キャリコン試験対策講座「個別&出張レッスン」と就職&転職相談

試験対策講座の運営、就職・転職相談、こどもキャリア教育を推進中!フリーランス4期目のキャリアコンサルタント(4児のイクメン)ブログ

【SPONSORED LINKS】


キャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座 23回ケース③パート2まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛仁です。 

 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座

個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。 

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、

実技面接試験に出題されるであろうロールプレイを練習し、

逐語録を分析して、キャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認も行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

第24回検定の合格に向けて、

文字に起こされた逐語録を分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、

個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、

指導者としての力を蓄えるチャンスとして大切にしております。 

 

さて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、

試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回もループして言っているなど、

ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

 

ロールプレイ全体の構成が俯瞰的に可視化出来ます。

 

また、コーヒーカップモデルマイクロ技法などの

細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるか?など、

その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、

本当の意味での確認・評価・改善は難しいのではないでしょうか。 

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

 

そして、そんな細かなスキルまでフォローすることで、

受講生の合格と成長に貢献していくのが

弊社の試験対策講座の特長です!

 

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、

個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はミヤタさん、CC役はサヤマさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに

役立つスキルですから参考にして下さい。 

 

では、行ってみましょ~う!!  

 

相談事例

◆ケース3 ミヤタさん 33歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

宮田です。

CC 1

キャリアコンサルタントの狭山です。 

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

よろしくお願いします、ご説明をお聞きになられていると思いますが

限られたお時間なんですけども、ここでもし終わらなくても

また次回のご相談機会を設けますので

何なりとお話できるところからお話ししてください。

 

CL 3

はい よろしくお願いします。

CC 3

よろしくお願いします、

今日はどういったことでご相談に来られましたか。 

 

CL 4

私の経歴なんですけども

先に渡しした資料にもあったかと思うんですが

大学を卒業後に家庭教師の派遣会社に

正社員として就職して10年目になります。

CC4

家庭教師の派遣会社で10年目。

 

CL 5

3年前からマネージャー職をしていまして

相談というのは新卒で就活をしていた時まで話は遡るんですが

当時リーマンショックがありまして。

CC5

10年前ですね。

 

CL 6

それで希望通りいかなかったんですが、

学生の時にアルバイトしていた会社にそのまま就職したことなんです。

CC 6

そうなんですね。

 

CL 7

最近の学生は売り手市場なので羨ましいなあと思ってまして。

CC 7

その時はうまくいかなかったのに

売り手市場で最近の子は羨ましいなと思われるんですかね。

 

CL 8

そうなんですよね、人手不足で転職もしやすくなっているようなので

一度自分がやりたかった仕事に挑戦したいなと思うんですけど。

 

CC 8

もう一度やりたかった仕事にチャレンジしようと、はい。

 

CL 9

ただ経験を考えると不安が大きいんですね、

今後のことをどう考えればいいのか今日はご相談に来ました。

CC 9

今後の事をどう考えればいいのかなと思ってらっしゃる。



CL 10

ええ・・ 

CC10

わかりました、もう一度やりたかった仕事に

挑戦してみようかなと思われた、何かきっかけとかは

もしありましたらお話ししていただけますか。

 

CL 11

挑戦ですか、 やっぱりリーマンショックの時の事ですかね。

就活が思うようにいかなかったというのをずっと覚えていまして・・

CC 11

そうですよね、リーマンショックの時は本当にひどかったですよね。

 

CL 12

教師の採用試験の方も結構倍率が高くて・・ 

CC 12

教師を目指されていたんですか。

 

CL 13

教員になりたかったんですよね。

CC 13

そうなんですね、うんうん。 

 

CL 14

一般企業は結構厳しい状況でしたから、そんなことがあって

今の学生さんに聞くと3年前ぐらいから

結構売り手市場のような話を聞くようになってきてから羨ましいなと。

きっかけとしてはそのように思います。 

CC14

あ~・・そうなんですね、

教員の試験の時は何の教科で受けられたんですか。

 

CL 15

高校の社会科の教師です。 

CC 15

高校の社会科。どれくらいの倍率で・・

 

CL 16

当時・・高校教師の場合は6から7倍くらいでしたかね。

CC 16

そうですか。

 

CL 17

もうちょっとあったかなーって感じですかね。 

CC 17

そこの教師を目指されて他は就職活動であったりとか

他には活動はされなかったんですか。

 

~約5分経過~

 

CL 18

あ~、しましたね。普通の企業ももちろん受けましたし

色々と受けたんですけど駄目でしたね。

CC 18

その頃はどんな企業とか何社くらい受けられたんですか。

 

CL 19

その時は50社くらい受けました・・ 

CC 19

それはちょっと大変でしたね。 

 

CL 20

まあ苦労したから余計覚えているかもしれないですね。 

CC 20

そうですか、それはその時代にたまたま遭遇してしまったので・・ 

 

CL 21

はい、遭遇してしまったので・・

CC 21

最近は本当に売り手市場で就職も変わってきて

転職しやすくなってきていると。

 

CL22

教員採用試験の方も3倍くらいですかね・・聞いていると。

可能性があるのかなあと聞いていると思いますけど・・

CC 22

ええ、ええ、それでもう一度、

再挑戦と言うかしてみようと思われたんですか。 

 

CL23

そうだなあ・・そういう気持ちもありますね。

CC23

今の家庭教師派遣会社・・のお仕事は大学を卒業されてから10年。

 

CL 24

はい、10年目です。

CC 24

どのようなお仕事をされていらっしゃるんですか。

 

CL 25

家庭教師を派遣していますので派遣が決まった家庭教師に対して、

どのように勉強を教えるとか教材などの研修を担当しておりまして、

]派遣した後は先生方も愚痴や問題があったりするので

窓口としての役割だったり・・ 

CC 25

先生方の愚痴とか窓口になってお話をされているんですね。

 

CL 26

そうですね、アドバイスと言うか

フォローもしなきゃいけない所があるので。 

CC 26

それはまた繋ぎ役でフォローもやられたりして

色々なお話を聞いているわけですね。 

 

CL 27

色々と聞きますね。今の先生の教育実習は大変だよーとか、

昔とちょっと違う面もあったりとか色々な話が聞けますけど。 

CC 27

はい、その仕事は今はどのような時間帯とか・・

 

CL 28

どのような時間帯・・?ああ、就業時間ですか。 

CC 28

勤務形態とか。 

 

CL 29

基本的には11時くらいからの出勤になりまして

そこから定時が8時間ですね。

あと残業なんかがあればそこからまた働いてますけど。 

CC 29

ではかなり遅い時間になってしまう? 

 

CL 30

帰りが9時頃になることもありますね。

CC 30

そうですか・・その勤務体制に対して何か不満があるとか・・

 

CL 31

不満というのもありますけど、今後をちょっと考えた時に

あまり帰りは遅いというのはどうなのかなと思いますね。 

CC 31

そうなんですね・・今後の事を考えると帰りが遅いとね・・

う~ん・・ そういったこともお考えがあって

今後の事についてどうしようかなと思っている

一つの要因になられているのですか。

 

~約10分経過~

 

CL 32

はい、それも一つ今後の事を考えていく上では

要因として考えてもいいのかなと。

CC 32

他に何か今後の事を考えていくにあたって

何か思われていることはありますか。

 

CL 33

他にですか・・やっぱり結婚していくとか、 生活の変化とか・・

後は一度きりしかない人生なので 悔いを残さないように

やりたい仕事に挑戦した方がいいのかとか・・

CC 33

悔いを残さない。 

 

CL 34

はい。

CC 34

挑戦したいという思いもあるんですね。

 

CL 35

それは今後の事を考えると思いますけど。 

CC 35

そうなんですね・・うんうん。

じゃあちょっと今までお聞きしたことをまとめてもよろしいですか。

 

CL 36

どうぞ、お願いします。 

CC 36

宮田さんはリーマンショックの時にちょうど新卒の就職活動をされて、

その時になかなか決まらなかったということもあって、

教員を目指されたり一般企業を目指してやられていたんだけど

決まらなくて、アルバイト先の家庭教師派遣会社の方で決められて

正社員で今に至っているということなんですけども、

その時やりたかった教員をもう一度再挑戦してみたりとか・・

 

CL37

はい。

CC37

という思いが出てきて、でも経験とかはあまりなく・・

それが挑戦できるかどうか不安というのがあって、

結婚とか今後のことも考えたりすると

このまま時間帯が遅いまま働き続けることに対しても

ちょっと不安な点があるんですかね。

 

CL 38

そうですね、はい。 

CC 38

そうするとやりたいことをやってきたいという思いもあって、

それで今後の事をどう考えていけばいいのかなということで

相談に来られたんですね。

 

CL 39

そうですね・・

ちょっと長いのであまり覚えられなかったんですけど・・(笑)

ほぼそんなところですね。

CC 39

すいません(笑)そうですね、今ちょっとお話を聞きして、

宮田さん今一番どのようにお考えになったら

そのやりたかった教員の仕事にもう1回チャレンジされるかとか

今後の事についてお考えになるとかというのを

一緒に考えていこうと思うんですけれども・・ 

 

CL 40

はい。

CC 40

何から取り組んだらいいのかなということで

今一番宮田さんが今後の事について不安な点ですよね。

 

CL 41

うんうん。 

CC 41

そこをもう少し具体的にお話ししてもらってもいいですか。

 

CL 42

まだちょっと経験について聞いてもらってなかったんですけど。

CC 42

そうですねすいません。

 

CL 43

やっぱりやりたかった仕事に挑戦したい思いというのがあるので、

そう考えるとその仕事について転職とか教員になるために

どういった経験が重要なのかとか・・ 

CC43

はい。

 

~約15分経過~ 


CL 44

そういうところを整理して方向性みたいなものが見えてくるといいかなと。

まぁ今後の考え方ですよね・・チャレンジするにせよ

少し整理できればなと思うんですけど。

CC 44

そうなんですね・・そうしましたら今の話をお聞きしまして

やっぱり今後の事を決めていくにあたって教員へ再挑戦するにしても

今の経験ですよね、今の経験というところで

少し不足しているんじゃないかなという点であったりとか・・

今の教員の試験の状況であったりとか、情報収集とかですよね・・

そういったことをやられてみるというのはどうですか? 

 

CL 45

情報収集ですか・・まずはですかね・・ 

CC 45

もしそれが情報収集とかをされて

教員試験をもう一度受けられるかどうかということを決められると

今後の方向性について考える

一つの材料にはなるんじゃないかなと思うんですけど・・

 

CL 46

う~ん、わかりました・・はい。

CC 46

大丈夫ですか。 

 

CL 47

それでちょっとやってみたいと思うんですけど。

CC 47

はい、ではこれからのお時間・・

宮田さんと私で教員試験を受けるかどうかにあたって

情報収集をどのようにしたらいいのかというところを

一緒に考えていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

CL 48

はい、分かりましたではお願いします。 

CC48

宮田さん、社会科の高校教師でしたっけ、

そちらの方を再度受験したいと思っていらっしゃるということで・・ 

 

CL 49

そうですね、そうなります。

CC 49

それを受験したいということで今の時期だといつ試験があって

いつまでに応募されるかを決めないといけないと思うんですけど。

 

CL 50

自治体とかで出ているのであれば、

年末には市によっては出ていると思うんですよね。

CC50

あ~そうなんですね。

 

CL 51

来年の4月に向けての勤務という形になると思うので、はい。 

CC 51

ではそういった資料を一度集められるというのはどうですか。

 

CL 52

そういった資料というのは・・。 

CC 52

教員の採用関係の資料ですとか。

 

CL53

要項とかですか・・。 

CC53

またそこに具体的にどういった経験が必要だとか

書かれていると思いますのでそれをご覧になってみるというのはどうですか。

 

CL 54

それを見て・・応募するかどうかを決めるって事ですか。 

CC 54

それと経験というところで

宮田さんはご心配されていらっしゃったと思うんですけども・・

その経験ですよね。

 

CL 55

うんうん。 

CC 55

今その家庭教師派遣会社の正社員で働いていらっしゃっていて、

そこで家庭教師をされている方から

お話を聞きしているということだったんですけども・・

その方々にもう少し詳しくお聞きになられたりするとどうですか。

 

CL 56

 採用についてってことですか?

CC56

すいません採用についてです。 

 

CL 57

採用について学生さんたちからってことですか。 

CC 57

はい。 

 

CL 58

でもちょっと聞きづらいなあと思うんですよ。 

CC 58

聞きづらいですか・・はい。

お友達で教員になられている方とかはいらっしゃいますか。

 

CL 59

友達にはいます。

CC59

そしたらそのお友達とお話する機会ってできますか。  

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1

この相談者の相談したい問題点と

あなたの考える相談者の問題点とは何でしょうか

CC1 

はい、この相談者の相談したい問題点は

リーマンショックの時に自分の思った就職ができなかったといったことで

やりたかった仕事に教員ですね、

教員に再挑戦してみたいという思いが出てきて

再挑戦しようかどうしようか今後のことも考えると

どう考えていいのかわからず経験も不足している心配な点もあり・・

悩んでご相談に来られました。

キャリアコンサルタントとしての問題点は、

リーマンショックの時に50社ほど就職活動を受けられていて

就職活動においては情報収集されていることと

あと教員の教員の採用試験については

調べておられなかったということなんですけども

家庭教師の派遣会社にお勤めなので

最近の情報はそういった先生から情報収集されているというところでの

ご本人の意識不足、確認不足があるのかなと思いました。

また結婚についても考えられているということと、

今後の事についてはもう少し考えた上でいるということなんですけども

それについてもまだちょっと漠然とされていらっしゃるということが

問題点だと思いました。

 

SIK2

先ほどのロールプレイで良かった点と

悪かった点があれば言ってください。

CC 2

良かった点は、

宮田さんのお話をきちんと傾聴しながらお聞きして、

寄り添いながらお話を聞こうと面談を進められましたので

最後の方では方策のところでは教員採用試験の情報収集だったりとか

進めててくださるということで了解いただけたので

関係構築はできたのかなと思います。

できなかったところは、

気持ちの部分で少し関係構築の所で経験に対して聞けなかったところが

深く聞けていなかったというところがありましたので、

そこで宮田さんがお話ししてくださったので・・

次回は少し気持ちの部分についても

ご相談の中でお聞きしながら寄り添いながら進められればと思います。

 

SIK 3

次回の相談機会があればどのような方策を実施したいと思いますか。

CC 3

次回の機会があれば宮田さんの方に

教員採用試験の情報を持って来て頂いたこと、

そのお友達の方にお話をお聞きするということだったので、

その話と状況をお聞きすること、

私の方では将来的なライフプランを立てられるように

アセスメント的な宮田さんが大事にしている価値観というものを

見えるようにキャリアアンカーのようなアセスメントをご用意して

一度どういったことを大事にされているのか含めながら

今後どのように考えたらいいのかというところを

宮田さんご自身で意思決定できるように支援していきたいと思います。

 

SIK 4

相談者との関係構築はうまくできましたか。

CC 4

関係構築は・・できたと思います。

気持ちの部分で深く聞けなかったなというところがありましたので、

ちょっと事柄のことばかり聞いてしまったので・・

次回はもう少し宮田さん自身が・・本当に悩まれているところを

もう少し深くお聞きしながら進められたら、

もう少し目標であったり方策であったりといったところで、

もう少し具体的な方策がより深くできたのではないかと思います。 

 

SIK 5

はい、では本日はお疲れ様でした。

CC 5

ありがとうございました。 

 

おわりに

【キャリコン2級ロープレ逐語録】

第23回実技ケース③パート2まとめは如何でしたか。  

 

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、

フィードバックやアドバイスを行いますでしょうか?

 

転職における職業選択や労働市場の正確で適切な情報提供の支援、

何よりも相談者が転職や自己実現に向けた意思決定の方法について、

職業能力開発や職業生活設計の中長期的な視点も交えながら、

ライフプランニングを含めた考えさせられるテーマだと思います。

 

次回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、

個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。   

www.careerlife.jp 

キャリアコンサルティングの折衷的なアプローチは

無限に視点があるので難しく感じるかもしれませんが、

2級国家検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけで、

押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは

必ず一定値存在するはずです。 

 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろん、

一発勝負である本番の実技面接で相談者役相手に実践するスキルも必要です。 

 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、

国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、

とある日の、ある一定のキャリコンスキルを

点で見ているに過ぎませんが、 

その一方で、

少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、

その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

 

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、

ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?

目標設定は?方策の実行は?などなど・・・

 

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、

全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

 

自分のロールプレイを構成的に振り返り、

どこからどこまでは良かったか、どこからが課題と感じたか、

このような振り返り方法はいずれ必ず役に立つはずです。

 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、

キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して

相談者が気付いていない問題点を

CCとしての見地から見立てていきましょう。

 

しかも検定では、スキルだけでなく・・・

心から相談者へ寄り添う姿勢や理解しようとする態度も、

試験官は言語や非言語で、

評価区分に合わせて観ていることを絶対に忘れないで下さい。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

 

もちろん、自分のこれからのキャリアに悩む方、

転職相談や就職相談、客観的に自分を知りたい方など、

キャリア相談もこちらからどうぞ!⇩

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】  

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved