キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


【ロープレ塾】第23回キャリコン2級 実技面接ケース⑤ パート1まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座の個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。 

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、実技面接試験出題のロールプレイを実施し、逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルやカウンセリング技法などの確認を行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

第23回検定に向けて、文字に起こされた逐語録を見て分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、指導者としての力を蓄えるチャンスとして役立てております。 

さて、キャリコン2級を受験される方は、こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回も言っていたり、ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

また、マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェックシステマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるかなど、その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、確認・改善が難しいのではないでしょうか。 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

そして、そんな細かなスキルまでフォローして受講生の合格と成長に貢献していくのが弊社の試験対策講座です!

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はキムラさん、CC役はタナカさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。 

では、行ってみましょ~う!!  

相談事例

◆ケース5 キムラさん 45歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

木村です。

CC 1

キャリアコンサルタントの田中と申します、本日はよろしくお願いいたします。

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

木村さん、この場所は初めてですか。

 

CL 3

初めてです。

CC 3

迷わず来られましたでしょうか。

 

CL 4

大丈夫です。

CC4

これからここの場所で相談を伺うんですが、私との距離感とか椅子の位置とか大丈夫ですか。

 

CL 5

別に大丈夫ですよ。

CC5

私は木村さんに向こうにちょっと動かして大丈夫ですか。

 

CL 6

はい。

CC 6

それから事前にお話を聞いておられると思うんですが、今日の相談時間は20分間なんです。もしご相談が終わらない時は必ず次回の場を準備させていただきますので、今日はリラックスして思いのたけをお話ししていただけたらと思います。

 

CL 7

ありがとうございます。

CC 7

それから木村さんの大切な20分というお時間をしっかり時間管理させていただきますので、時計を私の見やすい位置に動かしても大丈夫ですか。

 

CL 8

はい構いませんよろしくお願いします。 

CC 8

それでは木村さん本日のご相談内容を聞かせていただけますか。

 

CL 9

先にお渡しした資料にもあったかと思うんですけども、私36歳の時に離婚して当時3歳になった娘と実家に戻ってきたんです。 

CC 9

ええ、ええ。


CL 10

その3年後に地元の食品会社へ再就職しまして今6年目になります。

CC10

はい。

 

CL 11

ただ、これから先を考えるともっとやりがいのある仕事に就きたいと思うようになりまして、でも親にはなるべく負担をかけたくないと思うので、その辺をどのように考えたらいいのか悩んで今日は相談に来たんですけども。

CC 11

ああ、これから先を考えたいと思われているんですね、それでもっとやりがいのあるお仕事をなさりたい、それについてはご両親に負担をかけたくないという思いがあるということで・・今正社員になられて3年ということなんですが、やりがいという面でご不満な点とかありましたらお聞かせいただけますか?

 

CL 12

やりがいって言われると正直そんなに無いですね。今地元の食品会社の方なんですけど・・そこの製造の部門で働いていまして元々パートで検査とかをやっていたんですが、今はやっぱり人手不足で生産工程の検査の方で正社員になりましてライン長という形で見てはいるんですけど。

CC 12

はい。

 

CL 13

だからこの仕事をやりたくて始めたというよりは、地元にあまり働き口もなくて当時は子供も小さかったんで、通勤に便利にだったし近場で探してまずは働かなきゃだなというところからスタートしたので、そこまで考えて就いた仕事ではない・・やりがいなんかもそこまでは感じているわけではないんです。 

CC 13

そうなんですね。今生産工程のライン長をなさっているということで、3年で正社員というのもかなり評価されて木村さんが頑張られた評価なんじゃないですかね。

 

CL 14

はい・・・ 。

CC14

ライン長というのはまたマネジメントも任されているということなんですよね。

 

CL 15

そんなに大きい会社じゃないですし人手も不足してますし、どちらかと言えば正社員になってもらいたいという形で会社自体に取り組んでいるので、仕事的に ライン長は大変じゃないですし・・そんなに意識はしてないんですけど。

CC 15

そうですか、私は勝手に申し上げたんですがライン長という肩書きで頑張りが評価されているんじゃないかなと思うんですけどその面はいかがお考えですか?

 

~約5分経過~

 

CL 16

特にこれといってはないですね・・仕事的に認めてもらったのかなと思いますけど特別なことをしたわけではないですし、評価を受けてというよりは自然の流れでという感じですね。

CC 16

なるほど自然な流れでということで、もともとやりたくて始めた仕事ではないということで、木村さんのお話しいただいたやりがいのある仕事というのはどういうことだと思われているんですかね。

 

CL 17

仕事で言えばやっぱり前職でやっていた経験と言うかやっていた仕事ですね。

CC 17

前職の化粧品会社ですか。

 

CL 18

そうですね、はい。本当に入るのも苦労しましたし、入ってからも仕事頑張りましたし・・総合職で入りましたので苦労してやっていたんですけどね。

CC 18

木村さんが就職された時期と言ったら一番の就職氷河期ですよね。

 

CL 19

ちょうどそんな時期だったので就職活動は大変でしたね。 

CC 19

そこで総合職で入社されて優秀だったんですよね・・あ、すごく頑張られたんですよね。

 

CL 20

まぁ頑張りが認められたのかなーと・・ 

CC 20

そうですよね、だったということですいません過去形で申し上げて・・今も正社員としてすごく頑張っておられると思うのですが。そのやりがいという面で前職のどういうところにやりがいを感じておられたんですか、具体的なお仕事内容ですとか。 

 

CL 21

やっぱり販売促進とか企画などの仕事をしていたので、そういう意味ではお客さん相手って言うんですか・・そういう仕事も一通りやりましたし、女性の方とのそういうやりとりって結構楽しいじゃないですか。 

CC 21

はい。

 

CL22

その販売促進の仕事は楽しかったし、商品企画などもいろんなアイデアを出しながら、みんなで色々な商品を考えるとかそういうのはやりがいありましたよね。 

CC 22

販売促進とか商品企画とか、お客様の顔が見えるとか女性の方の仲間とも楽しかったとか。

 

CL23

まあそうですね、仕事は充実していたなあという感じはしますけど。

CC23

充実していたってことなんですね。以前のように充実していたお仕事ということなんですが今考えてらっしゃる方向性とかというのは今の仕事から転職という風に思われているわけですか。

 

CL 24

そうなんですよ、私45なので先々のことを考えると娘も12歳になりましたし、今度中学生に上がるんですけどそう考えると自分のやりたい仕事、やりがいのある仕事って言うんですかね、そういうところへの転職・・あと15年くらいは働くのでその辺も考えなくてはなのかなと・・そういう気持ちにはなっています。

CC 24

あと15年ということで中長期でずっとお仕事をしていくという観点で、やりがいのある仕事ということを考えていると。

 

CL 25

そうですね。 

CC 25

お仕事をしていく上で木村さんはどういうことを大切になさっていますか。

 

CL 26

どういうこと・・・ 

CC 26

今やりがいを考えてというお言葉をいただきましたけど、今の会社ではこういうことがもっと足りないとか。

 

CL 27

まあそうですね・・一言で言えば華やかさみたいなものがない。そういうものがあった方がやりがいはあるんじゃないでしょうか。今の仕事は極端に言うと地味ですからね、作業服を着て誰が誰だか分からないようなね、感じですし・・個性はないですよね。だから自分の個性や華やかさを生かしながら、女性としてはそういったところに目は行くんじゃないのかなと・・・私はやっていて前職ではそういう風に感じていたんですけど。

CC 27

そうなんですね。前職は化粧品会社だし、やはり自分のキャラクターとか木村さんとしての華やかさというのを出していくことがやりがいにつながったということなんでしょうか?

 

~約10分経過~

 

CL 28

まあそれが評価とか売上とかそういうのに繋がることが多かったですからね。そういう個性を見てもらえる点と言うか、そういうのはやりがいがあったかなと。

CC 28

なるほど個性を出していくということがやりがいにつながったということなんですね。

 

CL 29

そうですね。 

CC 29

もう一つご両親に負担をかけるということを気になさってるんですが、それについて教えていただけますか。

 

CL 30

離婚して地元に戻ってきてからは娘の面倒も見てもらいましたし、私もだいぶ落ち込んでいましてすごくサポートもしてもらって・・ いっぱい心配をかけたと思うんですよ。そんな中で やっと落ち着いてきたところで、私が転職してしまうとまた心配をかけてしまうだろうし・・あと父が70なんですけど少し衰えも感じるのでそういう意味でも負担をかけたくないかなと・・というのは思いますね、見てて。

CC 30

そうなんですか、木村さんのお話をお伺いするとご自身の向かっていきたい転職という方向性はご両親の心配に繋がると思われているということなんですが・・そうなんですか。

 

CL 31

そういう心理的負担というのかな、それは一つありますね。迷惑をかけてしまうんじゃないかなとか、心配症なんですよ父と母は。

CC 31

親ですからね・・娘さんのことは心配ですよね、今まで一緒に暮らしてきたわけだしね。心配だと・・負担をかけたくないとおっしゃっているそのご両親にはこれから15年を考えて転職を考えているとお話はなさっているんですか。 

 

CL 32

転職についてはまだ言っていないですね、言っただけで大騒ぎになりそうなので。

CC 32

なるほど、それは大騒ぎになるからまだ言えないという状況なんでしょうか。

 

CL 33

自分の中でどうするかを決めてからでもいいかなとそういう感じですかね。

CC 33

今以前のような華やかな個性を出すというお仕事がやりがいだということで、転職を考えてらっしゃるということで今のお仕事を継続とそれから転職を考えていくという方向とそれぞれのメリットとかリスクとかがあると思うんです。

 

~約15分経過~

 

CL 34

はい、はい。 

CC 34

まだお気持ちが定まっておられないようなので、ご両親に相談もまずは自分が定まってからとおっしゃったので、それぞれのメリットとリスクについて次回一緒に考えていくという方向はいかがですか、今日はもう残り5分を切っていますので。

 

CL 35

そうですね、その判断については検討できればいいかなと思いますね・・それぞれ、いいんじゃないでしょうか。 

CC 35

それぞれメリットになる点とリスクになる点と色々あると思うので、考えて今度持って来ていただくというのが一つなんですが、他に何か気になっていることとかございますか。 

 

CL 36

後はそうですね・・・転職については実際どうなのかなーとか年齢も年齢なので。そういった求人とかが気になりますしメリットデメリット・・リスクですか、そういうのをどうまとめればいいかなとか。 

CC 36

お仕事上に何かまとめるフォーマットっていうのはお仕事で使ったりというのはございますか?

 

CL37

まとめるもの・・・比較表みたいなやつですか。

CC37

はい。

 

CL 38

何かあると思いますし書けばいいんですよね。別に大丈夫だと思います。 

CC 38

求人情報については木村さんのも年齢で転職市場についてどういうものがあるかとか、私の方もデータでお持ちしたいと思うんですね・・次回に向けて。それで一緒に考えていく方法なんですが業界については化粧品業界ということでお調べしたらよろしいですか。 

 

CL 39

それはどうなんですかね・・他にもそういう仕事ってありますか?

CC 39

そういう仕事っていうのは華やかで自分の個性を生かしていくというお仕事ですか。

 

CL 40

それしか私経験がないので、他にどんな職種があるとか調べるのもかなり前の就活になってしまうので・・

CC 40

ちょっと華やかとは違うかもしれないんですけど、今お勤めの食品業界でもこれから健康食品というのが凄くブームになっていますよね。

 

CL 41

ああ、ありますね。

CC 41 

そういった意味で健康イコール木村さんの言われる美しさであったり、これからの活力であったりと、個性は生きてくるんではないでしょうか。



CL 42

あ~内面からの?

CC 42

そうですよね。 

 

CL 43

そういう考え方も確かにありますね。・・後は条件面とかなんですかね。

CC43

今正社員でいらっしゃってご年齢的に正社員にすると狭まってしまうんですが、やはり正社員ということで?

 

CL 44

そうですねまだ15年くらいは働きたいので・・正社員の方が待遇面でもいいですよね。 

CC 44

そうですね正社員ということで、他にご希望はかつて総合職だったということなんですがそれはいかがですか。

 

CL 45

総合職で中途は難しいと思うんで、できれば娘との時間も取りたいですから、普通の勤務時間と言うんですか・・日勤帯でできる仕事がいいですけど。 

CC 45

なるほどを日勤で。今はどうなんですか。

 

CL 46

今は2交代ですね、朝からと昼から入る勤務です。

CC 46

なるほどなるほど、では2交代を避けて日勤でということですね。

 

CL 47

その方が家族の時間を持ちやすいのでできれば・・

CC 47

場所というこだわりはありますか。

 

CL 48

この辺の求人を見ても・・日曜日に入ってくるやつを見ても、あまりなさそうなんですけど、通える範囲なら通ってもいいですし。 

CC48

ご実家から通われる方がベスト?

 

CL 49

もしあればですけどなさそうなイメージだったので・・もしかしたらあるのかなと思い始めています。 

CC 49

木村さんのお考えとしては例えば東京に出るとか考えておられるんですか。

 

CL 50

無いならそういう事も考えようかなという感じでしたね。

CC50

う~ん。

 

CL 51

あっちはあっちでお金もかかるんでそんなに余裕もないですから。 

CC 51

お嬢様との時間もということなんですが、お嬢様の転校とか大丈夫なんですか。

 

CL 52

今度中学受験をするのでその状況によってもですかね。一応地元の学校と都内の方を両方受けるんですよ。 それを見てにはなりますけど。

CC 52

あ~、来年の4月に中学生になられるんですよね。じゃあその転職を考えるにしても時期をお伺いしたいんですが。

 

CL53

そうなんですよだから2月初旬には結果が出るので、その間にできれば色々な情報を収集しておきたいんです。そこで合格発表を受けて方向性も出ると思いますので。

 

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1

この相談者の相談したい問題点とあなたの考える相談者の問題点は何ですか。

CC1

木村さんの考えている問題点ということで・・食品会社の勤務がやりがいという面でご自身の仰っているやりがいの面で乏しくて、以前の化粧品会社でやりがいを感じて充実してきたころのようなお仕事に戻りたいと思われるようになって、これから15年間ずっと仕事をしていく上でやりがいのある仕事に変わりたいという思いを中心に今後どうするか悩んでいるということが木村さんが考えている問題点だと捉えました。

私の考える木村さんの問題点ということで・・食品会社でもともとやりたいと思った仕事ではなかったとおっしゃっているものの、6年間お仕事をされて培ってきた色々なものがあると思うんですが、培ってきた知識やスキルや価値観というものがあると思うんですが、それでもかつての総合職時代の華々しかった時代がそれが自分のキャリアだと半ば決めつけという風なことで現場をマイナス面に捉えられていて、かつてのことに心が向きがちだということで適応力や柔軟性という意味で自己理解が乏しいかなと思われる点、それからお仕事を変わりたいと考えられているんですが、転職の動向や転職の市場について調べられていないとか、華々しかった化粧品会社のイメージがプラス面で強くて・・そういった仕事が他にあるかないかもご存じないという面で仕事理解の不足を感じます。

それとそういった要素から今後15年仕事を続けたいと言われながら、方向性という意味で昔の価値観ばかりにとらわれて、今後着実にキャリアを築いていくという面でキャリアプランの不足ということを感じました。

 

SIK2

先ほどのロールプレイの中で良かった点と悪かった点を教えてください。

CC 2

良かった点ということでは、今の仕事にやりがいを感じられないお気持ち、それからかつての充実していた時代の充実していたお気持ち、傾聴による寄り添いで感情の反映をしながらそのぶんのお話は十分お話しいただけたかなというところができたところだと思っております。

改善点としましてはこの人の価値観と言うか、大切なことはかつて化粧品会社の総合職の時代なので、そこのところのやりがいとかキャリアアンカーというのをもう少し楽しかった思い出とかから引き出せたらなあという ところが不十分だったと思うので、楽しかった思い出をもっと聞けば良かったなというのか改善点です。

 

SIK 3

どのような方策を立ててどのように実施したいと考えますか。

CC 3

はい、ご自身は転職したいというお気持ちはあるんですが情報収集不足のため、まだご自身がグラグラしてらっしゃって、ご両親にも相談できないとおっしゃっていたので、今のお仕事の継続と転職した場合のメリットデメリットを棚卸して視覚化、書き出していただくようにお願いしましたので、私の方は求人動向とか年齢による求人情報とかという風なことをお持ちするということで、双方を照らし合わせた上で転職についてはマッチング、それでマッチングできた内容と現状を継続のメリットデメリットを比較してご自身の意思決定の材料にしていただくよう今後支援していきたいと思っております。

 

SIK 4

クライエントとの関係構築リレーションはうまくできましたか

CC 4

はい今の物足りない気持ちやりがいがお仕事に感じられない気持ち、それから今までご両親に感謝してきて自分の転職のことは心配になるだろうからまだ言えないとか、そういうご両親に対する気持ちとか気持ち面で寄り添うことができたので、ラポールは形成できたと思うんですね。木村さん自身が方向性を定めてからご両親に相談するということで・・ご自身の段取りというかプランというかそういったものもお伺いできたので、本心に近いかなというところを引き出せたことは信頼関係を築けたからだと思っております。 

 

SIK 5

はい、では本日はお疲れ様でした 

CC 5

ありがとうございました。 

 

おわりに

「第23回キャリコン2級検定 実技面接対策ロープレケース⑤ パート1まとめは如何でしたか。  

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、フィードバックやアドバイスを行いますでしょうか?

中高年のキャリアコンサルティングで求められていることは何でしょうか?職業生活設計を支援する上で大切なことは何か・・・お子様のキャリアや中長期的なライフプランニングも含めて色々と考えさせられるテーマだと思います。

今回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。   

www.careerlife.jp 

キャリアコンサルティングの折衷的なアプローチは無限に視点があるので難しいですが、2級検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけですから、押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは必ず一定値存在するはずです。 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろん、一発勝負である本番の実技面接で相談者役相手に実践するスキルも必要です。 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、とある日の、ある一定のキャリコンスキルを点で見ているに過ぎませんが、 その一方で、少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?目標設定は?方策の実行は?

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して相談者が気付いていない問題点をCCとしての見地から見立てていきましょう。 

 

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

もちろん、自分が本当はどうしたいのか分からない方、転職相談や就職相談、客観的に自己分析を知りたい方など、キャリア相談もこちらまで!

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】 

 

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved