キャリアコンサルティング技能検定試験対策&キャリア相談

当ブログへようこそ!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していくコミュニティです!

【SPONSORED LINKS】


【合格発表まで約1ヵ月!】第23回キャリコン実技ケース⑤パート2まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛仁です。 

 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座

個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。 

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、

実技面接試験に出題されるであろうロールプレイを練習し、

逐語録を分析して、キャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認も行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

第24回検定の合格に向けて、

文字に起こされた逐語録を分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、

個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、

指導者としての力を蓄えるチャンスとして大切にしております。 

 

さて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、

試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回もループして言っているなど、

ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

 

ロールプレイ全体の構成が俯瞰的に可視化出来ます。

 

また、コーヒーカップモデルマイクロ技法などの

細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるか?など、

その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、

本当の意味での確認・評価・改善は難しいのではないでしょうか。 

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

 

そして、そんな細かなスキルまでフォローすることで、

受講生の合格と成長に貢献していくのが

弊社の試験対策講座の特長です!

 

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、

個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はキムラさん、CC役はタカハシさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに

役立つスキルですから参考にして下さい。 

 

では、行ってみましょ~う!!  

 

相談事例

◆ケース5 キムラさん 45歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

木村です。

CC 1

今日は木村さんですか、キャリアコンサルタントの高橋と申します。

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

よろしくお願いいたします、木村さん、

初めに2点だけ申し上げておきますが今日の時間は20分です。

今日お話が終わらない場合は次回も設定できますので

その点は安心してお話ください。

 

CL 3

ありがとうございます。

CC 3

それと木村さんのことをより理解するために

私の方から質問したり気づいた点を申し上げることもございますが

言いにくいことも何なりとお申し付けください。

 

CL 4

ご丁寧にありがとうございます。

CC4

それではご相談内容をお聞かせいただけますか。

 

CL 5

はい、先に資料を渡してご存知かと思いますが

36の時に離婚してまして当時娘が3歳だったんですけど

実家に戻ってきたんですよ。

CC5

はい。

 

CL 6

その3年後に 地元の食品会社に再就職してもう6年目になりますが

これから先を考えるともっとやりがいのある仕事に就きたいと

思うようになりまして・・でも親にはなるべく負担をかけたくないので

どのように考えたら良いのか悩んで今日は相談に伺いました。

CC 6

そうですか、木村さんは悩まれていらっしゃったわけですね。

 

CL 7

はい。

CC 7

今の会社は再就職されて6年目ですかね。

 

CL 8

そうですね、再就職という形になります。 

CC 8

それでもう少しやりがいのある仕事に

就きたいと思ってらっしゃるけれども

ご両親にはご迷惑をおかけしたくないということで。

 

CL 9

負担をかけたくないなぁと。

CC 9

負担をかけたくないということですよね、

それでどのように考えればいいのかというご相談相談内容でよろしいですか。



CL 10

そうですね。

CC10

では一つ一つ整理しながら一緒に考えていきたいと思いますので

よろしくお願いいたします。

 

CL 11

はい、よろしくお願いします。

CC 11

そうですね、やりがいのある仕事とおっしゃっていたんですが、

まずお話をされたいことからお話いただけますか。

 

CL 12

お話ししたいこと・・再就職してもう6年になって

最初はパートで入って正社員になって3年目なんですけど

今の仕事をしていてですね、それほどやりがいを感じないんですね。

ですのでこのままでいいのかなと正社員になってからは

少しずつ思うようになりまして、今45歳なんですが

これから働いていく上でやりがいのある仕事を見つけた方が

もしかしたら自分にとってはいいんじゃないかなというところから

まず相談したいと思うんですけど。 

CC 12

そうなんですね、木村さんはパートから正社員になられて

3年目ということで随分頑張ってこられたんじゃないですか。 

 

CL 13

いやそんなには・・・

CC 13

そうですか。

 

CL 14

まあそこそこ・・

娘もまだ小さかったのでそういう意味では頑張りましたかね。 

CC14

頑張られてきたのですね、

でも今の仕事がやりがいが感じられないということで

このままそこにいるのはどうかなと今後の事を考えると

やりがいがある仕事に就きたいと。

 

CL 15

そうですね、もう45歳なんですがあと20年とか働くと考えると

仕事内容は大事なんじゃないかなと思うんですよね。 

CC 15

仕事内容が大事だと思われているのですね。

今の仕事がやりがいがないと感じてらっしゃると思うんですが

そこについてもう少し詳しくお聞かせいただけますか。

 

CL 16

やりがいがない点というのは本当につまらないとか

どうしてもやりたくないというわけではないんですが

最初パートで入って3年くらいは食品会社なので製造部門にいたんですよ。

ライン作業とか・・惣菜などを作っている会社なんですけど、

そこでパートとしてやって正社員になってからは

事務所にまわされて事務員みたいなことをやっているんです。

CC 16

事務所。

 

CL 17

一般事務って言うんですかね、伝票の処理とか電話応対とか

そういった業務を今やっているんですけど、

その業務のやりがいを感じていないんですよね。

CC 17

やりがいを感じていない・・

 

~約5分経過~

 

CL 18

そうですね・・・

CC 18

どういった点にやりがいを感じられないんでしょうかね。

 

CL 19

業務の中でですか? 

CC 19

そうですね。

 

CL 20

え~・・・事務職って思っていたよりも地味と言うか、

決まった業務がメインになってきますし

縁の下の力持ちって言うんでしょうかね、

自分が前に出るというよりは後方支援という仕事だと思っていまして。

やりがいがあまりないなと感じるのはそういったところですね。

なんか事務処理みたいのばっかりで・・・

必要な仕事なんでしょうけど私としては決まった仕事ばかりで

創造性がないなぁとか・・・やりがいがないなーって感じます。

CC 20

ああ・・そうなんですね。

一般事務をやってらっしゃってどちらかといえば

後方支援というお仕事なのですね。

やりがいが感じられないということですね・・

木村さんは以前にお仕事をされていたことはあるんですか?

 

CL 21

再就職の前ですか、化粧品会社で総合職として働いてました。

CC 21

総合職ですか何年くらいやられていたんですか。

 

CL22

10年ちょっとですね。33歳くらいまでやってました。

CC 22

木村さんは今おいくつでしたっけ。 

 

CL23

45歳です。

CC23

就職された時は氷河期ではなかったですか。

 

CL 24

就職氷河期でしたね。

CC 24

そういう時に総合職で入られたというのは

かなり頑張られたんではないですか。

 

CL 25

確かに大変でしたね。

化粧品業界は人気がありましたし

倍率も結構厳しかったと思うんですけど、

だから当時は頑張ったんではないかなとは思います。 

CC 25

入社されてからも頑張って総合職としてやられていたということですよね。

 

CL 26

まあ化粧品会社ということで女性が比較的多かったですけど

総合職で入られた方はそこまで多くはないので

大変な思いもしましたし、入った当時は嬉しかったですし頑張りましたね。 

CC 26

頑張ってこられたんですね、その時代のことを考えると

総合職でやっていたということですが

今と比べてやりがいとかって感じていたんですか。

 

CL 27

そうですね総合職という立場でしたし

やらなきゃいけないみたいな空気もありましたから・・

実績を積まないといけないという意味では

今思うと少しはやりがいはあったかなと思います。 

CC 27

あの頃の仕事というのは今やってみたいという気持ちはありますか。

 

CL 28

化粧品会社ですか・・・化粧品会社か・・・

今はあまり思わないかもしれないですね。

年齢も年齢ですし当時のような働き方はできないと思うので。 

CC 28

今後はどういった働き方を望まれますか。

 

CL 29

希望ですか?親に結構世話になったので

負担をかけたくないという話をしましたけど

子供は今度中学生なんでまだ手がかかると思いますし、

そういった生活面と合わせてやりがいのある仕事というのが

まだ定まっていないので・・

CC 29

お仕事が?

 

~約10分経過~

 

CL 30

こういう仕事がいいとか、そういうやりがいのある仕事について

それなりの収入を得ながら家庭とのバランスを取れたらいいなと思います。 

CC 30

やりがいのある仕事をしながらそれなりの収入も得て

家庭とのワークライフバランスを保ちたいというお気持ちですね

 

CL 31

あとはできれば安定して長く働きたいですね。

先々を考えると私はシングルなのでやっぱり60歳、65歳ぐらいまで

雇用してくれるところが・・・まあ分からないですけど

そういうところがいいかなと思っってます。

CC 31

安定して働き方をされたいということですよね。

わかりました、ここまでの話を一旦整理させて頂いてよろしいですか。

 

CL 32

はい。

CC 32

木村さんは今正社員でお仕事をされて6年目になると

今の一般事務のお仕事はやりがいを感じられない、

後方支援的なお仕事が多くて・・

少し想像的な仕事されたいという思いがある。

 

CL 33

自分で考えて動いたりとか・・

少し雰囲気が違うところがいいかもしれないです。 

CC 33

雰囲気が違うところがいいと考えてらっしゃる。

 

CL 34

事務所ってちょっと合わないかなーって。

CC 34

合わないかなと・・そうなんですね。

あとは適度な収入があって、ご両親やお嬢様も一緒なので

生活面も合わせてお仕事を続けたいという思いでいらっしゃると、

ここまではよろしいですか。

 

CL 35

はい、そうですね。

CC 35

先ほど木村さんがおっしゃっていたんですが

やりがいがある仕事でお給料も良くてワークライフバランスのとれた仕事、

そういったことを探していくということを目標にしてもよろしいですか。



CL 36

う~ん・・・そうですね・・はい。 

CC 36

何か話足りない点などがありましたらお話しください

 

CL37

もう正直私は45歳じゃないですか、

再就職した頃は39歳だったんですよね。

そうすると正社員とか今働いてるじゃないですか・・

今働いているところを転職という形で辞めていいのかと言う・・・

転職して私が望むような仕事があるのかどうかというのも不安なのですが

今の仕事本当に辞めてしまっているかなというのも不安なんです。

就職できなかったらとんでもないことになってしまうので

そこは自分の希望だけじゃなくて心配な面ではあります。

たまたま事務員になれたので、結構事務員の仕事って

人気があるじゃないですか・・だから実はいいのかなとか?

そういうところもちょっとあるので

少し客観的に判断できるといいのかなと思います。

CC37

それはご不安ですよね。

辞めてしまって仕事がないということは困りますよね。 

 

CL 38

違う環境になってそれがうまくいかなくなったって最悪じゃないですか。 

CC 38

今のお仕事の良い面と悪い面を整理してみてひょっとしたら今の仕事場で、

お仕事を変えていただくということもあり得ますよね

 

CL 39

職種変更ですか・・あり得ますよね。 

CC 39

やりがいのあるお仕事とおっしゃっていましたので

今の仕事と転職市場についてご一緒に見てみて

それで木村さんがあったと言うか望むような仕事が

見つかるようにお話ししていきたいと思うんですが。

 

~約15分経過~

 

CL 40

それならいいですよ。

CC 40

本当に大丈夫ですか。 

 

CL 41

大丈夫です。 

CC 41

まず今のお仕事ですよね・・・

一般事務のお仕事にやりがいがないとおっしゃっていましたよね。

 

CL 42

う~ん、そうですね、やりがい・・・。 

一般事務自体がやりがいがあるかどうかよくわからないんですが、

私の会社では事務員って新しいことをやって行くとか

改善していくという意識はあまりないんですよ。

ただ言われていることをやっているだけっていう社員が多くて・・

私はどちらかといえば自らもきちんと動いて

改善したいなっていうのがあるんです。

業務改善とか・・・例えばデータ処理ひとつとっても

効率よくもっとできるんじゃないかなあと思うんですよ。

他の方ってでもあまりやらないんですよ

CC 42

やってらっしゃらない。

 

CL 43

気づかないし・・そういうのってどうなんだろうって、

なんかつまらないじゃないですか。 

CC43

じゃあ木村さんは今でも業務改善とかこうしたらいいなという

ご意思はお有りなわけですよね。

 

CL 44

そうですね、化粧品業界にいた時は一つ一つのことに注意しながら

売上とかもすごく気にしていたので、

事務員はそれほど売上げなどは気にしなくていいかもしれないんですけど

経費削減とかはできるじゃないですか。 

CC 44

そうですよね。

 

CL 45

そういうことはやった方がいいんじゃないかなと。 

CC 45

そのような良い アイデアをご提案されたりはしないんですか?

 

CL 46

あ~・・・どちらかといえば私はまだ日が浅い方なので・・・

お局さんみたいな方が多いんですよ。

あんまり言えないというか・・いじめられそうじゃないですか。

CC 46

そのお気持ちはよくわかりますよ。

 

CL 47

女性っていろいろあるじゃないですか・・・

CC 47

そうですね、提案する方を考えたりとか・・・

 

CL 48

提案する相手ですか・・・そこまではあまり考えたことがなかったですね。

無駄だなあと思ったりとか、言いづらいし。 

CC48

どなたであれば上手くお話をできそうですか? 

 

CL 49

そうですね・・・社員に押してくれたのは総務の部長さんなんですけど・・ 

CC 49

総務部長ですよね。

 

CL 50

こっちに来てやらないかって言ってくれたのは総務部長ですね。

部長なら聞いてくれるかもしれないですね、

引き抜くと言うかこっちに連れてきてくれた人なので・・・

CC50

部長さんは木村さんの才能を見て、それに期待して呼ばれたわけですよね。 

 

CL 51

一応私の履歴書を見たみたいで・・総合職の経験があったので、

業務レベルでの改善というのは期待をしてるのかもしれないですね。 

CC 51

そうですよね、部長さんはもし木村さんからご提案をしたら

部長さんはどう思われると思いますか。

 

CL 52

あ~・・・でも喜ぶんじゃないですか。

言ってくれてありがとうねとは言ってくれそうな気がします

CC 52

私もそう思いますよ。

 

CL53

でも部長からお局さんとかにバレたら大丈夫ですかね・・・ 

CC53

バレても結果的には会社の効率化や業務が改善されるんであれば

皆さんにとってもプラスになるんじゃないでしょうか。

 

CL 54

あ~給料が上がったりしますかね。 

CC 54

評価には繋がるのではないかと思いますよ。

 

CL 55

ちょっと言い方とかに気をつければいいんですかね。

人の粗を突くようなことを言ってしまうと良くないでしょうから、

会社を良くしたいというイメージで伝えればいいんですかね・・・

わかりました。ではちょっと部長に相談してみたいなと思います。

CC 55

いつ頃相談出来そうですか。

 

CL 56

どうですかね忙しそうにはしてますけど・・

明日事務所に行ったら聞いてみます。

CC56

そうですか、ぜひ行ってみてください。

 

CL 57

わかりました。

CC 57

是非ご相談してみてください。

 

CL 58

そうですね・・では相談したらどうしたらいいですか? 

CC 58

相談していただいたらまたこっちに来ていただいて・・

少し今の仕事の中で木村さんがご自身がやりたいことを

自分で考えてやっていきたいとおっしゃっていたので

今のお仕事の中でもそのように改善してお気持ちを変えて

お仕事をしていくということも可能ですよね

 

CL 59

そうですね、仕事とか職種に縛られなければあるのかもしれないです。

CC59

そういった視点で今の仕事を考えられるとそれも一つですね、

一つの方法だと思います。

次回はもう少し木村さんがおっしゃるやりがいのあるお仕事、

木村さんにとってのやりがいというのはどんなものかというものが

わかるツールなども私が用意しますので

使いながら一緒にお話しを深めていきたいなと思います。

 

CL 60

わかりました。 

CC60

今日はそろそろお時間になりますが、何かご不安な点など他にありますか。

 

CL 61

相談はできそうなので。 

CC 61

相談の結果とあと木村さんの気持ちがどのように変わったのか

またお待ちしておりますのでお話お聞かせください 

 

CL 62

今日はありがとうございました。

CC62

ありがとうございました。 

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1

この相談者の相談したい問題点と

あなたの考える相談者の問題点とは何でしょうか。

CC1

相談者の相談したい問題点は、

再就職した会社で正社員になって3年目でやりがいが感じられず、

このまま20年くらい働くことに対して

このままでいいのかなという思いがあって

少しやりがいのある仕事をやりたいと思っていらっしゃるけど

ご家族とかご両親とかお嬢様との生活のことも考えると

どのようにしたらいいのかわからないということが問題点だと思いました。

私が考える問題点は、

まずやりがいのある仕事とおっしゃっていたんですが

創造的なお仕事ということはおっしゃっていたんですけど、

今一つご自身のやりがいはどんなところにあるのかという価値観とか

そういったものに気付かれていないのではないかという感じを

受けましたのでそういった点で自己理解不足を感じました。

また今の仕事において自分で改善できることはあると思うんですが

それを実際に行動に移されていない点がありまして

それはコミュニケーション不足から来るのかなと思いました。

また転職をしたいという気持ちもあるんですが45歳ということで

転職市場とか本当に転職できるのかということについても

理解が浅いと感じまして仕事理解不足であると思いました。

こういったことが原因となって

中長期的な視点でのキャリアプランが不足しており

一歩前に踏み出すアクションプランが

立てられていないことが問題だと思いました。 

 

SIK2

今のロールプレイで良かった点と改善点があれば言ってください。

CC 2

良かった点は、

相談者の方の感情やお気持ちを受け止めて

共感的にお話を傾聴することに努めました結果、

今の仕事の中でも相談者がやりたいと思っていたことを改善して

やっていけるのだということに気づいて頂くことはできたと思います。 

お局さんがいてできないという思いを持っていらっしゃったので

そのような点にも共感して受容できたところも良かったと思いますし、

そういった意味では視野を広げて自分から改善できるんだということに

気づいて頂いたのは良かったと思います。

改善点は、

今の仕事で改善できる点を考えていて時間が経ってしまったので、

他にもやりがいのある面とかを考えたかったんですが

そういった時間が無くなってしまったので

それは次回以降にやっていければと思います。 

 

SIK 3

次回の相談機会があれば

どのような支援や方策を実施したいと考えますか。

CC 3

面談の中で部長に相談をしてみるということで共有できましたので、

その結果を持ち寄って頂いて

今の仕事場で少しやりがいを持ってできるのか改善点はあるのか、

そういったことも話しながらこの方のやりがいというのが

どういうところにあるのかというところも

一緒にツールなども使いながらやりがいについて考えて・・

転職に対してのメリットデメリットも検討しながら、

この方に合った望むよう

な職業生活設計ができるようにご支援をしたいと思います。

 

SIK 4

クライアントとの関係構築はうまくできましたか。

CC 4

概ねできたと思います。

相談者とのお話を受容共感して聞いた結果、

相談者の方が今のお仕事でも自分が提案することで

気持ちを変えることができるんだということや

提案できるのかなという迷いに対しても

推薦してくださった部長さんに提案してみるということに

気付いて頂けましたので、気づいていただいて一歩前に

踏み出す変化がありましたので関係構築はできたと思います。 

 

SIK 5

はい、では本日はお疲れ様でした。

CC 5

ありがとうございました。 

 

おわりに

【合格発表まで約1ヵ月!】

第23回キャリコン実技ケース⑤パート2まとめは如何でしたか。  

 

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、

フィードバックやアドバイスを行いますでしょうか?

 

中高年のキャリアコンサルティングで

求められていることは何でしょうか?

 

職業生活設計を支援する上で大切なことは何か・・・

お子様のキャリアや中長期的なライフプランニングも含めて

色々と考えさせられるテーマだと思います。

 

次回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、

個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。   

www.careerlife.jp 

キャリアコンサルティングの折衷的なアプローチは

無限に視点があるので難しく感じるかもしれませんが、

2級国家検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけで、

押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは

必ず一定値存在するはずです。 

 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろん、

一発勝負である本番の実技面接で相談者役相手に実践するスキルも必要です。 

 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、

国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、

とある日の、ある一定のキャリコンスキルを

点で見ているに過ぎませんが、 

その一方で、

少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、

その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

 

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、

ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?

目標設定は?方策の実行は?などなど・・・

 

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、

全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

 

自分のロールプレイを構成的に振り返り、

どこからどこまでは良かったか、どこからが課題と感じたか、

このような振り返り方法はいずれ必ず役に立つはずです。

 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、

キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して

相談者が気付いていない問題点を

CCとしての見地から見立てていきましょう。

 

しかも検定では、スキルだけでなく・・・

心から相談者へ寄り添う姿勢や理解しようとする態度も、

試験官は言語や非言語で、

評価区分に合わせて観ていることを絶対に忘れないで下さい。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

 

もちろん、自分のこれからのキャリアに悩む方、

転職相談や就職相談、客観的に自分を知りたい方など、

キャリア相談もこちらからどうぞ!⇩

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】  

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved