キャリアコンサルティング技能検定試験対策&キャリア相談

当ブログへようこそ!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していくコミュニティです!

【SPONSORED LINKS】


当たり前だと思わずに、命の形を感じること。

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20181109152608j:plain

「顔を洗う」

 

 

先日、人相の記事を書いた。 

www.careerlife.jp

 

 

朝起きればほとんどの人が顔を洗い鏡を見るだろう。

 

 

 

何事も無く目覚めたことに感謝をする。

 

 

 

そして、もう少し・・命の姿を感じたいのであれば、

なぜ目は横に2つ、鼻は縦に一つなのかまで考えが及ぶと良いだろう。

 

 

 

口は鼻の下にあり、味覚と嗅覚を感じることが容易で、

耳は邪魔にならないよう側面にあり、音を逃さないような作りである。

 

 

 

例えば昔の偉い仏僧はこういう一つ一つのことを

宇宙の営みの一つとしてとらえ感謝の心を持ってきた。

 

 

 

これを仏祖の命脈という。

 

 

 

もしも目が後ろについていたら、

口が額にあったらみなさんどうだろうか。

 

 

 

実は当然だと思うほとんどのことは

何億年を時を積み重ねてきた、

進化という宇宙の営みの奇跡である。

 

 

 

「命を感じる」

 

 

 

このような教えは先人の知恵であり、

語り継がれてきたことは不変の真理でもあると思う。

 

 

 

昔の賢人は科学的根拠がなかったからこそ、

宇宙の森羅万象を色々な側面から考え

悟りをひらいてきたのだと思う。

 

 

 

仏祖の命脈と言ったのは道元禅師である。

 

 

 

母方の墓があるお寺は曹洞宗なので

道元様のことは昔からなんとなく身近に感じている。

 

 

 

私の子供たちも偶然であるが、

曹洞宗のお寺が運営している保育園へ通い、

卒業もしているし、二男三男もお世話になっている。

 

 

 

長男は市内で一番大きい公民館で催されたお遊戯会で

道元禅師を任され、堂々と演じていたが胸に来るものがあった。

 

 

 

そういえば母も曹洞宗の保育園で育っている。

 

 

 

少しでも立派な人間になりたい、

自分を磨きたいと思って

道元禅師の言葉を読み漁ったこともある。

 

 

 

だから、縁を感じる

 

 

 

一人一人が命を感じること、

これからも仏祖の命脈を少しでも紡いでいきたいと思います。 

 

 

 

尊い命に感謝。

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved