キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

なぜ 弊社の受講生50%以上が実技面接に合格しているのかを知りたい方は、試験対策講座へお金を払う前にこのブログをお読みください。

【SPONSORED LINKS】


第8回1級キャリアコンサルティング技能検定ケース②口頭試問編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180914232537j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

 今回は前回の「第8回1級キャリアコンサルティング技能検定

ロープレケース②後編の続編になります、どうぞご覧ください。

 

口頭試問

ここから、口頭試問です。

 

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

SIK1

今回のロールプレイでうまくできたところと

うまくいかなかったところをそれぞれあげてください

CC1

うまくできたところは、事例相談者の方の不安点として

キャンセルになってしまった思いを丁寧にお話をお聞きしまして

今後どうしていいかという不安手についても受け止めることができました。

傾聴技法の頷き相槌を使って思いの丈を話していただいたので、

そういった意味では言いたいことを言って頂けるような

安心して話していただけるような関わり方や

関係構築ができて良かったなと思いますし、

それによってご自身がこういう風に進めていきたいんだとか、

そういった前向きな要素にも気づきを促しましたし

不安についても払拭できたのかなというところは良かった出来た点ですね。

うまくいかなかった点につきましては、

ご自身が提案していくというシステマティックアプローチで言うと

後半の部分に関しては一定の気づきを促せたものの、本来、

意思決定ですとかそこに向かうところのクライアント視点の必要性、

キャリアコンサルタント視点の問題把握、

そして傾聴が果たしてできているのかと言う確認について

時間的にできなかったのでそこはうまくできなかった点です。

 

SIK2

事例相談者が訴えた問題は何ですか、

指導者の視点でとらえた問題は何ですか?

CC 2

相談者の方が訴えた問題については今回派遣期間が終わってしまって、

仕事を探しているものの担当者の方からの仕事紹介が

積極的ではないということでしたが、

ご本人としては派遣ではなく正社員として希望の事務職に

就きたいという思いの相談者だったんですが、事例相談者の方からすると

無資格で厳しい状況であるし、パソコンスキルなどもないということで

傾聴でお話を聞いて 提案をしたもののキャンセルになってしまった

ということで果たしてその支援でよかったのかなということが

不安に感じていて、原点に戻ってカウンセリングに関して

改めて指導を受けたいということでいらっしゃったのだと思います。

それが事例相談者の問題点です。

指導者の視点で捉えた問題としましては、

ご自身でもある程度お気づきになられていたんですけども、

事例相談者の方の視点としましては、

前向きな相談者の方の意思はあるんだけども、提案や情報提供が

ご自身の価値観で進めてしまったんではないかという点、

後は事例相談者の方が気づいていない点として私が捉えた問題は

そこの意思決定に行き着くまでのクライアントの本音の部分ですとか、

意思決定に繋がるような思いですとか、そういった部分の傾聴不足、

それをキャリアコンサルタント視点だけでなく、

クライアントが言ったことを的確にちゃんと捉えられているのか、

傾聴できているのか問題に感じましたので、

そこも事例指導者としては問題としてとらえました。

 

SIK 3

解決のための目標設定をどこに置きましたか。

CC 3

はい、そうですね目標設定につきましては、

面談の中で事例相談者に気づいていただいた問題の方を

はじめに問題提起しまして、それについて共有し目標設定に向かいました。

まずは未来を描く、主体的な意思決定をしてから方策をしたい

ということだったのでそこをできるというような目標をまずは設定しました。

 

SIK 4

目標設定についてどのように共有しましたか。

CC 4

はい、 目標設定については相談者の方の前向きな意思をそのままできれば、

こちらからの提案ではなく、ご自身の意思決定した方策を

やっていただきたいという目標を設定しましたので、

この目標を達成することによって、事例相談者の田中さんの

今後の面談の不安が解消されたりですとか、

よりスキルアップに繋がるというところの意義を説明しながら共有しました。

 

SIK 5

どのような指導方策を立てましたか、

また実施できなかった指導方策は何ですか。

CC 5
実施した指導方策につきましては、主体的な意思決定について

意思決定支援プロセスを用いまして、メリットデメリットですとか

目標について行っていく上でのプランニングなどをしていたかなどの確認で

気づきを促し、まずは意思決定支援について具体的なレッスンを行いました。

できなかった指導方策に関しましては、

こういった意思決定支援プロセスというのは

行ったかどうかだけではなくて、システマティックアプローチの中で

例えば目標設定をどのようにしたのか、クライアント視点と

キャリアコンサルタント視点の問題把握をどのように行ったのか、

俯瞰的に振り返りながら指導をするような時間が取れなかったので

その辺ができなかったと思っております。

また、私がスーパーバイズできない時でも事例車相談者の方が

自分自身で周りの環境を上手く活用して練習したりとか 、

そういった環境への働きかけの指導も入れたかったんですけど、

今後につなげていく上では

次回そういった指導もできるようにしたいと思います。

 

SIK6

今回のロールプレイを通して、自分の何に気がつきましたか。

CC6

そうですね今回面談をして思ったのは、

どうしても後半部分で事例相談者の方の問題の核心というところまで

把握するポイントが絞りきれていないことを、

相談者に理解を得て解決に向かっていく、

傾向やクセなどの核心をつかむところがまだ弱いなと気付きましたので、

自分の課題点として自己研鑽していきたいと思いました。

 

SIK7

では自分に足りなかった指導におけるスキルについて

今後どのように研鑽しますか。

CC7

はい、自分のキャリアコンサルティングスキルについては

もう一度全体を俯瞰的に見ながら一つ一つスキルアップしていくことと、

後は自己評価、事例指導者として問題を捉える力、

そこを中心にスキルアップできるようにし事例指導ですとか

スーパーバイザーの方にスーパービジョンお願いするなどして

自己研鑽していきたいと考えております。

SIK8

では今日はお疲れ様でした。

CC8

はい、ありがとうございました。

 

~約9分30秒で終了~

 

おわりに 

次回は、「第8回1級キャリアコンサルティング技能検定

ロープレケース②まとめへ続きます。 

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

個別レッスンのご予約はこちらから 

受講生ファーストで指導させて頂きます!  

個別指導予約表 カテゴリーの記事一覧 - 勇気が出る!『キャリア・ライフ』の自己研鑽カレッジ

 

論述・実技面接対策テキスト販売中

キャリコン1級&2級検定試験対策のテキストも販売しています。

ご興味のある方、お待ちしております! 

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、

合わせてお読み頂けると大変ありがたいです。  

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved