キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


第22回キャリコン2級検定 実技面接対策講座ロープレケース➂ パート4まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座の個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。 

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、実技面接試験出題の仮想ロールプレイを実施し、逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルやカウンセリング技法などの確認を行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

第23回検定に向けて、文字に起こされた逐語録を見て分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、指導者としての力を蓄えるチャンスとして役立てております。 

さて、キャリコン2級を受験される方は、こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回も言っていたり、ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

また、マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェックシステマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるかなど、その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、確認・改善が難しいのではないでしょうか。 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

そして、そんな細かなスキルまでフォローして成長に貢献していくのが弊社の試験対策講座!

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はサガワさん、CC役はスズキさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。 

では、行ってみましょ~う!!  

相談事例

◆ケース3 サガワさん 34歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

佐川です。

CC 1

こんにちは、キャリアコンサルタントの鈴木と申します。

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

佐川さんこの場所のお席の位置なんかはどうでしょう、お話ししやすい位置になっておりますか?

 

CL 3

普通こんな感じなんですか。

CC 3

そうですね、距離感なんかもリラックスできる形がいいので。

 

CL 4

少しだけ後ろに下がります。 

CC4

はい、ありがとうございます、私はサガワさんに向くような形、動かしてよろしいでしょうか?

 

CL 5

はい。

CC5

それから前もってお話がいっていると思うんですが、今日のお時間は20分ということで私はサガワさんの大切な20分を頂いておりますので、しっかり時間管理をさせていただく意味で時計を見やすい位置に動かしても大丈夫でしょうか?

 

CL 6

はい、わかりました。 

CC 6

それからですね、お話を伺いする中で私からも質問をさせていただくことがあるかと思うんですが、もし言いにくいことがあれば是非そうおっしゃってください。

 

CL 7

はい。

CC 7

もし相談内容が時間で終わらなければ、佐川さんが望んでいただければ、次回お約束していただくこともできますので、どうぞリラックスしてお話しいただけたらと思います。それでは佐川さん改めて本日のご相談内容をお伺いできますでしょうか。

 

CL 8

私は今、電気メーカーに総合職で入社して12年間勤務しています。同じ会社で働いている夫が転勤することになりまして、最初は単身赴任をしてもらうことも考えましたけど、子供が欲しいと思っていますので自分がやめようと思いまして上司に相談したんですね。 

CC 8

はい。

 

CL 9

そうしましたら今まで頑張ってきたのにもったいないと、辞める選択しかないのかと引き止められてしまったんですね。 

CC 9

ええ、ええ。

 

CL 10

一旦は決心したつもりでしたがどうするべきなのか迷っていまして、ちょっと相談に伺ったんですけども。

CC10

そうなんですか、同じ会社のご主人が転勤になったということで、一旦はやめてついていこうということで・・・お子様が欲しいと思われているということで一旦は決心されたと。それを上司におっしゃったらやめるという選択肢しかないのかと止められたということですよね?

 

CL 11

ああ、引き止められたということです。

CC 11

迷ってしまって方向性について悩んでいられるということですよね、それでは気持ちを一つ一つ解決に向けて整理させて頂きたいと思うんですが、まずご主人の転勤について行くからやめるということを上司におっしゃった時のお気持ちについてお伺いしていいですか?

 

CL 12

やっぱりやめるって言うことに関しては夫とも相談しまして、前々から夫は子供が欲しいと言っていましたし、単身赴任すると難しくなるのかなと相談しまして、やめたいと言うか、やめなくちゃいけないのかなということで上司に相談したんですよね。

CC 12

はい。

 

CL 13

結果的には引き止められてしまって1度は決心したんですけど、そこで決心が鈍っていましてちょっと複雑な思いと言うか、どうしたらいいのかというのが正直なところなんです。

CC 13

決心が鈍ってということなんですが、もう少し詳しく教えて頂いていいですか?

 

CL 14

え~・・・やはり上司にそう言われるともったいないのかなと、今まで頑張ってきましたしそういうことを思い返しながら、そうすると自分の中でも仕事が嫌だとかそういうわけではないので、期待とか評価そういったことを考えるともったいないなと、確かに辞めるという選択肢しかないんだろうかとそういったところがあったんじゃないかと思いますね。

CC14

そうなんですね、今まで頑張って来てらっしゃって期待とか評価を考えてもったいないと思われると。

 

~約5分経過~

 

CL 15

正直そういうところはありますね。

CC 15

うんうん、もったいないと思われる気持ちの中身なんですが具体的に教えていただけますか?

 

CL 16

もったいないですか・・・

CC 16

期待とか評価とか頑張りとかですね。

 

CL 17

私は総合職で就職したんですよ。それでずっと本社にいまして評価もそれなりに得て経営管理部の方に働いているんですけど・・・ 

CC 17

経営管理部ですね。

 

CL 18

はい、ですから管理部に来て8年目ですね。まあ出世としては良い方なんですよね、他と比べても・・・そういう評価っていうのもあるし女性管理職っていうのが徐々に増えてきたんですよ。会社の方でも少しずつホストが出来てきまして上司としてもそういうところに期待しているっていうところがあったので・・・そういうの聞くともったいないのかなと思いますよね。

CC 18

そうなんですね、経営管理部におられて本社の中核みたいなポジションなんですかね。

 

CL 19

まあ経営管理部ですから。

CC 19

それと女性管理職が増えてきて、上司の方のお話では女性管理職になるべき逸材だということで佐川さん思われているんでしょうかね?

 

CL 20

そういうのは期待しているとは言ってましたね。

CC 20

期待していると。

 

CL 21

女性はまだリタイヤして行く人も多いんで残念なんじゃないですか、 育ってきた部下が辞めるというのは。 

CC 21

残念だと上司も思われると。

 

CL22

そう思うんですけどね。 

CC 22

上司としては管理職を目指して期待をしていたし、頑張って欲しいと思れているわけですよね。

 

CL23

そんな気はしますね。

CC23

佐川さんはご主人の転勤がなければ、自分のこれからのキャリアビジョンを女性管理職のお話を伺いましたけど、どのように思っていたのか、思ってらっしゃるのかですね、お話ししていただいてもいいですか?

 

CL 24

あ~、転勤がなければ本社の方でこのままキャリアを歩んでいったと思うんで、今は経理部の方にいるので後々は人事や労務とか、生産管理というよりは人事の方に行くのかなーと・・そこで課長とか部長とかキャリアなりポジションを狙っていくのかなと思っていました。 

CC 24

うんうん。

 

CL 25

でも具体的にというよりは上司は課長なので、課長と目標管理の話をしながらとか、普段の仕事の話をしながら進めていってくれていたので、そのおかげでここまでこれたっていうこともありますよね。今後も同じように上司とか先輩についていくという形でなんとかやっていければなと思っています。

CC 25

上司とか先輩の後押しもあって、ご自身もこれから人事部とか経験されて課長部長という風にこれからのキャリアビジョンということで、目標を持って頑張ってこられたということなんですよね?

 

~約10分経過~

 

CL 26

そういうのを改めて気づいたと言うか・・・ 

CC 26

そうなんですね、ご主人の転勤で佐川さんのこれからのキャリアプランを含めてどういう風なお話を、お子さんがということを冒頭に言っていただけましたけども、どういう風なお話をされて決心なさったのか、やめるということになったのか差し支えなければ教えていただけますか?

 

CL 27

夫とは結婚して7年経つんですけど、なかなか子供に恵まれなくて夫が転勤すると会える 時間も減るので、私も34ですから出来れば早めに欲しいなと思っていたので・・・やっぱそこですよね。そういう話が出ると私もちょっと申し訳ないなと思うじゃないですか。

CC 27

う~ん、なるほど。ご自身の年齢は34歳でご主人のお子さんがというお気持ちも強いし、佐川さん自身もどうなんでしょうかね・・これからキャリアプランの話をして頂きましたけどライフキャリアプランということでどういう風に抱いてらっしゃったんでしょうか?

 

CL 28

ライフキャリアプランですか・・・仕事も忙しかったですからね。私も夫も帰りも遅いし休みも結構すれ違いだったんで・・・そんなに具体的にはなかったですね。 

CC 28

じゃあすごく順調なキャリアパスで頑張ってこられたんですけども、期待もあるということをご主人にお話しされましたか?

 

CL 29

夫からすればあまり話じゃないかなと思いましたんで言いませんでしたね。

CC 29

まだお話しされていない、上司からの話もご主人には話されていないということですか?

 

CL 30

夫の転勤先が地方なのでどちらかと言うと飛ばされる感じなんですよ・・・。 

CC 30

そうなんですか。

 

CL 31

私だけ必要とされて夫はどちらかと言うと必要とされていないという評価なので・・・ 

CC 31

そうなんですか。

 

CL 32

ちょっと言いづらいんです。

CC 32

そういうご事情でしたか、佐川さんご主人の転勤はいつなんですかね?

 

CL 33

下期に異動なので。 

CC 33

10月ですか?

 

CL 34

はい、8月くらいには引越しとか始めないとですよね、九州なので・・・時期的にはそのぐらいになりますね。まだ海外じゃなくて良かったですけど。

CC 34

佐川さんがついていかれるの決められるのはどうなんでしょうか?

 

CL 35

ついていかれる云々決められるというのは?

CC 35

時期的に。

CL 36

私の時期的にということですか? 

CC 36

決められるというのは?

 

CL37

私が辞めると夫は思っていると思うんですよ。だから一緒に行く時に行くと思っていました、まだ言えていないんですけど・・・もう準備は始めなくちゃですよね 。そんな感じなんで結構追い詰められちゃってます。

CC37

追い詰められている、今佐川さん追い詰められているとおっしゃいましたけども、佐川さんとしてはこれまでの頑張りだとか上司からの引き止めにあって、すごいもったいない気持ちで迷っているとかお気持ちを伺ったんですけど、これから今お話しいただいた 上で、どうして行きたいっていうのはご本心をお伺いしてよろしいですか?

 

~約15分経過~

 

CL 38

どうなんですかね、仕事に関しては辞める以外の選択肢というのを考えたいなと一つ思いますし・・、ついて行ったからといって子供ができるかどうかはわからないじゃないですか。?

CC 38

そうですよね。

 

CL 39

実際にどうするんだっていうところもあるし 結構不確定要素も多いので悩みますよね、夫にも相談しづらいし。

CC 39

今悩んでいらっしゃる仕事を続けたいと思われているということで同じ会社だということですよね、ただついて行ってお仕事を辞めずに行く道というのも制度上ありなのかなという情報はどうなんでしょうか?

 

CL 40

地方にですか?総合職なのでそこでコース的にはどうなのか、そこは調べていないですね。どうなるかっていうのはちょっとわからないですけど、ついていけるかどうかも分かりませんし・・・ついていったら私の職責というかどうなるのかもよくわからないです辞めようと思っていたので・・・

CC 40

なるほど今日はもうお時間が残りわずかになってきましたので、今一番佐川さんが望んでらっしゃることとして、迷いの原因なんですけど今までの頑張りキャリアを活かしていきたいということで、お仕事をどれだけ今のキャリアをキープしたままで続けたいと言うことを本心だという風に捉えたんですけどこれは間違いないですか?

 

CL 41

はいそうですね。 

CC 41

なるほど、では上司の引き止めもあるので会社の制度だとか上司にそういう情報は伺っていないように思うので、そういったことを情報収集するというのをまず最初の一歩として進めるというのは いかがですか?

CL 42

情報収集ですか?ついて行くかどうかは微妙なところなんですけど情報収集する意味ってありますか?

CC 42

ついていくかどうかですよね、ご意思を決定する材料として辞めずに仕事を続けるキープしたまま進めていける道がないかということに向けての情報収集をやってみるっていうのはいかがでしょうか?

 

CL 43

あ~、継続ができるようにということですね・・・はいそうですね、それならいいかもしれないです。 

CC43

まずはそれに向けて何かやって行ったらいいと思われますか?

 

CL 44

制度ですよね、人事部の方に確認するとか総合職なので、そこがどうなるかというのは上司に相談に乗ってもらってもいいかなと思いますね。 

CC 44

まず制度上のこともそうですけど引き留めてくださった上司の方がキャリアのことも一番心配されていると思うので・・・ 

 

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1

あなたの考える相談者の問題点は何でしょうか?

CC1

私の考える佐川さんの問題点は、ご自分のライフプランということで子供が結婚されてなかなか授からないのでご主人の望みが大きかったのかもしれないんですけど、一旦は辞められると決心された、ところが上司の引き止めにあってすごく揺らいで迷ってしまうということで、自分の軸というのがはっきり定まっていないように思えるので、その分これからのライフキャリアプランというのがまだ定まっていないことが、一番の問題点だととらえまして、後はご主人の転勤についていく方法とか会社の人事制度のこととかそういう事に対する仕事理解の不足、情報不足による仕事理解不足です。

それから引き止められた上司の方とは子供が欲しいという夫婦間のことを相談に乗ってもらうということができていないということで、コミュニケーション不足が考えられると思いました。

 

SIK2

次回の相談機会があればどのような方策を実施したいと考えますか。

CC 2

この人の一番の要望と致しまして仕事を辞めたくないという本音を言ってきたので、それと総合職であるキャリアパスを生かしたい、継続したいと思われているので、それをできるだけ満たすということを一緒に検討していくという意味では、人事制度だとか上司の方に相談してみるというのが最初にやってみることだという風なことで、それはできそうだと合意いただけたので情報収集してきた中身を一緒に検討しながら、進む道を一緒に検討していきたいと、継続して意思決定支援をやりたいと思います。

 

SIK 3

クライエントとのリレーションはどのようにしましたか

CC 3

まずは迷う気持ち、それから今まで築いてきたキャリアについてもったいないという気持ちを傾聴して寄り添ったということで関係構築いたしまして、後は本当はどうしたいということだとか、それに向けて何ができるかということで意図的な問いかけをすることによって、ご自身が本当にやりたいことに向けて情報を収集していくという目標の合意まで出来たということで、信頼関係ができたことでもう一歩前に進めたのだと思います。

 

 SIK 4

今何をやりたかったのか、これから何をしたかったのか、どのように考えますか。

 CC 4

今は迷う気持ちと自分のキャリアをもったいなく思う気持ちのことをしっかり寄り添って 大事に考えてそれにと努めました。これからどうしたいのかと言う事に関しては、やはり意思決定に向けて前に進んでいかいただかないといけないので、本当に望んでいることまでは本音の部分ということでお聞きすることができたので、信頼関係ができてお聞きすることができたので、それに向けて何ができるかということでこれもご本人の口から情報収集ができそうだと言うことなので、情報収集をまずはして頂いてそれを一つずつ洗い出して解決に向けて一個一個を検討していきたいということで、ご自身の要望に沿った形で仕事を継続しながら旦那さんと分かり合えてということの解決に向けて前に進めるよう一緒に検討していきたいと思います。

 

 SIK 5

はい、ではお疲れ様でした 

CC 5

ありがとうございました。

 

 

おわりに

「第22回キャリコン2級検定 実技面接対策ロープレケース➂ パート4まとめは如何でしたか。  

さて、皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、フィードバックやアドバイスを行うでしょう?

企業分野のキャリアコンサルティングで求められていることは何でしょうか?職業能力開発や職業生活設計を支援する上で大切なことは何か・・・ワークライフバランスも含めて色々と考えさせられるテーマだと思います。

今回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。   

www.careerlife.jp 

キャリアコンサルティングのアプローチは無限に視点があるので難しいですが、2級検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけですから、押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは必ず一定値存在するはずです。 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろんですが、一発勝負である本番の実技面接で人間相手に実践するスキルも必要です。 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、とある日の、ある一定のキャリコンスキルを点で見ているに過ぎませんが、 その一方で、少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?目標設定は?方策の実行は?

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して相談者が気付いていない問題点をCCとしての見地から見立てていきましょう。

 

 

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

もちろん、自分が本当はどうしたいのか分からない方、転職相談や就職相談、客観的に自己分析を知りたい方など、キャリア相談もこちらまで!

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】  

www.careerlife.jp

 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、

合わせてお読み頂けると役に立ちますし大変ありがたいです。 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved