キャリア・ライフの自己研鑽カレッジ

フリーのキャリアコンサルタントが試験対策講座の運営、子供3人の子育てや趣味の記事を気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレ④&口頭試問ver3総集編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

暑さもひと段落という感じで過ごしやすくなったと思ったら暑いですね~。

 

休み明けは憂鬱になりがちですが、

己に負けないように引き続き頑張って行きましょう(`・ω・´)ゞ

 

さて、今回の記事は第20回キャリアコンサルティング技能検定2級試験対策講座の

個別指導内で実施したロールプレイの逐語録になります。 

www.careerlife.jp

個別指導では、実技面接試験出題の仮想ロールプレイを実施し、

逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認を行っています。 

www.careerlife.jp 

第20回検定は終了しましたが、次回の第21回検定に向けて、

文字に起こした逐語録を見ながら勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返って

個別指導の更なる質の向上に役立てたいと思います。

 

さてさて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います。 

 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞く、

試験対策講座の先生に指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振返った経験は少ないのではありませんか?

 

逐語録に起こすのがまず大変ですよね(笑)

 

ただ、逐語録に起こしてみると同じことを何回も言っていたり、

ご自身の喋り方の癖はもちろんのこと、

マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるかなど、

その場の相談支援や指導の会話だけで確認しきれていないと思っています。 

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

※ロープレ内容につきましては、試験と全く同条件の表示はできませんので、

基本情報等は変更しておりますが、キャリアコンサルティングスキルの確認という視点であれば、それほど違和感はないかと思います。 

 

CL役は小田さん、CC役はスズキさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時や

コミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。

では、行ってみましょ~う!!

 

音声動画はコチラ!

逐語録と同時に音声を聴きながらロールプレイを勉強・体感・練習できます。

youtu.be

 

相談事例

◆ケース4 小田さん 47歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1 

小田です。
CC 1
小田さんおはようございます、

キャリアコンサルタントのスズキと申します、よろしくお願いいたします。

どうですか小田さん、席の位置なんかは話しやすい位置になってますでしょうか。

私はちょっと小田さんの方に向かせていただきます。

時計なんですが見える位置に動かしてよろしいでしょうか。

最初に2点だけお話をさせてください。

私どもキャリアコンサルタントには守秘義務がございまして

今日ここでお話しいただく内容というのは

小田さんの許可なく外部に漏れるようなことは一切ございませんので、

どうぞ安心して何でもお話ください。

それと今日のお時間なんですが、

20分間ということがあらかじめ決められておりますので、

大体今10時少し前ですので20分少し前くらいまでになります。

その範囲内で色々とお話をお伺いできたらと思います、どうぞご了承ください。

それでは小田さん本日はどのようなご相談でお見えになられましたか。

 

CL 2
私短大を出まして環境設備会社に今いるんですが、

もう27年目になるんですよね。

総務部の主任をしてまして、先日突然部長からですね、

管理職の試験というのを 勧められまして私自身が長い間、

事務職として補助的な仕事しかやっていないので

自分にできるとは思えないんですよね。

近い将来母がですね、介護が必要になるんじゃないかなと気になってまして、

ちょっとどうすればいいのか分からなくなって今日は相談に伺ったんですけども。

CC 2
そうなんですね、どうしていいかわからなくなったと。

小田さんは今の会社で27年目、長く頑張ってこられましたね。


CL 3
そうですね、長いだけなんですけどね。
CC 3
いえいえ、総務の主任をなさっているということなんですね。

 

CL 4
5年前からですね。
CC 4
5年も主任なさっているということで、

先日上司の方から管理職試験を受けないかと勧められて、

ご自身としては事務的な仕事でそういう風なことを思ってなかったと、

自信もないと、それに加えて一緒にお暮らしになさってるんですかお母様と。

 

CL 5
ずっと同居していて母は78になりますけど。
CC 5
78歳のお母様が近い将来ですか、

介護のこともを心配になるかもしれないということなんですね。


CL 6
ちょっと体調面が良くなくて施設に入れなくちゃいけないのかなと、

自分一人であんまりできなくなってる状態なので、

どうして行けばいいかなと思いまして。
CC 6
そうなんですね、今後どうしていけばいいのかと、

今お悩みになってる点が、 突然管理職試験のすすめがあって、

それに自信がないというお悩みがひとつと、それからお母様が近い将来、

二人だけなので介護が必要になったら小田さんご自身が中心になって

やっていこうという思いから、

そちらの負荷がかかってくるんじゃないかというお悩みという風なことで、

どちらの方からお話いただけますか。

 

CL 7
そうですね、管理職試験を勧められたことによって

母の介護の問題とかも気になってるので、試験のことですかね一番はというのは。
CC 7
管理職試験の返事というのはいつまでにしなければいけないとかはあるんですか。

 

CL 8
管理職試験の方は来年度の昇格になりますので、

年明けくらいには試験があるんで

年内にはちょっと結論を出さなきゃいけないですけども。
CC 8
今、自信がないと言われていることなんですが、

どういう風なことか詳しくお伺いできますか。

 

~約5分経過~

 

CL 9
あの、管理職の試験ということで管理職の方がいるんですけども、

やっぱり営業部から来た方というのが多くて、総務部長とかもそうなんですけど。

ある程度営業の方でいい成績を出されたりとか、

長年活躍された方が管理職試験を受けて管理職になっていくというのが

通例だったんですよね。

そういう方は総務とか上に立つという感じだったんですけど、

私が事務職しかやっていないので、

そういう周りから評価されるようなこととか、

すごいなあとか納得感が得られるような力が私にないのかなと思ってまして、

そういうところで自信が持てないと思うんですよね。
CC 9
なるほど、小田さんの思いからしたら営業の方で実績を上げられた方が

総務に来て管理職になられる方が多い。

小田さん自身は事務系しか事務的なお仕事しかご経験がないから、

周りからなるほどと思われるような自信が自分にはないと思われるんですよね。

 

CL 10
そうですね、周りから管理職試験を頑張ったとしても

うまく周りをまとめられるような

そういう力はないんじゃないかなと思うんですよね。
CC10
まとめられる力ということなんですよね、

ご心配な点があるということですね。

部長からはどういうお話で今回おすすめの話がありました。

 

CL 11
そうですね、まあ結構いきなりだったんですけど、人事面談ですとか、

その中で、君も長いし主任であるし、

まあそろそろ管理職試験を受けてみないかと言われて、私ですか?と

話したところ経験も長いしそういういろんな人のことをわかっているし、

そういうところは管理職としても行かせるんじゃないかと言ってまして・・・

言ってもらったと言うか。

母の介護も気になるし、

ちょっと考えさせてくださいとは言ったんですよね。
CC 11
部長の話で言うと長いし人のことをよくわかってくれる。

そういう期待があるんですよね、

そういう期待を聞いてどのように思われますか。

 

CL 12
確かに長くはやってきてますし、そういう色々な方の気持ちの面とか、

そういう面はある程度サポートと言うか裏方としてやってきましたから、

わかる気ではいますんで、そういう良さはあったかなと。
CC 12
従業員のサポートということで、

総務部長が言われるように気持ちの面をよく汲み取って

お仕事をされているということなんですね。

 

CL 13
そういうのをなるべく配慮するようにはやっていたと思うんですけどね。
CC 13
そういうふうな人の配慮とかそういう汲み取る気持ち、

組織をやっていく上で人のサポートってすごい強みじゃないですか。

 

CL 14
どうなんですかね、そこが管理職としてどういう風にやって行けばいいのかなと、ちょっとわかんないですけど。
CC 14
まあ、生かせる方法ということですね 。
その行かせる方法というようなことで、

今までの人のサポート力の強みをいかせる方法、

そういう風なのがご自身をお持ちだというのが分かれば

管理職試験に前向きに取り組めそうですか。

 

CL 15
どうですかね、そういうのがありますかね。
CC 15
なるほど~どうなんでしょう、今までの27年間、

小田さんどういうお仕事をされてきたんですか。

 

~約10分経過~

 

CL 16
今までですよね、最初に営業部の事務をやってまして、

そちらでは営業の方がいてお客さんから商品の受注を受けて

営業が取ってきた仕事ですよね。

取ったものの事務処理を全般的にやってまして、

ちょっとしたお金の管理もそうですし、

あとは事務員として電話応対とか色々やってましたけど、

そういったサポートですかね。


10年くらい前ですかね総務に来まして、

総務の方でも主に庶務的なこともやってきまして、

総務が間接部門ですから色々な部署のまとめと言うんですかね、

繋ぎ役というところで営業管理とか、

各種保険ですとか車を使ったりもしますし、

そういったサポートみたいなところが多かったですかね。

 

会社の中で大きな会議があればその準備とかね、

そんなのもやりますし・・・決算の時期とか役員会とか色々ありますので、

そういったときはそんな準備とかやってましたね。
CC 16
なるほど、今振り返ってみていただいて

営業部の方では営業事務ということで営業の方のサポート役ということで

お客様に対する連絡とか電話を受けたりとか、

そういう面でお客様に対する心遣いとかもお持ちだし、

営業マンの方のサポートということで、すごく真面目に真摯に行って来られて、

そこでも人のサポート、円滑に行くように力をスキルをお持ちで

総務の方ではさらに部門間の連携だとか、

重要な会議の運営とかもされていたということなんですね。

そこでも部門間の連携だとか、人に対するサポート力、

縁の下の力持ちとして役に立つ。

会議の準備なんかは先を見て読む力とか、

そういう風な上で組織の上では管理職に必要な力というのは

今まで培ってこられてると思います。

 

CL 17
スケジュール通りに動くところは確かにやってきたと思うんで。
CC 17
やっぱりそれにまじめに真摯に取り組まれてきて、

色々な方から助かったとか色々な話を聞かれての、

今回の管理職昇級どうかというお話だと思いますよ。

 

CL 18
そうなんですかね。
CC 18
5年間主任をされてきて、

その主任以前のお仕事とどういう風な形でプラスになったところとかありますか。

 

CL 19
総務の主任の方は総務が15人ぐらいいるので、

目標管理や人事評価のようなところは課長以上がやってますけど、

ちょっとした会議の補足的なところだったり、

後はいろんな悩みとかね部門間でうまくいっていないことがあれば、

それを確認して課長とかと相談したりだとか、

そういう場を設けたりもしますし、

それぞれの業務で問題が発生したりですとか、

そういった進捗とか 何か必要があればサポートもしますし、

そういったところはやりましたかね。
CC 19
総務の仕事にプラスとして、

部門間連携でうまくいかない時は尽力されたりとか、

あるいは相談事にも乗られるというふうなことが

それが主任としての役割という風なことで、

やっぱりみんなをリーダーシップをとっていくことだとか、

相談に乗って背中押すという風なことで

人に役に立つという面で頑張ってこられたじゃないですか。

 

CL 20
そうですね、それは引っ張ってるんですかね。
CC 20
ご自身そうおっしゃいますけども、やっぱ相談事にものって、

部門間の連携もとってということで

組織としての潤滑油の働きが十分されてきたとお見受けするんですがいかがですか。

 

~約15分経過~

 

CL 21
確かにそうですね、

そういうのは前向きに考えた方がいいのかなと思いますね。
CC 21
あと管理職になられて、

ご自身メリットという風な事っていうのは何かありませんか。

 

CL22
何でしょうね、メリットか。
まあ管理職になるとチャレンジじゃないですけど、

ある意味仕事のやりがいなんかも変わってくると思いますし、

当然長くいてね、女性管理職という形で成れるのも

目標と言うとあれですけどいいなぁと思うので。

あと管理職になれば仕事なんかも学びも多いと思いますし、

収入面とかそういった面もプラスになると思うので・・・

母も喜ぶんですかね、わかんないですけど。
CC 22
なるほど、管理職になったらまずモチベーションという意味で

仕事の幅が広がりますよね。

女性管理職ということで、

やりがいとかモチベーションの面でもという風なことだとか、

収入面もアップするということでお母様が喜ばれるだろうと言われましたけども、

お母様にはお話しされました。

 

CL23
まだちょっと母には心配かけちゃうかなと思って特に言ってなかったんですよね。
CC 23
なるほど、心配かけちゃうかなというのは

どういう風なことをご心配されるということなんですか。

 

CL 24
やっぱり忙しくなるとね母の面倒をみる時間も減るでしょうし、

あなたで務まるのというようなことも言うかなとか、そんなところですね。
CC 24
なるほど、どうなんでしょう今、 やりがい面とかあるいは収入面でも

お母様とのこれからの将来設計を考えていく上で給料アップというのも

マネーリスクというようなことを考えても将来設計にプラスにはなりますよね。

 

CL 25
まあ将来的にこうなっていきたいみたいなところは道筋が見えそうなんで、

確かにそうですねいいかなと思いますね。
CC 25
それと小田さんが仕事の幅が広がって、

モチベーションが上がって輝かれる姿というのは

お母様に喜んでいただけると思いますよね。

先ほども母も喜ぶだろうとおっしゃってましたけどね。

 

CL 26
そうですね、そうかもしれませんね。
まあちょっとできれば管理職試験をね、少し前向きに捉えて、

あとは母が今後どうするかというのちょっと考えたいと思いますね。
CC 26
ここまでのお話整理させていただいていいですか。

管理職試験の話が出て、最初ご心配というお気持ちだったんですけども 、

いろんなことをご自身の今まで培ってきたことを振り返って、

部長の言われたお話を咀嚼すると、

やはり自分にはできるんじゃないかと少し前向きになって、

管理職になったらメリットという風なことで収入面だとか、

やりがいも出てきてというふうなことも見えてきましたよね。

 

CL 27
そうですね、前向きに考えてもいいかなと思いますね。
CC 27
今お母様が喜んでくださるだろうということで、

お母さんの今後の介護のお体の心配という、

そういうご心配がなければ前向きに頑張っていけそうですか。

 

CL 28
そうですね・・・はい、そっちの方向性で考えたいと思います。
CC 28
管理職試験というのは難しいんでしょうか。

 

CL 29
まあ、ある程度会社のことを理解していたりとか、

お客さんのこともそうですけど、そういったところが試験には当然でますし、

対策なんか私も長く総務にいますし、

話は聞いているので多少頑張らなくてはですけど

絶対無理ってことはないと思いますので。
CC 29
まず一つに、 管理職試験に向けて総務なので色々分かってらっしゃる・・・

 

ピピピピピ・・・。 

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。 

 

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

SIK1

この相談者の相談したい問題点とあなたの考える相談者の問題点は何でしょうか。
CC1
まず小田さんの考えられている問題点としましては、

今まで27年間お仕事を頑張ってこられましたけども、

主任として5年間お仕事されていて、

ご自身思いがけずだったんですけども、

部長の方から管理職試験を受けないかという話があって、

それに対して今まで事務的な仕事しかしてないということで自信がなくて、

それにプラスしてお母様が将来的に介護の心配があるから

管理職になったら足枷になるんじゃないかなみたいなことでご心配な点があって、

管理職試験に前向きになれなかったんですけども、

過去の成功体験だとかご自身の培ってきたスキルを振り返っていただくと、

管理職試験に対してはできそうだという思いが見えて、

後はそれに対して準備をしていくという風なことと、

それをお母様に今後どんな風に話をして

これからの将来プランの中でお母様の介護とどう取り組んでいくかということが、

現時点でのご本人の問題点だと捉えました。

 

キャリアコンサルタントとして私が考える小田さんの問題点としては、

仕事理解の上で管理職の役割というのは

だいたい見ていてわかってらっしゃるんですが、

役責だとかこういう人がなるべきだとか、

自分はそれじゃないという思い込みがあって、

仕事理解の上でも管理職をすごく過大評価されていて

自分としてできるものでもないと思われていたという風な

仕事理解の乏しさがお見受けできるということと、

自分は部長からのおすすめがあったにも関わらず、

自分は事務職しか体験していないから自分はそういう器じゃないというようなことで自分の今まで27年間培ってきた強み、

スキル能力についてそれを管理職に向かって

活かして行こうというようなことが当初なかったという

自己理解の乏さがお見受けできると思います。

 

それから中長期的にはご自分のキャリアプラン

これから管理職になってキャリアプランを道を築いていくかに加えて、

お母様との暮らしのライフプラン、

これから介護の心配が出てくるというようなことで

そちらの情報収集とかプランニングを含めて

中長期的なライフプランニングができていないというようなことが、

私から捉えたご本人の問題点だと捉えました。


sik 2
今の相談でよくできたところとできなかったところがあれば言ってください。
CC 2
管理職試験に対する心配な気持ちと不安な気持ちをしっかり傾聴できて、

そこから過去の成功体験を振り返っていただくことで

自分にはできるんじゃないかと前向きになれたこと、

気づきが流せたというところができたところだという風に思っております。

 

できなかったところとしては、

管理職試験に対しては前向きになったという気づきが促せたんですが、

もうひとつの心配事項であるお母様のこれからの介護問題について

どう進めていったらいいかという風に不安がもうひとつの柱だったので、

それは情報収集をどうしていくかとか、

同じ年頃の方でそう言う知人が 相談するだとか、

今の状態を含めお聞きできなかったことと

今後進めていこうというところの合意がまだできていないというようなところが

できなかったところだと感じています。

 

sik3
今の相談であなたがやったことと、やろうとしたことは何でしょうか。
CC 3
まずやったこととしては、

管理職試験に対して前向きになっていただきたいというようなことで、

管理職試験そのものについて自分にはできないという認知の歪みがありましたので、

そこで過去の成功体験をもとに自己効力感を上げていただいて、

管理職試験そのものに対して前向きに捉えられて、

どうしようか冷静に判断できるような状況に持って行くという風なことが

カウンセリング中でやらせていただいたことで、

これからは実際にこれから管理職試験に

どう向かっていくかというのがひとつなんですけども、

もうひとつの心配事項であるお母様の介護問題ということで

これをどうプランニングしていくかということで

相談しながら色々な情報収集を得ながら

中長期的なライフプランを立てていくことが

今後の進めていく柱だという風に思っております。

 

sik4
では以上で口頭試問を終わります、本日はお疲れ様でした。
CC 4
ありがとうございました。 

 

おわりに

さて、第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレ④&口頭試問ver3総集編

のまとめです。 

これは実技面接試験前日に行った個別指導のロールプレイにおける

逐語録になるのですが、皆さんから見て如何ですか?

 

この日の講座では試験前日に全ケース5回分を3時間で全てこなしたこともあり、

受講生はヘトヘトになりながら頑張っていました(笑) 

 

その一方で、細かい点はさておきまして、

5連続ロールプレイでもここまでの内容、

キャリアコンサルティングプロセスが保てる集中力は素晴らしいと思います、

本当に頑張ってくれました!

 

改めてお疲れ様と言いたいです。 

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

もちろん、自分が本当はどうしたいのか分からない方、

転職相談や就職相談、客観的にキャリアの自己分析を知りたい方など、

キャリア相談もこちらまで!

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、合わせてお読み頂けると大変嬉しいです。  

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp
www.careerlife.jp
www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

 

Copyright©2017careerlife All Right reserved