【3人に1人がキャリアコンサルティング技能士2級に合格した試験対策講座】

 「埼玉のキャリアコンサルタント=フリーランス=イクメンパパ」が試験対策講座の運営、子供3人の子育て日記や趣味の記事を気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


キャリアコンサルティング技能士 2級合格講座 面接編②

【SPONSORED LINKS】


 

キャリコン義塾f:id:career-life:20170702114640j:plain

皆様こんにちは、名もなきキャリコンこと敬天愛人です。

 

国家資格キャリアコンサルティング技能士2級検定

面接試験の解説シリーズ第2弾です!!

 

ここでは、キャリアコンサルティングの現場で実践できるスキル習得と、

合格基準の60点ではなく、70点を超える結果にコミットすることを目標に

情報提供していきます。

f:id:career-life:20170718125728j:plain

どのように試験に望めばいいのか分からない初受験の方を含め、

何回か受けてみたものの、あと5点足りない・・・

そんな方におすすめのメソッドをご紹介していければと思います。

 

是非、参考にして下さい。

 

面接編②

今回から、大まかな流れを踏まえて、

評価区分ごとの対策と注意点を説明していきます。

 

1、 基本的態度

基本的態度は態度であり、スキルというより人間性です。

前回の評価項目説明での表現は抽象的ですが、

面接編①冒頭の大前提をここで表現するわけです。 

www.careerlife.jp

ここではCCとしての人間力や倫理観も試されています・・・、

これだけでは具体性に欠けますので注意点を挙げておきます。

 

★注意点 

・面接試験は試験会場に着いた瞬間から始まっていますので、

立ち振る舞いや身だしなみをトイレで整えます。

タバコの匂いや香水の匂いも注意ですよ、

なぜなら皆さんが検定で向き合う検定補佐官(相談者役)は、

主観や価値観を持つ同じ人間だからです。

例えば若い学生役の女性相談者がどう思うか、自分を客観的に捉えましょう。

 

・試験官は部屋に案内をしてくれる係員です。

性別と年齢を確認し、心の中で準備とシミュレーションを行います。

 

・試験室への入場はビジネスマナーに忠実に、ノックは3回、

どうぞと言われてから入室します。

※ドアを相談者役が開けてくれるケースがほとんどのはずです。

 

・ドアを開ける時は失礼しますと発声し、両手で開けて両手で閉める。

閉める際に試験官にお尻を向けないように気を付けましょう。

 

・ドアの前に進み、名前を言って宜しくお願いしますと発声、

言ってからお辞儀をする。

 

・座ってくださいと言われたら座りましょう。

 

・では始めてくださいと言われたら「椅子の調整をさせて下さい」と言ってから

ハの字に調整し、CLにこれで良いか確認すること。

時計も見える位置に動かしておくと良いですが、相談者に了解を得ること。

もちろん相談者役にも「話しやすい位置になっていますか」と配慮しましょう。

 

・時間が20分であることと、CCの守秘義務は必ず伝えること。

 

・あなたはプロのCCでCLのために全力を尽くします。

強く頼りがいのある姿勢で、

自信を持って堂々とキャリアコンサルティングすること。

何故なら2級検定は熟練レベルの試験であり、

国家検定というのは試験時の技能・能力を保証する検定だからです。

貴方はすでに2 級保持者としての心構えでそこに居なくてはなりません。

 

自信を持ちましょう!

 

試験開始前は以上の点に留意しますが、あくまで留意点です。

硬くなりすぎず、自然に、リラックスして試験へ臨みましょう。

 

試験室の配置は試験場にもよりますが、おそらくこの配置だと思います。

 

配置図

①受験者 ②相談者 ③試験官 ④椅子の向き

(ハの字で直接目線が合わない配慮をします)

f:id:career-life:20170718130238j:plain

相談者役の椅子は勝手に動かさないで下さい。

相談者心理としては、今日の面談へ色々悩んで、

貴重なお金と時間を払ってキャリアコンサルティングを受けに来ています。

初対面のお客様の椅子の位置をいきなり変えるということは、

一般的な視点で相手へどんな影響を与えるのか冷静に考えましょう。

 

まとめ

面接編②はいかがでしたか?

基本的態度についての試験対策を解説しました。

ここでは自分を客観的に見ることが問われており、

「クライエントファースト」

いわゆる相談者から見たあなたの振る舞いが大切なのです。

 

試験対策講座の研究会などで客観的な視点で評価をもらってみることも

良いと思います。そういう機会がない方はお気軽にご連絡下さい。 

www.careerlife.jp

 

次回は面接編③、関係構築力についてご紹介していきます。

お読みいただきありがとうございました。 

www.careerlife.jp

 

 

 

Copyright©2017careerlife All Right reserved