キャリアコンサルティング技能検定試験対策&キャリア相談

当ブログへようこそ!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していくコミュニティです!

【SPONSORED LINKS】


【キャリコン2級ロープレ逐語録】第23回実技ケース⑤パート4まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなキャリアコンサルタントこと敬天愛仁です。

 

今日もコロナウィルスや景気に振り回されることなく

自分を信じて健康管理にも気を付けて頑張って行きましょう!

 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座

個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。 

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、

実技面接試験に出題されるであろうロールプレイを練習し、

逐語録を分析して、キャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認も行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

第24回検定の合格に向けて、

文字に起こされた逐語録を分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、

個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、

指導者としての力を蓄えるチャンスとして大切にしております。 

 

さて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、

試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回もループして言っているなど、

ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

 

ロールプレイ全体の構成が俯瞰的に可視化出来ます。

 

また、コーヒーカップモデルマイクロ技法などの

細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるか?など、

その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、

本当の意味での確認・評価・改善は難しいのではないでしょうか。 

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

 

そして、そんな細かなスキルまでフォローすることで、

受講生の合格とスキルアップに貢献していくのが

弊社の試験対策講座の特長です!

 

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、

個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はキムラさん、CC役はオオキさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに

役立つスキルですから参考にして下さい。 

 

では、行ってみましょ~う!!  

 

相談事例

◆ケース5 キムラさん 45歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

木村です。

CC 1

キャリアコンサルタントの大木と申します。

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

よろしくお願いいたします、

木村さん今日は寒い中、ようこそお越しくださいました。

 

CL 3

いえいえ、大丈夫です。 

CC 3

今日はお時間20分ですが、私の方で精一杯

木村さんのお力になれるようにお話を伺いたいと思いますので

リラックスして何でもお話ください。

 

CL 4

はい。

CC4

それと私の方から質問させていただいたり

気づいた点を申し上げることもございますが

言いにくいことなども何なりとお申し付けくださればと思います。 

 

CL 5

わかりました。

CC5

ではご相談内容をお聞かせいただけますか。

 

CL 6

先に渡した資料にも書いたんですけども

36歳の時に離婚して当時3歳だった娘と実家に戻ってきたんですね。

CC 6

はい、ええ。

 

CL 7

その3年後に地元の食品会社に再就職して6年目になります。 

CC 7

6年目ですね、はい。

 

CL 8

これから先を考えるともっとやりがいのある仕事に

就きたいと思うようになりまして、

でもなるべく親には負担をかけたくないので

どのように考えたらいいか悩んで今日は相談に伺いました。 

CC 8

木村さんは今ご両親と娘さんと一緒に暮らしていらっしゃると。

お仕事は6年ですかね、再就職されたということで

ただもっとやりがいのある仕事に就きたいと思っているけども、

ご両親に負担をかけたくない、それで今後のことで

ご相談にいらしたということでよろしいですか。

 

CL 9

はい。

CC 9

色々とお考えになっていることがあると思うんですが、

今すごく気になってることとか

お話しされたいことから話していただいてよろしいですか。

 

CL 10

そうですね、ちょっとこういうの初めてなので

何から話したらいいのかと思うんですけど・・

何から話したらいいんでしょうか。 

CC10

一番お話になりたいところからで結構です。 

 

CL 11

一番話したいことですか・・

実家に帰ってきまして親にはいっぱい負担をかけたので、

金銭的にも色々と心配をかけましたし、そういう意味では

自分のやりがいのある仕事に就きたいという思いはあるんですが、

そういう我を通してもいいものかなと、率直に思います。

CC 11

そうですね、やりがいのある仕事に就きたいけども

以前ご両親にお世話になったので

金銭的にも精神的にもということですかね。

 

CL 12

ええ、ええ。 

CC 12

負担をかけたくないお気持ちなんですね。

離婚されたとおっしゃっていましたけども

その後はいろいろと大変な状況で、

ご両親が助けてくださったんですかね。 

 

CL 13

はい、出産後3年くらいに離婚しまして

実家に帰ってからは子供の面倒もそうですし、

生活面でだいぶサポートもしてもらいましたし、

そういう意味では負担をかけたかなと思いますね。 

CC 13

以前ご両親に負担をかけたので今やりがいのある仕事をと思っても、

以前のようにご迷惑をおかけしたくないという気持ちなんですね。

 

CL 14

そうですね、はい。 

CC14

その時のご両親への感謝の気持ちなどもあるんですかね。

 

CL 15

感謝の気持ちもありますし、父も70になりますので

少し体調面というか不安も出てきまして・・ 

CC 15

お嬢様はおいくつになられるんですか。

 

CL 16

12歳ですね。

CC 16

もう中学校ですか。

 

CL 17

今度中学になります。 

CC 17

そうするといろいろと大変なこともありますか。

 

CL 18

そうですね、やっぱり長女に関しては中学受験を考えているので

そうすると金銭的にもかかりますし、

地元の学校とかですと学力が低下していまして、

できればそれなりの学力の学校に行かせたいなというのもあるので・・

そこも悩みどころなんですけど。 

CC 18

そうですよね、今12歳ということでこれから先に成長していく中で

資金面も合わせて私の方でお話を伺いながら

検討していきたいと思いますので遠慮せずお話ください。

 

~約5分経過~

 

CL 19

ありがとうございます。 

CC 19

やりがいのあるお仕事とおっしゃっていましたが

今の仕事とやりがいのあるお仕事についてお話を伺いできますか。 

 

CL 20

今の仕事は製造の仕事をしていまして工場勤務なんですけど、

そこで製造ラインの仕事とかたまに事務的なことをやったりとか

そういう仕事をしています。

やりがいのある仕事というと、私は以前化粧品会社にいたんですね。

CC 20

はい。

 

CL 21

33歳くらいまで総合職で働いていまして、

出産で退職するまで働いていたんですけども、

その頃はやりがいがあったと思っています。 

CC 21

総合職で10年くらい働いていたんですね。

あの頃総合職で入社されるということはかなり頑張ったんじゃないですか。

 

CL22

ああ・・当時はちょうど就職氷河期でしたからね・・

CC 22

入社されたのは木村さんの強いご意思があったのでしょうかね。

 

CL23

やっぱり化粧品会社は人気がありましたし、

総合職で女性もそれほど多くはなかったし。

CC23

随分頑張られたご様子なんですが、

どんなお仕事をされていたんですかその時は。

 

CL 24

化粧品会社の時は現場というか最前線で化粧品の販売もやりましたし、

総合企画や商品開発などをやりましたし、

三部門くらいで仕事はしましたかね。

CC 24

営業と商品企画と。

 

CL 25

はい、後は販売促進とか百貨店とか行って、

お客さん相手の接客もやりましたし、

本部でも総合企画とかもやりましたし・・

CC 25

企画もされていたのですよね・・

すごいやりがいがあったと思うんですけど

木村さんにとってどのようなやりがいがあったんですか。

 

CL 26

希望の職種でしたし、そのお客さんとのやり取りも含めて

働いている環境でも立派な方が多かったし、

ちょうど年齢層も同じような方が多かったので

みんなで競い合いながら・・頑張ってきたという。 

CC 26

そうですか、では周りと競争しながら頑張ってこられたんですね。 

 

CL 27

あの頃はそんな感じで頑張っていましたね。 

CC 27

頑張ってらしたんですね・・

今の仕事はそれに比べてどうなんですか。

 

CL 28

最初はパートで入社したんですよ、

その後に3年ぐらいして正社員になりまして・・

最初は仕事に復帰して、結構融通も利いたんですよね。

時間的な都合とか通勤的にも近かったですし、

そういう意味では楽であったし子供も小さかったので。

CC 28

はい。

 

CL 29

ですので、徐々に慣れてはきたんですけど娘も今度中学ですし

少し余裕も出るのかなというところで

特別これといって不満があるわけではないんですけど、

もうちょっと違う仕事というか、

先のことを考えると収入面とかなんですけど・・

地元の食品関係の会社なのでたまに求人とかも見たりするんですけど

そんなに給料も良くないのかなというところがありまして。

CC 29

ええ。

 

CL 30

福利厚生とかもそんなに良くないんですよ、退職金もないですし・・ 

CC 30

そうでしたか。

 

CL 31

そういうの考えるとどうなんだろうなとか、ちょっと先を考えると

私もシングルなのでそこは心配ですよね。 

CC 31

近いという条件面などもいいけど、

ご両親や娘さんを支えていくというところで

資金面も気になるということですよね。

 

~約10分経過~

 

CL 32

そうですね。

CC 32

今は地元で働いているのでお給料もあまり良くないというところも

やりがいのある仕事に就きたいと思ったきっかけなんですかね。

 

CL 33

うん・・・その辺もありますよね。私ももう45歳なので・・

定年までと考えると15年ぐらいですか、

年金がどうなるかとかニュースでもやっていたじゃないですか、

2000万円必要だとか・・とてもじゃないけど無理なので

そういうのを考えると不安にはなりますよね。 

CC 33

不安になりますよね。不安もあると思いますが資金面とかで

これから職業人生を歩んでいかれるので

少しでも力になれるようにサポートしたいと思いますので

ご安心してお話ください。

 

CL 34

よろしくお願いします。

CC 34

今までのお話を一旦整理させていただきますが、

木村さんはご両親とお嬢様と一緒に住んでいらっしゃって

地元の食品会社で6年勤務されていて、

家から近くて条件面はいいけれども収入面を考えると

やりがいのある仕事をしたい、

これから先も地元の会社でやっていくのではというお気持ちがあって

ご両親の負担も考えていて、これから先どうして行けばいいのかと

ご相談にいらっしゃったということでここまではよろしいですか。

 

CL 35

そうですね、はい。大丈夫です。

CC 35

そうですね・・う~ん。木村さんにとって

これから就職とかお仕事を考える上で、

こうなったらいいなという理想的なイメージはありますか。

CL 36

出来ればやりがいのある仕事に就きながらそれなりに条件面が良くて、

正社員で働けるような仕事がいいんですけど・・

それをどういう風に見つけたらいいのかなとか。 

CC 36

どういう風に・・仕事の探し方ですか。

CL37

そうですね、後は娘の受験のこともあるので

色々な兼ね合いがあるので

実際にどうしたらいいのかなというところはありますね。

CC37

実際にやりがいのある仕事を見つけるにも

どうやって見つけるのかということと、

受験との兼ね合いもあってということなんですね。 

 

CL 38

難しいなと思うんですね・・ 

CC 38

では今日はこれからの職業人生を考えて木村さんにとって

やりがいのある仕事で収入面も今よりはできれば良くて

お嬢様とご両親との生活も考えて、より良い職業人生と言いますかね、

歩んでいけるように一緒に考えていきたいと思うんですがいかがでしょうか。

 

~約15分経過~

 

CL 39

そうですね・・ はい。

CC 39

何かモヤモヤされていらっしゃるようですが

気になることとかありますか。 

 

CL 40

両親が・・・私娘一人なんですね、

だから同居してからは私のことをすごく心配していまして、

転職についてもどちらかと言うと反対なんですね。

CC 40

反対なんですね。 

 

CL 41

せっかく正社員になれたのにとか、

地元に帰ってきたんだからゆっくりやれよと言ってくるので・・

それを自分としては重荷に感じている部分もあるんですよ。 

CC 41

はい。

 

CL 42

ただ両親の言っていることも分かるので・・

そのような両親の折り合いをどのようにつければいいのかなと

正直ちょっと悩んでいます。

CC 42

ご両親はせっかく地元に帰ってきて

安定したお仕事についているのにと思われているという中で、

木村さんはもうちょっとやりがいのある仕事をしたいと思っている、

その中でどうしたらいいのかということですよね。 

 

CL 43

できればどちらも納得した上で

やりがいのある仕事とか収入面とかも考えられたらいいなと思うんですけど。 

CC43

ご両親にご相談はされているんですか。

 

CL 44

ちょこちょこはしています・・ただ先ほど言った通り

反対というかよく考えろということでそのように言われるので、

世話にもなりましたから、あまり私も強く言えないところがあって・・ 

CC 44

以前のことを感謝されているということで、

今は重荷とおっしゃっていましたけども辛いところですね。 

 

CL 45

 少し自分に考える余裕が出てきたんだと思うんですけどね。 

CC 45

ご両親が望んでいることはどういうことなんでしょうか、

やっぱり地元でということなんですかね。

 

CL 46

そういうところもあるみたいですね・・父ももう70ですから、

孫と一緒に同居していたいというのもあるみたいで、

すごくかわいがっているので・・

母は母ですごく心配してくれるので私は45歳なんですけど

正社員になるのも大変だし、転職なんかも難しいよと言ってくるので

・・そういう話はしてますけど。

CC 46

そういうご両親の気持ちは

木村さんはどのように受け止められているんですか。 

 

CL 47

まあ分かりますけどね・・子供は心配だろうし

孫は可愛いというのもあるので、ただ私の人生なので

自分でいずれは決断していくことになると思うので

受け止め方としては半分半分くらいでしょうかね。

親の思いと自分の思いというか。 

CC 47

できるだけご両親の意思に沿ってその中でも

やりがいのある仕事が見つかればよろしいでしょうかね木村さんにとって。

 

CL 48

 あ~・・そういうのありますかね。

CC48

地元でお仕事は探したんですか。 

 

CL 49

本格的な転職活動はまだやっていないんですよ。

ブランクも結構あったのでどういう仕事を探せばいいのか

わからないというのもありまして。

CC 49

今日はちょっと途中なんですが、

お時間が1分くらいしかありませんので一旦整理させて頂きますが

木村さんはすごく悩んでやりがいのある仕事を見つけたいけども、

ご両親の兼ね合いもあってどうしたらいいのかなと、

悩んでいらっしゃると。

それでご両親の事も考えると

やりがいのある仕事といっても半々というお気持ちで・・ 

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1 

ではこの相談者の相談したい問題点と

あなたの考える相談者の問題点とは何でしょうか。

CC1

相談者の相談したい問題点は、

これから先のことを考えると今のお仕事は近くていいんだけども

やりがいを感じられないので、少しやりがいのあるお仕事や

収入面に関しても不満な点があるので見つけたいんだけども

ご両親との兼ね合いもあって反対されている中で

仕事を探していく上でどうしたらいいのかわからないというところが

問題点だと思います。

私が考える問題は

やりがいのあるお仕事をとおっしゃっていたんですけど、

どういうお仕事がしたくてどんな価値観を持っていて、

スキルや経験や能力などそういったご自身に対して

振り返られておらず自己理解が不足していると思いました。

転職するにしてもどのように活動していけばいいのかとか、

どういう業界がいいのかなど、またご両親との折り合いも

心配されていましたがご両親と同相談して行ったらいいのかという

コミュニケーションについても不足しているかなと感じました。

 

SIK2

先ほどのロールプレイで良かった点と改善点があれば言ってください。

CC 2

良かった点は、 相談者の方のお気持ちや感情に焦点を当てて

傾聴をしましたので 相談者の方と目標を共有することができましたし、

これから先の方向性について

どのようにやっていくかということについても共有する事ができました。

ご本人に内省を深めても頂くこともできました

改善点は、

相談者の方のお気持ちとかどういうことに悩んでいるのか

ということに焦点を当ててお話を聞いたので、

傾聴の時間が長くなってしまい最後は整理しようと思ったんですが

次回に向けての整理の時間も途中で終わってしまいまして

時間管理に関しても改善していければと思います。

 

SIK 3

最後にどのようにすれば話が整理できましたか。

CC 3

相談者の方にやっていただくことと

私が支援できることを整理して、やっていけるというご意思を

確認できれば良かったと思います。

 

SIK 4

今後相談機会があればどんな方策を実施したいと考えますか。

CC 4

まずは相談者の方の自己理解を促すために

過去の経験を振り返って頂いて

棚卸をしていただき相談者の方の適性やスキルを把握して頂き

その上でキャリアアンカーに関して

どのような価値観を持っているのかとか、

そういったツールを使って自己理解を少し深めていただきたいと思います。

その上でどういった業界や職種を選んでいくのか

という理解を深めていただき、

これから先ご両親と娘さんとのライフプランを合わせた

主体的なキャリアプランの作成について支援していければと思います。 

 

SIK 5

今の仕事については何か情報提供など考えていますか。 

CC 5

今の仕事については満足している点と不満要素を一旦整理して、

今の職場に残るメリットやデメリット

転職した場合のメリットデメリットを検討していきたいと思います。 

 

SIK6

その上で相談者の方に意思決定をして頂いて

方策のマネジメントを行うということですね。

CC6

はい。

 

SIK 7

本日はお疲れ様でした。

CC 7

ありがとうございました。 

 

おわりに

【キャリコン2級ロープレ逐語録】

第23回実技ケース⑤パート4まとめは如何でしたか。  

 

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、

フィードバックやアドバイスを行いますでしょうか?

 

中高年のキャリアコンサルティングで

求められていることは何でしょうか?

 

職業生活設計を支援する上で大切なことは何か・・・

お子様のキャリアや中長期的なライフプランニングも含めて

色々と考えさせられるテーマだと思います。

 

次回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、

個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。   

www.careerlife.jp 

キャリアコンサルティングの折衷的なアプローチは

無限に視点があるので難しく感じるかもしれませんが、

2級国家検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけで、

押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは

必ず一定値存在するはずです。 

 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろん、

一発勝負である本番の実技面接で相談者役相手に実践するスキルも必要です。 

 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、

国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、

とある日の、ある一定のキャリコンスキルを

点で見ているに過ぎませんが、 

その一方で、

少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、

その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

 

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、

ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?

目標設定は?方策の実行は?などなど・・・

 

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、

全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

 

自分のロールプレイを構成的に振り返り、

どこからどこまでは良かったか、どこからが課題と感じたか、

このような振り返り方法はいずれ必ず役に立つはずです。

 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、

キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して

相談者が気付いていない問題点を

CCとしての見地から見立てていきましょう。

 

しかも検定では、スキルだけでなく・・・

心から相談者へ寄り添う姿勢や理解しようとする態度も、

試験官は言語や非言語で、

評価区分に合わせて観ていることを絶対に忘れないで下さい。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

 

もちろん、自分のこれからのキャリアに悩む方、

転職相談や就職相談、客観的に自分を知りたい方など、

キャリア相談もこちらからどうぞ!⇩

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】  

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved