キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


第22回キャリコン2級 実技面接対策講座ケース④パート6前編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛仁です。 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座の個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。  

www.careerlife.jp

個別レッスンでは受講生の状況やレベルによって色々なレッスンを行いますが、実技面接試験出題の仮想ロールプレイを実施し、逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルやカウンセリング技法などの確認も行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

第23回検定に向けて、文字に起こされた逐語録を見て分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、指導者としての力を蓄えるチャンスとして役立てております。 

さて、キャリコン2級を受験される方は、こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回も言っていたり、ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

また、マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェックシステマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるかなど、その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、確認・改善が難しいのではないでしょうか。 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

そして、そんな細かなスキルまでフォローして受講生の合格と成長に貢献していくのが弊社の試験対策講座です!

試験対策講座後の実績「ビフォーアフター」&信頼性の高い「お客様の声」はこちら!

合格体験記/得点&合格率実績 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はヤマモトさん、CC役はスズキさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。 

では、行ってみましょ~う!!  

相談事例

◆ケース4 ヤマモトさん 55歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

山本です。

CC 1

キャリアコンサルタントの鈴木です。 

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

今日の面談時間は20分ということで、この時間の中で出来る限りお話を伺っていこうと思います。

 

CL 3

はい、お願いします。

CC 3

もし20分で終わらないという場合には次回の面談の予約も可能になっておりますので、どうぞ安心してお話しいただければと思います。

 

CL 4

ありがとうございます。

CC4

それから私の方でいくつか質問をしたりですとか、気づいた点をお伝えすることがあるかと思いますがそういったことはよろしいでしょうか?

 

CL 5

質問もあるんですね、大丈夫です。 

CC5

ではよろしくお願いします。

 

CL 6

よろしくお願いします。

CC 6

それでは今日はどういったご相談でしょうか。

 

CL 7

私は今の会社に勤めてもう32年目になりまして、ここ何年も仕事が面白くなくて先が見えているように感じています。

CC 7

先が見えている。

 

CL 8

はい・・それで退職しようと考え始めたんですね。

CC 8

退職を考えられている。

 

CL 9

会社の早期退職支援制度を使えば特別退職金も支給されるようなんで、思い切って妻に話をしてみたところ反対されてしまったんです。

CC 9

あ~反対されてしまったんですね。



CL 10

今度の仕事のことですとか生活について専門家の方がいるということで今日は相談に来てみたんです。

CC10

はい、そうだったんですね、山本さんは今、お仕事お勤めされて32年ということで・・そんな中今お仕事の方が面白くないというところで退職を考えられたと。

 

CL 11

はい。

CC 11

そのことを奥様にご相談されたら反対されてしまったということなんですね。

 

CL 12

そうなんです。

CC 12

それで今後の事を考えたいということでいらっしゃったということでしょうか?

 

CL 13

そうですね・・今後のことですとか、仕事や生活のこともあるので。

CC 13

仕事や生活のこと。そういったことをお仕事だけではなくて退職された場合の生活のことですかね。 

 

CL 14

その辺のことも含めて相談できればと思います。

CC14

分かりました。そういったお仕事のことですとか今後の生活のこと、その辺のキャリアのご相談に関して今日はお話を伺っていきながら、何か方向性であるとかそういったところが見つかればというところでしょうか。 

 

CL 15

見つかると助かりますね。

CC 15

そうですよね、先ほどお仕事が面白くないと言うか退職を考えられるようになったということなんですが、どういったことがきっかけだったんでしょうか。

 

CL 16

私は今55なんですけど技術職だったんですねどちらかといえば。 

CC 16

はい。

 

CL 17

ずっと技術畑の方で仕事をしてきまして10年くらい前でしょうか、景気が冷え込んだ時に海外工場の移転ですとか日本で生産することもその頃から少なくなりまして・・・我々、技術職というのは仕事が減って海外にまわされることも多くなりましたし、人員削減も多かったんで、機械をオートメーション化で少ない人数で回すようになりましたし・・。3年くらい前からは仕事に対して技術職でやってきたことがあまりできませんし仕事が面白くないんですよね。

CC 17

技術職としてやってこられたそのスキルを活かせていないという感じなんでしょうか?

 

~約5分経過~

 

CL 18

今後も日本で働いて行くんであればそういう仕事はあまりないと思うので 先が見えているなとここ近年は感じていました。

CC 18

3年くらい前からそういう風な感じだったということなんですね。

 

CL 19

そうですね。

CC 19

その前はいかがでした?

 

CL 20

10年くらい前からでしょうかね・・・工場の移転などで同期もだいぶ減りましたし、周りで働いている人間も入れ替わりがあったりとか、今だと外国人の方ですか・・技能実習生なんかも増えてきましたので、でも特にここ3年くらいが面白くないなと思ってます。 

CC 20

そうなんですね、10年前から海外の移転が始まって色々な同期の方がいらっしゃらなくなったり外国の方が入ってこられたり、職場の環境も変わってきたということなんでしょうかね。

 

CL 21

その通りですね、環境が変わって人もいれ変わると雰囲気も変わってくるし・・働いていても働きがいと言うか、もう少し張り合いがあったような気がするんですけどね。

CC 21

それはご自身の専門的な技術を駆使してお仕事されていた時にそういう風に感じられていたんですかね。

 

CL22

私は一応工学部を出ていまして、そういう精密機器ですと半導体とか専門的な部品の技術開発援助なんですけど、そういった最先端の技術の現場をやってきたので・・その頃に比べると今やっていることというのはやりがいはないですよね。

CC 22

そうだったんですね。 

 

CL23

半導体なんかは日本の市場は結構冷え込んでますし、違う大手さんで強いところはありますけどうちの会社は結構厳しい状況ですかね。

CC23

そうすると山本さんは以前、技術開発で世の中の最先端のところでやってらっしゃったと・・そういう仕事が少なくなってきていると。

 

CL 24

やっぱり強いところが独占的になってくるし、そうすると部門を縮小したりとか色々ありますし・・・私の年齢になってくると最前線で働くというのはちょっと難しいのでその辺もしょうがないんですけどね。

CC 24

う~ん、年齢的にも55歳ということで今までは専門知識を使ってのお仕事が続いていたということなんですかね?

 

CL 25

いや実は3年くらい前から倉庫管理の仕事に回されちゃいまして。

CC 25

あ、倉庫管理。

 

CL 26

特にここ数年ですよね、こっちの仕事に移ってからは面白くないですね。まあ正直なところなんですけど

CC 26

面白くないと感じられる。 

 

CL 27

やっぱり倉庫管理の仕事と技術開発って全然違う仕事なんで・・・ 

CC 27

うん・・・そうですよね。世の中の最先端を今まで歩いていたと、それがいきなり閉ざされた空間の中で作業というところで仕事の内容も違っているということですよね。

 

CL 28

はいはい、仕事の内容も違いますね。ほぼ同じ毎日のルーティンの仕事ですし・・・人も少ないのであまり喋りませんしね・・・技術開発とは全然違う仕事ですよね。 

CC 28

そうなんですね、逆に言うと技術開発の時は同僚の方とか周りの方も結構いらっしゃって。

 

~約10分経過~

 

 

おわりに 

次回は、「第22回キャリコン2級検定 実技面接対策講座ケース④ パート6後編へ続きます。 

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

個別レッスンのご予約はこちらから 

受講生ファーストでレッスンさせて頂きます! 

www.careerlife.jp

 

論述・実技面接対策テキスト販売中

キャリコン2級検定試験対策のテキストも販売しています。

ご興味のある方、お待ちしております!  

キャリコン2級テキスト販売中 カテゴリーの記事一覧 - 勇気が出る!『キャリア・ライフ』の自己研鑽カレッジ

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved