キャリアコンサルティング技能検定試験対策&キャリア相談

当ブログへようこそ!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していくコミュニティです!

【SPONSORED LINKS】


キャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座 23回ケース①パート4まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座

個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。  

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、

実技面接試験に出題されるであろうロールプレイを練習し、

逐語録を分析して、キャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認も行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

第24回検定の合格に向けて、

文字に起こされた逐語録を分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、

個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、

指導者としての力を蓄えるチャンスとして大切にしております。 

 

さて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、

試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回もループして言っているなど、

ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

 

ロールプレイ全体の構成が俯瞰的に可視化出来ます。

 

また、コーヒーカップモデルマイクロ技法などの

細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるか?など、

その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、

本当の意味での確認・評価・改善は難しいのではないでしょうか。 

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

 

そして、そんな細かなスキルまでフォローすることで、

受講生の合格成長に貢献していくのが

弊社の試験対策講座の特長です!

 

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、

個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はユウキさん、CC役はハマダさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに

役立つスキルですから参考にして下さい。 

 

では、行ってみましょ~う!!  

 

相談事例

◆ケース1 ユウキさん 22歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

ゆうきです。

CC 1

キャリアコンサルタントの浜田と思います、よろしくお願いします。

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

ゆうきさんこの場所は初めて来られましたか。

 

CL 3

初めてです。

CC 3

迷わずに来られました?

 

CL 4

大丈夫ですよ。

CC4

そうですか、この場所の中でご相談をお伺いするんですけど

私との距離感だとかお座りになっている

椅子の位置とか大丈夫でしょうか。

 

CL 5

慣れてないんですけど、このくらいで大丈夫なんですか、

私の方は大丈夫です。

CC5

ゆうきさんがリラックスして

お話ししやすいようにしていただければと思います。

 

CL 6

ありがとうございます。

CC 6

私はゆうきさんに向くように少し動かしても大丈夫でしょうか。

 

CL 7

大丈夫です

CC 7

失礼します、ゆうきさん事前にお話がいっていると思うんですが

今日のお時間は20分なんですね。

今日はご相談が終わらない時は必ず次の場を

望んでいただくなら用意しますのでリラックスして

お話しして頂けるのが一番なのでそのおつもりでお願い致します。

 

CL 8

分かりました大丈夫です。

CC 8

それからユウキさんの大切な20分を私はしっかり管理いたしますので

時計を私の見やすい位置に動かして大丈夫ですか。

 

CL 9

分かりました。私からは見えないのでお願いします。

CC 9

それでは早速ご相談の内容をお伺いできますか。

 

CL 10

私大学4年で国際教養学部に在籍しています。

大学ではダンスサークルに所属していたのですが

3年生の終わりに引退してですね・・

ただ学生の間にもう少しダンスをやりたいと思って

オーディションに応募しまして合格したんですよ。

CC10

はい。

 

CL 11

そのオーディションの演技が終わって

8月末くらいまでですかね・・

そちらのダンスの方に没頭していまして

その間も気にはなっていたんですけど

就職活動ができていなくて

まだ卒業後のことが決まっていないんですよ。

CC 11

ええ、ええ。

 

CL 12

もう1月なので焦る気持ちと言うか・・

焦りが募るばかりでどうすればいいのかわからなくなりまして

今日は相談に来たんですけども。

CC 12

そうですか、ゆうきさんはダンスをもう少しやりたいというお気持ちで

オーディションを受けられて合格されたということで

8月末くらいまでダンスの方をなさっていたと。

 

CL 13

そうですね。

CC 13

将来のことを気になっていたけども卒業のことが決まらないまま

1月になって焦られているということなんですよね。

 

CL 14

はい。

CC14

それで今後の事をどうしたらいいのかという風な

ご相談ということでよろしいでしょうか。

 

CL 15

今後どうすればいいのかなというところですね・・

CC 15

方向性を検討なさっているということで

一つ一つお気持ちを整理していたいと思うんですが、

今の焦るお気持ちについて

ゆうきさんのもう少し詳しいことをお聞かせいただけますか。

 

CL 16

単純に就活としてもかなり遅いので

このまま就職活動をしていていいのかなと、

まずどこから始めたらいいのかどうやって進めていけばいいのか・・

時期も時期なので焦りが募っているって感じですね。

CC 16

就職活動をどこからどう初めて行けばいいのかということで

1月ということで焦るお気持ちになりますよね。

 

CL 17

はい。

CC 17

8月にダンスを終えられてこのまま就職活動をしていけるのか

というふうなことをおっしゃったんですけど、

就職活動についてはどのようなことをされていたんでしょう。

 

~約5分経過~

 

CL 18

どの辺の就活から話した方がいいでしょうか。 

CC 18

今ご自身が就活というのは8月が終わってからは

どういうことをされていたんでしょうか、どんなことでも結構です。

 

CL 19

8月末まではダンスの方に没頭していましたので

その後にダンスを続けたいという思いもありまして

ダンスの仕事とかそういうのを探していたりとか、

8月になるとかなり内定も出ていて

就職支援室にも行ったんですけどこれといって求人もなくて・・

CC 19

はい。

 

CL 20

先生の方にも少し相談してみたんですけど

「今からか・・」という感じで先生も困っていて・・

そんな状況なんですよね

CC 20

ああ・・そうですか、

先生の方も困っておられるということなんですね。

 

CL 21

はい。

CC 21

相談している先生に困ったと言われれば

余計不安になりますよね。

 

CL22

はい、そうですね・・。

CC 22

ゆうきさん、ダンスのお仕事がしたいと思われていたんでしょうか。

 

CL23

やっぱりダンスが好きなので、

それを仕事に生きていけたらいいなという思いは

ずっと持っていまして・・学校の求人にもダンスはないですし、

自分で調べてはみたんですけど求人が出ているのは

ダンスの振り付けとか子供ダンス教室とかそういうのしかなくて・・

CC23

うんうん。

 

CL 24

だから自分がやりたいものがないというのはありますね。

CC 24

う~ん、子供のダンス教室とか振り付けとおっしゃりましたけど、

ゆうきさんが描いていらっしゃるやりたいことが

どういうことなのか教えていただけますか。

 

CL 25

元々はダンスが好きだったので、

例えばミュージカルのバックダンサーとか

そういったものをイメージしていたんですけど・・

劇団とかで歌を歌いながら踊るとか、

ああいうものもいいなとか・・

最近はそういう気持ちも出てきましたね。

CC 25

う~ん、うん。

 

CL 26

ミュージカルって言うんでしょうかね・・

歌って踊れるというのはかっこいいなあと思うんですけど。

CC 26

歌って踊れるミュージカルだとか

バックダンサーの方も思っておられたと。

8月末まではそのオーディション合格されて

どのように過ごしていたんですか。

 

CL 27

劇団なんですけどkミュージカルの公演があって、

そこのバックダンサーの募集があったんですね。

そこに応募して合格した感じなんです、公演だから3ヶ月くらいですね。

CC 27

どうですかその3か月は、どうでしたか。

 

CL 28

楽しかったですね、はい。

改めてそういう舞台に立つと

やっぱり忘れられない思い出になりましたので。

こういうふうになるのはいいなと思いました。

CC 28

そうなんですか、ゆうきさんとしてはこの3ヶ月間

ますますダンスに対する好きになってやりたいという気持ちが

強まったということなんでしょうかね。

 

~約10分経過~

 

CL 29

相当没頭していたので

そういう気持ちは強くなったのかなと思います。

CC 29

うんうん、そうなんですね。

元々部活でやってらっしゃったということなんですが、

ダンスを始められたきっかけというのは。

 

CL 30

子供の頃からバレエを始めて色々やってたんですけど、

中学校くらいからはダンス全般に興味を持ち始めて

ダンスミュージックとか歌って踊るというところでは

興味を持ったっていうのはあります。

CC 30

そうなんですか、バレエを習っていた頃から始まって

中学校時代から音楽の方もダンスミュージックなどの

歌って踊れるということを将来やりたいというか

ずっと夢として持っていらっしゃったということなんでしょうか。 

 

CL 31

ああ・・・将来的には思っていましたけどね・・。

CC 31

将来的にも思っていたということなんですが、

何か他に思っていらっしゃることもあるのかなと

そういう表情に見えるんですがいかがですか。

 

CL 32

両親が結構・・公務員なんです。

父が市役所勤務で母も市役所にいたんですけど

今は専業主婦でどちらかというと公務員になってほしいらしくて・・

中学の進学とか高校くらいから結構言われるようになって、

公務員になればとか、安定しているしという考え方なんですよ。

だからダンスに対しては基本的には反対なんです。

CC 32

そうですか・・

 

CL 33

そういうところでも悩んではいたんですよね。

CC 33

ご両親から昔から公務員を勧められてということで、

そのおすすめに関しては

ユウキさんご自身はどういう風に思っているんですか。

 

CL 34

こういう風にやれと言われると逆にやりたくないと言うか・・

公務員って楽しいのかなーとか。

CC 34

う~ん。

 

CL 35

確かに安定はしているんでしょうけど、

父を見ているとすごく固い職場なので

堅実に生きてるなあという感じはするんですけど、

父の生き方を見ていると楽しいのかなとか・・

ちょっと疑問はありますよね。

CC 35

ゆうきさんとしてはお父様やご両親から

公務員を勧められて勧められると余計に

安定はあるけどもやりたくないと

ご自身のお気持ちの葛藤だとか面白そうに見えないと。

かたやダンスは

反対されているというお気持ちの葛藤があったのでしょうか。



CL 36

大学も国際教養学部に入ってますけど、

そういう窮屈さみたいのが嫌で

その辺で両親とは言い合いにもなったりするんですけど、

そういう面ではもっと広い目で世界を見てみたいなとか、

ダンスを通じていろいろな友達が欲しいなとか

そういうこともあって大学も選んだのですけど。

CC 36

そうですか、ダンスを通じていろんな友達ができたらいいなとか、

国際教養学部というのは

どういったビジョンをお持ちになって選ばれたんですか。

 

~約15分経過~

 

CL37

留学もできますし・・やっぱり英語ですかね、

歌も英語で歌えればと思いますし、

アメリカに留学したんですけど本場のミュージカルとか

ブロードウェイとかを見てみたかったんですよね。

CC37

あ~。

 

CL 38

実際に行ってみるとすごいなと思いまして、

そうすると仕事もそっちの方になっていくのかなという感じで・・

CC 38

そうなんですか、アメリカの方に留学されて

ますますグローバルな感じでダンスに対する思いが深まって

英語で歌を歌えたらなというお気持ち保たれたと、

そういうことなんでしょうか。

 

CL 39

そう思います。

CC 39

ここまでのお話をお伺いして、ゆうきさんは幼い頃から

バレエもなさっていてダンスミュージックに親しんで来られて、

ダンスに対するご自身の夢とか思い入れをお持ちだと思うんですね。

 

CL 40

はい。

CC 40

ご両親が公務員になる道を進めてそこのところの自分の思いと

ご両親に対する気持ちの葛藤という面で

今お悩みになられているということなんでしょうか。

 

CL 41

・・・そうですね・・

CC 41

何か他に気になっていることとかございますか。

 

CL 42

ダンスを続けて仕事にしていきたいなというのもあるんですけど、

それってすごい大変なことじゃないですか。

だから現実問題それでやっていけるのかなーとか、

そういう不安は正直ありますよね。

CC 42

う~ん、うん。

 

CL 43

それなら変な話、公務員の方が楽なんじゃないかなと思うし、

その辺が難しいというか判断しづらい点、

どうしていいかわからないところなんですけど。

CC43

ダンスでやっていくこともすごく希望とか夢をお持ちだけども

大変だと思ってらっしゃるということで、

その大変だと思っていらっしゃることで

今日は残り3分ほどのお時間なので、

どういう風に大変に思っていらっしゃるとか、

今、就職活動で動かれたとはお話を聞きましたし、

大変な部分良いところということでダンスに対する思いというのを

一つ一つ洗い出していくということを次回に向けて考えていきませんか。

 

CL 44

ダンスに対して洗い出していくんですか。

CC 44

はい、今大変だとおっしゃって頂いて、

ご自身のダンスに対する思いはあるけども

こういうことが大変だという風に就職として考えていく上での

良いところとよくないところを考えていくというのはいかがですか。

 

CL 45

ダンスのですか・・

CC 45

ゆうきさんの方向性を整理していくということが一番なので、

今大変だというお話をお伺いしたので、

まず具体的に洗い出していくということが、

まず一緒に考えていくことかなと思ったんですけども。

他にも検討していく上で・・ 

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1 

この相談者の相談したい問題点と

その他の考える相談者の問題点とは何でしょうか。

CC1

ゆうきさんの考えている問題点ということでは、

ダンスが好きでそれを将来的な夢として描いておられたんですけども、

ご両親が公務員でお勤めということで

その道に反対だとかご自身もダンスに8月末まで没頭していて

就職活動を進めていなくて1月になってすごく焦っているとか、

就職活動についてご両親の反対要素がある。

ご自身はそれに向けて動いていない、ダンスをやりたい反面、

仕事とするには大変だという色々な気持ちがあって

方向性が定まらないというところが

ご自身が考えている問題点だと捉えました。

私が考えるゆうきさんの問題点としては、

やりたいダンスという夢をしっかりお持ちなんですが、

それに向けて具体的なプラン立てをしてらっしゃらないということと

具体的には聞けなかったんですけども、

そのダンスに関して職業についても

職業的な理解不足がお見受けできるということと、

どういうことに魅力を感じてご自身が進んでいくという

自己理解に向けても不足なさっているのかなということで、

まだ職業理解及び自己理解についても

あまり定まっていないということか現時点でお見受け出来ました。 

ご両親ともご自身のやりたいことのご相談ができていないという

コミュニケーション不足ということもお見受けできました。

 

SIK2

先ほどのロールプレイで良かった点と改善点があれば言ってください。

CC 2

良かった点をあえて申しますと、

今の焦っている気持ちということで 傾聴技法で頷きとあいづち、

それからゆうきさんへの感情への応答ということで

就職活動に対して焦る不安な気持ちというのは

お聞き出来て寄り添うことはできたかなという点です。

改善点と致しましては、

ご本人が焦っている気持ちとかダンスがお好きな気持ちというのは

十分お聞きできたんですけども、

それに向けてダンスは好きだけども職業として不安な気持ちだとか

ご両親に反対されて踏み出せないお気持ちだとか、

それに向けて何をやっていくべきかということが

まだユウキさんとの合意が得られていないということで、

ご本人の自己変容とか気づきに結びつくところまでは

至っていないという点が大きな改善点だと捉えております。

 

SIK 3

次回の相談機会があればどのような方策を実施したいと考えますか。

CC 3

ダンスがお好きだけども

踏み出せないところに職業としては大変なことだとか、

というようなところまでお聞きして提案したんですけれども、

ちょっとご本人は納得されていない様子でどういうことが大変だとか、

ご両親の真意というかどういうところに主に反対されているとか、

ご両親が勧められる公務員の仕事についても

ご自身が納得していない部分、もう少しお気持ちを深く聞いて

一つ一つ洗い出してご自身の方向性の整理に繋げられたらということで、

そういうことを一緒にやっていけたらと思っています。

 

SIK 4

はい、相談者との関係構築はうまくできたと思いますか。

CC 4

不安で焦っている気持ちについては、

寄り添い十分にお話しいただけたかなということで

ラポール形成については幾分できたかなと思うんですが、

ダンスをやりたいけども職業としては大変だという気持ちを

言っていただけましたけども、どういうところが大変だとか

真の理由まで辿り着いていないので、そこでまだご自身が

話しづらいようなところがあったかなと思うんですね。

だから私はそこを洗い出して行きませんかというところにも

ご自身は納得されていないようなので、そういう意味では

信頼関係は今の20分では不十分だったのかなと思います。 

 

SIK5

では、本日はお疲れ様でした。 

CC5

ありがとうございます。

 

おわりに

【キャリコン2級ロープレ逐語録】

第23回実技ケース①パート4まとめは如何でしたか。  

 

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、

フィードバックやアドバイスを行いますでしょうか?

 

教育機関分野(学生支援)の

キャリアコンサルティングに求められていることは何でしょう?

 

第23回では論述試験でも学生支援のキャリアコンサルティングでしたが

大学生の人生の転機である就職活動を支援する上で大切なことは何か・・・

理論だけでなく、相談者の思いやキャリアビジョンも含めて

支援の在り方を色々と考えさせられるテーマだと思います。

 

今回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、

個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。 

www.careerlife.jp

 

キャリアコンサルティングの折衷的なアプローチは

無限に視点があるので難しく思うかもしれませんが、

2級検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけですから、

押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは

必ず一定値存在するはずです。 

 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろん、

一発勝負である本番の実技面接で相談者役相手に実践するスキルも必要です。 

 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、

国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、

とある日の、ある一定のキャリコンスキルを

点で見ているに過ぎませんが、 

その一方で、

少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、

その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

 

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、

ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?

目標設定は?方策の実行は?などなど・・・

 

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、

全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

 

自分のロールプレイを構成的に振り返り、

どこからどこまでは良かったか、どこからが課題と感じたか、

このような振り返り方法はいずれ必ず役に立つはずです。

 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、

キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して

相談者が気付いていない問題点を

CCとしての見地から見立てていきましょう。

 

しかも検定では、スキルだけでなく・・・

心から相談者へ寄り添う姿勢や理解しようとする態度も、

試験官は言語や非言語で、

評価区分に合わせて観ていることを絶対に忘れないで下さい。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

 

もちろん、自分のこれからのキャリアに悩む方、

転職相談や就職相談、客観的に自分を知りたい方など、

キャリア相談もこちらからどうぞ!⇩

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】 

 

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved