キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


第22回キャリコン2級 実技面接対策 配布ケース①パート4まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座の個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。  

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、実技面接試験出題のロールプレイを実施し、逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルやカウンセリング技法などの確認を行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

第23回検定の「合格に向けて、文字に起こされた逐語録を見て分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、指導者としての力を蓄えるチャンスとして役立てております。 

キャリコン2級を受験される方は、こういったロールプレイを徹底的に練習されると思いますが、その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、試験対策講座の講師にその場で指導を受けてはいても、文章に起こして振り返った経験は少ないのではないでしょうか? 

実際、逐語録に起こしてみるとカウンセリング傾向はもちろん、同じことを何回も言っていたり、ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

また、マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェックシステマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるかなど、その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、結局ロールプレイの内容を端的に指摘されているだけなので真のスキルアップが難しいと思いませんか? 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、試験やコミュニケーションなどのお役に立ててもらえたら幸いです。 

そして、そんな細かなスキルまでフォローして成長に貢献していくのが弊社の試験対策講座です!ご興味ある方は是非、お問い合わせくださいm(_ _)m

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はホンダさん、CC役はスズキさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。 

では、行ってみましょ~う!!  

相談事例

◆ケース1 ホンダさん 22歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

ホンダです。

CC 1

こんにちは、加藤です。よろしくお願いします。 

 

CL 2

相談なんですけど、私は大学四年で理工学部に在籍していまして今就職活動をしているんですが、周りの友人は研究に関連した企業から内々定をもらっているのに私はあまり興味が持てないんですよ。

CC 2

はい、そうなんですね。

 

CL 3

何に向いているのかよく分からないと思っているうちに時間が経ってしまったんですね。

CC 3

ふむふむ。

 

CL 4

先日指導教員の方から研究補助の仕事の紹介がありまして、面接を受けたんですけどやはり気が進まなくて断ろうかどうか迷っています 。

CC4

う~ん。 

 

CL 5

これからどう就職活動をすればいいのか分からないので今日は相談に来たんです。 

CC5

はい、そうですか。何に興味を持っているか自分ではわからないと思っているうちに時間が過ぎて先生に紹介された仕事も興味が持てない。

 

CL 6

気が進まないんですよね。

CC 6

気が進まない・・それも断ろうかどうか迷っている。

 

CL 7

はい。 

CC 7

それで考えようと思ってこちらに来られたんですね。

 

CL 8

これからどう就職活動すればいいのかなと思いまして・・・

CC 8

うんうん、どう就職活動すればいいか。

 

CL 9

はい。

CC 9

うん、先生から紹介されたお仕事の答えはいつまでに出さないといけないのですか。

 

CL 10

面接を受けてまだ結果が来ていないのでわからないんですけど・・なので内定が出れば返事が必要でしょうし、面接の採否というのは2週間くらいって言ってましたかね。断るのであれば早い方がいいのかなと思っています。 

CC10

うんうん、断ろうかなと断ったほうがいいのかなと。

 

CL 11

そうなんですよ、そこも迷っているんですよね。 

CC 11

うんうん、自分がどうしたいのかなというのは・・・自分でちょっとイメージができていないのかなと。

 

CL 12

どうしたいかですか・・・う~ん、面接の方は気が進まなかったんで受ける受けないっていうところも正直迷いましたけど、指導教員の先生からの紹介だったんで・・まずは受けてみようかなと思って受けたんですよね。

CC 12

う~ん、うん・・・。受けてみてピンとこなかった。

 

~約5分経過~

 

CL 13

やっぱり何に向いているのかよくわからないっていうのがあったんで、実際に研究補助の仕事っていうのをもちろん見学もしましたし、求人票を見たりとか面接で話を聞いたりもしたんですけど・・・ピンとは来なかったんですよね。

CC 13

はい、何に向いているのかわからない。そこは結構引っかかりますよね。 

 

CL 14

はい、3年生の時にインターンシップとか行くじゃないですか・・エントリーシートで自己分析もやったんですけど、興味がどうのこうのとかやるじゃないですか、ああいうのもやったんですけど色々な項目があるじゃないですか・・仕事によって分類されてたりとかありましたけど、なんかしっくり来なかったですね。

CC14

何に向いているのか分からないという状態・・立ち止まっている気持ちを想像してみたんですけど・・・どっちに向いたらいいかわからないという思いなのかなと。

 

CL 15

やっぱり決められないじゃないですか、自分が何をやりたいとか適性って言うんですか・・そういうのがわからないのに仕事始めてもうまくいかないと思うんですよね。

CC 15

うんうん、そうですね。何が向いているかわからない状態で始めるというのは、できる気もしないだろうしそんな感じがしますよね。

 

CL 16

それで仕事を決めるって先々を考えても不安ですし、なんか続くのかなぁとか当然思うし・・どうしたらいいんでしょうかね、そういう時って。

CC 16

う~ん、どうしたらいいかなというところは自分が何に向いているのかわからない、 先生に勧められた仕事も面接を受けてみても適性検査を受けてみてもなんだかしっくりこない、何に向いているのかが自分でしっくりくれば少しは気持ちが前向きになるというかやる気が出ますか?

 

CL 17

そうですね・・・ 

CC 17

まずそこを考えたいと、聞こえるのかなあと思いました。

 

CL 18

なるほどそうか・・・結構それを考えているうちに時間が経ってしまったので、その原因というのが確かに分かるといいのかもしれませんね。

CC 18

何に向いているのかというのを一人で考えて時間が経ってしまったとおっしゃっているけども・・たぶん自分一人でじっくり考えて来られたのかな今まで。

 

~約10分経過~

 

CL 19

インターンシップとか就職支援室の先生とか、そういうところで情報とかは一通りもらったと思うんですよね。求人票とかあるじゃないですか・・・そういうのも見たので・・先生に話をしても就職支援室の先生って就職させたいし、分からなくてもまず色々行ってみなよとかそういうことも言われましたし。

CC 19

色々アドバイスをもらったり。

 

CL 20

アドバイスはもらったけどそこが明確になっていないのに選べないなーって思ってしまったし・・・ 

CC 20

うんうん、何がやりたいのか向いているのかというのは大きな問題ですね。

 

CL 21

そうですね、はい。

CC 21

何に向いているのか何がやりたいのかとても重要なことだと思うので。なんとかすっきりさせたいものですね、そこは。

 

CL22

ありがとうございます、できればスッキリしたいですよね。ずっとすっきりしなかったので。

CC 22

自分なりに考えて来て色々なアドバイスをもらったりしながらでも、何かこうちょっとでもしっくり感覚があったこととか何か思い出せるものは?

 

CL23

インターンシップとかですか?

CC23

・・とか、アルバイトとか・・・

 

CL 24

う~ん、学校の方で研究とか専門的な知識を学んでいるので・・・ただそういうのって結構準備が必要なんですよ研究って。研究補助の仕事なんて特にそうなんですけど、研究結果のデータ分析も当然必要ですし資料の整理とかも大事な仕事じゃないですか。

CC 24

はい。

 

CL 25

ああいう事っていうのはそんなに嫌じゃなかったんですよね・・データ分析とか研究結果をまとめたりする作業ってあるじゃないですか。そこはそんなに違和感なく比較的しっくりきてやってましたかね。

CC 25

うんうんうん・・・他はどうですか。

 

CL 26

他にですか、あとはそうですね・・・ アルバイトも結構色々やっていたんですよ、休みの間とか。カラオケボックスとかお金が良かったので色々やってたんですけど、ああいう接客とかコミュニケーションとったりするじゃないですか・・お客さんと、ああいうことはそんなに抵抗なかったですかね。普段は研究室にこもってることもあるんですけど、人と話したりすると結構気が紛れたりするんで。

CC 26

うんうん。

 

CL 27

お客さんに接客を褒められたりとかノリのいいお客さんとかいるじゃないですか、そういうお客さんと話してるのは楽しかったですけど。

CC 27

アルバイトではお客さんとのやり取りに楽しさを感じたと。

 

CL 28

しっくりというのはよくわからないですけど楽しくはやってました。 

CC 28

・・・。

 

ここで15分経過しましたので一旦終了してフィードバックを実施しました。

 

おわりに

「第22回キャリコン2級 実技面接対策 配布ケース①パート4まとめは如何でしたか。  

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、2級検定合格へのフィードバックやアドバイスを行いますでしょうか?

学生支援のキャリアコンサルティングで求められていることは何か?大切なことは何か・・・就職活動というのは色々と考えさせられるテーマだと思います。

今回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。   

www.careerlife.jp 

キャリアコンサルティングのアプローチは無限に視点があるので難しいですが、2級検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけですから、押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは必ず一定値存在するはずです。 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろんですが、一発勝負である本番の実技面接で人間相手に実践するスキルも必要です。 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、とある日の、ある一定のキャリコンスキルを点で見ているに過ぎませんが、 その一方で、少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?目標設定は?方策の実行は?

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して相談者が気付いていない問題点をCCとしての見地から見立てていきましょう。

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m  

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

もちろん、自分が本当はどうしたいのか分からない方、転職相談や就職相談、客観的に自己分析を知りたい方など、キャリア相談もこちらまで!

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】  

www.careerlife.jp

 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、

合わせてお読み頂けると役に立ちますし大変ありがたいです。 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved