キャリア・ライフの自己研鑽カレッジ

フリーのキャリアコンサルタントが試験対策講座の運営、子供3人の子育てや趣味の記事を気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレケース①逐語録ver5前編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

さて、今回の記事は第20回キャリアコンサルティング技能検定2級

試験対策講座の個別指導で実施したロールプレイの逐語録になります。 

www.careerlife.jp

 

 

個別指導では、実技面接試験出題の仮想ロールプレイを実施し、

逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認を行っています。 

www.careerlife.jp 

第21回検定に向けて、文字に起こした逐語録を見ながら

勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返って

個別指導の更なる質の向上に役立てたいと思います。

 

さてさて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います。 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞く、

試験対策講座の先生に指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振返った経験は少ないのではありませんか?

 

逐語録に起こすのがまず大変ですよね(笑)

 

ただ、逐語録に起こしてみると同じことを何回も言っていたり、

ご自身の喋り方の癖はもちろんのこと、

マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるかなど、

その場の相談支援や指導の会話だけで確認しきれていないと思っています。

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

※ロープレ内容につきましては、試験と全く同条件の表示はできませんので、

基本情報等は変更しておりますが、

キャリアコンサルティングスキルの確認という視点であれば、

それほど違和感はないかと思います。 

 

CL役はスギタさん、CC役はスズキさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時や

コミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。

 

では、行ってみましょ~う!! 

 

相談事例

◆ケース1 杉田さん 22歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1 

杉田です。

CC 1(場面設定)

キャリアコンサルタントの鈴木ですよろしくお願いいたします。

キャリアコンサルタントには秘密を守る守秘義務がありますので、

今日話しされたことは外に漏れることはありませんので

どうぞ安心してお話になってください。㋶

時間は20分になりますのでよろしくお願いいたします。

 

CL 2

わかりました、お願いいたします。

CC 2

今日はどういったご相談でいらっしゃいましたか。➀

 

CL 3
はい、私は今大学四年で情報関係の学部に在籍しているんですが、

就職してから趣味の時間を確保したいと思っていて

今まで一般事務の仕事を希望して就活をしていたんですね。

ただ内定がなかなかもらえなくて、そんな時に大学に就職支援室って

あるじゃないですか、あそこのアドバイスで it 業界を受けたんですよ。

そうしましたら、6月の下旬くらいにですね、

エンジニアの内定をもらいまして、いざ内定がもらえると

本当にこの仕事でいいのかなと不安になってきちゃいまして、

ちょっと今日伺ってみたんですが。

CC 3

不安になってきてしまった。㋖

杉田さんは大学で情報関係の勉強をされていて、

趣味の時間を取りたいので事務の方をご希望されていたんでしょうか。➁

 

CL 4
ああ、そうなんですね。

なんか事務員だと土日とかもお休みもあるし

残業もそんなにない職種が多かったので。

CC4

それで事務員を探していたけどもなかなか見つからなくて

it 業界のエンジニアそちらの内定を頂いたんだけども

それでいいのかどうかということでしょうか。➂

 

CL 5

ああ、そうですね・・・いざ決まるとなんかねっていう感じで。

CC5
いざ決まると不安ということなんですけども

どんなことが不安なんですか?④

 

CL 6
そうですね、一般事務の方はなかなか内定もらえなかったんですけど

it 系に来た途端結構あさり決まってしまったので

簡単に決まるってことは危ないんじゃないかなみたいな。

CC 6

簡単に決まるっていうのは危ないんじゃあないかなと。㋗

 

CL 7
人が足りなくて誰でもいいから見たいなことではないかなーとか、

きついのかなーとか。

CC 7
きついのかなーとか、誰でも受かるんではないかなと、

やばいのではないかと。㋗

 

CL 8
よくブラック企業とかって言うじゃないですか、

だからちょっと大丈夫かなと言うなところで不安に感じまして。

CC 8

なるほど、今大学の方からご紹介いただいて

ということだったんですけども、支援室の方ですね。

それは支援室の方からご紹介いただいた会社ということで、

それは他にも先輩方が入ってらっしゃるとか会社の情報っていうのは?⑤

 

CL 9

あーそうですね、三社その時はもらって受けてみたんですよね。

勧められるがままというか、先輩なんかもいる会社もあったんで

そんな形で受けたんですけど。

私が受けるところは先輩はいないんですけどね。

一応すすめてくれて受けて内定をもらったっていう感じですね。

CC 9

そうすると内定をいただいたところの会社の情報はよくわかっている?⑥

 

CL 10

もちろん求人票を見てますし、面接を受けて一応は

休みの件とか残業とかそういうところも聞いて

大丈夫かなというところで思ってはいたんですけど。

CC10

大丈夫かなーと思っているけども不安なんですね。㋖

 

CL 11

そうなんですよね。

CC 11

最初にお話を頂いた趣味の時間が取れるから

事務職を探していたってことだったんですけども、

そうすれば今の内定をもらったところだとその趣味の時間を

取れないかもしれないと思ってらっしゃるということでしょうか。⑦

 

CL 12

ああ、そうですね・・・ちょっと気になったのは it 系のお仕事だと

そのソフトの開発ですとか、アプリなんかもそうなんですけど

ある程度プロジェクトチーム単位で動くんですよね。

そういう仕事で動くってなると、それぞれのチームで優秀じゃないとか

優秀っていうのもあるって言ってたんで、その時間管理とか

ある程度プロジェクト任せみたいなところを面接で言ってたんですよね。 

CC 12

プロジェクト任せで時間が動いていくということですか。⑧

 

~約5分経過~

 

CL 13

忙しいのにも波があるし、業務もある程度チームに分かれている

というところなんだったんでそうすると詳細が分からないじゃないですか。

実働とか はどうなのかなとかそこまで突っ込んで聞けなかったんで。

なんかあっさり決まったぶんそういうところが大丈夫かなって。

CC 13

あっさり決まってしまって逆に不安になってしまった感じですか。⑨

 

CL 14

一般事務の方は結構受けたんですけどね、なかなか決まんなくて。

CC 14

一般事務の方は結構受けたんだけど、

なかなか決まらなかったということなんですね。㋗

その一般事務を受けた理由っていうのは趣味の時間をもてるから

ということだったんですけども、例えば会社から考えた時に

その会社を選んだ理由としていろんな言い方をされたと思うんですけども。

 

CL 15

一般事務のですか。

CC 15

そうですね、そういったときに趣味の時間を持てるから

この仕事にしようときっと思われて、そこら辺は採用する側としては

そういう方を採用したいのかなと思うんですけどもどうですか。⑩

 

CL 16
どうなんですかね、面接なんかも一通り模擬練習をしたりやりまして、

なるべくそういうのがあからさまに出ないような

建前じゃないですけどやってたんですけど。

ただ一般事務に対しての思いって言うんですか、

こういう業務をやっていきたいとか、一応言われた通りでは

書きましたけども薄かったかなっていうのはあったかもしれないですね。

CC 16

まあちょっと思いが薄くて採用には至らなかったのかなということ。㋗


CL 17

後は結構人気があるんでしょうね事務職っていうのは。

パソコンとかそういうスキルはそれなりに得意なんですけど

対人とかコミュニケーションってなるとまた違うのかなと思いまして。

CC 17

何社か受けたけど受からなかったということですよね。

今の内定をもらったところでもちょっと不安でというところで

杉田さんにとって時間というのがすごく大事になるんでしょうか。

今お話伺っていると趣味の時間とかチームごとに動いてるから

時間が不安定なのが心配とかっていうお話だったじゃないですか。

杉田さんにとっては時間がとても大事になるんですか?⑪


CL 18

やっぱり情報関係の学部に進んだのも、

高校も情報処理とかをやっていたので、

私パソコンでイラストを書いたりですとか

そういう趣味が中学生ぐらいからありまして、

そういうスキルとかも生かせたらいいなとか、そういうパソコンの

SNS ですとか、そういう仕組みでアプリとかで遊ぶのも好きだし

その オンライン ゲームとか色々あるじゃないですか。

そういうインターネットを使ってる趣味の時間というのは

優先的に欲しい思いがありまして、ああいうイラストなんかも

結構楽しくて今後もやってきたいなと思っていたので。

CC 18

SNS とかパソコンを使うようなものが好きで

そういったイラストを変えたいとかも好きで、㋗

そういう時間を確保したかったということなんでしょうか。⑫


CL 19

できればそういうのも、趣味と今まで学業をやってきましたけど

休みは休みたいとか。残業そんなにしたくないとか元々ありまして。

CC 19

もともと思ってらっしゃったんですね。㋗


CL 20

なんかバランスを取った方がやりがいがあるのかなとか。

充実するんじゃないかなみたいな漠然としてあるんですけど。

CC 20

仕事と自分の趣味とかのバランスがあったら、より仕事に対しての

モチベーションが上がるかなということでよろしいですか。⑬

 

CL 21
やっぱり好きなこともしたいですし、最初は就職して大変でしょうけど

そういう時間も確保してやってきたいなというのはあるので。

CC 21

趣味の時間を確保したいっていうことですけども、

最初はできなくてもしょうがないだろう

という気持ちではいらっしゃるんですね?⑭㋖

 

~約10分経過~

 

おわりに 

次回は、「第20回キャリコン2級検定

仮想ロープレケース①逐語録ver5後編」へ続きます。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

個別指導のご予約はこちらから 

受講生ファーストで指導中です!  

www.careerlife.jp

 

論述・実技面接対策テキスト販売中

キャリコン2級検定試験対策のテキストも販売しています。

ご興味のある方、お待ちしております!  

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、

合わせてお読み頂けると大変ありがたいです。  

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

 

 

 

Copyright©2017careerlife All Right reserved