キャリアコンサルティング技能検定試験対策&キャリア相談

当ブログへようこそ!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していくコミュニティです!

【SPONSORED LINKS】


参議院議員になった須藤元気氏の「和して同ぜず」から感じること

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20181109152608j:plain

前回の参議院選挙で当選した須藤元気氏をご存じだろうか。

 

 

たしか立憲民主党から比例で当選したのだが、

私は彼の立ち振る舞いや著書も好きであるから応援していた。

 

 

しかし、さっそくであるが立憲民主党へ離党届を出した。

 

 

どうやら、れいわ新選組の山本太郎氏の都知事選出馬を応援するため

立憲民主党の内部と意見が食い違ったことが原因のようである。

 

 

私は彼の著書にある、

「風の谷のあの人と結婚する方法」の一文を思い出した。

 

 

彼は著書の中で「和して同ぜず」とは、

周囲と争わず調和を重んじるが、自分の信念を持ち

安易に同調したり迎合したりはしない。

と書いてある。

 

 

キャリアコンサルタントの相談業務でもよくあることだが、

意見に同調することと意見を理解する作業は解釈も使う言葉も異なる。

 

 

以前のブログ記事にも書いたが、1400年ほど前に

「和を以て貴しとなす(真意がある)」を説いたのは聖徳太子であり、

www.careerlife.jp

2500年も前に「君子は和して同ぜず、小人は同じて和ぜず」と、

説いたのはあの孔子である。

 

 

正直、選挙運動を勝ち抜き、貴重な議席を確保してくれた

立憲民主党からあっさり離党するのはどうなんだろう?と、

一瞬疑問を持ったのだが、私も志や自分のなすべき夢のために

自分を信頼してくれた会社をあっさり辞めているので

ああ、むしろ同じ考えなんだなと思った(笑)

 

 

須藤元気氏は変わらず実直で、

初志貫徹を遂行しているだけなのだと。

 

 

また、

彼のことが少し好きになった。

 

 

死ぬまでに会ってみたい人物の一人である。

 

 

ちなみに山本太郎氏の演説を

たまたま渋谷ハチ公前で見かけたことがある。

 

 

私はあまり裏社会のことは詳しくないし、

彼にまつわる噂は色々あると思うが・・・

人を惹きつける何かを持っているのは確かだと思う。

 

 

もしも私が政治家を志すとすれば、

重光葵先生や原敬先生のような政治家を目指します。

www.careerlife.jp

そういえば政治家の先生方って、政策の展望ばかりで

こういう政治家を目指すとか、

こうなりたいってあまり聞かない気がします。

 

 

戦前の立派な政治家などを口に出すのはもしかして

GHQやアメリカ政府との関連でタブーなのだろうか?

 

 

 

私のような庶民には知る由もないが、

命を懸けて世界と渡り合う政治家が居たとしたら、

もしもそう感じることができる気迫が伝わってくるのであれば

全力で支援するし、心から応援するために足を運びたいと願い出るだろう。

 

 

まあ、私が知らないだけかもしれないが。

 

 

ともかく、

私もいつかこの人に会ってみたいと思わるような人間となり、

生きている時に拝まれ、死んでからは慕われる・・

そんな西郷隆盛さんのような人物になりたいものである。

www.careerlife.jp

 

 

とりあえず、

プチ西郷さんを目指してできることから頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved