キャリアコンサルティング技能検定試験対策&キャリア相談

当ブログへようこそ!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していくコミュニティです!

【SPONSORED LINKS】


キャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座 23回ケース➁パート3まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛仁です。 

 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座

個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。  

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、

実技面接試験に出題されるであろうロールプレイを練習し、

逐語録を分析して、キャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認を行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

第24回検定の合格に向けて、文字に起こされた

逐語録を分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、

個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、

指導者としての力を蓄えるチャンスとしても大切にしております。 

 

さて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、

試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

 

実際、逐語録に起こしてみると

同じことを何回もループして言っているなど、

ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

 

ロールプレイ全体の構成が俯瞰的に可視化出来ますし。

 

また、コーヒーカップモデルマイクロ技法など

細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるか?など、

その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、

本当の意味での確認・評価・改善は難しいのではないでしょうか。

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

 

そして、そんな細かなスキルまでフォローすることで、

受講生の合格と成長に貢献していくのが

弊社の試験対策講座の特長でございます!

 

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、

個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はナガヌマさん、CC役はウエタケさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに

役立つスキルですから参考にして下さい。 

 

では、行ってみましょ~う!!  

 

相談事例

◆ケース2 ナガヌマさん 48歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

長沼です。

CC 1

キャリアコンサルタントの上竹です。

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

よろしくお願いします。

今日は限られたお時間なんですけども何でも話しいただければと思います。

 

CL 3

ありがとうございます。

CC 3

次回またここでお時間を取ることもできますので

お話ししやすい所からお話しください。

 

CL 4

わかりました。

CC4

今日はどういったことでご相談に来られましたか。

 

CL 5

私、新卒で食品製造会社に入社しまして、もう26年目になります。

CC5

もう26年、はい。

 

CL 6

今の会社は実は10年前に吸収合併されたんですね。 

CC 6

ええ。

 

CL 7

仕事は入社した当時から営業の仕事を続けていまして、

ただ昨年の4月から物流管理部門に異動になりまして

課長をしているんですけども

今後新たなシステムの導入の計画というのがあるんですよ 

CC 7

はい、システム導入の計画で。

 

CL 8

はい、経験も知識もない自分がやっていけるのか

不安を感じていまして。 

CC 8

う~ん。

 

CL 9

いっそのこと転職した方がいいんじゃないかなと思うんですが、

どのように考えればいいのか分からなくなりまして相談したいんですね。 

CC 9

転職までお考えになられていらっしゃるのですね。

CL 10

そうなんですよ、

いっそのこと転職した方がいいんじゃないかなと思ったりもします。

CC10

うんうん。

 

CL 11

どうすればいいのか、どう考えればいいのか・・ 

CC 11

そうなんですね、26年間働いていらっしゃって・・

 

CL 12

26年目になりますね。

CC 12

そうなんですね、昨年4月から物流管理の方に

異動になられてなられたということなんですけども、

その異動になられたのは何かきっかけがあったんですか。

 

CL 13

新システムの導入だと思うんですけど

元々営業部門の方に私は居たんですが

新システムを導入するとなると少し若い方とか

システムに詳しそうな、後は経験とかですよね

そういったところで私が選ばれたということを

営業部の部長からは当時言われました。 

CC 13

営業部の部長から言われたんですね。

 

CL 14

はい。

CC14

その時はどんなお気持ちでした。

 

CL 15

あ~25年ほど営業をやってきましたのでまさか営業から・・

営業でも課長をやっていたので

自分が物流管理部門に行くとは思っていなかったものですから

驚きもあり営業を外されたような思いもあり

ちょっと複雑な気持ちですね。

CC 15

そうですよね・・25年営業をやられていらっしゃったら

そのままずっと営業で行かれるって思ってらっしゃったんですね。

 

CL 16

吸収合併した時もなんだかんだでずっと営業でやってきましたから、

このままずっと営業なのかなというのは確かに思っていました。

CC 16

同じく課長職で物流管理部門に来られたと言うことなんですけども、

1年半くらい経たれていらっしゃるんですか。

 

CL 17

そんなに経っていないですね、大体9ヶ月くらいですか。

4月からなので大体8ヶ月から9ヶ月くらいですね。

CC 17

9ヶ月くらい、そうなんですね・・9ヶ月経ってどうですか。

 

~約5分経過~

 

CL 18

普段のルーティンの仕事くらいは慣れてきましたけど、

まだ1年経っていないので一年の流れもわかっていませんし、

経験もそのくらいしかないので

物流の知識も全然今までやったことがないので

慣れたとはいえまだまだ戦力というか

課長の役割を果たしているかというとまだまだかなと思います。

CC 18

お仕事の内容とかも全然営業の時とは違って。

 

CL 19

やっぱり全然違いますよ、

物流ですと基本的に倉庫に居ることも多いですし、

車の運転がフォークリフトに変わったような感じもありますし、

物流だとフォークリフトも当然動かすんですけど

配送なので商品も入れたりするので在庫管理とか

納期もあるのでシステム的な仕事というか

管理業務は増えたかもしれないですね。

データ管理って言うんですかね・・

CC 19

そうなんですね。

 

CL 20

どちらかといえば・・はい。色々な在庫もあるので・・ 

CC 20

異動になった時に部長の方からお話があったとういうことなんですけど、

そのシステム導入に伴って今後システムのことを・・

構築というんですか、それをやって行くという話だったんですか。

 

CL 21

端的に言うと導入計画というのが去年くらいから出ていまして、

今年の事業計画で今年度中に導入しようと4月から導入予定なんですね。

CC 21

はい。

 

CL22

結局導入するための設備、設備に伴うシステム管理とか

そういったソフトなどもあるので、

そういうスタートアップって言うんでしょうか。

最初の導入計画からということですね・・私の仕事は。

CC 22

そうなんですね。

 

CL23

そこから始めているので・・そんなところですね 。

CC23

その時に部長から今後の事とか・・

 

CL 24

今後の事ですか。 

CC 24

何か聞いていました?

 

CL 25

う~ん、今は物流コストとか食品会社も色々な部署があるんですけど

結局どの部門もサービスの品質向上とか、課題としてもありまして

少しでもコストを削減するためには

自動システムというのがあるんですけど、

配送管理システムと運行管理システムというのがありまして、

こういったものは今物流にいる人間が疎いので、パソコンなどに。

CC 25

う~ん・・

 

CL 26

彼らの苦手そうな分野なので、

そういう意味では少し営業で利益や経費の削減、

いわゆるコスト削減などは営業の仕事でも通じるところはあるので。

CC 26

ええ・・

 

CL 27

そういったところを期待して今後そういう導入について

一緒にやってほしいなと、そういうことは言われましたけど。 

CC 27

新たに営業の視点で

システムの方をやってもらえないかなというところですか。

 

CL 28

それは確かに言ってましたね・・営業での視点でと、

営業は結構お客さんの話を結構聞きに行くので

お客さんの求めているニーズとか、

システム導入会社とのコミュニケーションもあるし

物流にいる人材はそういうのが少し苦手なので・・

どちらかというと内向きな人が多かったので

そういう外向きな人を入れたいというのは確かにあったかもしれないですね。

CC 28

そうなんですね、それで長沼さんが抜擢されたと。

 

~約10分経過~

 

CL 29

そんな経緯だったと思います。 

CC 29

そうなんですね、先ほどシステムの計画はあるけども

不安を感じてらっしゃるというところと、

いっそ転職した方がいいと思ってらっしゃるところで

どなたかご相談された方とかはおられますか。

 

CL 30

その話に関してはまだ相談はあまりしていないですね。

相談内容というのも難しいかなあというのもあるし、

私は独身なので普段も一人でいるので

家に話し相手がいるわけでもありませんし・・

あまり相談してないですね。 

CC 30

そうなんですね・・お住まいにご家族の方は・・

 

CL 31

私は独身なんですけど、

両親は健在なんですが別で住んでいるので。

CC 31

そうですか、お一人で。 

 

CL 32

寂しいもんですよ。

CC 32

いえいえ、そうすると会社の方で

色々行き詰まったりしますと帰ってからもどうですか。

 

CL 33

気を紛らわそうかなと思って趣味とかもありますけど、

やっぱり導入計画が決まってからは気が気じゃないと言うか・・

不安な要素が多いので帰っても落ち着かないというのはありますよね。

CC 33

あ~、落ち着かない感じ。

 

CL 34

はい。 

CC 34

今話したことをまとめさせていただいてもよろしいですか。

 

CL 35

いいですよ、お願いします。 

CC 35

長沼さんは昨年4月に営業を25年いらっしゃったところから

物流管理部門に部署の異動があってシステムの導入ということで

部署が変わったということなんですけども、

今までの経験であったりとかスキルや知識がないから

不安で転職した方が良いのではないかということで

悩まれていらっしゃるということだったんですけど。



CL 36

そうですね。 

CC 36

今はお話で伺っていましたら営業の時のお仕事を生かしてというか

部長の方からは物流管理部門でどちらかと言うと

外向きの方に来てもらって新しい視点でやってもらうという

お話もあったみたいなことをお聞きしたんですけど。

 

CL37

ええ、ええ。

CC37

もしかすると長沼さんは営業の時の経験とか

生かせるんじゃないのかなと私は思ったんですが・・

 

~約15分経過~ 

 

CL 38

ああ・・確かにコミュニケーションというか

お客さんとの折衝もあるし、確かに外向きな仕事は

得意といえば得意なんですけど、

どちらかといえば敵は内にあると言うか・・

今物流の管理部門にいるじゃないですか、

物流部門に部長と係長がいるんですけどその二人が消極的すぎて・・

CC 38

ああ~・・ 

 

CL 39

何て言うんですかね・・二人とも私より年上なんですよ。 

CC 39

年上なんですか。

 

CL 40

ずっと物流管理部門の人なので話しづらいというか、

あまり会話もしないような感じなんですよ。

昔の職人みたいな感じ・・私とはちょっとノリが違うと言うか。

CC 40

はい。

 

CL 41

システム導入は結構大変なことだし、

みんなと問題を共有してやっていきたいんですけど・・

なんか君に任せるよみたいな感じで他人ごとなんですよね。

CC 41

あ、お二人とも君に任せるよみたいな感じで、

他にはいらっしゃらないんですか。

 

CL 42

後は現場の主任とか社員とか・・5人ぐらいですかね。

CC 42

あ、そうなんですね。

そうしますとやはり今の部長と係長と長沼さんとで

システム導入に携わっていくような・・

 

CL 43

基本的に管理職はその辺になってくるので・・

上からもそんなお達しだったようで。

その二人はそんな感じだし経験とか知識は私よりもあるんですけど、

ちょっと不安要素として。

CC43

そうしますと目標なんですけれども、

今一番大きい目標としては転職されるか

今の会社のシステム導入を頑張るのか・・

というのがすごい悩まれていらっしゃる所。 

 

CL 44

はい、考えています。 

CC 44

まずは短期的というか小さい目標として

システム導入にあたっての部長と係長のコミュニケーションというか

そこら辺の仕事のやり方がスムーズに行ったら

もしかしたらその不安というのが

少なくなるんじゃないかなと思ったんですが・・ 

 

CL 45

確かにそうですね、でもすごい堅物で人の話聞かないんですよね。

どうしたらいいですかね。

CC 45

そうですか・・では、

今から残りのお時間、もし長沼さんが良ければ

そのコミュニケーションをどうやって取ったらいいのかというのを

目標にやっていくというのはどうですか。

 

CL 46

いいですよ、もしできるのであれば

何か良い方法などがあれば一緒に考えていただければ。

CC 46

それか長沼さんの方で

お話足りないところとか他に悩んでいらっしゃるところとか。

 

CL 47

転職の話は聞いてみたいなと思っていたんですけど・・

それはまた後でいいかなと。

まずはそのコミュニケーションの話ができればありがたいですけど。

CC 47

うんうんうんうん。

 

CL 48

何かしらアクションが起こせれば。 

CC48

では残りの時間があまりないんですけど・・

どうやったらコミュニケーションがうまくとれるかというところで

やっていきたいと思うんですけども、

長沼さんは部長と係長と何かミーティングとかでお話しされたりとか。 

 

CL 49

朝の朝礼もありますし、後は週一くらいで工程の管理の会議とか

問題があればその都度集まるような取り決めにはなっていますけど。 

CC 49

そこでお話とかをされているわけなんですね。 

 

CL 50

結構部長と係長が中心になって

何でも決めちゃうような感じなんですね、

私も異動してきたばっかりだしそれほど意見も言いませんし・・ 

CC50

そうなんですね・・

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1

相談者が相談したい問題点と

あなたの考える問題は何ですか。

CC1

この相談者が相談したい問題点は、

25年間営業から物流管理部門へ

システムの導入ということで異動になって、

経験とスキルもないのでものすごく不安に感じ、

転職をしようかと考え始めて悩んでおられるということでした。

CC視点では、

システムの導入についてすごく不安に思われていますが、

上司に今後のことでキャリアパスとかを確認されていないし、

できないというイラショナルビリーフもあるのかなと思いました。

後は将来的なお話はできなかったんですけども、

将来的なキャリアプラン・ビジョンも

まだ構築されていないのかなと思いました。

 

SIK2

不安にとらわれているということなんですが、

その不安にとらわれている原因は何だと思いますか。

CC 2

とらわれている原因・・営業の方が長く25年間ということで、

物流に来てからまだ9ヶ月くらいでお仕事内容に関しても

管理部門ということで今までとやっていた内容が違いますし・・

本当にシステム導入ができるのかどうかという、

これはまだお聞きしていないんですけど

責任感があるのではないかと思いました

 

SIK 3

周囲のサポート面でも問題はありましたか。

CC 3

部長と係長とでシステム導入にあたっているみたいなんですけども、

部長と係長は以前からおられる物流管理部門で経験が長く

長沼さん自身が話しにくいような・・

コミュニケーションが取りにくいような感じを受けました。 

 

SIK4

以上で口頭試問を終わります。

CC4 

はい、ありがとうございました。 

 

おわりに

【キャリコン2級ロープレ逐語録】

第23回実技ケース➁パート3まとめは如何でしたか。  

 

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、

フィードバックやアドバイスを検討しますか?

 

企業内で働く相談者の人事異動に伴う仕事への適応や

新しい仕事への悩みを抱える場合に求められる

キャリアコンサルティングとはどのようなものか?

 

自分の経験に置き換えた時、どのように感じるでしょうか?

 

企業内での職業能力開発や組織での働き方、

中高年の職業生活設計など考えられるテーマは豊富だと思います。

 

次回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、

個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。  

www.careerlife.jp

キャリアコンサルティングの折衷的なアプローチは

無限に視点があるので難しく思うかもしれませんが、

2級検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけですから、

押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは

必ず一定値存在するはずです。 

 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろん、

一発勝負である本番の実技面接で相談者役相手に実践するスキルも必要です。 

 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、

国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、

とある日の、ある一定のキャリコンスキルを

点で見ているに過ぎませんが、 

その一方で、

少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、

その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

 

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、

ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?

目標設定は?方策の実行は?などなど・・・

 

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、

全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

 

自分のロールプレイを構成的に振り返り、

どこからどこまでは良かったか、どこからが課題と感じたか、

このような振り返り方法はいずれ必ず役に立つはずです。

 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、

キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して

相談者が気付いていない問題点を

CCとしての見地から見立てていきましょう。

 

しかも検定では、スキルだけでなく・・・

心から相談者へ寄り添う姿勢や理解しようとする態度も、

試験官は言語や非言語で、

評価区分に合わせて観ていることを絶対に忘れないで下さい。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

 

もちろん、自分のこれからのキャリアに悩む方、

転職相談や就職相談、客観的に自分を知りたい方など、

キャリア相談もこちらからどうぞ!⇩

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】  

www.careerlife.jp

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved