キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


キャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座 23回ケース③パート4まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛仁です。 

 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座

個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。 

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、

実技面接試験に出題されるであろうロールプレイを練習し、

逐語録を分析して、キャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認も行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

第24回検定の合格に向けて、

文字に起こされた逐語録を分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、

個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、

指導者としての力を蓄えるチャンスとして大切にしております。 

 

さて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、

試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回もループして言っているなど、

ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

 

ロールプレイ全体の構成が俯瞰的に可視化出来ます。

 

また、コーヒーカップモデルマイクロ技法などの

細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるか?など、

その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、

本当の意味での確認・評価・改善は難しいのではないでしょうか。 

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

 

そして、そんな細かなスキルまでフォローすることで、

受講生の合格と成長に貢献していくのが

弊社の試験対策講座の特長です!

 

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、

個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はミヤタさん、CC役はアベさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに

役立つスキルですから参考にして下さい。 

 

では、行ってみましょ~う!!  

 

相談事例

◆ケース3 ミヤタさん 33歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

宮田です。

CC 1

キャリアコンサルタントの阿部です、よろしくお願いします。

せっかくお越しいただいたので時間の中で精一杯

お伺いしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

では今日はどんなご相談になりますか。

 

CL 3

今日の相談なんですけど

私が新卒で就職活動をしていた時まで話は遡るんですが、

当時リーマンショックで就活が希望通りにいかなくてですね

学生の時にアルバイトしていた会社にそのまま就職したことなんですね。

CC 3

はい。

 

CL 4

最近の学生は売り手市場じゃないですか、

羨ましいなと思っていまして、

今人手不足で転職もしやすくなっていると聞きますし、

もう一度自分がやりたかった仕事に挑戦したいなぁと思うんですが・・

CC4

ええ、はい。

 

CL 5

経験などを考えますと不安が大きいんですよね・・

今後の事をどう考えて行ったらいいのか相談に来たんですけども。 

CC5

宮田さんは新卒から卒業されて

そのままバイトをされていたところに就職されていると、

最近の売り手市場の話を聞いて本当はやりたかった仕事に

挑戦してみたいと思うんだけども経験ですとか

そういったところが気になるということで。

 

CL 6

そうですね。

CC 6

今後どういうような方向性で考えていったらよいか

わからないというようなことでよろしいでしょうかね。

 

CL 7

そうですね、今後の事をどう考えたら

いいのかなということを相談したいなと。

CC 7

はい、それでは今宮田さんの方が

今後のことで悩まれているということだったんですけども、

今の気持ちを話しされやすい所からで結構なのですけど

お聞かせいただけますか。

 

CL 8

う~ん、やっぱりやりたかった仕事に挑戦した方がいいのかなと、

大丈夫なのかな・・というところですかね。

CC 8

やりたかったお仕事に挑戦するところは心配かなと。

宮田さんのやりたいお仕事をお聞かせいただいても大丈夫ですか。

 

CL 9

はい、教師なんですね。

教育の方に携わりたいなというのがあって、

高校生の教師になるというのが挑戦したかったことです。

CC 9

もともと高校生の方の先生になりたいと・・考えていらっしゃった。

そこにご不安があられるということなんですけども

どういったところがあれでしょうかね。



CL 10

経験というところを話したんですけど、

私、今、家庭教師の派遣会社にいまして

家庭教師をやっていた頃というのは個別で教える機会はあったんですが

正社員になってからはそういった教育現場にほとんど携わっていなくて・・

たまに穴が空いた時とかは手伝ったりするんですけど

そういった授業も行っていませんし経験と考えると・・

教員は経験が大事とか実際は言うじゃないですか。

CC10

ええ、ええ。

 

CL 11

ですのでちょっと無理なのかなという思いもあるので・・

そういった経験面を考えると不安は大きいですね。

CC 11

ああ・・そうですか。

今家庭教師の会社におられるんですけどもお仕事としては

教えるというところからは離れていらっしゃるような形で、

経験が大事な先生の方のお仕事に就くには

その辺がちょっと心配かなというところでしょうかね。

 

CL 12

そうですね、仕事に就けるかどうかっていうのもあるし

実際にやっていけるのかどうかっていうのも不安ですし・・

CC 12

そうですか・・今宮田さんの方はお仕事というのは

どんなことをやられていらっしゃるんですかね具体的には。

 

~約5分経過~

 

CL 13

家庭教師を派遣する会社なので

基本的には派遣している家庭教師の方の管理ですとか

親御さんへの対応とか、どちらかと言うとそういうバッグサポートというか

そういう仕事をしてまして家庭教師さんの採用もそうですし

採用してからの研修みたいなのもあるじゃないですか。

CC 13

はい。

 

CL 14

教え方とか・・あと3年前からマネージャー職をやっていまして

社員が何人かいるんですけど

同じ部署の社員のマネジメントとかもやっています。

CC14

そうなんですね、家庭教師の方の相談に乗ったりだとかサポートとか

マネジメントの方にも関わっていらっしゃるというところですね。

マネージャーの方ですかね、お仕事に就かれてからは

何か大幅に変わったこととかそういったことはありませんか。

 

CL 15

ああ・・マネージャー職になってから変わったことですか、

仕事とかですか。

CC 15

ええ。

 

CL 16

そうですね・・

みんなのマネジメントをしなければいけないということで、

社員の評価ですとか悩みの相談とか

何かあった時のフォローも含めて仕事が増えましたね。

CC 16

仕事は増えたということですね。

 

CL 17

変わったと言われればやることは結構増えましたね。

CC 17

そうですか、社員の方の管理などもにも関わってらっしゃるので

今までよりは仕事も増えたということで・・

それについてはどのようにお感じになってらっしゃいますか。

 

CL 18

正直ちょっと大変ですね・・とは感じています。

仕事の始まりが結構遅いんですよ家庭教師の会社なので、

10時とか11時くらいかな・・早めには出勤するんですけど

なかなか仕事が終わらなかったりとか結構書類なんかも多いですし、

そうすると結構残業したりとかありますね。

CC 18

残業なんかでも時間の方が規則的に終わるということではなく、

そういったところも大変だと感じていらっしゃるんでしょうかね。

 

CL 19

そうですね。

CC 19

今回やりたいお仕事にね、高校生の先生ということで

そういうふうに思われたのは何かきっかけがあったんでしょうか。

 

CL 20

リーマンショックで就活がうまくいかなかったというのも

当然ありまして、当時教職課程を取って私は教育学部だったんですよ、

6割くらいは先生になれたんですけど・・

その時はうちの大学の方で先生になりたい人の割合が多かったんですね。

CC 20

ああ~。

 

CL 21

一般企業は不況だったので安定した会社に入りたいということで

教職は人気だったんですよ。

ほんのちょっとの差で入れなかったんですね・・

すごく後悔していたし、それからずっと不景気だったので

チャンスもないまま来てたんですけど。

CC 21

ええ、ええ。

 

CL22

最近はアルバイトの学生さんが教育学部の方が多いんですけど、

話を聞いていると教員の倍率も低いし

売り手市場なんだよと、それを聞いたからですかね。

非常にうらやましいなと思いまして・・

CC 22

リーマンショックの時は

かなりご苦労されていた様子がうかがえるんですけれども、

やりたかった先生の仕事の方を断念せざるを得ないような形になって、

今は働かれているところで大学生の家庭教師の方ですかね、

そういう方からお話を聞いて今だったらというように思われて・・

 

CL23

チャンスが来ているのかなーと・・漠然となんだけど思っていますね。

CC23

チャンスかなということですよね。

今は人手不足ということでおっしゃったんですけどもね、

それは何かご自身で調べられてそう思われたんでしょうかね

 

~約10分経過~

 

CL 24

求人を直に見たわけではないんですけど、

テレビでもよくやってますしネットなどを見たりもするんですけど・・

あとは教えている学生さんからの話ですかね。

働いている教育学部の学生なんかも

一般企業の良い会社に行っていることが多くて

全体的に人手不足なんだなと感じますよね。

そんなきっかけですかね・・

CC 24

そこでも家庭教師の方に話を聞いてということなんですよね。

 

CL 25

そうですね、基本的には聴きながら

あとは一般的な情報というかそんなところですね。

CC 25

ああ・・そうですか。

それで先ほど時間外だというようなお話もあったんですけれども

今回そういったやりたいお仕事に挑戦してみたいというところは

それが不満になっていたりだとか原因はあるんでしょうかね。

 

CL 26

職場のですね・・それも少しありますかね。

やっぱり忙しいので大変だというのは少しあるかもしれないですね。

CC 26

例えば今忙しくて時間通りに帰れなかったりとかすることで

何か生活の方だとかそういう影響などは出ていませんか、大丈夫ですか。

 

CL 27

平日なんかは確かに遅い時は寝て会社に行くだけっていう日もあるし、

あと彼氏もいるんですけど結婚とか今後を考えていくと

この生活だと結構大変なんじゃないかなとか・・

どちらかと言うと不規則な方に入るじゃないですか、

ちょっと遅くなってしまう時もあるので。

CC 27

ええ。

 

CL 28

こういう働き方でいいのかなとか、

私も33歳になるのでその辺は考えたりもしますよね。

周りも結構結婚してますし

子供を産んでいる友達も増えてきましたから・・・

そういうのはちょっと生活面で考えてますけど。

CC 28

今お付き合いしている方もいらっしゃるし

周りを見ていても先を考えたらこのままお仕事をして続けていくには

なかなか生活の方も大事にしてやっていくというところも

難しくなるのかなとそのようなお気持ちもあられるということでしょうかね。

 

CL 29

ありますね。

CC 29

今やりたいお仕事の先生のお仕事、

経験などの不安はあるんだけども・・

もしやられるとしたら先生の働き方だとか

実際に働くことを想像してどうなっていくのかなとか、

何かご自身の中で先を考えて

どういう風になればいいのかなというのはあるんでしょうかね。

 

CL 30

教育実習に行っていたのも10年以上前になるので・・

今は少し教師の働き方も変わってきたっていいますし、

実際に転職するとなると

実際に何をするのかとかそこまでは考えていないですね。

CC 30

うんうん。

 

CL 31

現状だと挑戦してみたいなという気持ちと経験を踏まえると

なかなか採用されないんじゃないかなというところで

あまり動けていない感じです。

CC 31

そうですか、経験だとか採用率だとかそういうところは

まだ分からないから自分としては具体的なところまでは

定まってはいないけれどもというところですかね。

 

CL 32

そうですね、

その辺ももし聞ければと思って今日は来てみたんですけど。

CC 32

そうですか、今のお仕事の方もそのまま続けるとしたら

宮田さんにとって良い面とかあるんでしょうかね。

 

~約15分経過~

 

CL 33

今のお仕事ですよね・・

CC 33

残業とか時間的な点というのは

プライベートな時間が取りにくいというのはあるんですけど。

 

CL 34

職場に関して働き方に関しましてはそんなにないんですね、

不満というのは。

3年前にマネージャーになって

仕事が嫌だとかそういうわけではないんですね、

家庭教師の派遣会社自体は楽しくてやりがいのある面もありますから、

親御さんの対応なども教育現場では必要なことだし・・

マネージャー職になったのもある程度評価されてだったので。

CC 34

ええ、ええ。

 

CL 35

収入面などは比較的残業も多いし

ある程度満足はしています・・良い面と言うか。

CC 35

お仕事としてはやりがいもあるし 待遇面としても結構良いということで。



CL 36

ただ忙しすぎるのもあるなという感じですかね・・

そこは難しいところなんですけど。

CC 36

わかりました、

ちょっとここまでの話をまとめさせていただきますね。

宮田さんは元々、家庭教師のお仕事を自分の理想と違って

家庭教師の今のお仕事についてらっしゃるんだけども

周りの家庭教師のバイトの方からのお話とかで

元々やりたかった高校の教師という夢が

再燃してきたというところですよね。

それで現場の方から離れてしまっていて経験の方も無いし、

どういう風に採用率とか具体的なところも

まだあまり分かってらっしゃらないので

ただ、今のお仕事としては時間的な残業だとかというところで

生活のバランスが取りにくいので

どういうふうに考えていたらいいのかわからない

ということでよろしいでしょうかね。

 

CL37

そうですね、そんな形ですね・・

CC37

それで宮田さんとしては率直なお気持ちとして

今後どういう風になっていくことが理想的な展開、

展望などはありますかね。

 

CL 38

いくつかお話の中でまとめて頂いて出てきたんですけども

その優先順位と言われると気持ちの中の問題もあるので・・

これっていうのは判断しづらいっていうのは思うんですよね。

CC 38

うんうん、そうですよね。

 

CL 39

それをどう判断したらいいんでしょうかね。

CC 39

判断する基準というのも自分の中では曖昧であると、

決めかねているというのはありますよね。

今お話を私の方でお聞かせいただいて、

宮田さんについてちょっと気づいた点が少しありますので

お伝えさせていただいてもよろしいでしょうか。

 

CL 40

あ、はい。

CC 40

お話の中で宮田さんのやりがいだとか

そういったお話まで踏み込めなかったんですが、

今回、宮田さんが今までやられて来られているご経験ですとか、

そういったことを先生になられた場合に活かし方などについて

能力の活かし方などについて

少し明確になっていらっしゃらないのかなという気がしたんですね。

 

CL 41

ああ・・。

CC 41

それと教師に対する転職するにしても

教員になってからのこれからの働き方や待遇など

必要な情報も少し不足しているように思えるんですがいかがですか

 

CL 42

それは確かに思います不足してますね。

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1

この相談者の相談したい問題点と

あなたの考える相談者の問題点とは何でしょうか

CC1 

相談者の方が相談したい問題点は、

宮田さんはリーマンショックの頃から夢だった

教師の夢をまだ捨てられなくて今の家庭教師派遣会社に

バイトから就職されたんですけども

その中で待遇面ややりがいは満足していらっしゃるんだけども

お付き合いしている方ですとか、この先を考えた場合に

今の残業が多い勤務条件ではなかなか難しいと感じておられる。

それで周りの家庭教師の方のお話なども聞いて

元々やりたかった教師に挑戦してもいいのかもしれないと

思われているんだけども自分の中で経験だとか不安な面があるし

採用されるかどうかも不安であることから

今後どうしていいか決めかねているところが問題点だと思いました。

キャリアコンサルタントとして私が考える問題点としては、

相談の中でお伝えさせていただいたんですけども、

まずはご本人の方が 自分が今まで家庭教師の中でやって来られている

マネージャー職も通してやってこられた経験や能力が

どのように生かされるかというところが理解できていない部分で

自己理解不足だと思いました。

あとは情報不足として自分のやりたい高校教師の仕事につくために

どういう風な過程や手順を踏むかだとかそういったプロセスや・・

働き方や勤務条件ですとかそういった

情報収集されていないところは問題点だと思いました。

それから結婚ですとか中長期的なライフプラン、

視点の方を含めた計画的なプランが立てられていないところが

意思決定できない原因だと考えました。

 

SIK2

キャリアコンサルタントの役割として

良かった点と改善点などあれば言ってください

CC 2

はい、良かった点は経験不足といったところで、

そちらのお話やリーマンショックの時の不調な時代に

就職活動をされてきて断念されてきた思いに対しての

気持ちを聞くことができた点、最後は問題把握までできて

目標を合意していただけた部分は良かったかと思います。

改善点としましては、

今後やりたいお仕事のところをお話を聞くところに集中してしまいまして、

今されているお仕事の中からやりがいや思いだとか

そういったところを引き出せなかったところが問題点だと思いました。

あと時間管理の方はできずに問題把握に時間がかかってしまった点で

目標までは提示できたんですが方策までたどり着かなかったことです。

 

SIK 3

今後どのような方策を立ててどのように実施したいと考えますか。

CC 3

今後は自己理解を深めるために宮田さんがやって来られたバイト経験から

正社員になりマネージャー職になったところの職務経験の方の棚卸をして、

やりたいお仕事に行かせるスキルや能力ですとか

そういったところを明らかにして

教員に対する求人情報の提供をこちらでさせて頂いて

マッチングしていきたいと思っていました。

その次の段階としてはこういったライフプランを踏まえた

中長期のキャリアライフプランを立てて

相談者の問題解決のための意思決定の支援をしていきたいと思います。

 

SIK 4

相談者との関係構築はうまくできたと思いますか。

CC 4

ほぼできたかと思います。

目標の方も同意していただけましたし

プライベートでお付き合いしている彼氏の話で

結婚というところまで周囲の状況から考えていらっしゃるということを

お話しして頂いた点は信頼していただけたと感じました。

 

SIK 5

はい、では本日はお疲れ様でした。

CC 5

ありがとうございました。 

 

おわりに

【キャリコン2級ロープレ逐語録】

第23回実技ケース③パート4まとめは如何でしたか。  

 

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、

フィードバックやアドバイスを行いますでしょうか?

 

転職における職業選択や労働市場の正確で適切な情報提供の支援、

何よりも相談者が転職や自己実現に向けた意思決定の方法について、

職業能力開発や職業生活設計の中長期的な視点も交えながら、

ライフプランニングを含めた考えさせられるテーマだと思います。

 

次回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、

個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。   

www.careerlife.jp 

キャリアコンサルティングの折衷的なアプローチは

無限に視点があるので難しく感じるかもしれませんが、

2級国家検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけで、

押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは

必ず一定値存在するはずです。 

 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろん、

一発勝負である本番の実技面接で相談者役相手に実践するスキルも必要です。 

 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、

国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、

とある日の、ある一定のキャリコンスキルを

点で見ているに過ぎませんが、 

その一方で、

少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、

その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

 

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、

ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?

目標設定は?方策の実行は?などなど・・・

 

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、

全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

 

自分のロールプレイを構成的に振り返り、

どこからどこまでは良かったか、どこからが課題と感じたか、

このような振り返り方法はいずれ必ず役に立つはずです。

 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、

キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して

相談者が気付いていない問題点を

CCとしての見地から見立てていきましょう。

 

しかも検定では、スキルだけでなく・・・

心から相談者へ寄り添う姿勢や理解しようとする態度も、

試験官は言語や非言語で、

評価区分に合わせて観ていることを絶対に忘れないで下さい。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

 

もちろん、自分のこれからのキャリアに悩む方、

転職相談や就職相談、客観的に自分を知りたい方など、

キャリア相談もこちらからどうぞ!⇩

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】  

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved