キャリアトーーク!

利他の心を追求する「埼玉のキャリアコンサルタント」試験対策講座の運営や実践的スキルアップも応援しています!!

【SPONSORED LINKS】


キャリアコンサルティング技能士 2級合格講座 論述編③

【SPONSORED LINKS】


 

キャリコン義塾f:id:career-life:20170702114640j:plain

皆様こんにちは、名もなきキャリコンこと敬天愛人です。

 

国家資格キャリアコンサルティング技能士2級検定の論述試験の解説シリーズ第三弾です!!

 

ここでは誰でも書けるような一般的な解答例ではなく、キャリアコンサルティングの現場で実践できるスキル習得と、合格基準の60点ではなく、70点を超える解答が書けるようになることをモットーに情報提供していきます。

f:id:career-life:20170716214302j:plain

どのように書けばいいのか分からない初受験の方を含め、何回か受けてみたものの、あと5点足りない方などにおすすめのメソッドをご紹介していければと思います。

 

是非、参考にして下さい。

 

ではでは、今回は問3に進む・・・

 

その前に!!

 

ワンポイントアドバイス

問3ではCLとの目標設定の共有と具体的な方策を記述していくことになります。

CLに共感・受容するということは、誰にでも当てはまる内容ではなく、逐語録のCLに迫った特有の記述をしましょう。

 

問3 あなたは、上記2つの「問題」を合わせ、相談者を援助するために、

①どこに目標をおいて、

②どういうことを実施したいか、

あなたの具体的な方策を記述せよ。(60点)

 

(1) 目標

無理がなく、行動可能な設定をしましょう。

高すぎる目標は現実的でなくなってしまいます。

CLが主体的な意思決定ができるように、気づきを与える状況を一緒に作っていくことがポイントです。

 

【記述例】

●●で良いのか、それとも●●するほうが良いのか、主体的(冷静)に意思決定できる状態を作り出し、「元気に●●(就活や転職活動)できるように継続的なサポートをしていく」または、「ライフキャリアプランを立てられるように支援していく」など。

 

(2) 実施(方策・戦略)

いよいよ方策の提案です、が、その前に・・・論述の解答テクニックを2つ伝授!!

★答案用紙の有効活用(そのまま答案用紙に記入していませんか?)

★方策の提案を促進するマジックワード(始めから無策で問題に取り掛かっていませんか?)

この2つを実施すると、自分自身の気づきも増えて得点アップも望めます。

この二つは対面指導の方だけに教えている特典テクニックです。

これらを踏まえて具体的な解き方を説明しています。

 

① まず始めに「来談者中心アプローチ(積極的傾聴)」を実施しましょう。

wikipedia:カール・ロジャーズ氏の、

クライエントファーストですね。

CLの思いを肯定的に受容し、心から尊重します。

価値観(内的世界)を共感的に理解して相手に伝えることで不安や焦りを鎮めながら、過去のキャリアや実績を褒めましょう。

CLは自己への信頼感を取り戻すことでCCとの信頼を次第に形成していくものです。

※(2)の実施では、問題文の言葉を引用し、事例に即して記述することでCLに迫った内容にします。

 

【記述例】

「●●と感じている思いを受容し、内的世界に共感することでラポールを形成する。一方で、●●であることを褒めて自信を持たせる、勇気づける(肯定的な自己概念のサポートをする)」など。

※予備知識・・・来談者中心アプローチでは、「母性的な風土」と「非指示的なリード」という表現方法も押さえておきましょう。

 

まとめ

今日はここまでです。

f:id:career-life:20170713150808j:plain

次回は第四弾、論述試験の中核を成すトランジション(転機)において、キャリア理論をどのように駆使して解けばよいのかを解説します。

 

 

【SPONSORED LINKS】


Copyright©2017careerlife All Right reserved