キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


【個別レッスン逐語録】第22回キャリコン2級検定 ロープレケース④ パート1まとめ

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

今回の記事は第23回キャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座の個別レッスンで実施しているロールプレイの逐語録になります。  

www.careerlife.jp

個別レッスンでは、実技面接試験出題の仮想ロールプレイを実施し、逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルやカウンセリング技法などの確認を行っています。

2級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

第23回検定に向けて、文字に起こされた逐語録を見て分析して勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返ることで、個別レッスンの更なる質の向上はもちろん、指導者としての力を蓄えるチャンスとして役立てております。 

さて、キャリコン2級を受験される方は、こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います! 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞くことや、試験対策講座の先生にその場で指導を受けたりはしていても、文章に起こして振り返った経験は少ないのではありませんか? 

逐語録に起こすの大変ですよね(笑) 

ただ、逐語録に起こしてみると同じことを何回も言っていたり、ご自身の喋り方の癖や偏りがとても良く分かるものです。 

また、マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェックシステマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるかなど、その場のロールプレイや短いフィードバックの指導だけでは、確認・改善が難しいのではないでしょうか。 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

※ロープレ内容につきましては、試験と全く同条件の表示はできませんので、基本情報等は変更している部分もありますが、キャリコンスキルの確認という視点ではそれほど違和感ないかと思います。 

CL役はヤマモトさん、CC役はスズキさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時やコミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。 

では、行ってみましょ~う!! 

 

相談事例

◆ケース4 ヤマモトさん 55歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

山本です 

CC 1

山本さんこんにちは。本日お話をお伺いする鈴木と申します、今日はよろしくお願いいたします。

 

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

雨の中ご足労頂きましてありがとうございます。

 

 CL 3

とんでもないです。

 CC 3

こういうところは山本さん初めてですか。

 

 CL 4

そうですね、会社外でこういうのは初めてだと思います。

CC4

本当ですか、 この場所で面談させていただくんですが、空調だとか席の位置、距離などは大丈夫ですか。

 

CL 5

大丈夫ですよ、聞こえますし。 

CC5

山本さんがリラックスしてお話しできる雰囲気がいいんですが、大丈夫ですか。

 

CL 6

はい、大丈夫だと思います。 

CC 6

私はもう少し山本さんに向くように椅子を動かしてもよろしいでしょうか。

 

 CL 7

どうぞどうぞ。

 CC 7

失礼します、前段にお話が入っていると思うんですが 今日のお時間20分なんです。

貴重な山本さんの時間を頂戴しておりますのでしっかり時間管理させて頂きたいので時計を見やすい位置に動かしてもよろしいですか。

 

 CL 8

はい。 

 CC 8

2点だけ先にお断りさせて頂きますがよろしいですか 。

 

 CL 9

はい。 

 CC 9

お話をお伺いする中で私からも質問させていただくことがあるかと思うんです。

その中で言いにくいこととかあれば、どうぞ遠慮なくそうおっしゃってください。

それから今日ご相談内容が終わらなければヤマモトさんがお望みいただければ、また次回のお約束をさせて頂きますので、そのつもりでリラックスなさってお話しいただければと思います。



 CL 10

 ありがとうございます。

CC10

よろしくお願いいたします、それでは本日のご相談をお伺いできますか。

 

 CL 11

今の会社に勤めて32年目になりますが、ここ何年もですね・・・仕事が面白くないんですね。先が見えているように感じまして 退職しようと考え始めています。

CC 11

はい。

 

 CL 12

早期退職支援制度を使えば特別退職金も支給されるようなので、思い切って妻に話をしてみたところ反対をされてしまったんですよ 。

CC 12

あ~。 

 

CL 13

今後の仕事のことと生活について相談できるということで、今日は伺ってみたんですけれども・・・ 

 CC 13

そうですか・・・お悩みのところお越しいただきましてありがとうございます。

 

 CL 14

よろしくお願いします。

CC14

山本さんはここ何年間か仕事が面白くないと、お感じになっているんですよね。

先が見えてきたということで会社を辞めようかとお気持ちになれたと。

 

 CL 15

そうなんですよね。 

 CC 15

それで会社の方で早期退職支援制度ですか、そちらを利用されてという風に思われたと。 それで奥様に相談なさったら反対されたということで、今後のお仕事と生活についてのご相談ということで間違いありませんか。

 

 CL 16

はい。 

 CC 16

いくつかのことでお悩みだと思うんですが、一つ一つ整理させていただく意味でお話を伺いしたいんですが、仕事が面白くないということなんですがきっかけとなるようなこととかはあったんでしょうか。

 

 CL 17

仕事が面白くないというのはここ数年が特に面白く感じないんですけど・・・、色々な要因があるとは思うんですけどね。

仕事自体もそうだし環境の変化もありますし、勤務して長いものですから。

そういう長い勤務ならではのものもあるかもしれないですね。

具体的なきっかけと言われるとちょっと難しいんですけど 色々なことが積み重なって面白くないという感じです。

 CC 17

環境の変化とか長年のこととか色々なことが積み重なってということですよね。

 

 CL 18

そうですね、一言では言い表せない感じなんですけど。 

 CC 18

面白くないお気持ちについてどういうことなのか詳しくお伺いできますか。



CL 19

あ~・・・さきが見えてるように感じるんですよね。このままこの会社にいてもしょうがないんじゃないかと、そういうことで退職についても考え始めましたので。

CC 19

先が見えてきた、このまま会社にいてもしょうがないという風に。

そこらあたりの先が見えてきた会社にいても仕方がないということを言われているんでしょうか、詳しくお伺いできますか。

 

~約5分経過~

 

 CL 20

ということを言われているって何でしょうか?

CC 20

どういうお気持ちかその気持ちを。 

 

 CL 21

そうですね・・・先が見えている気持ちでしょうか?他にですか・・・? 

 CC 21

あ、じゃあこの会社にいても仕方がないというふうなことをどういう風なことで仕方がないと思われるのか。

 

 CL22

あ~・・・はい。そうですね、私も55ですから、これ以降居ても役職が望めるわけでもないですし、収入面もはっきり言って56になれば今より下がると思うんですよ。

役職も外れるでしょうし、最悪、出向だとか転籍で違うグループ会社に飛ばされるとかそういう形なので先が見えていると思いますね。

CC 22

もう55歳というご年齢で役職定年とかがあって、このまま会社にいても出向とか転籍ということもありということをご不安になさっている。

 

CL23

不安というか先が見えてるように感じますよね。 

CC23

早期退職支援制度ということで先ほど退職金については優遇されていると言うことを言って見えたと思うんですが、他の優遇制度というのはどういうものがあるんですか。

 

 CL 24

あと再就職支援とかです。 

 CC 24

再就職について支援があるということなんですね。

 

 CL 25

 はい。

 CC 25

その受けようかと思っている退職支援制度ですね、それはいつまでに決めなくてはいけないという期限はどうなんでしょうか。

 

 CL 26

今年度中なんで来年の3月までなんですけど、申請なんかを出す手間を考えると1月中くらいまででしょうか 。

CC 26

うんうん、そうなんですね。1月中ということでまだ色々検討するお時間がありますよね。

 

 CL 27

そうですね、はい。 

 CC 27

その中身で特に魅力を感じられたところは、いいなと思われたところはどういうところか教えていただけますか。

 

 CL 28

 いいなあと思ったのは、今辞めても特別退職金の方が優遇措置があるので定年の満額がもらえるというところでしょうか。

 CC 28

満額の退職金があるというところで。

 

 CL 29

はい、後は先ほど言った再就職支援が受けられるとかなと・・・そういう再就職支援会社に委託してるみたいなんですけど。

 CC 29

そういう委託会社があるんですね 、それを奥様におっしゃったら反対されたという風に伺ってどういうお話をされたか差し支えなければお伺いできますか。

 

 CL 30

妻には本当に仕事が面白くないですし、この先も見えているというところを話しまして正直会社を辞めたいんだという話をしました。

まあ長く居た会社でしたからそれなりの思いもちょっとあるんですけど、自分もこのままやっていくのはきついなと伝えたつもりだったんですが、妻からしてみれば定年までその会社にいて欲しいと。

今、再就職とか退職になれば特別退職金が貰えるとしてもやっぱり老後資金ですとか、生活資金に関して不安だと。 

 CC 30

はい。

 

~約10分経過~

 

 CL 31

まあそういうところで反対されたんですよね。 

 CC 31

そうなんですね、生活資金面でのご心配ということで定年まで会社にいて欲しいというふうなことを言われたと。

山本さんそれを聞いてどのようにお感じになったんですか。

 

 CL 32

う~ん・・・やはり長年勤めてきましたから、お金の問題も当然わかるんですが少しそういう気持ちも汲んでくれてもいいんじゃないかなと。

そういうふうには感じましたね。 

 CC 32

そうなんですね、奥様がおっしゃるお金の問題とか分かるけど、今の辛いお気持ちもわかってほしかったということですね。

 

 CL 33

はい。

 CC 33

 今の話からすると辛いお気持ちについては、奥様のお話ではどういう風におっしゃったんですか。

 

 CL 34

う~ん・・・。やっぱり仕事が面白くないというところでしょうか。

あと収入に関しては結局下がるわけですから、退職した方がいいんじゃないかなと話をしましたね。

CC 34

その辛いお気持ちについて奥様からのアドバイスというのは何かどうですかなかったんでしょうか。 

 

 CL 35

まあそうですね。アドバイスというよりは子供がまだ家は二人いるんですけど、まだ自立していないものですから・・・男の子なんですけどね。

次男が今18歳なんで大学に行くとして、卒業する頃に定年なのでそこまで頑張ってまずは60までやってみて、そこである程度年金と退職金を合わせて、ある程度もらえる段階で辞めればいいじゃない?とは言っていましたね。

  CC 35

そうなんですね、次男さんが自立されるまでということで、定年まで退職金がもらえるまで頑張って欲しいということなんですよね。

 

 CL 36

はい。 

 CC 36

今までのお話をちょっと確認する意味で整理させて頂いていいですか。

 CL37

はい。 

 CC37

仕事が面白くない状況が続いていらっしゃると、先が見えてきたともお感じになってヤマモトさん自身は退職したいと、それについては早期退職支援制度が会社にあるので、それを利用して退職するというふうなことを、それについては1月いっぱいで申請の結論を出さなければいけないと。

奥様に相談されたらやはり下の子が自立されるまで、マネープランもあって定年まで頑張ってきたから会社に勤めたらということで反対されたと。

 

 CL 38

はい 。

CC 38

ここまでのところ、これで合ってますでしょうか。

 

 CL 39

 大丈夫です。

 CC 39

今お話しいただいて今後の山本さんの望まれる働き方とか生活についてのご相談だったので、ここまでのお話で今思われる今後の望まれる願望としての進め方、どういうことがお話しいただけませんか。

 

 CL 40

願望ですか・・・。 

 CC 40

ご自身がこうあったらいいなと。 

 

~約15分経過~

 

 CL 41

う~ん・・・、そうですね・・・。会社は やっぱり・・・ちょっと難しいですね。

何でしょうね・・・。まあ退職したいですけど、踏み切るための要素が整理されてない気もするし、妻もそう言ってますから、それを踏み切って退職するとなると悩んじゃうしなあ・・・。どうしたらいいんですかね? 

 CC 41

そうですね、じゃあもうちょっと検討の意味で整理させて頂きたいんですが、会社を退職したいけど奥様を説得される材料というのがまだないという風に思われているんですよね。

 

 CL 42

説得なのかな・・・。説得というよりは妻にも納得してもらった上でとは思いますけど。 

 CC 42

納得していただいて、納得していただくお話の方向性みたいなのがついてくればと。

 

 CL 43

そうですね・・・はい。 

CC43

では奥様に納得して頂けるようなお話の進め方について、一緒に考えていくことを目標にするというのはいかがですか。

 

CL 44

あーそうですね。

 CC 44

何か他に気になっていることなどはございますか。

 

 CL 45

もう一方で仕事はね、やっぱり退職したいという気持ちはあるんでこのままやっていくのもきついなと思うんで、そこも選択というか考えたいですね。 

 CC 45

このままやっていくのはきついということで、面白くないとかきついお気持ち、辛いお気持ちお話しいただきましたもんね。

 

 CL 46

あと5年やるって言うのはちょっと・・・しんどいですね。 

 CC 46

じゃあ会社を辞めてっていうことで、どうしたいっていう風に思ってらっしゃいます? 

 

CL 47

いや別にないんですけどね・・・ただ辞めたいっていうのは強いんです。 

 CC 47

ただ辞めたい、じゃあ何があれば辞められると思われますか。

 

 CL 48

何があれば?まあお金とかですかね。お金の問題ですから。

 CC48

お金の問題。

 

 CL 49

妻が納得するようなこととか安定とかですか。定年までの間、ある程度の生活資金を確保することができればいいんじゃないでしょうか。 

CC 49

そうなんですね、じゃあお金のことはこれからの5年間、それから定年以降はという風なことを中長期でマネープランを考えていくということが一つありますね。

 

 CL 50

そうですね。 

CC50

片方ではお仕事ということで、辞めたら転職されるということ何でしょうか?

 

 CL 51

まあ再就職支援を使うのもそうですし、転職になりますよね辞めるって事は。 

 CC 51

転職で今考えられていることとか、こういうことをやりたいっていう風な情報を教えていただけますか。

 

 CL 52

特にないんですけど。やめたい気持ちばかりが先行してるんで。何かやりたいって言われてもなぁ・・・。 

 CC 52

長年すごく頑張ってこられて、ご自身の自信のあることとか強みとかお持ちだと思うんですけど、今日はお時間の関係でお伺いできないんですが。

やりたいお仕事とかを振り返ってみて、今日もうお時間ありませんので会社の再就職支援のことだとかご自身のやりたいってことをちょっと振り返ってみて考えてみるって事を次回までに持ってきていただくってことを・・・

 

ピピピピピ・・・。  

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。

 

口頭試問

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 

 

SIK1

相談者の相談したい問題点とあなたの考える相談者の問題点は何でしょうか。 

 CC1

山本さんが考えられている問題点は、ここ数年仕事が面白くない、先が見えてきた会社を辞めたいというふうに思われた。それについては会社の早期退職支援制度が使えるので受けたいという風なことで思われて奥様に相談されたら反対されたと。

今後の働き方だからすごく困ってしまわれて今後の働き方及び生活について方向性についてのご相談というふうなことが考えられる問題点だと方向性が見えないということが問題点だと捉えました。

私の考える山本さんの問題点としましては、とにかく今の先が見えないというお気持ちから、今後のライフキャリアプランが見えなくなってらっしゃるというふうなことで、自分の今まで培ってきた強みとか実績・経験というのが今、自己イメージの中で見出せないというふうなことで、今後会社を辞めたいという風なマイナス面だけの自己イメージに捕えられて、今後どう展開して行ったらいいかライフキャリアプランについて一歩踏み出せない状態にあられるという風なことが一番の問題点だと捉えました。

それについてはライフキャリアプランについて奥様の納得するようなご相談ができないという風なことで、奥様との相談コミュニケーション不足。

それから悩める気持ちについても会社の上司だとか同僚とかそういう風なことでちょっとお聞きできなかったたんですけど、ご相談されていない自分一人で抱え込んじゃってる風なところがコミュニケーション不足を含めた情報収集不足。

それから会社を辞めての方向性についても転職っていうことに対して情報収集ができていない、あるいは自分のやりたいことが全く見えないという風なことで、そこでも自己理解不足というふうなことが考えられると思いました。

 

~口頭試問3分経過~

 

 SIK2

今のロールプレイで良かったところと改善点などもあれば言ってください。 

 CC 2

良かったところは、とにかく辛いお気持ちに傾聴技法を使って受容共感ということで寄り添って、自分が辛い思いについてはいっぱいお話できていただいたかなと十分できたところだと考えています。

あとできなかったところとしては、今のお辛い状況、自己効力感がすごく下がってらっしゃるのでもっと今までのキャリアを振り返って、良かった時代、楽しかった時代いっぱいあったかと思うんですが、そこに関して私の方が意図的な問いかけができなかったために過去の成功体験の方に目を向けて頂けなかったというところが今回の改善点だったと考えております。

 

SIK 3

次回の相談機会があればどのような方策を実施したいと考えますか。

 CC 3

とにかく会社を辞めたいという気持ちが強くて、それについては今後のキャリアライフプランを考えないといけないのでご自身が振り返ってみてやりたいことだとか、あと会社の早期退職支援制度を取り入れるということなので再就職支援があるということなのでそこの情報収集をしてきてくださいという風なことで、次回までの方策というか宿題ということで合意いただきましたので、まだ時間があるので早期退職支援を受けるまでにそこまでに会社を辞めるっていう風なことで、一歩踏み出せるという風なことの材料を一緒に検討吟味した上で会社を辞めるのか、あるいはまたお気持ちが変わって会社継続という方向となるのか、これから意思決定に向けて情報収集あるいは奥様を説得、ご納得いただける材料の収集という風なことで、一歩踏み出せるようにご支援してきたいというふうに考えております。

 

 SIK 4

最後になりますが相談者とのリレーションはどのようにしましたか。

 CC 4

はい、傾聴技法を使って受容・共感、それから感情反映ということで今の辛い気持ちを寄り添ったというふうなことでラポールは形成できたと考えております。

あとこの方の自己効力感を上げて一歩踏み出すという風なところまでご支援が足らなかったと思いますので、その方面ではまだ信頼関係が構築できていなかった、不十分だったかなと反省をしております。

 

 SIK 5

はい今日はお疲れ様でした。

CC 5

ありがとうございました。

 

おわりに

さて、「【個別レッスン逐語録】第22回キャリコン2級検定 ロープレケース④ パート1まとめは如何でしたか。 

皆様なら、このロープレの課題点についてどのように分析し、フィードバックやアドバイスを行うでしょうか?

今回もこのように必要に応じて逐語録を作成し、個別レッスンで確認するポイントを指導させて頂くつもりです。   

www.careerlife.jp 

 

キャリアコンサルティングのアプローチは無限に視点があるので難しいですが、2級検定という性質上、公平に試験官が採点をするわけですから、押さえておくべきキャリア理論やスキルのポイントは必ず一定値存在するはずです。 

そこを正しく認識して、押さえておくことはもちろんですが、一発勝負である本番の実技面接で人間相手に実践するスキルも必要です。 

2級検定の合格を目指す方は、引き続き自己研鑽に励んで頂く一方で、国家検定という測定であることも意識して欲しいと思います。 

検定は普段のカウンセリングやあなたのスキルを否定するものでなく、とある日の、ある一定のキャリコンスキルを点で見ているに過ぎませんが、 その一方で、少なくとも積み重ねた努力が多ければ多いほど、その一点で実力が発揮される可能性が高まるわけです。  

なお、皆さんが自己の面談プロセスを客観的に振り返って頂く際は、ラポールはどうか?関係構築は?CL・CC問題把握は?目標設定は?方策の実行は?

それぞれシステマティックアプローチに沿って確認すると、全体の構成の自らの課題点が見えやすいと思います。 

また、キャリアコンサルタントとして把握する問題点に関しては、キャリアガイダンスのプロセス(自己理解・仕事理解等)を活用して相談者が気付いていない問題点をCCとしての見地から見立てていきましょう。

 

 

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

もちろん、自分が本当はどうしたいのか分からない方、転職相談や就職相談、客観的に自己分析を知りたい方など、キャリア相談もこちらまで!

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】  

www.careerlife.jp

 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、

合わせてお読み頂けると役に立ちますし大変ありがたいです。 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved