勇気が出る!『キャリア・ライフ』の自己研鑽カレッジ

フリーのキャリアコンサルタントが試験対策講座の運営、子供3人の子育てや趣味の記事を気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


第7回キャリアコンサルティング技能検定1級【論述試験】必須問題解答例②

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180706171420j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

今日は以前公開した「第6回1級キャリアコンサルティング技能検定

論述試験対策 必須問題解答例④」に続きまして、 

 

【第7回1級キャリアコンサルティング技能検定の論述試験対策

必須問題解答例②】を掲載して行きます。

 

第7回は2回目の掲載となりました。

 

第7回検定は本試験も受けているわけなんですが・・・、

前回と比べて内容の質が格段と良くなった気がしますので、

他の参考書や前回の解答と比較しながら添削してみたいと思います。

 

感想はともかく、12月の1級キャリアコンサルティング技能検定に向けて、

私自身も皆さんと一緒に学びながら、ブログの試験対策と合わせて

情報提供していきますので参考にして頂ければ幸いです。  

www.careerlife.jp

 

1級キャリアコンサルティング技能検定 論述解答例 カテゴリーの記事一覧 - キャリア・ライフ

 

論述を勉強されている方はよくご存知だと思いますが、

回数を重ねるごとに内容も精査されていきます。 

根気は要りますが、成長する為には大切なルーティンです。 

 

ちなみに2級試験を受検される方の参考にもなると思いますので、

ご自身のキャリアコンサルティングについて

スーパービジョンを受ける気持ちで、客観的に振り返っても

新しい気付き、学びになり面白いかもしれません。 

2級の延長線上にある1級を是非、体感して見て下さい。

 

第7回1級キャリコン論述試験/事例1:【必須問題(全員解答)】

 次の文章は、事例相談者(キャリア・コンサルタント:女性40歳、相談歴2年)が事例指導を受けるためにまとめた事例である。この事例を読み、以下の問いに答えなさい。解答は指定された解答用紙(必須問題)に記述すること。

リンク先:キャリアコンサルティング技能検定HP

過去問題|国家検定キャリアコンサルティング技能検定

問題用紙:https://www.career-kentei.org/download/2017_7th_grade1jitsugi.pdf

解答用紙:https://www.career-kentei.org/download/2017_7th_grade1jitsugi_kaitou.pdf

問1 

この相談者Aについて、どのような問題があるか。

あなたの考えをその根拠を含めて記述せよ(15点)

  

問1解答例

相談者は人材紹介会社で実績と経験を買われて転属したことで、営業成績が上がらず退職して勉強しようかと考えている。

「自分の知識や経験なんか」の発言から仕事についての基本的な考え方が経営の専門知識の能力獲得のみに限定され自己イメージが狭く自己理解不足である。

「まずは知識を身につけないと」の発言から意思決定に必要な知識以外の職務能力などの情報を得られておらず仕事理解不足である。

「海外で勉強に集中」「収入がなくても問題ない」と言っており、MBA取得の費用や取得後の安定した働き方など中長期のキャリアプラン不足。

「妻も説得できる」から家族のサポートは得られておらず、相談などコミュニケーション不足。

(293文字/1行当たり約58文字)

 

【前回の回答】

Aさんは人の為になる仕事がしたいと就職し、営業で実践と経験を評価され転属したが成績が上がらず悩んでいる。

経営知識不足を要因と考え、専門的に学ぶ環境が会社になくどうしたらよいか分からず相談に来た。

「これまでの自分の経験が役に立たない」という発言から自己理解不足。

「営業の成績が上げられない」「まずは知識不足をMBAで」

という発言から仕事理解不足。

「今なら会社を辞めて海外に行くのもありかな」と、

中長期的なキャリアプランニングが欠けている。

「自分にしばらく収入が無くても問題がない」と発言しているが、

妻とのコミュニケーション不足や具体的なマネープラン不足もあり

ライフプランニングにも問題がある。

 (293文字/1行当たり約58文字) 

 

【気付いたことや改善点】

まずは冒頭の相談者の主訴の要約がまとまってきたと思います。

「相談者は実績と経験を買われ転属したものの、

営業成績が上がらず退職して勉強しようと考えている。」

改めて読み返すと上の方がスッキリしますかね。

 

どこで働いているかよりも、

転機の前後を捉えて、こういう悩みが発生したから困って来談した。

という感じがシンプルで良い気がします。

 

確かに会社や制度への不満は少し感じられますが、

どこで働いているかは相談者が強く訴えているポイントじゃないですし。

相談者は転属で営業成績が上がらないことがきっかけで

経営の知識不足だと認識し、退職して勉強しようと思っているわけです。

 

その後のキャリアコンサルタント視点の問題把握も逐語にある

相談者の発言を引用するだけでなく、「どうして〇〇不足」なのか、

CC視点の根拠をしっかり述べることが出来るようになりました。

文字数は皮肉にも同じですが、質はかなり違うのではないでしょうか。

 

 

問2

この事例相談者の相談者Aへの対応について、

どのような問題があるか。あなたの考えを記述せよ。(15点)

 

問2解答例

事例相談者は気持ちへの応答がなく傾聴が浅いため関係構築が不十分であり、相談者の問題の核心を捉えていない。

意思決定に必要な能力・経験などの自己理解不足、知識以外の職務能力情報など仕事理解不足への質問が出来ておらず、MBA取得前後のキャリアプラン・マネープランの必要性、家族や職場内でのコミュニケーション不足の必要性にも気付きを促していない。

自らの主観的な判断で推測に基づく情報提供や一方的な提案をして、同意のないまま目標設定しようとしているため、相談者の自立したキャリアマネジメントに繋がっていない。

最後の方策も利点・リスク管理など適切な選択肢の合意が出来ていない。

(282文字/1行当たり47文字)

 

【前回の解答】

事実確認を多くして相談者試験の問題把握を試みているが、

感情への応答不足と問題を共有するための問いかけ・要約が不足しているため、

CC視点の問題把握・共有化が不適切である。

目標設定においては、会社を辞めて勉強するメリットデメリットを比較して

整理するなど意思決定支援をしていない点や目標の合意もない。

所感から MBA の取得は有効とあるが、

家族とのコミュニケーション不足の確認や中長期的なプランを立てないまま未確認な状況があるにも関わらず情報提供を行っている点も問題である。

(229文字/1行当たり39文字) 

 

【気付いたことや改善点】

一見それほど違う回答には見えないのですが、

相談者視点の問題把握からCC視点の問題把握の書き方が違います。

今回の解答は、

「これが原因で傾聴が出来ていないから⇒関係構築不足なんだよ、

関係構築が不十分だから⇒相談者視点の問題把握が出来てないんだよ、

自己理解不足等(CC視点の問題把握)が出来ていないから⇒

主観や価値観で一方的に情報提供や提案をしてしまうんだよ、

一方的だから相談者との合意形成が出来ないんだよ⇒

だから同意のない目標設定や方策の実行は上手く行かない」

というシステマティックアプローチそのものでまとめています。

 

前回の「CC視点の問題把握・共有化」という一言だけでなく、

キャリアコンサルタント視点で捉えた問題点をそのまま記述することで、

事例相談者は何をどのように出来ていないのか、

具体的に説明するような感じで分かりやすくしました。

 

こちらの方が指導者らしい記述なのかなと思います。

 

言葉で「CC視点の問題把握」と言うのは簡単です、

一言で「自己理解不足」と言うのは簡単だと思います。

では、自己理解不足とは何か、この相談者のどこが自己理解不足で、

自己理解不足を促すアプローチをCCとしてどのように行えばよいかを、

一からきちんと説明して相手へ明確に伝えることは結構難しいものです。

 

なぜ〇〇不足なのか、どうすれば解消されるのかということを

更に指導者視点で分かりやすく丁寧に、事例を用いて説明できるような

レベルの高いスキルがないと1級合格は難しいのかもしれませんね。

 

あ、更にその場で事例指導者は相談者役やCC役となって、

事例相談者をレクチャーしたり見本を実演するくらいのスキルと

余裕も持ち合わせているとカッコいいですよね。

 

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

 やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」

連合艦隊司令長官・山本五十六氏の言葉ですが、

「やってみせ」が最初で、最後が「人は実らず」です。

人が実るから「やってみせ」ることが出来るのかもしれませんね。

 

それと、「教わる前に自分で調べろよ」と平気で言う人がいます。

 

じゃあなぜやってみせないのでしょうか?

 

やってみせる必要はありませんか?

 

やってみせる意義をとことん考えてみて下さい。

 

例えば、

 

あなたの尊敬する人が同じ状況で、

「教わる前に自分で調べろよ」と言いますか?

 

もしもあなたに小さい子供がいて、「あいうえお」を教える時に

「教わる前に自分で調べろよ」と言いますか?

 

 

やってみせるということは、他人に物事を教えるだけではありません。

自らも教え方や伝え方を学ぶことができるのです。

 

出来の悪い人に教えれば教えるほど、苦労すれば苦労するほど、

あなたの指導力が比例して上がっていくのです。

 

教えているようで、本当はお互いが教わっているのですよ。

 

だから人材を育てることが出来るようになるのです。

人に物事を教えることが出来るようになるのです。

 

率先垂範をやってみせることは自ら学ぶだけでなく、

あなた自身は周りから信頼してもらえ、学ぶ者の原動力となります。

 

信頼関係は学びを得る上で最大の促進剤です。

 

例えば学問の神となった吉田松陰は、染物に色を染みこませるように、

綿に水がしみ込むように、母親が乳飲み子に授乳するように教えなさい。

と、教えることの本質を説いています。

 

自分が先輩からそのように教えを受けたら

どう感じるかをよく考えてみて下さい。

 

だから、指導者の資質を磨けない人やスキルが足りない人は、

やってみせなかったり、やってみせる必要性に疑問を持たないのです。

 

一度でもいいので一緒にやってみせたらどうでしょうか、

それが人に物事を教える道、指導者への近道だと思います。

 

 

問3

あなたが、この事例相談者の立場なら相談者Aに対してどのように対応するか。

あなたの考えを記述せよ。

 

問3解答例

相談者の話を丁寧に受け止め関係構築を深め、相談者の問題を正確に把握し、面談の目標や方策について合意形成した上で、相談者が退職して勉強するかどうか適切な意思決定を支援する。

具体的には

①来談を労い守秘義務を説明し場を設定(ラポール)する。

➁相談者の知識不足の不安を受けとめ、自己効力感を高め関係構築を深める。

➂受容・共感で信頼関係を更に深め相談者の訴えている問題を把握する。

④相談者が問題の本質を掴めるように意思決定に必要な自己理解・仕事理解を深めて頂き、中長期のキャリアプラン・マネープランの必要性や職場内や家族とのコミュニケーションの必要性について気付きを促す。

⑤これらの事項を整理して適切な目標と方策を合意形成しアクションプランを検討する。

⑥以上を踏まえ、相談者が主体的に退職を考え勉強するかどうかの意思決定を支援する。 

 

【前回の解答】

まず感情の応答不足について受容・共感やラポール形成を是正し、

相談者の気づいていない問題点を探るための積極技法(問いかけ)を指導する。

目標の共有化についても相談者との共有化、

相談者が現在の状況を客観的に整理できるような意思決定支援をした後、

方策である提案や情報提供のプロセスを確認する。

相談者は自己理解不足であることから、

これまでの営業成績が評価された点を傾聴した上で、

今の職場に活かせる点がないか整理して能力とのマッチングを実施。

仕事理解不足については、実際に MBA 取得がどのように

今の仕事・業務に役立つのか利点を書き出して整理することで

冷静に判断できる状況を作る。

今後のキャリアプランについての方向性を中長期的な視点で考えてもらい、

妻とのコミュニケーション不足屋マネープラン不足を解消してから

相談者が会社を辞めて勉強するかどうか

適切な意思決定ができるように支援していく。

 

【気付いたことや改善点】

ここは基本的に問2で列挙した問題点を解決する内容にしています。

冒頭に事例相談者と相談者両方の問題解決に向けた目標を掲げ、

その後はシステマティックアプローチを指導者の視点で

順番通りに点検して解決のための対応をしていく感じですね。

この辺りまで来ると細かいですが解答の一貫性なども意識して記述すると

採点している側も見やすく点数の評価がしやすいと思います。

 

おわりに 

第7回キャリアコンサルティング技能検定1級

【論述試験】必須問題解答例②は如何でしたか?

 

今回の解答タイムは「67分」でした!

本番でも必須問題はこのくらいで書き終わると良いですね、

見直しも含めるとあと5分位短縮できればベストだと思います。  

 

こういう積み重ねが見えないけど力になっているのかもしれません。

実感が見えなくとも、諦めなければ道は開けるということでしょう。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございました。

 

2級の勉強方法はこちらを参考にして下さい(*´ω`*)

www.careerlife.jp

 

 

2級検定の試験対策講座をやってます! 

www.careerlife.jp

 

1級検定の試験対策講座も始めました! 
www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved