キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


第22回キャリコン2級検定 実技面接対策講座ロープレケース④ パート2まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

今回の記事はキャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座の個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。 

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、実技面接試験出題の仮想ロールプレイを実施し、逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルやカウンセリング技法などの確認を行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

第23回検定に向けて、文字に起こされた逐語録を見て分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、指導者としての力を蓄えるチャンスとして役立てております。 

さて、キャリコン2級を受験される方は、こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

実際、逐語録に起こしてみると同じことを何回も言っていたり、ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

また、マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェックシステマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるかなど、その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、確認・改善が難しいのではないでしょうか。 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

そして、そんな細かなスキルまでフォローして受講生の合格と成長に貢献していくのが弊社の試験対策講座です!

試験対策講座後の評価点「ビフォーアフター」はこちら!

キャリコン技能検定 合格発表結果分析 カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

信頼できる「お客様の声」はこちら!

合格体験記(合格者様の声) カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

※上記を実現可能にした試験対策講座、個別レッスンのお問い合わせはこちらからお願い致しますm(_ _)m

 

CL役はヤマモトさん、CC役はスズキさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。 

では、行ってみましょ~う!!  

相談事例

◆ケース4 ヤマモトさん 55歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

山本と申します。

CC 1

山本さんですね、今日はお越しいただいてありがとうございます。

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

よろしくお願いします、事前説明はお分かりになりましたか?

 

CL 3

大丈夫ですよ、守秘義務と時間の件ですよね。 

CC 3

はい、時間は20分なんですが精一杯お話を伺いますので、時間が過ぎた場合は次回のお約束もできますので 。

 

CL 4

あーそうですか 。

CC4

遠慮なくお申し付けください。

 

CL 5

ありがとうございます。

CC5

それから山本さんのことをより理解するために私からもご質問等させていただきます、話しにくいこともあるかと思いますが何なりとお申し付けくださればと思います。

 

CL 6

はい、わかりました。

CC 6

では今日のご相談内容をお聞かせください。

 

CL 7

あのー今会社に勤めて32年目になるんですけど。

CC 7

32年目になるんですね。

 

CL 8

はい、ここ何年もですね仕事が面白くないんですよ・・・。 

CC 8

仕事が面白くない。

 

CL 9

先が見えてるように感じまして退職しようと考え始めたんですね。 

CC 9

退職しようと。

 

CL 10

今だったら会社の早期退職支援制度っていうのがありまして、それを使うと特別退職金というのが支給されるようなんですね。

CC10

ええ、ええ。

 

CL 11

それで思い切って妻に話してみたんですけど反対されてしまってですね。

CC 11

反対されてしまって。

 

CL 12

今後の仕事のこととか生活について今日は相談したいと思いまして。

CC 12

そうですか、山本さんはこのところ仕事が面白くなくて先が見えてきたと感じていらっしゃる。

 

CL 13

ええ。 

CC 13

早期退職支援制度ですか特別退職金が出るということで、その話を奥様にご相談されたら反対されてしまって今後の生活とかお仕事についてどうすればいいのかというご相談でよろしいですか?

 

CL 14

そうですね、仕事とか生活のことについてですね。

CC14

色々とお考えになってることがあると思うんですけど、まず率直なお気持ちと言うか聞かせていただけますか?

 

CL 15

辞めようかなと自分では考えたんですけど妻には強く反対されてしまったので、そこまで反対されるとはあまり思ってなかったこともあって今後の生活を含めて考えていかなきゃいけないなっていうのは自分で思ったんですよね。

CC 15

奥様がそんなに反対されるとは思っていなかった?

 

CL 16

多少は反対されるかなと思ったんですけど、絶対それはやめてくれみたいな感じでしたんで、改めて家庭の事はみんな妻に任せてましたから仕事と生活の面でいうと両方考えていかなきゃいけないんだなと。

CC 16

仕事と生活のことを考えていかなければいけないと思ったんですね。

 

CL 17

私の考えが浅かったのかなと思いました。

CC 17

奥様にはどのようにお話しされたんですか?

 

CL 18

やはり早期退職支援制度ですと定年まで働いた満額の退職金が私は今55なんですけど55歳でも出るってやつなんです。5年分の退職金が加味された金額が出ますので、そういう意味では損はないので使えるなら使って仕事も面白くないって思っていたので、よかったなって思っていたので・・・そんな話をしたら反対されたんですよね。 

CC 18

5年分の上増しで退職金が出ると。

 

CL 19

はい5年、上増しされて出るっていう制度なんでそれで満額もらえればある程度先々の事も大丈夫かなと思ったんですけど。

CC 19

山本さんの方では金額を計算されて奥様に相談されたということですか?

 

~約5分経過~

 

CL 20

そうですね、生活費なんて実際よく分かっていないですし、六十歳までの退職金が出れば今までの貯蓄も含めて大丈夫かなというのは妻とも話したことがあったので・・ただ5年退職が早まるのでそれまでどうするのっていうところでそこまでは計算してなかったので。

CC 20

じゃあ奥様が今辞めると5年間どうするのっていうお気持ちがお有りなんでしょうね。

 

CL 21

再就職で何とかまかなえるのかなと・・私も安易だったんですけど。 

CC 21

あ、じゃあ再就職でまかなえるかなと思っていたけども、やっぱりご自身でもちょっと甘かったかなと?

 

CL22

そうですね、ちょっと見通しは甘かったかもしれません、あんな反対されるとね。 

CC 22

かなり反対されたようですけども、お仕事を辞めたいというふうにおっしゃっていたんですけども、お仕事に対するお気持ちをお聞かせいただけますか?

 

CL23

うちの会社は比較的大手の精密機器のメーカーでして、私は技術職なのでどちらかというと専門職みたいな扱いで今までもやってきまして・・現場一筋と言いますか、現場の主任や係長を務めて50過ぎてからは後任の育成とかそういった形でやってきました。ただ50歳を過ぎると早期退職をしていく同僚も 多くなりますし、海外工場への移転も多いんですよ。 

CC23

そうですよね。

 

CL 24

そちらの方が経費が安いし海外赴任が増えたりとか、そうすると人も入れ替わりで話す人もいなくなったりとか自分も先が見えたなあと感じますね。 

CC 24

そうですか・・・周りの方達も辞めていって海外工場ですよね。

 

CL 25

そちらに行きたい人は希望で行ったりもしますし、または早期退職してる人もいますし技術職ですと管理部のようなマネジメント業務に行くというのはなかなか難しいので。 

CC 25

幹部は難しいんですね。

 

CL 26

総合職の方達ですよね、先々のことも考えるとこの職場だとここが限界なんで、そうするとやりがいみたいなのも感じませんし先が見えたなって感じますね。

CC 26

技術職でやってこられたんで、この先上に上がることもないしそういう感じですかね。

 

CL 27

日本で新工場なんていうのもありえないですし、海外赴任っていうのも個人的にはパッとしないっていうかあんまり行こうと思わないので。

CC 27

早期退職制度を使って退職された方達とかって 周りにいらっしゃいますか?

 

CL 28

いますいます。他の工場の下請けに行った人もいますし、うちは大手だから比較的就職先はあるんですけど、技術職だった人が多いんで他の下請け企業に行っても任されるところが管理部門って言うんですか・・そういうところだったりとか工場の主任さんとか行っている人は見てるんですけど、聞いてみるとあまり良くないみたいで待遇面はもちろん落ちますし、作業が変わるので外国人人材も多いし、外国人が多い所で管理も行っているので結構大変らしいんですよね管理するのも。

CC 28

ええ、ええ。

 

CL 29

だから結局、早期退職しても苦労しているんだなっていうのは思います。

CC 29

早期退職しても色々な工場に行っても苦労している方を見ていらっしゃるんですね。

 

~約10分経過~

 

CL 30

やっぱり人が少ない雇用の問題とか技術職でやっているのと人を使うのはまた違うみたいですね。

CC 30

技術職で長くやっていらっしゃったのでこれから先が見えたっておっしゃってましたけどどうやって行こうかというところですよね。

 

CL 31

そうですね、辞めるにしても選択肢がそんな感じですと大変なんだなとか・・・ただ、今の仕事もやりがいを感じないしどうしたらいいのかなと思いますね。 

CC 31

今の仕事もやりがいを感じないし、再就職も大変だし迷うところですよね。

 

CL 32

はい。 

CC 32

じゃあちょっとお話を整理したいんですけども、山本さん32年目っておっしゃってましたっけ。

 

CL 33

32年目になりますね。

CC 33

技術職でずっとやって来られて会社にいても先が見えないなと気持ちがあって、早期退職支援制度と特別退職金があって退職しようかと思い奥様に相談されたけども大反対されたと。

 

CL 34

結構反対されちゃいましたね。

CC 34

ええ、ご自身でも考えが甘かったと反省される点もあって、今後のライフプランについて考えたいということでここまではよろしいですか?

 

CL 35

う~ん、そうだなあライフプランと、あと仕事の面でしょうか、辞められないっていう可能性もあるんで。

CC 35

辞められないと。

CL 36

やりがいもありませんし、かといって退職も難しいし、再就職も大変そうだしという点で悩みますね。

CC 36

まあいろいろ悩みますよね。他に何かお話が足りていないところはありますか?

CL37

そうですね、先ほど海外赴任の話をしたと思うんですけど うちは子供が二人いまして一人が21歳の男の子で下の子は18歳の男の子なんですね。 

CC37

はい。

 

CL 38

それで18歳の男の子の方が少し引きこもりみたいな感じになってまして、家族のところから離れるのが心配なんですよね。

CC 38

ええ、ええ。

 

CL 39

それなんで海外赴任は気が進まない所があって、下の子は今後どうするのかとか家族的な悩みもあるものですから・・・そういったところも離れられない心配な点と言うか、かといって安易に退職できないなと、その点でもありますのでそういう家族の問題っていうのもあります。 

CC 39

お子さんがそういう事でしたらちょっと離れないでと思いますよね。

 

CL 40

今色々と社会問題になっているじゃないですか、引きこもりとかもニュースなんか見てると、私はずっと子供の面倒なんかを見れなかったんで・・仕事が忙しくて残業とかでですね。そういう面で家族との時間、ワークライフバランスって言うんですか、セカンドキャリアに向けて考えていかなきゃいけないなと思ってます。 

CC 40

そうでしたか、ご家族も含めて山本さんご自身のセカンドキャリアについても考えていきたいということで。

 

CL 41

妻にも苦労をかけたなと改めて思いますので。

CC 41

じゃあそうですね、ご家族のことも考えながらご自身のセカンドキャリアも考えていくということを目標として考えていきたいんですが。

CL 42

できればバランスを取りながら家族のことも考えて行くことは妻に反対されて気づいたので、そういう所も大事かなと思いますのでよろしくお願いします。 

CC 42

はい、じゃあ奥様に反対されてお気づきの点もあるということですね。

 

CL 43

真剣にそう言ってくれるって言うのは何かあるんでしょうから、それは真摯に受け止めてますけど。

CC43

真摯に受け止めてらっしゃるんですね。まず山本さんご自身でこうやって行こうですとかやるべき事っていうのはありますか?

 

CL 44

今回、退職金のお金の面の話でしたからお金の面で先々のことまで計画を立てて行かなきゃいけないのかなとかそれは今思っています。

CC 44

お金の面で計画を立てていくということですよね。

 

~約15分経過~

 

CL 45

はい、ただそういう家計簿って言うんですか私は分かりませんし、実際よく分からないんでどういう風にプランニングを立てていいか分からないんですよね。

CC 45

どういう風に立てていくかということですか、例えば家計簿などで何にどのくらいかかるかということですよね?

 

CL 46

そうです。 

CC 46

そういったものはどなたが把握されてますか?

 

CL 47

主に妻ですね。 

CC 47

どうですか、奥様にお伺いしながら一緒に計画を資金とか。プランですとお子さんの学費とかまだかかると思いますし、ご相談しながらいくらかかるのかということを相談してみるというのはどうですか?

 

CL 48

あーそうですよね。確かにその通りなんですけど、この前反対された時に大喧嘩してしまいましてね・・・取っ掛かりがないとと思っているんですよね。

CC48

そうですね喧嘩されてしまったんですね。奥様はどう思っていらっしゃるんですかね。

 

CL 49

まあ心配しているんじゃないですか、その後あまり会話もしていませんし。 

CC 49

やっぱりいきなり辞めてしまうと言われてびっくりされたんじゃないですかね。

 

CL 50

そうですよね、確かに驚いたかもしれませんね。 

CC50

どんな風にお話をしたら奥様お話を聞いてくれそうですか?

 

CL 51

子供のこともあるし、退職に関しては冷静に考えていく必要があるかなと話せばいいんですかね・・・そういったところを今後も含めて先々のことをやっていきたいという話で言えば大丈夫かなと思うんですけど。

CC 51

そうですか、じゃあそのように考えていらっしゃるようなので、私も奥様が資金面を握っていらっしゃいますので奥様とご相談しながらプランを立ててみて、これから先、山本さんご自身もセカンドキャリアを通していくかということを考えていけると思うんですよ。

 

CL 52

そうですね、それからの方がいいかもしれませんね。わかりました。 

CC 52

どうですか、ご相談出来そうですか?

 

CL53

ちょっと先ほどの内容で話してみたいと思いますので。

CC53

今日はあまり時間がないのですが、もう一つお話ししておきたいなということがありまして早期退職支援制度のことなんですが、山本さんの周りにも退職された方や再就職された方が居て、ご覧になっているようなんですけども 再就職って簡単にできるものでもないと思いますし、今日はお時間がないんですが次回マネープラン等を踏まえて山本さんが例えばこれから退職してどうやってセカンドキャリア選んでいたということも一緒に考えていきたいと思いますがどうですか?

 

CL 54

ありがとうございます、働き方についても悩んではいるので引き続きその辺も再就職した方から話も聞いたりとか実際どうなのかってのはもうちょっと具体的に聞いたほうがいいと思っています。 

CC 54

では次回までに山本さんの方で奥様とご相談されて、あと再就職された方とかから、お話をされて情報を集めてみるということで是非実行されて・・次回は何時頃がよろしいですか?

 

CL 55

あ~・・・。 

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1

あなたが考える相談者の問題点は何でしょうか。

CC1

はい私が考える相談者の問題点は、早期退職支援制度を使って特別退職金も出るということでお子さんのこととか、ご家族のことなどライフプランといいますかそういったことに対する考えが不足していると思いました。

あとは早期退職制度を使って例えば再就職した場合どうなるかとか、ご自身のセカンドキャリアを通して考えられていないことが問題だと思います

 

SIK2

相談者とのリレーション関係構築はうまくできたと思いますか。 

CC 2

関係構築はできたと思います 、山本さんがどんなことに悩んでいるかということを把握して一緒に目標を立ててこれからやっていきましょうと、一緒に方策を立てて山本さんご自身から奥様と相談してくると、早期退職者の方とか周りの方で皆さんがどのようにセカンドキャリアを歩んで行っているのかということを、聞いていただくことをやってみるという方向で一歩踏み出す姿勢が見えましたので関係構築はできたと思います。

 

SIK 3

先ほどのロールプレイでよかったところと悪かったところを言ってください。

CC 3

はい、良かったところは相談者の方の気持ちを察して、迷った気持ちと奥様に反対されてどうしようかという気持ちに寄り添いながら、相談者の方がどうしていきたいのかということをお伺いして気持ちに寄り添いながらお話を伺えたのは良かったと思います。

改善点は・・・・・方策を考えていくところで、私の方からこうしたらいかがですかという提案を投げかけてしまったので、もう少し相談者の方に考えていくいただく時間をとって頂いた方が良かったと思います。

SIK 4

どのような方策を考えていてどのように実施したいと考えていますか。

CC 4

奥様とマネープランについてご相談していただくことをお約束しましたので、それを元にご自身のセカンドキャリアをどのようにしていきたいのかというところを踏まえながら、これからセカンドキャリアについて一緒に計画していければと思います。 

 

SIK 5

はい、以上で口頭試問を終わります、お疲れ様でした。

CC 5

ありがとうございました。 

 

おわりに

「第22回キャリコン2級検定 実技面接対策ロープレケース④ パート2まとめは如何でしたか。  

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、フィードバックやアドバイスを行いますでしょうか?

中高年のキャリアコンサルティングで求められていることは何でしょうか?職業生活設計を支援する上で大切なことは何か・・・セカンドキャリアも含めて色々と考えさせられるテーマだと思います。

今回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。   

www.careerlife.jp 

キャリアコンサルティングのアプローチは無限に視点があるので難しいですが、2級検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけですから、押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは必ず一定値存在するはずです。 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろんですが、一発勝負である本番の実技面接で人間相手に実践するスキルも必要です。 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、とある日の、ある一定のキャリコンスキルを点で見ているに過ぎませんが、 その一方で、少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?目標設定は?方策の実行は?

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して相談者が気付いていない問題点をCCとしての見地から見立てていきましょう。

 

 

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

もちろん、自分が本当はどうしたいのか分からない方、転職相談や就職相談、客観的に自己分析を知りたい方など、キャリア相談もこちらまで!

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】  

www.careerlife.jp

 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、

合わせてお読み頂けると役に立ちますし大変ありがたいです。 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved