キャリアトーーク!

利他の心を追求する「埼玉のキャリアコンサルタント」試験対策講座の運営や実践的スキルアップも応援しています!!

【SPONSORED LINKS】


キャリアコンサルティング技能士 2級合格講座 面接編③

【SPONSORED LINKS】


 

キャリコン義塾f:id:career-life:20170702114640j:plain

皆様おはようございます、名もなきキャリコンこと敬天愛人です。

 

国家資格キャリアコンサルティング技能士2級検定の面接試験の解説シリーズ第3弾です!!

 

ここでは、キャリアコンサルティングの現場で実践できるスキル習得と、合格基準の60点ではなく、70点を超える結果にコミットすることを目標に情報提供していきます。

f:id:career-life:20170714191338j:plain

どのように試験に望めばいいのか分からない初受験の方を含め、何回か受けてみたものの、あと5点足りない・・・方などにおすすめのメソッドをご紹介していければと思います。

 

是非、参考にして下さい。

 

面接編③

 

2、 関係構築力

CLとの関係構築は相談者が伝えたいことは何かということをCCが整理し、CLに要約して伝え返すことから始まります。

ラポールは自己紹介をする前から既に始まっているわけですが、最初の主訴の要約でこの技法を使っていきます。

CLが「このCCは私のことを分かってくれた」と感じることで関係が深まっていきます。

※最初の主訴要約でCLのキャリアを褒めることもラポール形成にかかせません!

キャリアコンサルティングで大切なのは、CLが主体的に考える質問であり、CL自身が言ったことや今の感情を自覚させることです。

そのために必要な方法を解説します。

 

3つのポイント

 

(1) 伝え返し

CLの思い(感情)や欲求を中心に覚えておき、相手の言葉を使って正確に伝え返します。

事実関係や置かれている状況はそんなに覚えなくてもいいです。

※「仕事を辞めたいと思ったこともある≠仕事を辞める」。

前者は過去、後者は今を指しているため意味が違ってきます。

「仕事を辞めたいと思ったこともある」の中には辞めてはいけないというエッセンスも含まれている可能性があります。

また、「仕事≠会社、すごく≠とても」も意味が違う可能性がありますので注意しましょう。

 

(2) 要約

要約もCLの思い(感情)や欲求が中心ですが、的確に伝えるなら感情中心で短くて良いです。

要約がうまくできない場合はCLの言葉で、思い(感情)や欲求の部分をそのまま返してもOK。

試験開始から10分程度は伝え返しと要約に徹することで、しっかり関係構築をしましょう。

 

(3) 質問

基本は思い(感情)の伝え返し+思い(感情)への質問です。

CL自身が言ったことを客観的に 聞けるので、主体的に考えるようになります。

相手が言っていない余計な質問はしません。

また、思い(感情)が表面に出てこないケースは相手の気持ちを探っていく質問が必要です。

その際、唐突ではなく、今の話の流れに関連していますよ・・・と、CLの言葉を使って質問します。

 

具体例

残業が多いんです(事実)

⇒残業が多くて大変ですね➡✖ (むしろ稼げると思っているかも)

残業が多いんです(事実)

⇒残業が多いのですね、●●さんはどう思っていますか?➡〇

のように、思い(感情)の伝え返し+思い(感情)への質問で問題点を深掘りして明確化していきます。

※とにかく、CLの根本的な悩みは事実ではなく、思い(感情)にあるということを認識しましょう!

 

ワンポイントアドバイス

キャリアカウンセリングの法則  《 CL : CC = 78 : 22 》 

CLの話を遮らないで話せるだけ話してもらいましょう。

一方で、巷では8:2とよく言われます・・・が、傾聴に徹するだけではこの試験は合格が出来ません。

CCの22というのは、非指示的なリードで具体的な方策を提案する作業を消極的に行ってはいけないという意味です。

 

沈黙されたら

それと、沈黙が苦手な方、多いのではないしょうか?

沈黙にも種類があります、CLが思考している貴重な時間ですので邪魔をしてはいけません。

沈黙は「ゼロの音」と言われますから、心の中で10秒は待ってみましょう。

考えている様子がない場合は、「何かお困りですか?」と声を掛けてあげてください。

沈黙を黙って待つのは、キャリアカウンセリングとして立派な仕事です。

 

まとめ

面接編③では関係構築力について説明しました。

ここはラポールを形成する本当に大切な段階と言えます。

どうすれば相談者は気持ちの不安が解消され、あなたの提案する方策を受け入れてくれる前向きさを取り戻すのかがテーマと言えるでしょう。

焦らず、じっくりと相談者の声に耳を傾けて次の展開へ移行しましょう。

これが出来ないと、相談者の合意を引き出せずに逆戻りすることになります。

 

次回は面接編④の問題把握力についてご紹介していきます。

お読みいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

【SPONSORED LINKS】


Copyright©2017careerlife All Right reserved