キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


キャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座 23回ケース①パート3まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座

個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。  

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、

実技面接試験に出題されるであろうロールプレイを練習し、

逐語録を分析して、キャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認も行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

第24回検定の合格に向けて、

文字に起こされた逐語録を分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、

個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、

指導者としての力を蓄えるチャンスとして大切にしております。 

 

さて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、

試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回もループして言っているなど、

ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

 

ロールプレイ全体の構成が俯瞰的に可視化出来ます。

 

また、コーヒーカップモデルマイクロ技法などの

細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるか?など、

その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、

本当の意味での確認・評価・改善は難しいのではないでしょうか。 

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

 

そして、そんな細かなスキルまでフォローすることで、

受講生の合格成長に貢献していくのが

弊社の試験対策講座の特長です!

 

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

 

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、

個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はユウキさん、CC役はタカツさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに

役立つスキルですから参考にして下さい。 

 

では、行ってみましょ~う!!  

 

相談事例

◆ケース1 ユウキさん 22歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

ゆうきです。

CC 1

キャリアコンサルタントの高津と申します。

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

よろしくお願いします、2点お話が先にありまして。

 

CL 3

はい。

CC 3

まず一点目は今日の面談は20分ということで予定しております。

もし20分で終わらないという場合にはゆうきさんの希望に応じて

次回の面談の予約も出来ますのでご安心下さい。

 

CL 4

はい、わかりました。

CC4

もう一点は私の方からいくつか質問をしたり気づいた点を

お伝えするかもしれませんがよろしいでしょうか。

 

CL 5

大丈夫です。

CC5

ではよろしくお願いします、では今日はどういったご相談でしょうか。

 

CL 6

私大学4年で国際教養学部に在籍しています 。

CC 6

はい。

 

CL 7

大学ではダンスサークルに所属していたんですが

3年生の終わりに引退したんですけど

学生の間にもう少しダンスをやりたいと思って

オーディションに応募したところ合格して

本番が終わる8月末まで没頭していたんですね。

CC 7

ええ、ええ。

 

CL 8

その間も気にはなっていましたけど就職活動ができていなくて

まだ卒業後のことが決まっていないんですよ。

CC 8

ええ、ええ。

 

CL 9

もう1月なので焦る気持ちが募るばかりで

どうしたらいいのか分からなくなったので今日は相談に来ました。

CC 9

そうだったんですね、今1月ということで

だいぶ焦っていらっしゃる感じなんですね。

お話の状況を少しまとめますと

今就職活動をしようかと思っていたんだけど

その前にダンスのオーディション等があってできていなかったと、

今1月になって就職活動のことをどうしようか

焦っているというところでいらっしゃったということでしょうか。

 

CL 10

そうですね、結構焦ってますね。

CC10

はい、わかりました。

では今日はその先の就職活動ですとか卒業後のことについて

何か少し方向性を見つけていくということでお話を聞きながら

少し整理していきたいと思いますがよろしいでしょうか。

 

CL 11

そうですね、

進路についても相談できればと思いますのでよろしくお願いします。

CC 11

ゆうきさんはダンスサークルに入っていらっしゃって、

一旦は引退したんだけども 興味をお持ちで

オーディションを受けられてということで、

その本番が終わってからこれまで何か就職活動を

その後されてきた事って何かあったんですか。

 

CL 12

あ~、ダンスの方が終わってからは先輩とかが結構いるんですけど、

実際ダンスを仕事としている方にダンスには非常に興味があるので

そういう話を色々聞いたりとか、それを親に相談したりとか・・

求人票とかっていうのは就職支援センターとか

そういうところで見たりはしていないんですけど・・

CC 12

見たりはしていないんですね。

 

CL 13

はい。どっちかって言うとダンスのオーディションに受かった流れで、

その流れでそういう方達と会って

いろいろな話を聞いていたという感じですね。

CC 13

ああ・・そうなんですね。

ゆうきさんの中ではダンスの継続して

お仕事にしていきたいという思いはお有りなのですか。

 

~約5分経過~

 

CL 14

ダンスは結構長くやってきたので、

できれば仕事にしていくというのもいいのかなとは思っていまして・・

ただそれで収入を得ていくとか、事務所に所属してやっていくというのは

非常に皆さん大変だと一律に話されるし、

親は親で反対していまして・・気持ち的にはあるんですけどね。

CC14

ご自身の中ではそういう希望もあるけども

周囲の意見を聞くと、どうしようかなと思うこともお有りなんですかね。

 

CL 15

やっぱり不安定でしょうし・・

収入面も最初は少ないっていう話ですし、

そういう意味で考えると難しい仕事なんだろうなぁと思っているんですけど。

CC 15

何かその先輩からすでに働いている方のお話を伺ったりしたんですか。

 

CL 16

そうですね実際に劇団とか事務所に入っている方も何人かいたんですけど、

劇団とかはほとんどお金にならないみたいで・・

CC 16

お金にならない。

 

CL 17

自分でチケットを売ったりとかそういったことを言ってましたし・・

事務所の方も毎回オーディションで役をもらったりとか、

それで良い役がくれば少しは収入になるけどっていう話なんで・・

その繰り返しだよっていう話なんです。

頑張って成果が出るって言うのはほんの一握りの人みたいですね。

CC 17

そうすると収入面での不安定さというところで

躊躇する面があるということですかね。

 

CL 18

大学を出て一応、国際教養学部でそれなりの大学を出て

収入が安定しないところはどうなのかなあということで思っています。

CC 18

そうですよね・・

一方で親御さんにご相談されたということなんですが、

ご自身としては相談してみていかがですか。

 

CL 19

父が市役所に勤務してまして母はずっと専業主婦なんですけど、

やっぱり父としては公務員とか

そういう形であってほしいという意向はあったみたいで・・

CC 19

ああ、そうですか。

 

CL 20

お堅い仕事についてほしいという感じなんですよね・・

CC 20

堅い仕事ですか・・

 

CL 21

安定している仕事とか

比較的大手企業とかそういう志向なんですよね。

CC 21

なるほど。

 

CL22

そういう意味では反対されるのを承知で言ってみたんですけど・・

案の定そんなので食べていけるわけないだろと、

怪我したら終わりじゃないかとか、そんな感じで言われまして・・。

まあそれも一理あるんですけど・・

CC 22

そうですね、親御さんは心配されてそういうふうに

おっしゃっているかもしれないですね。

それもわかるけどという思いがありながら・・ 

 

CL23

でもなかなかそれを

どう判断したらいいのかなというのはありますけど・・

CC23

他にゆうきさんのダンス以外にご興味が持てる分野というのは

どんなものがありそうですかね。

 

CL 24

英語とかですかね・・留学もアメリカに行きましたし、

それもダンスのつながりで行ってみたかったっていうのがあるんですけど、

それで英語の勉強は続けてきましたし、そういうのは生かして

例えば翻訳とか仕事でありますけど、後は貿易関係とか

外資系とか一応興味はあったんですけど。

CC 24

そういった分野というのは何か業界研究だとか、

どんな仕事があるのかというところは

具体的には調べていらっしゃらないというところなんですかね。

 

CL 25

インターンシップで入った会社もありますし、

その時にエントリーシートとか作って一通り業界研究をやりましたね。

CC 25

なるほど、その時には翻訳とかそういうところにご興味があったと。

 

~約10分経過~

 

CL 26

仕事的には興味がありましたけど、

やっぱりダンスがやりたいなっていうのがあって、

3年生の終わりくらいからは

ダンスの方に目が行っていたという感じなんですよね。

CC 26

うんうん。

 

CL 27

だからそっちの方は実質的にはあまり進んでないんですよ。 

CC 27

インターンシップに行かれた時にはどんなお仕事をされたんですか。

 

CL 28

何社か行ったんですけど翻訳をやっているところも行きましたし、

貿易関係のところも行きましたし、一週間くらいなんですけど

お手伝いというか働かせて頂いて・・

まあそれなりに良かったんですけどね。

CC 28

よかったと感じられたのはどんなところですか。

 

CL 29

これまで勉強してきたこととか英語ですけど、

皆さんバリバリ英語を使って働いているし、

貿易関係ですと色々な国の方もいらっしゃって

そういうコミュニケーションをとる機会もあったんですけど、

いろんな国の文化の話とかそういうのはちょっと面白かったですね。

CC 29

そういったところにも興味がもてるなと感じられたんですかね。

 

CL 30

その辺はコミュニケーションをとっていて思いましたね。

CC 30

うんうん・・大学で学んでこられたというのは英語関係なんですかね。

 

CL 31

そうですね、はい。

CC 31

そうするとユウキさんとしては英語を使うというのは

割と自信があるというところなんでしょうか。

 

CL 32

まあ、ほどほどにですけど。

CC 32

ほどほどに。

 

CL 33

すごい自信があるって言うわけではないですけど・・

CC 33

でもそういったところも使ってお仕事をしてみるのもいいかなと、

そういうお気持ちは一旦はお持ちだったんですかね。

 

CL 34

そうですね・・・うん。

やっぱり就職という意味では活動をしていましたので、

卒業後の進路として就職というのも

一つの可能性として考えていましたので。

とりあえず一通りはやっておこうかなという感じですね。

CC 34

そうすると今お伺いしてきてちょっとまとめさせていただくんですが、

ゆうきさんは今ダンスの方が終わった後の

本番の公演が終わった後の関係者の方にお話を聞いたりして

そういったお仕事でどうかっていうところも考えてみたんだけれども

収入面で安定しないというの話を聞いて、

ちょっと躊躇される気持ちもあって

ご両親にダンスのことをお話しした時に、

もっと安定したところに仕事についてほしいと

気持ちを聞いたりすると揺れ動いてしまうこともあると。

 

CL 35

はい。

CC 35

まだ具体的に就職活動という形で

動くというところまでは至っていないというのは感じなんですよね。 

 

CL 36

ダンスの方に集中していたので・・

あまり就職という方はそこまで進んではいないですね。

CC 36

うんうん。ゆうきさんの方であとお話し足りないなとか、

これを話しておきたいということは他にありますか

 

~約15分経過~

 

CL37

今就職活動としてはだいぶ遅いじゃないですか、

このまま決まらないとどうなっちゃうのかなというのは心配なんですけど・・

それはどうなんでしょうかね。

CC37

絶対に無理と決まったわけではないので、

これからやれることをやってそれで決まるという場合も

もちろんあると思うんですが、

その代わりそれは急ぎめに準備して行ったりしないと

間に合わないかもしれないので、

ここでお話しして下さった事が一つのきっかけで、

これから一緒に方向性を考えていけると

いいのかなと思いますがいかがでしょうか。

 

CL 38

わかりました、

ではその辺を含めて方向性の方を考えていきたいんですけども。

CC 38

はい、そうですね。ゆうきさんにしてみると今一番・・

就職したいのかそれとも、

就職をせずに何か違う方向性があるのかといったところで、

どんな風にそこはお考えですか。

 

CL 39

ダンスは本当に好きで続けていきたい気持ちがあるんですね。

それを仕事としていくのは大変なことは分かっているんですけど、

自分も色々聞いたり動いたりとかはそっちではできているので、

そういう気持ちは大事にしていきたいなというところですよね。

そこが一つとそうすると卒業後のことがだいぶ不安定になるので、

それを両親にどうやって話していくとか、

どういう風に両親に協力してもらうのかとか、

そういったところが自分としては問題なのかなと・・

時間のないのもあるんですけど悩んでいるところなのかなあと、

焦る気持ちと合わせて不安な要素はそんな感じです。

CC 39

時間がないような感じがして焦ってはいるけども、

ご自身の中でダンスを続けていきたい

それを仕事につなげていきたいという思いが

一番強いという所なんでしょうか。

 

CL 40

そうですね・・はい。

大事な時期にダンスを選択していたので、

気になっていた就職活動よりも自分の中では

優先していた気持ちがあるのでそれは大事かなと改めて思ったので。

CC 40

分かりました。

その大事にしていきたいというところで

この先に例えば10年後とか20年後に

ダンスをどういう風にやっているかというイメージは

ご自身で持ってらっしゃいますか。

 

CL 41

そうですね・・

10年20年になるとダンスのジャンルとかにもよると思うんですけど、

バックダンサーとかそういった役目だったり

劇団でダンスをやるというのもまた違うとは思うんですけど・・

大体35歳から40歳くらいで一線は退くのかなと

体力面的には思うのでそこくらいまでですかね

なんとなくイメージできるのは。

その先は私もちょっとよくわからないですけど・・

CC 41

すいませんすごく先のことを言ってしまったので・・

10年20年と言うとだいぶ先かもしれないんですけど 。

 

CL 42

まあ元気なうちはやっていたいです。

CC 42

わかりました。

その目標と言うかそこに向かって

今どうして行ったらいいかというところを

卒業後のことにつなげていくというところで・・とはいえ、

収入が安定しないとかご両親に何とお話をしているかというところが

悩ましいところだと思いますので、その辺を不安を解消できるように

一つずつ考えていったらいいのかなと思うんですけど。

 

CL 43

はい。

CC43

まずダンスを仕事にするということでどういったところに求人があって、

求人というのかな・・どういう雇用形態になるとか、

どういう労働条件というか収入面であるとか

そういったところがまだ具体的に見えていないと思うので、

その辺を一つ探っていくというところを・・・ 

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1 

この相談者の相談したい問題点と

その他の考える相談者の問題点とは何でしょうか。

CC1

就職活動をうまく進められていなくて1月になって

卒業後の進路のことが定まっておらず、

焦りもあってどうしたらいいのかわからないと感じていると点です。

キャリアコンサルタントの視点からの問題点は、

焦りがありながらも具体的に自分がどんな仕事に就けるかといった

自分の適性とか興味関心に関してまだ

整理ができていない自己理解が不十分である点と、

それからダンスのことが好きで仕事に就きたいと、

それを仕事にしたいと思いながらも

良い労働条件等の働いたらという具体的なところの

情報が不足している点と、

それからご家族の了解を得られていないという点で

少しコミュニケーション不足かなと感じた点です。

 

SIK2

キャリアコンサルタントの役割とって良かった点と

悪かった点があれば言ってください。

CC 2

キャリアコンサルタントとして役割として・・良かった点。

キャリアコンサルタントとして見えてきた視点での気づきは、

本人の意向を含めてダンスがしたいということで

それを実現するにはどうしたらいいかという視点では伝えられたんですが、

悪かった点としては、

収入面が不安というところで

本当にそれを突き進んでいっていいのかというところで

別の視点で気づきを与えられるとよかったのかなと思いました。

 

SIK 3

別の視点で気づきを促す方法は今何か思いつきますか。

CC 3

先ほどの面談の中でももし伝えられたらと思ったんですが、

ダンスが好きというところで興味があるんだけれども

それを仕事にしていいのかというところで、

仕事にせずともライフワークとしての関わりを持つことも

できるかもしれないという視点を気づきを流せたらとは思いました。

 

SIK 4

次回の相談機会があればどのような方策を実施したいと考えますか。

CC 4

まずは今の面談の続きで行くと

本人のダンスで仕事をしたいというところからまずは進めていって、

それを仕事にしたらどうなるのかという情報収集をした上で

本当にそれでいいのかという視点をそこに加えて

留学して英語のスキルアップしてきたというところを生かして

何か仕事をできないかというような気づきを促したりですとか、

そこを本人に考えていただきながら

ダンスを仕事にしていいのかというところを考えつつ、

後はご両親に了解を得ながら

進める方向性を見つけていくということを進めたいと思いました。

 

SIK 5

クライエントとの関係構築はうまくできましたか。

CC 5

そうですね・・ほぼ出来たんじゃないかなあと思うんですが、

1月で焦っているんだけどというところで

そうは言ってもなんとかやっていけるんじゃないかなというところで、

そうかもしれないと感じていただけたと思うので

ある程度はできたと思いました。

 

SIK6

相談者の本音の部分まで迫ることができましたか。

CC6

親御さんには理解してもらえないんだけども

自分はダンスが好きでやりたい、

それを仕事にしたいという強い気持ちがあるということを

言っていただいたのが本音の部分なのかなと思いました。  

 

SIK7

では、本日はお疲れ様でした。 

CC7

ありがとうございます。

 

おわりに

【キャリコン2級ロープレ逐語録】

第23回実技ケース①パート3まとめは如何でしたか。  

 

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、

フィードバックやアドバイスを行いますでしょうか?

 

教育機関分野(学生支援)の

キャリアコンサルティングに求められていることは何でしょう?

 

第23回では論述試験でも学生支援のキャリアコンサルティングでしたが

大学生の人生の転機である就職活動を支援する上で大切なことは何か・・・

理論だけでなく、相談者の思いやキャリアビジョンも含めて

支援の在り方を色々と考えさせられるテーマだと思います。

 

今回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、

個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。 

www.careerlife.jp

 

キャリアコンサルティングの折衷的なアプローチは

無限に視点があるので難しく思うかもしれませんが、

2級検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけですから、

押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは

必ず一定値存在するはずです。 

 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろん、

一発勝負である本番の実技面接で相談者役相手に実践するスキルも必要です。 

 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、

国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、

とある日の、ある一定のキャリコンスキルを

点で見ているに過ぎませんが、 

その一方で、

少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、

その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

 

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、

ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?

目標設定は?方策の実行は?などなど・・・

 

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、

全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

 

自分のロールプレイを構成的に振り返り、

どこからどこまでは良かったか、どこからが課題と感じたか、

このような振り返り方法はいずれ必ず役に立つはずです。

 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、

キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して

相談者が気付いていない問題点を

CCとしての見地から見立てていきましょう。

 

しかも検定では、スキルだけでなく・・・

心から相談者へ寄り添う姿勢や理解しようとする態度も、

試験官は言語や非言語で、

評価区分に合わせて観ていることを絶対に忘れないで下さい。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

 

もちろん、自分のこれからのキャリアに悩む方、

転職相談や就職相談、客観的に自分を知りたい方など、

キャリア相談もこちらからどうぞ!⇩

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】 

 

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved