【1・2級キャリコン試験対策講座】1級技能士が運営中!

実践的スキルアップを確立する試験対策講座と更新講習の運営、中小企業支援を推進!個人事業主5期目のキャリアコンサルタント(4児のイクメン)

【SPONSORED LINKS】


野村克也氏の名言【勝ちに不思議な勝ちあり負けに不思議な負けなし】

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20181109152608j:plain

野村克也氏の名言「勝ちに不思議な勝ちあり負けに不思議な負けなし」

マー君(田中将大選手)が

ついにメジャーリーグから返ってきましたね!!(笑)

 

いや~楽しみ。

 

今年はプロ野球も盛り上がりそうです(*´ω`*)

f:id:career-life:20210321133432p:plain

さて、マー君を育てた名監督と言えば

生涯一捕手を公言していた今は亡き野村克也氏。

f:id:career-life:20210321150105p:plain
私も不出来な野球少年の一人として

30年以上前のサインボールを今も大切に保管しています。

 

彼の言葉に

「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」

という名言があります。

 

元々は松浦静山(松浦清 - Wikipedia)という人物の言葉ですが、

私は全てにおいて普遍的な真理であると考えます。

 

自分の力とは関係なく勝ちを拾える場合と

負けるべくして負けるという意味もありますが

単純に「勝ち負け」というだけの意味にとどまりません。

 

幸運と不運のメカニズム 

例えば、

幸運に不思議な幸運あり、不運に不思議な不運なし

と簡単に言い換えられます。

 

すべての事象には因果関係や必然性があるからこそ

自らの思考の具現化が行動となって事象を変化させます。

 

基本的に人生は自らが望んだ事象しか現れません。

 

一心

心が変われば態度が変わる

態度が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

運命が変われば人生が変わるからです。

 

ですから

私が幸運を手に入れたいと考えるのであれば

感謝の心を素直に持つことから始めます。

 

どんな人間であっても

生まれた瞬間から様々な恩恵を享受しているので

鏡を見るかの如く他人を見つめて

敬愛することが人生では肝要なのです。

 

世のため、人のためであればこそ、

あなたの個性が際立つことを忘れてはなりません。

 

それが自らの望んだ「真の自由」

実現する近道で幸せを運んでくれる人生だと私は思います。

 

また、我々は生まれる場所を選べないようですが

天意は生まれるべき場所へ運んでくれています。 

www.careerlife.jp

例えば私の周囲に嫌悪感を抱くような人は

ありがたいことに一人もおりません。

 

もしかしたら存在するのかもしれませんが、

周囲に居なければ存在しないのと同義です。

 

皆さんは存在しないものや

言われてもいないことを勝手に想像し膨らませて

自分で問題を大きくしてしまうことはありませんか?

 

そんなことに気を病むことはありませんよ、

目の前に居ないのですから。

 

一緒に居る時だけ少し悩みましょうね(笑)

 

私は自分が好意や興味を抱く人としか付き合いませんし、

人生の貴重な時間を奪われたくありません。 

 

ただ、様々な事情から「困った人だな~」と

周囲から評判の方に手を差し伸べる機会や

タイミングは時折、出現してきますよね。

 

しかし、手を差し伸べても・・・

すべからく

私の手を取ることはしないのです。

 

なぜなのか?と、考えました。

 

もしかしたら私が頼りないのかなとか、

信頼に値しないのかなとか、

そもそも人間性に問題があるのかもしれないので

自己内省し自らに問い続けるのです。

 

易経「陰陽と易の三義」

そして、

私の答えは古典である「易経」にたどり着きます。

 

結果として

が生じている人には

は受け入れられない・・

陰が極まれば勝手に自ら陽に向かうという真理です。 

www.careerlife.jp

陰が極まれば陽になり、陽が極まれば陰に転じる。

 

大きなお世話にならないよう気楽に生きる

まあ良いか悪いかの判断は天意に任せますが、

最近は大きなお世話はしないことにしています(笑)

 

元々大きなお世話できるほど

大した人間ではないが・・・ 

必要に応じて天意が勝手に運んでくれるでしょう。

※運も天意という名の「人」が運んでくれます

 

もちろん手を貸してほしいと

依頼されれば全力でサポートする一方で、

望まれないお節介はかえって

邪魔や迷惑になることも多いのかなと。

 

仕事に付加価値を付けることは

そもそも望まれているので

大いに頑張ってくださいね(笑)

 

まあ、この年になって周囲を見渡すと

少なからずそういう類の事象が

起こるべくして起きていると感じます。

 

少しは大人として

リフレーミングできているのでしょうか(笑)

 

天意を汲む

少し話は逸れましたが、

例えば天意という大きな大河の流れに乗らなければ

希望の場所には到達できません。

 

相反するようですが

「陰」の時代をどう過ごして

「陽」に転ずるのかが大切です。

 

その「時」が来るまで自分の信じる道を貫き通して

たゆまぬ自己研鑽を続けると

すべからく目指した場所へたどり着けると思います。

 

易経で言えば、

変易・不易・易簡である「易の三義」

「極まれば変ず、変ずれば通ず、通ずれば久し」

 

試験対策講座を望むような方は

自己研鑽を通してスキルアップし

合格を掴み取りたいわけですから

基本的に「陽」に向かいたい・・・

むしろ既に明るい世界へ転じているわけです。

 

だから私は望まれたとおりに

そのお手伝いを全力で全うすれば良い。

 

優しく後押しするイメージですね。

 

良い試験対策講座を開催して、

良いテキストを一生懸命作っていれば、

必ず誰かが見て評価してくれる。

だから絶対に手を抜いてはいけません。

※太字は野村克也氏の「人生の師」草柳大蔵 - Wikipedia氏の言葉です。

 

まとめ 

結局、何が言いたいのかと申しますと、 

キャリアコンサルティング技能検定の合否も同じです。

 

合格に不思議な合格あり、

不合格に不思議な不合格なし。 

 

天意が分かればこれから起こることも予測できるし、

不合格となった根拠が分かれば予め準備や対策ができます。

 

予感、予想、予測、予防、予約・・・

あらかじめ感じ、あらかじめ想い、

あらかじめ測り、あらかじめ防ぐ。

 

どれだけ対策を講じるかで

精度と確立の高い選択となり、

自然と最善の選択が最善の結果を生むのです。

 

感動が「小事」と「細事」を育み「大事」になる

予め準備をするには

感じること、敏感でなくてはなりません。

 

そして、

感じたら即、動く。

 

何かに気付いたら、自ら手を動かし

即、ノートに書くから記憶に残り身に付く。

 

私は未だに1級と2級の論述試験の解答例を記述する際には

解答用紙にきちんと記入してからエクセルに転記します。

 

www.careerlife.jp

また、テキストを新たに作る時も

必ずノートに書いて整理してからパソコンに入力します。  

www.careerlife.jp

 

一見、無駄な動きに見えるかもしれませんが

私はこの方が本当に身に付く気がしますし、

字には魂が宿っているような気もするので

未だにアナログなことも平気でやります。 

www.careerlife.jp

学問は綿にを染み込ませるかの如く。 

 

30分から40分のロープレ逐語録を作る時も、

自動入力ツールや他人任せにせず、

自らグーグルドキュメントの音声入力ツールに音読で

ロールプレイを改めて振り返りながら吹き込み

一人一人の面談傾向と技術を確認しながら

適切なアドバイスをその都度考え、

言葉に出して内省し、ブログに転記して校正を行います。

 

これは「小事」「細事」

「大事」を生むからです。

 

小さな事に気付き、指導方法やテキストを

常にブラッシュアップしていく 

それが試験対策講座の

醍醐味でもあるのです!!

 

「人間的成長なくして技術的進歩なし」

中学生から野球を志す上で

野村克也氏から教わって実践してきた言葉の一つです。 

 

うんうん、

勝手にスッキリ(`・ω・´)ゞ 

 

お互いの「道」を探求していきましょう。 

 

そんな私の試験対策講座に

ご興味がある方のご予約はこちらから

お問い合わせお待ちしておりますよ!!(笑)

 

引き続き、自己研鑽、自己研鑽です。

合掌。

 

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2021careerlife All Right reserved