キャリコン試験対策講座「個別&出張レッスン」と就職&転職相談

試験対策講座の運営、就職・転職相談、こどもキャリア教育を推進中!フリーランス4期目のキャリアコンサルタント(4児のイクメン)ブログ

【SPONSORED LINKS】


キャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座 23回ケース④パート6まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座

個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。  

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、

実技面接試験に出題されるであろうロールプレイを練習し、

逐語録を分析して、キャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認も行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

第24回検定の合格に向けて、

文字に起こされた逐語録を分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、

個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、

指導者としての力を蓄えるチャンスとして大切にしております。 

 

さて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、

試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回もループして言っているなど、

ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

 

ロールプレイ全体の構成が俯瞰的に可視化出来ます。

 

また、コーヒーカップモデルマイクロ技法などの

細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるか?など、

その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、

本当の意味での確認・評価・改善は難しいのではないでしょうか。 

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

 

そして、そんな細かなスキルまでフォローすることで、

受講生の合格と成長に貢献していくのが

弊社の試験対策講座の特長です!

 

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、

個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はコバヤシさん、CC役はタカギさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時や

コミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。 

 

では、行ってみましょ~う!!  

 

相談事例

◆ケース4 コバヤシさん 61歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

小林です。

CC 1

小林さんですね、キャリアコンサルタントのタカギと申します。 

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

よろしくお願いいたします。

今日は20分ですが私の方からも気づいた点とか

質問させて頂いいただくこともあります。

おっしゃりたいことは何なりとお申し付けください。

 

CL 3

分かりました、ありがとうございます。

CC 3

ではご相談内容をお聞かせいただけますか。

 

CL 4

私は定年退職後に OB の紹介で

健康食品会社へ再就職して一年半になります。

CC4

はい。

 

CL 5

待遇などの条件面は悪くないんですが

仕事の進め方に馴染めずモチベーションが下がっています。

CC5

ええ。

 

CL 6

今までの経験を活かしながら、働けるうちは働きたいので

転職した方がいいという思いもあります。

どう考えればいいのか分からないので今日は相談に来ました。

CC 6

小林さんは定年退職で再就職をされて仕事の進め方に馴染めない?

 

CL 7

ええ。 

CC 7

それでモチベーションが下がっていらっしゃるんですね。

 

CL 8

そうですね、ちょっとなじめなくて。

CC 8

それで転職も考えていると。

 

CL 9

転職した方がいいのかなという思いもあります。

CC 9

今後の方向性についてご相談にいらしたということですね。



CL 10

はい。

CC10

では今後の方向性について小林さんがより良い選択ができるように

ご支援させていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

仕事の進め方に馴染めずモチベーションが下がっていると

おっしゃっていましたが それについてまずはお話をいただけますか。

 

CL 11

再就職をして一年半くらい経つんですが、

仕事の進め方もいろいろあるんですけど

特に気になるのは生産性とか、昨今ですと生産性を向上させて

働き方改革とか色々言われていますよね。

CC 11

ええ。

 

CL 12

そんな中でうちは健康食品会社なので

製造の方に基本的に私はいるんですけど、

その中でも生産性に関してはかなり効率が悪いと思うんですよ。 

CC 12

ええ、ええ。 

 

CL 13

ですのでそういう効率を上げるとか

そういう進め方に関して思うところがあったもので、

話したり意見をしたんですけどなかなか受け入れられず

そのままというか今までのやり方に従うような仕事の進め方に関しては

変わらないままなので、そういったところは馴染めない一つの要因ですね。

CC 13

小林さんが提案したことも受け入れられずにそのままということですね。

 

CL 14

そうですね。良かれと思って今までの色々なノウハウもありますし、

客観的に気づいた点などを部長とかにも話してみたんですが

今までこういうやり方でやっているからとか、

設備投資がかかるから無理なんですよとか、

何かにつけてそういう言い訳をするので結局は変えたくないんだなと、

私も匙を投げたというかそんなところがありまして。 

CC14

はい。

 

CL 15

そんな感じで一年半が経ってしまったんですけど・・ 

CC 15

良かれと思って効率性をあげたいということを考えて提案されたけども、

やっぱり体質は同じだなということですと

モチベーションも落ちてきますよね。

 

~約5分経過~

 

CL 16

そうですね、それでモチベーションは下がっていますね。

CC 16

そうでしたか、以前はどういった会社にいらっしゃったんですか。

 

CL 17

大手の消費財メーカーなんですけどもそこにいまして、

仕事に関しては新卒から入ってずっといましたので

色々やりましたけど・・まあ長く働いていました。 

CC 17

長く働いていらっしゃった、どんなお仕事をされてきたんですか。

 

CL 18

最初は営業から始まって最後の10年くらいはマーケティングとか

商品開発とか、そういう部門に主にいました。

CC 18

そうなんですね、長いことお仕事をされてきたので

ご自身の強みというんですかね、

どんな事を大切にされてお仕事をされてきたのでしょうか。

 

CL 19

やっぱり若い頃と40代とか五十歳六十歳とか

それぞれ働き方は変わりますけど・・大手の会社だったので

会社の企業理念に従いながらになります。

サービスを行き届かせるとか広く日本だけではなく

海外にも展開して品質の良いものをたくさん提供するという理念のもとに

やっていたので・・そういったところは大事にしていましたかね。

海外に拠点を作るときも進んで現地法人に行ったりしましたし、

消費財が足りなくて困っている国がたくさんあるので

そういったところに積極的に商品を売り込みに行ったりとか

そういったことをやってきたので、

そういうサービスを届けたいという信念のもとにやってきました。 

CC 19

消費財を届けるため・・海外でも信念を持ってやられてきた。 

 

CL 20

役立つものを世の中に出すというのは大手の仕事だと思うので。 

CC 20

そういったものを再就職された会社で活かしたいと思っても、

提案がなかなか通じないということですかね。 

 

CL 21

やっぱり現場で働いている方って長い方も多いし、

その会社の風土というものがあるんだなと、

私はずっと同じ会社にいたのであまり感じなかったんですけど

再就職して・・元々はうちの子会社みたいな会社なので

そこに行ったものの私がいた会社とは

ちょっと違うんだなと改めて行ってからわかりましたね。

CC 21

ええ、ええ。前は大手にいらっしゃって

今は子会社とおっしゃっていましたけど、

会社の規模によってもやり方とか違ってくるのではないですかね。

 

CL22

そうなんでしょうね・・そうかもしれませんね。

CC 22

そういった大手で培ってきた経験とか大事にしてきたこと、

今後も活かしていきたいというところで

今の会社ではそれが生かせないということでしょうかね。 

 

CL23

意見も受け入れられませんし、

設備投資も中小企業なのでなかなかできないし・・

うまく活かせてないと思います。

CC23

生かせていないと。

そういうところも考えて転職も考えていらっしゃるんですかね。

 

CL 24

これだけ自分の思ったことがなかなかできないとね・・窮屈ですし、

ここにいてもどうなのかなとは思ったりします。

CC 24

一旦お話を整理させていただきたいと思いますが、

小林さんは大手の会社から再就職をされて一年半ですけれども、

今まで培ってきたものを活かして働きたいと思っていらっしゃるものの

職場ではなかなか提案しても受け入れられない。

 

CL 25

はい。 

CC 25

そこで仕事の進め方等でモチベーションが下がっていて

転職も考えていらっしゃる。

今後どうしたらいいかなということでここまではよろしいでしょうか。

 

~約10分経過~ 

 

CL 26

そうですね、そんな感じでしょうね・・ 

CC 26

他に何か心配なこととかお話ししておきたいことはありますか。 

 

CL 27

 OB の紹介で今の会社に来ているので

転職活動も実際にしたことがないんですよ。 

CC 27

ええ、ええ。

 

CL 28

結局定年してからもその OB に頼ってしまったし、

今の待遇の条件は悪くないのでその辺をどう考えたらいいのかなと、

先輩からの紹介も受けられなくなるし・・そういう方向性については

すごく不透明というかどうしたらいいのかなと悩んでいます。 

CC 28

そうですね、

転職の方向性について転職をされた経験もないということで。 

 

CL 29

そうですね。 

CC 29

分かりました、それでは今の会社で満足されていないということですが、

どんな点に満足していなくて会社での問題点についてもう一度整理して、

同時に転職市場についても考えてみようということで、

小林さんがどのように選択をするのか意思決定できるように

進めさせていただきたいと思うんですがよろしいですか。

 

CL 30

そうですね、大丈夫です。 

CC 30

ありがとうございます、

では今の会社でモチベーションが下がっているということですが・・

大きな問題点はご自身の提案が

受け入れられないということが大きいのでしょうか。 

 

CL 31

それが経験を活かせていないというか、

そもそもその状況では生かせないというか

そういうところに繋がっていくんだと思うんですよ。

結果的にモチベーションが下がっている感じだと思います。

CC 31

モチベーションが上がってきたら会社でも働けそうですか。 

 

CL 32

あ~・・ 条件は悪くないので、もしも上がれば・・でも上がるのかな。

CC 32

会社の方針とかあるので、なかなか提案もね・・

 

CL 33

結局は自分の生かしたい面を殺しながら

なあなあと過ごす感じになるので・・

それでいいのかなあ?と思いますけどね。 

CC 33

今後はご自身のやりたいことを

かしてやっていきたいというご希望ですかね 

 

CL 34

そういうことができていたのは自分にとって良かったんだなと、

それはそういう環境に居て分かったので・・

そしたら自分としてどちらを選択すればいいのかなという感じでしょうかね。 

CC 34

ご不安などについて奥様には相談されているんでしょうか。

 

CL 35

妻には一応相談しました。

入社した当時から愚痴は言ってたんですけど、

ちょっと今モチベーションが下がっているので

キャリアコンサルタントさんに

そういう話をしようかと思っているんだと話をして・・

1回客観的に見てもらってもいいし、

できれば自分のやりたいようにやればと言ってくれてたんですけど。

CC 35

奥様は専業主婦なんですか。

 

CL 36

自分で書道教室みたいなものをやっているんですよ、

そんなに生徒さんがいるわけではないんですけど20人くらいかな。

それなりに頑張っているんだと思うんですけど・・ 

CC 36

そうすると将来の退職金とか・・



CL37

それなりに出ましたよ。

CC37

マネープランなどはいかがですか。 

 

~約15分経過~

 

CL 38

長女も独立してますし、ローンも去年終わったので

そんなに大きな出費が出るものはマネープラン的にはないですね。

後は生活費とか今後の事を考えていく感じでしょうか。

CC 38

そうしますと収入面では、再就職すると

また収入が下がるというお話は往々にして聞いておりますが・・

 

CL 39

そうですよね。

CC 39

収入面というよりはやりたいことをやっていきたいという

ご希望の方が大きいですか。

 

CL 40

あ~・・・どちらかといえばそうかもしれないですね。

ただ収入面に関しても

できれば下げたくないなぁというのは当然ありますけどね。

CC 40

できれば下げたくないですよね。 

 

CL 41

贅沢を言うとありますけど・・どちらかといえばそうですね・・

働きがいがあった方がいいかなと思うんです、ずっと働いてきたので。 

CC 41

働きたいとおっしゃっているんですが、

どのような働き方でしたらそれが理想だなというイメージはありますか。

 

CL 42

なんか週5日間みっちり働くのもいいんですけど、

前職では部長までやっていたので

マーケティングとか商品開発とか、

それに携われたらいいなとは思うんですけど・・

ただそういう仕事って我々の年代でもあるのかなとか。

CC 42

ええ。

 

CL 43

そういった知識が活かせればそこまでみっちり働きたいとか・・

そういうふうには思っていないですね。 

CC43

やはり管理職がご希望ですよね。 

 

CL 44

まあできればその方がいいですけど

全く違う会社に行くのであればその辺もどうなんですかね・・ 

CC 44

今日はもうお時間があと4分くらいになってきたんですが、

残りの時間を使って今の会社での状況を整理することと

次回までに私の方でも再就職市場の情報ですね。 

 

CL 45

なるほど・・ 

CC 45

マーケティングとおっしゃっていましたのでそちらの方の再就職の状況、

市場の動向などもお調べしたいと思いますが、

小林さんの方でも情報を集めていただいて

どちらの選択をしたらいいのか一緒に考えていきたいと思いますので。

 

CL 46

その再就職に際しては私の方はどんな情報を持ってくればいいですかね。

CC 46

マーケティングという面でやりたいということですよね。 

 

CL 47

そうですね、商品開発とかそっちがいいですね。

CC 47

そうするとマーケティングの分野で六十歳以上で

再就職にどういった採用があるのかとか、

そういったものをネットでも検索できますし

ハローワークの求人情報とかはご自身のパソコンで検索も出来ますし、

他に調べる方法はご存知ですか。

 

CL 48

わかりました、

いや~転職したことがないのであまりわからないですね。 

CC48

そうですね・・ハローワークもそうですし、

中高年を専門にした情報を扱っているような公の機関もありますので。

 

CL 49

そういうのもあるんですか、中高年で探せばありますかね。

CC 49

中高年のコーナーっていうのがあるんですね。

そういったコーナーを設けている公の機関というのも

結構ありますのでそういったものも

ネットで検索してみると出てくるかと思います。

 

CL 50

分かりました、ではそういった形で調べてみます。

CC50

あと一点だけお伝えしたいのですが、今61歳だと思うんですが

今辞められてまた再就職となりますと、

ご存知かと思うのですが収入の面で安定が保証できませんし

収入が下がるとも言われておりますので・・・ 

 

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1

あなたの考える相談者の問題点とは何でしょうか

CC1

私が考える相談者の問題点は、

今の会社で満足できずに転職を考えていらっしゃるんですが

再就職の市場の動向とか再就職市場についての知識が

ちょっと浅くて仕事理解が不足しているという点。

今の会社にいた場合と再就職した場合の

メリットデメリットなどについて考えられていないために

意思決定ができていない点が問題だと思いました。

 

SIK2

先ほどのロールプレイで良かった点と

悪かった点があれば言ってください。

CC 2

良かった点は、

再就職したものの今の会社で自分のことを生かそうとしているんだけども、

それが受け入れられなくてモチベーションが落ちているというところに

焦点を当てて共感的に傾聴してお話を伺うことはできたと思います。

悪かった点は、

これからどうやって行ったらいいのかということを考えていく中で

こうしたらどうですかという提案のような形になってしまったことが

悪かった点で改善していきたいと思います。

 

SIK 3

関係構築に関してはうまくできましたか。

CC 3

概ねできたと思います。

今の会社で満足できないという気持ちと、

自分のやりたいことを活かして働いていきたいという気持ちの間で

葛藤を感じている気持ちを受け止めながら、

双方を整理して方向性が決まるように考えていきましょうという

目標について合意をしていただけました。

 

SIK 4

次回の面談機会があればどのような方策を実施したいと考えますか。

CC 4

自分のやってきたことを生かしたいということで

マーケティングとかおっしゃっていたんですが、

40年くらい大手の会社で働いてきた中で

色々な経験をされてきたと思いますので

もう一度ご自身の経験などを振り返って、

棚卸していただいて本当にどうやっていきたいのか

今一度考えていただいて、また次回いらっしゃった時に

それをもとに双方のメリットデメリットについても

考えてより良い選択ができるように支援していきたいと思います。 

 

SIK5

では、お疲れ様でした。 

CC5

本日はありがとうございました。 

 

おわりに

【キャリコン2級ロープレ逐語録】

第23回実技ケース④パート6まとめは如何でしたか。  

 

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、

フィードバックやアドバイスを行いますでしょうか?

 

定年退職後のキャリアコンサルティングに求められていることは何でしょう?

職業生活設計を支援する上で大切なことは何か・・・

セカンドライフも含めて色々と考えさせられるテーマだと思います。

 

今回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、

個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。 

www.careerlife.jp

 

キャリアコンサルティングの折衷的なアプローチは

無限に視点があるので難しく思うかもしれませんが、

国家検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけですから、

押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは

必ず一定値存在するはずです。 

 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろん、

一発勝負である本番の実技面接で相談者役相手に実践するスキルも必要です。 

 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、

国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、

とある日の、ある一定のキャリコンスキルを

点で見ているに過ぎませんが、 

その一方で、

少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、

その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

 

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、

ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?

目標設定は?方策の実行は?などなど・・・

 

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、

全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

 

自分のロールプレイを構成的に振り返り、

どこからどこまでは良かったか、どこからが課題と感じたか、

このような振り返り方法はいずれ必ず役に立つはずです。

 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、

キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して

相談者が気付いていない問題点を

CCとしての見地から見立てていきましょう。

 

しかも検定では、スキルだけでなく・・・

心から相談者へ寄り添う姿勢や理解しようとする態度も、

試験官は言語や非言語で、

評価区分に合わせて観ていることを絶対に忘れないで下さい。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

 

もちろん、自分のこれからのキャリアに悩む方、

転職相談や就職相談、客観的に自分を知りたい方など、

キャリア相談もこちらからどうぞ!⇩

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】 

 

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved