するはずです。 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろんですが、一発勝負である本番の実技面接で人間相手に実践するスキルも必要です。 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、とある日の、ある一定のキャリコンスキルを点で見ているに過ぎませんが、 その一方で、少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?目標設定は?方策の実行は?

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して相談者が気付いていない問題点をCCとしての見地から見立てていきましょう! 

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m  

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

もちろん、自分が本当はどうしたいのか分からない方、転職相談や就職相談、客観的に自己分析を知りたい方など、キャリア相談もこちらまで!

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】  

www.careerlife.jp

 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、合わせてお読み頂けると役に立ちますし大変ありがたいです。 

www.careerlife.jp 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved