キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


大人気プレミア!カシオGショック35周年フルメタルシルバー購入レビュー

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20190320091624j:plain

はじめに

前回までロレックスの腕時計について紹介してきましたが、 

www.careerlife.jp 

今回は・・・久しぶりにGショックの記事を書かせて頂きます! 

www.careerlife.jp

去年の夏に妻とお揃いの時計、Gショックを購入しました。 

運動をする時や子供の宿題を手伝う際のストップウォッチ代わりとして普段使いをしているのですが、 実は同系の昨年発売された35周年記念モデル「CASIO G-SHOCK MW-B5000D-1JF」がとても気になっていました。

GMW-B5000D-1JF - 製品情報 - G-SHOCK - CASIO

 

とはいえ、 

昨年はどこのお店にも全く在庫が無く、プレミア価格で推移しており、2019年に入って落ち着いた頃を見計らって検討しようと考えていました。 

そして、先日、ネットでも定価以下で購入可能な店が増えてきたタイミングを待って購入することにしました。

 

これがですね・・・!

実物を見て触ってみると、思っていたよりも素晴らしい時計なのです。

実物の動画はこちら! 

youtu.be

ですから自分も客観的に見たいですし、皆さんにも紹介したくなったので、バーゼルワールド2019開催期間のタイミングで記事にすることにしました。 

あまり時計に興味がない方でも購入検討できる価格帯だと思いますし、質感や重量感など、かなり満足度の高い時計なのでおススメ出来ます。 

このカッコよさがなるべく上手く伝わるように、画像もたくさん撮っておきましたので、これから購入検討される方の参考になれば幸いです。 

個人的には機械式時計以外でワクワク・ときめく時計は稀です(笑)

では、ご覧ください。

 

箱を開封!

まず箱を開封すると、

f:id:career-life:20190320095427j:plain

内側に仕切りがありまして、説明書と保証書が付属しています。

f:id:career-life:20190320100222j:plain

Gショックを知らない方はあまりいらっしゃらないとは思いますが、

製品データはこんな感じですね。

 

耐衝撃構造

タフソーラー(ソーラー充電システム)

20気圧防水機能

電波受信機能

モバイルリンク機能(対応携帯電話とのBluetooth通信による機能連動)

ワールドタイム5本

ホームタイムの時刻入替機能付き

ストップウオッチ

タイマー

時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)

時報

バッテリー充電警告機能

パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消し節電します)

フルオートカレンダー

12/24時間制表示切替

操作音ON/OFF切替機能

日付表示(月/日表示入替)

曜日表示(英・西・仏・独・伊・露の6ヵ国語切替)

LEDバックライト

f:id:career-life:20190320112946j:plain

まあ、機械式時計では考えられないくらい、ちょっと何言ってるか分からないくらい色々付いてます(笑) 

箱もそれほど高級感は無いですが、タフネスさを表したデザイン、シックな黒にシルバー色の文字が良い感じです。 

個人的に感動したのは暗所(暗所以外でも点灯)で時計を見る際、手前に傾けるとオートでバックライトが点灯するところですね。 

今までこういう機能を存じ上げなかったのですが、超便利でカッコいいです(*´ω`*)

 

内箱を開封!

f:id:career-life:20190320113133j:plain

時計の白い台座が見えますね!

 

ちょっと右寄り・・・彼から見れば左寄り(笑) では、梱包の袋を取りましょう。

f:id:career-life:20190320113349j:plain

ジャーン! 

f:id:career-life:20190320113739j:plain

白い台座に礼儀正しく鎮座、保護テープは結構しっかり付いていました。

f:id:career-life:20190320113814j:plain

早速キレイに剥がして手首の上に乗せてみましょう!

 

ベルト調整前!

おお・・中々・・良い。

f:id:career-life:20190320114122j:plain

ファイテンのブレスレットとも仲良く共存出来てますよ(笑)  

う~ん、ほど良い重量感と滑らかなベルトの心地よさがたまりません!

f:id:career-life:20190320114606j:plain

ベゼルの仕上げもキラキラしてカッコイイですし、

実物はもっと美しく光を集めて反射します!

f:id:career-life:20190320114737j:plain

アウトドアにも、当然マッチしそうですよ~!

 

40mmサイズの時計と比較

ちなみにGMTマスターⅡ(40mmサイズ)と比較しますと、

サイズ感はこんな感じで悪くないですね。

f:id:career-life:20190320114929j:plain

デカ厚時計のように大き過ぎず、悪目立ちすることもありません。

 

ベルトサイズの調整!

さて、腕に乗せて少し堪能したところでブレスレットのサイズ調整を図で解説しながら進めて行きたいと思いますが・・・!かなり簡単でした! 

まずはバックル部分(クラスプ)にある調整ネジの穴を赤い部分から

f:id:career-life:20190320115852j:plain

黄色い部分へ移動して、最後に微調整できるようにします。 

私は保有しているバネ棒外しを使って外しましたが、爪楊枝でも試したところ、1本折れましたが調整は可能です。

ゼムクリップなどを折り曲げて、先っぽを使う方も居ますね。

 

ちなみにケースサイドとバックルはこのようになっています。

f:id:career-life:20190320120341j:plain

ケースサイドはポリッシュ(鏡面)とノンポリッシュ(つや消し)が丁寧に施されていて、とても良い作りです。 

私は6時よりのコマを多めに詰める(調整)のが好きで、理由としては手首にバックル部分が重なるようにすることで12時位置(手首の外側)に時計が流れるのが防げますし、見た目も良いこと、また、外す時に手首の上の方が外しやすいのです。 

ボタン操作も現在使用しているこちらのGショックよりスムーズですし、正直なところ押し心地も良くて問題ありません。

f:id:career-life:20180813175600j:plain

バックルの作りは賛否両論あるようですが、5万円前後の時計ですからこんなものではないでしょうか。 

個人的には脱着しやすいので、不満点よりも使いやすい印象が勝ります。 

私は6時側のベルトを最終的に5コマ外しまして、バックルの微調整で赤い部分までバネ棒を戻しました。

f:id:career-life:20190320115852j:plain

私の左腕の手首周りは17cmほどなので、同じくらいのサイズの方はこれで丁度良いはずです。 

4コマ外しでバックル部分の微調整を使っても良い感じにはなるはずです。

f:id:career-life:20190320121804j:plain

あとは好みでしょう。

f:id:career-life:20190320121824j:plain

 

36mmサイズの時計と比較

では、36mmサイズの時計と比べてみましょう!

f:id:career-life:20190320122023j:plain

どうですか?

f:id:career-life:20190320122115j:plain

36mmは日本人には適当なサイズだと思っていますので、

この画像を見る限りそれほど違和感はありません。

 

むしろ半袖の季節は36mmでは少し物足りないという方には、

このGショックのサイズ感は丁度良いと思います。

 

夏は更に活躍してくれそうですね~!

f:id:career-life:20190320122248j:plain

ブレスレット部分も少しシャカシャカした感じはありますが、適度な緩さがベルトに担保されてますので、腕に装着しやすく使いやすいと思います。 

ただ、夏場に使用した際のべたつき感や使用感はまだ分かりません、ガシガシ使いながら使用感は見極めて行きたいところです。 

今のところロレックスを長い間愛用してきた私から見ても、質感も良くて着け心地も問題ありません。

 

おわりに

「大人気プレミア!カシオGショック35周年 フルメタルシルバー購入レビューは如何でしたか。 

購入後、数日経過していますが、機械式時計と違って止まりませんし、着け心地や見た目・質感ともに好感を持って使用しています。 

妻も最初はGショックに5万!?と懐疑的でしたが、実物を見た第一声が「良いじゃん、もう一本買えば?」でした。 

この商品がもし生産中止になるようなら、もう一本検討したいですね。 

正規代理店によっては7年保証まであるようなのでアフターサービスやメンテナンスを考慮してもフルメタルの耐久性はメリット多いと思います。 

40周年や45周年でまた新モデルが発売されることもあるでしょうし、今現在使用している35周年モデルの出来栄えに充分満足しているので、のんびり楽しんで行きたいと思います。   

f:id:career-life:20190320124059j:plain

皆さんの時計選びや時計ライフの参考にしていただければ幸いです。 

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m  

時計関連の過去記事になります、宜しければ読んで行って下さい。  

www.careerlife.jp
www.careerlife.jp

 

www.careerlife.jp
www.careerlife.jp

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved