キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

当ブログへようこそ、いつもご覧頂きありがとうございます!ここは最高の学びと合格の喜びを共有していただくためのコミュニティセンターです!

【SPONSORED LINKS】


ロレックスサブマリーナー216610LN登場?バーゼルワールド2019

【SPONSORED LINKS】


 

youtu.be 

はじめに

名もなきキャリコンこと敬天愛人です。

 

ついに、ロレックスHPにティザー画面が出ましたね!!

 

これは・・・ヨットマスターっぽいラグジュアリーなケースサイドと、

ベンツ針とオイスターパーペチュアルデイトの表記、

そして文字盤は黒に見えます・・・、

針はシルバー色なのでホワイトゴールドでしょうか。

 

ロレックスサブマリーナ新型モデルが登場する5つの可能性!

特に気になるところが5点あります。

f:id:career-life:20190316101309j:plain

画像引用元:ロレックス公式サイト

1、青丸の部分(ベンツ針)

まずはベンツ針、これはプロフェッショナルモデルの証明でしょう、

今回のバーゼルワールド2019ではデイトジャストの新型が濃厚なので、

他のドレスモデルを大幅に変更してくる可能性は少ないです。

 

2、赤丸の部分(デイト表記)

オイスターパーペチュアルデイトの表示がありますので、

日付があるモデルということになりますね。

  

3、緑の丸部分(秒針がシルバー)

秒針がシルバーに見えます。

現行のヨットマスター116622が赤針水色ですので、

ヨットマスターの新型だとしたらシルバーを使いますかね? 

この配色は王道のプロフェッショナルモデル仕様な気がします。

 

4、黄色の丸部分(インデックスとクロマライト夜光)

インデックスはプロフェッショナルモデル仕様で間違いないと思いますし、

夜光が美しく強調されているムービーなので潜水をイメージします。

 

クロマライトが強調されるべき時計としては、

夜光の視認性が重要視されるダイバー系の時計ということが予想されます。

 

5、紫色の丸部分(文字盤が黒?)

文字盤の黒と白い表記は視認性が高く、

文字盤に黒色が使用されているのはプロフェッショナルモデルの王道です。

ヨットマスターであれば色物の文字盤でラグジュアリー感と

遊び心を兼ね備えたデザインになるはずです。  

 

おわりに

「ロレックスサブマリーナ216610LN登場!?

バーゼルワールド2019」のまとめです。

 

以上を踏まえると、サブマリーナの新型が出る可能性が高いと思いますが、

無垢モデル(ホワイトゴールド)やヨットマスターのデザイン変更の

可能性もある程度、考えられますね。

 

このケースサイド画像も気になるところです。

f:id:career-life:20190316103234j:plain

オレンジの丸部分はポリッシュ仕上げ(鏡面)のようですし、

水色の丸部分に見られるラグの形状はヨットマスターや

無垢モデルなどに見られるラグジュアリー感を醸し出しています。

 

これらの断片的な情報を総合すると、

文字盤のデザインと針の形状はプロフェッショナルモデル(スポロレ)、

おそらくステンレススチール素材なので、

ステンレススチールのスポーツロレックスの可能性が高いですね。

 

しかもクロマライトが印象的なモデルで、

「バックル部分の映像を全く出さない=バックルに特徴がある」

こう考えると、 サブマリーナではないでしょうか!?

 

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

 

たしか、6桁の116610LNは2010年に発売開始なので

モデルチェンジにはちょっと早いですが、9年経過してますし、

新型のムーブメントも既に存在しますから、

GMTマスターⅡと同じく新型になっていく流れだと思います。 

www.careerlife.jp

 

パワーリザーブが70時間、ラグもスマートなイケメン時計に進化して、

ついに新型ロレックスサブマリーナ

216610LN登場でしょう!?

 

楽しみですね~(*´ω`*) 

また人生の楽しみが増えましたので、本当に幸せです。

 

グリーンサブマリーナは一時ディスコンになったりして・・・、

GMTマスターⅡの青黒や黒黒と同じくカタログや

プライスリストから消える現象を引き継ぐ流れだったら

来年も相場が荒れるでしょうし面白くなりますね(笑)

 

バーゼルワールド2019最高に楽しみです(*´▽`*)

 

では、皆さんも様々な情報を参考にして頂きまして、

良い時計ライフをお楽しみください。  

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m  

 

時計関連の過去記事になります、宜しければ読んでいって下さい。 

www.careerlife.jp

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved