キャリアコンサルティング技能検定試験対策&キャリア相談

当ブログへようこそ!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していくコミュニティです!

【SPONSORED LINKS】


キャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座 23回ケース③パート5まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

2020年度前期の第24回2級キャリアコンサルティング技能検定は

とりあえず開催予定で協議会も進めるようですね・・・

新型コロナウィルスの影響も含めた協議会からの連絡事項など

詳細はこちらからどうぞ➡https://www.career-kentei.org/info/990/

少しホッとした名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛仁です。 

 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座

個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。 

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、

実技面接試験に出題されるであろうロールプレイを練習し、

逐語録を分析して、キャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認も行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

第24回検定の合格に向けて、

文字に起こされた逐語録を分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、

個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、

指導者としての力を蓄えるチャンスとして大切にしております。 

 

さて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、

試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回もループして言っているなど、

ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

 

ロールプレイ全体の構成が俯瞰的に可視化出来ます。

 

また、コーヒーカップモデルマイクロ技法などの

細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるか?など、

その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、

本当の意味での確認・評価・改善は難しいのではないでしょうか。 

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

 

そして、そんな細かなスキルまでフォローすることで、

受講生の合格と成長に貢献していくのが

弊社の試験対策講座の特長です!

 

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、

個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はミヤタさん、CC役はタカツさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに

役立つスキルですから参考にして下さい。 

 

では、行ってみましょ~う!!  

 

相談事例

◆ケース3 ミヤタさん 33歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

宮田です。

CC 1

キャリアコンサルタントの高津と申します。

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

よろしくお願いします、

最初に2点ほどお伝えしておきたいことがあります。

 

CL 3

はい。 

CC 3

1点目は面談の時間ですが

今日は20分ということで予定しておりますが

もし20分で終わらないという場合にはご希望を伺って

次回の面談で予約を取ることもできますのでその点はご安心ください。

 

CL 4

ありがとうございます。 

CC4

それからこちらの方から宮田さんのことを理解したいので

質問をさせて頂いたりですとか気づいた点を

お伝えすることがあるかと思うんですがその点はよろしいでしょうか。 

 

CL 5

あ、大丈夫ですよ。

CC5

はい、ではよろしくお願いします。

今日はどういったご相談でしょうか。

 

CL 6

先に渡しした資料にも載っていたと思うんですが

私は大学を卒業しまして家庭教師の派遣会社の方に

正社員として就職して10年目になります。 

CC 6

10年目に、はい。

 

CL 7

3年前からマネージャー職をしてまして相談というのは

新卒で就職活動をしていた時まで話は遡るんですけど

当時リーマンショックで就活が希望通りにいかなくて

学生の時にアルバイトしていた会社にそのまま就職したことなんですよ。

CC 7

ええ、ええ。

 

CL 8

最近の学生は売り手市場で羨ましいなと思っていまして、

しかも今人手不足じゃないですか。

CC 8

そうですよね、はい。 

 

CL 9

転職もしやすくなっているようなので

もう一度自分がやりたかった仕事に挑戦したいと思うんですが

経験などを考えると不安も大きくて

今後の事をどう考えて行ったらいいのかなということで

ちょっと悩みまして今日は相談に伺ったんですけど。

CC 9

そうだったんですね、はい。

転職のことも考えられているというところですね。



CL 10

そうですね・・ 

CC10

最初に学生だった時の就職活動のところに遡るとおっしゃいましたけども

その辺りで何かこう後悔というか、

こうしたかったという思いがお有りだったんですかね。

 

CL 11

当時そこまで就職難というわけでもなかったんですけど・・

私は教育学部だったんですね。

家庭教師の派遣会社に入って

家庭教師のアルバイトもしていたんですけど、

やっぱり教育に携わるような仕事がしたかったものですから

教師の採用試験などを受けたんですけど

当時だと教師の方が一般職よりも安定しているので

教員の採用試験の方も倍率が高くて。

CC 11

ええ。

 

CL 12

今とは全然違うとは思うんですけど・・

そこがうまくいかなかったのは少し心残りというか。 

CC 12

本当は教員になりたかったお気持ちがあったけども

そこがうまくいかずに心残りな部分がある。

 

CL 13

それがあるからこそ羨ましいなあとか今の売り手市場はいいなとか

そういう気持ちに繋がってるのかなと思うんですよね。

CC 13

うんうん。

若い子の今の現状を羨ましく思う気持ちは

ご自身の過去にあるのかなと今思っていらっしゃるのですかね。 

 

~約5分経過~

 

CL 14

非常に転職しやすいという話をよく聞くので・・

チャンスなのかなーとか再度挑戦するのもいいのかなとか、

少しか考え始めた感じなんですけど。

CC14

何かきっかけがそれはお有りだったんですか。

 

CL 15

3・4年くらい前からですかね、

家庭教師をやっている子は教育学部が多いんですけど、

今教員はそんなに人気がないんですかね

倍率もそんなに高くないとか、結構なれるよみたいな話が

数年前からですかね・・ちらほらと聞くようになっていて、

一般企業の方が今は人気があるみたいなんですよね。

CC 15

うん。

 

CL 16

教育学部の中でも内定率というんでしょうか、

今は一般企業の方が多いとは聞くので。
CC 16

それはどなたからどういう風に伺ったんですか。

 

CL 17

今の学生の子たちですね。

OB になってしまった子もいますけど教員になった子も実際にいますし、

そういう子達から聞いたりとか。

うちは家庭教師を派遣してますので

フォローや相談に乗ったりもしますし話す機会も結構あるんですよ。

CC 17

では今の現状というのを 生の声を聞く機会があって。

 

CL 18

学生さんたちから直接聞ける立場にはいるので

そういう情報を聞いているとそういう感じでよく言ってますので・・

今の子はいいなあなんて思っていたんですよね。

CC 18

宮田さんとしては以前チャレンジした教員採用試験の

チャレンジをされたと思うんですけども、

ここ最近は試験を受けるとかそういうことはなかったんですか。

 

CL 19

当時は今の会社でアルバイトでいてそのまま社員になりまして、

実際に家庭教師として行くことは無くなってきたんですけど、

教育学部の子達・・家庭教師をしている子達と

話すというのも嫌ではなかったし・・

仕事的にすごく不満だというのも

入社してからそこまで感じたこともなかったので。

CC 19

そうだったんですね。

 

CL 20

仕事的な面とか周囲の環境とかを考えると

改めて採用試験受けたいなとか転職したいなとか

数年前まではそこまで思わなかったですね。 

CC 20

あ~・・アルバイトからでしたけど

今の仕事に満足はしてらっしゃったんですか。

 

CL 21

はい、それなりには満足はしてましたね。

CC 21

数年前くらいとおっしゃったんですが

マネージャーになってからということですかね。

 

CL22

そうですね、その辺もあるかもしれないですね。

マネージャー職って普段の仕事をしながら

一緒にやらなければいけない仕事も多いので仕事量は増えましたよね。

CC 22

働く時間ですとかそういったところはどうですか。 

 

CL23

残業とかも増えましたね・・社員から相談があったりとか、

人事評価の面であったりとか。

決済の書類なども結構多いので書類の処理なども行っていると

1~2時間くらいは普通の社員よりも長い時間になりますね。

CC23

ああ・・それは3年前から続いていらっしゃるということなんですか。

 

CL 24

マネージャーになった当時の方が大変でしたかね。

CC 24

ああ~。

 

CL 25

覚えることも多くてちょうどそのくらいからかな・・・ 

CC 25

今はだいぶ慣れてはいらっしゃったけども仕事量は多いままで・・

お休みとかはしっかり取れていますか。

 

CL 26

休みも休出したり半日くらいは出たりはします。

CC 26

そうなんですね、ゆっくり体を休められなかったりとか。 

 

CL 27

ありますね、はい。 

CC 27

そういうところも体に負荷がかかっていらっしゃる感じなんですかね。

 

~約10分経過~

 

CL 28

う~ん、もともと出勤時間も遅いものですから

夜遅くまで仕事をしていると

なかなか寝付けなかったりとか、たまにあるんですよね。

体力的に少し辛い時もあったし、

そういう負荷は確かにあるかもしれません。 

CC 28

それがもう少し仕事として続いていくことになると

少し大変なのかなというところでしょうかね。 

 

CL 29

私は今33歳なんですけれども、今後結婚とか先々のことを考えていくと

このままでいいのかなとか、ある程度立ち止まると考えちゃいますよね。

CC 29

そうですよね、ご自身のことだけじゃなくて

家族を持とうかなと考えた時に今の働き方でいいのだろうかと

お考えになったということでしょうか。

 

CL 30

そうですね、今の働き方だと結構厳しいですよね。 

CC 30

そういった中で以前やりたいなと思っていた教師のお仕事に

もう一度チャレンジしようかなみたいな思いが

湧き上がってきた感じなんでしょうか。 

 

CL 31

うん、そうですね、それもあると思います。

CC 31

教員採用試験を受けて どうしようみたいな事は

今は何か行動されていたりするんですか。

 

CL 32

ちょっと情報を聞くくらいで実際に動くまでは・・

エネルギーというか時間もあまりないので、

ちょっとスマホで見るくらいとか調べたりするぐらいですかね。

仕事も忙しいので・・なかなか自分では時間もないなというところで

今日は相談に来てみたんですよね。

CC 32

あ~そうだったんですね、ありがとうございます。

では宮田さんのこれまでの話を少しまとめさせて頂きますと、

今家庭教師の派遣会社にお勤めで

3年前からマネージャー職をされていて

元々は学生の時アルバイトをされていた会社に

ずっとお勤めでというところで、マネージャー職になって3年で

かなり業務量も多くなってお休みも出なくちゃいけないような

状態になっていらっしゃると。

 

CL 33

はい。 

CC 33

そんな中で学生の方に以前ご自身がやってみたいなと思っていた

教師の採用試験などのこと、教師になりやすいんではないかという

お話を伺ったりしてその道をもう一度行ってみようかなという

気持ちも出ていらっしゃると。 

 

CL 34

はい。 

CC 34

そういったところでしょうか。 

 

CL 35

うん・・そんな状況になりますね。

大体そんな感じだと思います。

CC 35

はい、なかなか休みも取れなくて時間もないという中で

いらっしゃっていただいたんですが、この先のことというのは

今ははっきりと具体的に見えていないのかもしれないんですが、

先ほど結婚もしたいなと、そんなことも考えていくと

働き方をどうしようという風にお話があったと思うんですが。

CL 36

ええ。 

CC 36

そういうところで何かこういうイメージされているものってありますか。

 

CL37

イメージしているものですか・・・ 

CC37

例えばご結婚された後どういうような働き方をしたいですとか、

今のこの大変な働き方ではない、

ではどういった働き方をしたいという何か思い描くものはありますか。

 

~約15分経過~

 

CL 38

うん・・教育現場っていうと結構広いと思うんですけど、

人に教えるような仕事というんでしょうか・・

そういったものに携わっていたいなというのは教育学部にいた頃から、

入ったきっかけというのはそういう先生との出会いとかもありましたし、

教育者に憧れというのがあったので

そういう仕事に携わっていたいなというのはありますね。

その中でも結婚ですとか、子供が欲しいというのも当然ありますので、

そういうこととバランスを取りながらできるといいのかなあと・・

そういうことは今後を考えて思ってはいますけど。

CC 38

うんうん、その辺はまだ具体的には結婚した後の

働き方みたいなところは明確にはなっていないところなんでしょうか。

 

CL 39

結構目の前のことで手一杯って感じですね

CC 39

はい、今大変な状況でいらっしゃると思うので

なかなか将来のことが考えづらいと思うんですけども

宮田さんがおっしゃったように教育というお仕事は

色々な分野があると思うので、前にチャレンジしたことを

やってみたいなと思うのも一つだと思いますし、

色々な選択肢があるんじゃないかなと思いますが・・

今日はせっかく来ていただいたので、その辺を一緒に

これからのことを考えていきたいなと思うんですがよろしいでしょうか。

 

CL 40

う~ん・・・そうですね。

CC 40

何かしっくりこないことがありますかね。 

 

CL 41

そうなんですよ・・経験なんですけどね。 

CC 41

ええ。



CL 42

経験を考えると・・という話をしたかと思うんですけど、

現場経験というのが実務経験でないんですよね。

未経験を募集とか求人に書いてあったりするものもあるんですけど、

実際に経験していないと採用が厳しいという話も聞くので

無理なんじゃないかなと思ったりもするんですよね。

CC 42

宮田さんが思うお仕事の経験というのはどういった経験なのですか。 

 

CL 43

現場に立って集団講義の経験とか・・ 

CC43

集団講義の。

 

CL 44

そういった経験もないですし、例えば未経験ということだと

一年を通して教育現場に携わったこともないので、

そういう点で果たして採用してもらえるのかなとか・・

そこは不安ですよね。

そもそも探す前にそれは可能なんだろうかみたいな・・ 

CC 44

うんうん、宮田さんがおっしゃるその教育というのは

今までの会社でいくと家庭教師派遣というところで考えると

一対一みたいなイメージが私にはあるんですが・・ 

 

CL 45

ええ。 

CC 45

そうではなくて集団に対して

何か教育をしたいという気持ちなんでしょうか。

 

CL 46

そうですね、どちらかといえばそういうことをやってみたかったですね。

CC 46

そうなんですね。 

 

CL 47

はい。 

CC 47

なるほど何かそういう大勢の前で指導する立場のご経験というのは

お仕事以外で何かありますか。

 

CL 48

大勢というのはちょっとないですね・・

研修で数人を集めてということなら

家庭教師を派遣する時にやってますけど。

10人とか20人というのはちょっと無いですね。

CC48

その辺が経験がないが故に、

このままで採用されるんだろうかというような

不安があるというところですかね。 

 

CL 49

そもそも無理だと探すのも時間の無駄だしどうなんだろうとか、

本当に挑戦してもダメそうなら

また考え直したいというか・・そういうのはあります。

 

CC 49

宮田さんとしては

どこか研修会社で講習をしたいようなイメージなんですか

それとも学校に入ってというイメージなんでしょうか。 

 

CL 50

学校の教育現場に近いようなイメージはありますけど。

でも塾とかでもいいのかなとか・・・

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1

この相談者の相談したい問題点と、

あなたの考える相談者の問題点とは何でしょうか。

CC1 

相談者の相談したい問題は、

学生の頃にやりたかった仕事に就けなかったという心残りがまだあって

今の仕事でなかなか思うように時間が持てないというところから、

そういった転職をすることで現状を打開できるのかなという風に

思い悩んでいて、どうしようかと迷っていらっしゃるのが問題点です。

キャリアコンサルタントとして視る問題点は、

ご自分のやりたいことをもう一度チャレンジしたとして

経験がないというお話だったんですが

ご自身が今まで10年お勤めされてきた中で

得てきたものをどうにか使えないかという視点がなかったのと、

結婚してからどういう働き方をするかということで

中長期的なプランが漠然としている点が問題点であると感じました。

 

SIK2

キャリアコンサルタントの役割としてよかった点と

改善点などがあれば言ってください。

CC 2

キャリアコンサルタントとして良かった点は、

相談者の方の悩んでいらっしゃるその思いに寄り添って

お話を傾聴するように努めていたのが

自分ではできたのかなと思っていますが、

課題というかこうすればよかったという点は

問題点をもう少し共有して目標設定というところが

ぼんやりと終わってしまったので

その点を共有した上で方策に向けて話をしたかったと思いました

 

SIK 3

この相談であなたがやったこととやろうとしたことは何でしょうか。

CC 3

今回の相談でやったことは

相談者の方が過去に抱えていらっしゃったところに少し引き出して、

今後に向けてそれを具体的に考えるとしたらというところで

最後に教育という中でも塾の講師もありなのかなというところが

少しお話いただけたところで、その辺が少し引き出せてたのかなと。

これからやろうとしたことは

どの方向性を考えていらっしゃるのかを伺った上で

それに向けてどうして行ったら実現するのかというところを

具体的なアクションプランに落としていくというところが

やりたかったところです。

 

SIK 4

相談者とのリレーションはうまくできましたか。

CC 4

そうですね、最後に考えを深めていただいて

ご自身の教育に携わるというところとそれから集団に向けて

指導していくということを実現するとしたらというお話ができたので、

ある程度の関係構築はできたと思います。 

 

SIK 5

はい、では本日はお疲れ様でした。

CC 5

ありがとうございました。 

 

おわりに

【キャリコン2級ロープレ逐語録】

第23回実技ケース③パート5まとめは如何でしたか。  

 

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、

フィードバックやアドバイスを行いますでしょうか?

 

転職における職業選択や労働市場の正確で適切な情報提供の支援、

何よりも相談者が転職や自己実現に向けた意思決定の方法について、

職業能力開発や職業生活設計の中長期的な視点も交えながら、

ライフプランニングを含めた考えさせられるテーマだと思います。

 

次回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、

個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。   

www.careerlife.jp 

キャリアコンサルティングの折衷的なアプローチは

無限に視点があるので難しく感じるかもしれませんが、

2級国家検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけで、

押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは

必ず一定値存在するはずです。 

 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろん、

一発勝負である本番の実技面接で相談者役相手に実践するスキルも必要です。 

 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、

国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、

とある日の、ある一定のキャリコンスキルを

点で見ているに過ぎませんが、 

その一方で、

少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、

その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

 

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、

ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?

目標設定は?方策の実行は?などなど・・・

 

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、

全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

 

自分のロールプレイを構成的に振り返り、

どこからどこまでは良かったか、どこからが課題と感じたか、

このような振り返り方法はいずれ必ず役に立つはずです。

 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、

キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して

相談者が気付いていない問題点を

CCとしての見地から見立てていきましょう。

 

しかも検定では、スキルだけでなく・・・

心から相談者へ寄り添う姿勢や理解しようとする態度も、

試験官は言語や非言語で、

評価区分に合わせて観ていることを絶対に忘れないで下さい。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

 

もちろん、自分のこれからのキャリアに悩む方、

転職相談や就職相談、客観的に自分を知りたい方など、

キャリア相談もこちらからどうぞ!⇩

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】  

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved