キャリコン試験対策講座▶1級技能士マンツーマン指導と出張レッスン

お陰様で試験対策講座5年目突入!キャリア理論の実践力を養成する個別指導が強み。個人事業主5期目67万PV越えのキャリコンブログ(4児のイクメン)

【SPONSORED LINKS】


「気づき」を促すとは?キャリアコンサルタントの覚悟が積極技法の神髄

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20181109152608j:plain

「気づき」を促すとは?キャリアコンサルタントの覚悟が積極技法の神髄

キャリアコンサルティングに必要な「覚悟」とは何か。

 

 

 

これは試験対策講座にも通ずるところがある。

 

 

 

もっと言えば問題解決や方策の実行に不可欠な要素だ。

 

 

 

行動を起こすためには覚悟や決断が必要である。

 

 

 

あなたが相対して面談している人には人生がある。

 

 

 

人生とは「命」そのもの。

 

 

 

限りある命。

 

 

 

「命を燃やせ!」と、誰かが言っていた。

 

 

 

キャリアコンサルタントは命に係わる仕事なのだ。

 

 

 

死と隣り合わせの意識で臨むと

人生に「覚悟」ができる。

If today were the last day of my life,

would I want to do what I am about to do today  

 

 

 

「試験対策という意識」で臨むから、

試験対策の枠から出られないのである。

 

 

 

易経には「易は極まれば変ず、変ずれば通ず、通ずれば久し」とある。 

www.careerlife.jp

 

 

 

 

相談者の本当の意味での主訴を把握したいなら、

キャリアコンサルタントとして

より良いキャリア形成を願い、

心から伝えたいことをありのままに対話をしてみよう。

 

 

 

回りくどい「気づきを促す」という言葉に惑わされないこと。

 

 

 

そもそも他人が気づいていないことを正確に把握し、

いきなり気付きを促すことなどできるわけがない。

 

 

 

気付かないフリ、気付いているフリ、全て見通せますか?

 

 

 

おそらく私には出来ない。

 

 

 

あなたに相手の心が見えたり聞こえるのなら別だが、

相手が気づいていないことを気づかせるというのは

よく考えると、

とても上から目線で視野も狭いのではないだろうか?

 

 

 

まずは相手のことを理解しようとする姿勢、

そして職業専門家としてのあなたの助言や情報提供、

積極的なかかわり方が何より大きな相談者の「気づき」となる。

 

 

 

本質的には学び合っているだけなのだ。

 

 

 

人間同士、

お互いを理解しようとするから「気づき」が生まれる。

 

 

 

人間理解こそ基本であり、

本質的なかかわり方なのだ。

 

 

 

人は違う考え方や価値観から多様性を学ぶことで、

情動喚起され、自己変容や行動変容に繋がる。

 

 

 

あなたの人生にも感動的な出会いがあったはず。

 

 

 

あなたは相談者にとって

かけがいのない存在と言える。

 

 

 

試験対策講座の話に戻るが、問題共有や目標設定、

方策の実行を苦手とされている方は

あなたが職業専門家として見立てた結果を

素直にありのまま伝えてみてはどうだろうか?

 

 

 

一所懸命に適切な言葉を選択して。

 

 

 

次の瞬間、あなたの命が尽きたら、

もしも・・・相談者の命が尽きたら、

誰がその見立てた結果を伝えるのか?

 

 

 

このような覚悟が積極技法を展開するための

心理的神髄なのかもしれない。

 

 

 

 生(物質)も死(精神)も尊い、

時間だけは誰の下にも平等な概念である。

 

 

 

だから限りある時間を大切に使うためにも

ありのまま素直に感じたことを伝えてみよう。

 

 

 

相談者と心から分かり合える技術が成長した結果、

気づいた時には検定で合格しているはずだ。

 

 

 

お互い頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2021careerlife All Right reserved