キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


第22回キャリコン2級 実技面接対策 配布ケース①パート6後編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

今回は前回の「第22回キャリコン2級 実技面接対策 配布ケース①パート6前編」の続編になります、どうぞご覧ください。  

 

~約10分経過~ 

 

CL 28

インターンで仕事を一緒に手伝ってみてもそんなに面白みは感じなかったんですね、興味も湧かなかったというか。 

CC 28

そうなんですか面白みを感じなかった。

 

CL 29

製薬メーカーもそうでしたね・・なんか工場みたいな感じでルーティンをやるだけみたいな感じなのかなとか、あんまりこうパッとしなかった感じですかね。

CC 29

そうなんですね、今まで伺った話をちょっと整理させていただくと本田さんとしてはこれから就職活動をどう進めていったらいいかというご相談事で、今インターンシップに行かれた2社のお話あるいは先日面談受けられたお話を聞いていると、本田さんとしては今すごく深いことを遺伝子学から哲学的なことを研究としてなさっているということで。

 

CL 30

はい。 

CC 30

本田さんとしては今の研究を活かせるようなことを引き続きやりたいって思ってらっしゃるんでしょうか。

 

CL 31

ああ・・・。

CC 31

そこがピンと来なかった原因ということなのかな。 

 

CL 32

わざわざ理工学部の生命科学科を選んだというところもあるんですけど、 今で言うとゲノム編集とかあるじゃないですか、ああいうのはすごく科学の発展や医学の発展に貢献できるものなのでその研究の凄さって言うんですか、それに比べると普通の仕事ってあまり魅力を感じないところもあるので、そういうことを勉強したいと思って入ってますからね・・・だから就職に対して興味を持てないというのは確かにあるとかもしれないですね。

CC 32

本田さんは遺伝子学を引き続きご自身がすごく深めてらっしゃるので、引き続き研究としてあるいは仕事としてやっていきたいお気持ちが強いんでしょうかね。

 

CL 33

でもそういう仕事って凄いレベルが高いんで、研究所なんかももちろん求人なんかも残っていませんし本当に優秀な人しか入れないんですよ。

CC 33

う~ん。 

 

CL 34

やりたいですけどなかなか難しいですよね。 

CC 34

難しいというふうに思っていらっしゃる。今の研究を本田さんが良ければ、今の研究を続けていくという方向性についてはそういう意思がお有りと。

 

CL 35

うん、そうだと思います。 

CC 35

じゃあどうやったら今の研究を続けていけるかというところを一緒にこれから考えていきませんか?



CL 36

でも研究していくとなると大学院とかになってくるじゃないですか。 

CC 36

うんうん。

 

CL37

それはちょっと難しそうなんですよ。

CC37

難しいと思ってらっしゃる、その理由についてお伺いできますか。 

 

CL 38

うちは母がいますけど母子家庭なんです。だから資金的に難しいんですよね。 母は就職をするものだと思っているので今も結構言われるんですけど・・早く内定を決めろみたいな感じで言われましたし、だから難しいと思っているんですよね。

CC 38

どうなんですか、お母様との話の中で就職を早く決めようと就職を早く決めると、それについて本田さんはどういうお返事やお話をされているんですか。

 

CL 39

はいはいって言うしかないですね。 うるさく言われるので・・だからどうしていいのかなって思うんですよね。

CC 39

うんうん・・、はいはいと言われるということなんですが、先ほどおっしゃった研究を続けていきたいなというお話のご相談とかもお母様にされているんでしょうか。

 

~15分経過~

 

CL 40

全然してないですよね、それすらもよくわからなかったんで。

CC 40

うんうん。

 

CL 41

どう説明したらいいかも分からないし、家庭はそんな状況だし。だからわがままを言うのではなくて就職した方がいいのかなと思って、一応面接も行ってみたんですけどそんな状態なんですよね。 

CC 41

本田さんはご自身のわがままだと思ってらっしゃるということなんですね。

 

CL 42

わがままを言って理工学部にも入ったので・・学費も高いですからね。

CC 42

あ~、理工学部に入るときというのはお母様にどういうご相談をされていたんでしょうか。

 

CL 43

あーそうですね、その時はやっぱりそういう勉強したいということでお願いしましたね。 こういうことをやっていきたいんだという話をしまして、お金はかかるけどお母さんは頑張るからという話で入学させてもらったんで。

CC43

入学費はかかるけどお母様も頑張るからということなんですね。 

 

CL 44

そうですね・・だからアルバイトもしましたし、資金の足しにするためにも自分のことは自分でやるようにしましたけど。 

CC 44

本田さんもアルバイトをされて貢献されたということなんですね。その時にお母さんも頑張るからということでおっしゃっていただいたお母さんの気持ち、どういう風に本田さんは理解されていますか。

 

CL 45

え~、やっぱり娘のことを思ってくれたんじゃないかなと、頑張ってねってことで送り出してくれたと思いますし・・・ 

CC 45

娘の事を思って頑張って送り出してくれたという風に思われるんですね。今回の研究を続けていきたいというお気持ちもそういう意味でお母様が思っていらっしゃるならご相談というのはなさってみたらいかがですか。

 

CL 46

あ~でもどう相談したらいいんですかね。

CC 46

どう相談したらいいかと引っかかっている部分はどんなところですか。 

 

CL 47

お金の面で苦労をかけたし・・自分のわがままじゃないのかなって思ったりするところですね。

CC 47

う~ん・・、ご自身のわがままだっていうふうに思われるところはどういうことかもう少し詳しく。

 

CL 48

弟もいるので・・弟は今度大学進学なんですよ。 

CC48

 ええ、ええ。

 

CL 49

そうするともっと生活も苦しくなってしまうし、だから私のわがままでみんなに迷惑をかけてしまうんじゃないかなと・・・ 

CC 49

本田さんご自身の意思を通すことが、家族に迷惑をかけることがわがままだというふうに思っていらっしゃる。

 

CL 50

だったらなんとか就職した方がいいのかなと迷ったりするんですよね。

CC50

先ほどお母様として娘にやりたいことをさせることが背中を押してくださったとおっしゃいましたけども どうですか今回もお母様がそういう風に思ってらっしゃるとは考えられませんか?

 

CL 51

どうですかね・・確かにそう思ってる面もあるかもしれないです。 

CC 51

私からの一つ提案なんですが、今お母様がそういう気持ちをわかっていらっしゃると、弟さんの進学の問題もある。ご家族全体のライフプランの中で、マネープラン資金繰りですね、本田さん自身も色々と奨学金だとか調べてみたら道があると思うので。

 

CL 52

あ~はい。

CC 52

そういったことを含めてご家族で一回ご相談されるというのはいかがですか。

 

CL53

奨学金ですか・・・ 

CC53

まだ本田さん自身がご自身のやりたいことをお母様に伝えていらっしゃらないんですよね。

 

CL 54

そうですね、だから奨学金の事も考えていなかったですね。 

CC 54

奨学金を含めてまずはお母様に分かってもらうということを前提に・・・

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

 

おわりに 

次回は、「第22回キャリコン2級 実技面接対策 配布ケース①パート6口頭試問」へ続きます。  

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

個別レッスンのご予約はこちらからお願いします

受講生ファーストで指導させて頂きます! www.careerlife.jp

 

論述・実技面接対策テキスト販売中

キャリコン2級検定試験対策のテキストも販売しています。

ご興味のある方、お待ちしております!  

キャリコン2級テキスト販売中 カテゴリーの記事一覧 - 勇気が出る!『キャリア・ライフ』の自己研鑽カレッジ

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、合わせてお読み頂けると大変ありがたいです。  

www.careerlife.jp

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved