キャリアコンサルティング技能検定試験対策&キャリア相談

当ブログへようこそ!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していくコミュニティです!

【SPONSORED LINKS】


【キャリコン2級ロープレ逐語録】第23回実技ケース➁パート1口頭試問

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

今回は前回の【キャリコン2級ロープレ逐語録】

第23回実技ケース➁パート1後編の続編になります、

どうぞご覧ください。  

 

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1

この相談者の相談したい問題点と

あなたの考える相談者の問題点とは何でしょうか。

CC1

長沼さんの考えている問題点は、

物流管理部門で今回新システムの導入ということが

経験や知識のない自分がやっていけるかどうかと心配に思われていて、

お話を伺っていると普段のルーティン業務プラス

新しいことである新システムということで

業務がいっぱいいっぱいだということが

一番の問題点だと言っていただきまして、

それをチームのメンバーで色々なキャラクターや得意な方もおられるので、

メンバーに分担するということがやりたいけれども

なかなか任せられないという風に

だからどうしようかわからないということが、

踏み出せないということがご自身の考えている問題点だと捉えました。 

私の考える長沼さんの問題点とは、

新システムに対して経験も知識もないということが、

ご自身をマイナス面で捉えているという思い込みがあると思うんですね。

それで話をお伺いしたら、全ては初めてのことで

いっぱいいっぱいな状態だということで

メンバーに業務分担もできない状況、

メンバーとのコミュニケーション不足、

それから全体をまとめるということに関して

マネジメント力も不足なさっているかなということを捉えました。

 

SIK2

今のロールプレイの中でキャリアコンサルタントの役割として

良かった点と改善点があれば言ってください。 

CC 2

はい良かった点としては、

不安で踏み出せない思いというのを傾聴技法を用いまして、

うなづきや相槌で感情の明確化、要約をさせて頂いて、

受容共感で寄り添いまして、要約したところで

ご自身が一番困っているところは

業務分担がうまく進められないというところに

気づきがお見受けできたので、自己変容が見られたというところが

できたところだと考えております。

改善点と致しましては、

ご自身の本音に近い業務分担ができないんだというところを

言っていただいたにも関わらず、それを私としてはキャッチできずに、

その方法で一緒に考えていこうと目標設定に繋げられれば

自己肯定感が下がっているところにもう少し前向きなご意思、

予想ですけど表情なども明るくなったのではないかと、

そういう前向きな意志の反映まで20分の中では

行けなかったところが改善点だと思っています。

 

SIK 3

キャッチできなかったということですが、

要約しながら相談者の訴えが適切に拾えていないということでしょうか。 

CC 3

キャッチできなかった要因に関しては関係性の維持に努めるあまり、

相談者の話を受容共感しなければという意識が強く

相談者の意思決定に繋がるような意思を拾えるような

傾聴ができていなかったのかもしれません。

平たく言えば相談者の話を聞こうとしすぎて

意思決定の共有が少し間延びしたようなイメージです。

 

SIK 4

この相談であなたがやったことと、やろうとしたことは何でしょうか。

CC 4

やったこととしては、

不安で新システムに向き合えないお気持ちを傾聴して、

どこを心配に思っておられるのかという問題点を共有しようと

問題点の共有まで・・分担できない、一人で抱え込んでしまう

というところまで共有できました。

これからやろうとしていることは、

目標設定ということで業務分担を一緒に考えていこうというところまで

きちんと合意できていないので、合意をいただけたら方策ということで

定期的なミーティングはどのようになさっているのかとか、

そこでお話ができないのかとか、

あるいは個別の方法をとった方が良いと思われるのか、

色々な要素を引き出して部下に分担できるように

一つ一つ一緒に検討していきたいとこれからは考えております。

 

SIK 5

相談者との関係構築、リレーションはうまくできましたか。 

CC 5

関係構築については心配な気持ちに受容・共感で寄り添って、

真の原因ということでご本人の話の中から

業務分担をしなければいけないと思っているけどもできないですよと

おっしゃっていただきました。

だからそこまでのご意思を引き出せたということで

それは信頼関係ができたからだというふうに考えております。 

 

SIK6

以上で口頭試問を終わります。

CC6

 

はい、ありがとうございました。 

 

 

おわりに 

次回は、【キャリコン2級ロープレ逐語録】

第23回実技ケース➁パート1まとめ」へ続きます。  

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

個別レッスンのご予約はこちらからお願いします

受講生ファーストでレッスン致します! www.careerlife.jp

 

論述・実技面接対策テキスト販売中

キャリコン2級検定試験対策のテキストも販売しています。

ご興味のある方、お待ちしております!  

キャリコン2級テキスト販売中 カテゴリーの記事一覧 - 勇気が出る!『キャリア・ライフ』の自己研鑽カレッジ

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、

合わせてお読み頂けると大変ありがたいです。  

www.careerlife.jp

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved