キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


第22回キャリコン2級 実技面接対策講座ロープレケース④パート5前編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛仁です。 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座の個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。  

www.careerlife.jp

個別レッスンでは受講生の状況やレベルによって色々なレッスンを行いますが、実技面接試験出題の仮想ロールプレイを実施し、逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルやカウンセリング技法などの確認も行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

第23回検定に向けて、文字に起こされた逐語録を見て分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、指導者としての力を蓄えるチャンスとして役立てております。 

さて、キャリコン2級を受験される方は、こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回も言っていたり、ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

また、マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェックシステマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるかなど、その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、確認・改善が難しいのではないでしょうか。 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

そして、そんな細かなスキルまでフォローして受講生の合格と成長に貢献していくのが弊社の試験対策講座です!

試験対策講座後の実績「ビフォーアフター」&信頼性の高い「お客様の声」はこちら!

合格体験記/得点&合格率実績 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はヤマモトさん、CC役はスズキさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。 

では、行ってみましょ~う!!  

相談事例

◆ケース4 ヤマモトさん 55歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

山本です、今日の相談の内容なんですけど今の会社で勤めて32年目になりますが、ここ何年も仕事が面白くなくて先が見えているように感じるんですよ。 

CC2

うんうん。 

 

CL 2

退職しようと考え始めたんですけど・・会社に早期退職支援制度というのがありまして、それを使うと特別退職金が支給されるようなんです。

CC 2

特別退職金・・はい。

 

CL 3

思い切って妻に話をしてみたんですが反対されてしまったんですよ。今後の仕事のことや生活について今日は相談したくて伺ったんですけど。

CC 3

うんうんうん、そうなんですね。今の会社に勤めて32年ということになるんですけども、面白くなくなったしまったということなんですが。

 

CL 4

はい・・面白くないんですよ。

CC4

何年もという風におっしゃっていましたが面白い時期も? 

 

CL 5

ここ数年・・5年くらいは面白くないので・・・40代の頃は楽しかったですかね。

CC5

うんうん、どのような点が面白く感じられたんですか。

 

CL 6

やっぱり技術職なので・・精密機器メーカーなので現場である仕事もあるんですけど、基本的に半導体を扱っていまして製造ラインは日本の工場はまだまだ稼働していましたので、全自動ではなく半自動ぐらいであればメンテナンスなんかでも技術を活かせるところもあったし、その時はやりがいと言うか楽しかったですかね。

CC 6

ご活躍されていたんですね。

 

CL 7

そう言われるとそうかもしれませんね。

CC 7

それがここ5年くらいはちょっと面白くないかなと。

 

CL 8

先が見えている感じがするんですよね。

CC 8

先が見えているというのはどのような?

 

CL 9

先ほど言った自動化が進んでいまして、オートメーションの工場が増えたのと工場自体も日本は少なくて海外移転で・・・日本で生産しているというのは大手ではもう無くて人件費も高いですからね。我々が活躍する場というのは限られていて、そういう仕事は今後ももうできないんではないかなと・・先は見えているので・・・それで先が見えていると感じているんです。

CC 9

うんうん、先ほど山本さんの方から早期退職制度の方があるというお話をされていましたけどこちらはもう使われている方がいる制度なのでしょうか。

 

CL 10

はい、同期の人でもいますし・・ここ2年くらいは使う人も多いですかね。

CC10

あ、そうなんですね。まだ55歳とおっしゃってましたけどまだまだお若いと思うんですが。

 

CL 11

いやいや、もう55歳ですよ(笑) 

CC 11

退職ももう視野に入れてらっしゃるんだなと思いまして。

 

CL 12

そうですね、定年まであと5年ですから・・・50を過ぎると体力の衰えも感じますし。 

CC 12

私もあまり詳しくはないのですが、特別退職金というのが出ると仰ってましたけれども・・それが山本さん的には納得の行くものですか?

 

CL 13

早期退職支援なので、悪く言うと人員整理みたいなところがあるかもしれないんですけど・・我々の年代などは結構給料も高いものですから、早めに辞めてくれというような意味合いもあるのかなと思うんですけど、早めに辞めても退職金が満額もらえるという制度なので多少のメリットはあるのかなと思ってるんですよね。

CC 13

あ、そうなんですね・・。奥様とお話をされたということなんですけどもちょっと反対されちゃってということなんですか。

 

~約5分経過~

 

CL 14

いやーちょっとどころではなかったんですけど。

CC14

ちょっとどころではなかったんですね・・なぜですかね。 

 

CL 15

うちは子供が二人いましてまだ学生なんですよ。

CC 15

それは・・・ね。

 

CL 16

今辞めてしまうと定年まで5年もあるし、今の時代は65歳とか70歳まで働いている人も多いじゃないですか・・周りにもそういう方は結構多いみたいで、妻は定職で今までやってきた事を失うというのが抵抗があるようで。

CC 16

32年ですから。

 

CL 17

長くやってきましたので、それも含めて辞めた後のお金の問題とか住宅ローンとかがまだあるので。

CC 17

住宅ローンですね。

 

CL 18

定期的な収入が一時的にもなくなるのは怖いなというところで反対はかなりされたんですよね。

CC 18

あーそうですよね、お子様が学生、奥様は働いてらっしゃるんですか?

 

CL 19

そうですね、パートなんで長い時間とかじゃないですけど・・一応扶養の範囲で働いています。

CC 19

あ、そうだったんですね。お子さんがまだ学生ということだったんですけども、もし山本さんが早期退職支援制度を活用してしまった場合、学費という面では大丈夫そうでしたか?特別退職金で言いますと。

 

CL 20

貯蓄の面というのもありますし、学資保険なんかもあるそうなんですけど次男の方が薬学部に行きたいって言っていまして・・・ 

CC 20

あ~お金がかかりますね。

 

CL 21

はい、少し長いのかな・・そうするとまた一人暮らししたりとかだから、予想以上にかかるんじゃないかなあという話が出てて。長男もまだ学生なので就職しているわけじゃないんですよ。そこの目処がまだ立っていないというところがあって自立すればまた違うんでしょうけど、その辺で学資保険や貯蓄を使わなければいけないなというところなので・・生活費なんかもありますんで。

CC 21

そうですよね、山本さんとしましては仕事が面白くなくなっているということなんですけども、今後のキャリアプランなどは何かやりたいことなどがあったりするんでしょうか?

 

CL22

そうですね、まあプランっていう立派なものはないんですよ、ここ何年も仕事が面白くないものですからその状態が正直キツイんですよね・・・気持ち的にも。実は今、倉庫の方に回されていて、倉庫業務なんですよ。

CC 22

倉庫管理ですか。

 

CL23

それで毎日がつまらなくて・・倉庫って同じルーティーンの仕事ばっかりだし、場所的にも息が詰まるんですよね。まあ工場ってみんなそんな感じなんですけど、特に倉庫って人もそんなにいないしそれぞれが独立して動いてやってるんで正直仕事自体も面白くないんですよ。これをあと何年もやっていくと考えると、先が見えないっていうかね・・すごく憂鬱というか嫌になってしまって。

CC23

うんうん・・。

 

CL 24

そこが一番大きいところなんですよね・・・

CC 24

そうですよね、最初にお話を伺った時に技術の現場で大活躍されている時が一番楽しかったとおっしゃってらしたので、倉庫管理となると全く技術職から離れたところに行ってしまいましたものね。

 

CL 25

はい、仕事的にも遠いというか関連性がないし、これまでずっと技術職でやってきたというのもあったし、そう考えると今何やってるのかなと思っちゃいますし・・長く頑張ってきたのに・・そこは思いますよね。 

CC 25

うんうん・・会社の上司の方だったりとかと中長期的な面談はあったりすると思うんですけどそういうのでもう相談されたりとかありますか?

 

CL 26

こっちに来てからは・・うちは比較的大手なんですけどまだ工場にいた時は多少はあったんですよ。そんな形式ばったものは意外とやっていないんですけど、特にこっちに来てからは上司もやる気のない方で。

CC 26

それは辛いですね。

 

~約10分経過~

 

おわりに 

次回は、「第22回キャリコン2級 実技面接対策 配布ケース④パート5後編へ続きます。 

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

個別レッスンのご予約はこちらから 

受講生ファーストでレッスンさせて頂きます! 

www.careerlife.jp

 

論述・実技面接対策テキスト販売中

キャリコン2級検定試験対策のテキストも販売しています。

ご興味のある方、お待ちしております!  

キャリコン2級テキスト販売中 カテゴリーの記事一覧 - 勇気が出る!『キャリア・ライフ』の自己研鑽カレッジ

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved