勇気が出る!『キャリア・ライフ』の自己研鑽カレッジ

フリーのキャリアコンサルタントが試験対策講座の運営、子供3人の子育てや趣味の記事を気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


第8回1級キャリアコンサルティング技能検定ロープレケース➂パート2前編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20181105152115j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルティング技能士こと敬天愛人です。

 

今週は寒かったですね~、皆さんは体調など大丈夫ですか?

来週以降に1級実技の本試験を控えている方も多いと思いますので

お互いベストを尽くすためにも気を付ましょう(`・ω・´)ゞ

 

さて、私自身は結構なマイペースで対策&研鑽を進めておりますので、

これから受験される方へ、少しでもお役に立てればと思い、

今回は1級ケース3の第2弾をお届けします。

 

 

今回もHOTな練習内容を逐語録で起こしましたので、

これから1級検定に臨まれる方や、勉強されている方に

是非、役立てて頂こうと思います! 

 

1級検定を受験される方だけでなく、2級の勉強をされている方、

国家資格キャリアコンサルタントを初めて受験される方まで幅広く、

1級ってどんなロープレか知りたい方の参考になれば幸いです。

 

台本などはもちろんありませんし、即興で生のロールプレイなので

お見苦しい言語表現等もあるかと思いますが、私も皆さんと一緒で

一生懸命に勉強して1級合格を目指していますので、

温かい目で見守って頂けるとありがたいと思います。

 

今後もしっかり逐語録を起こして自分へのフィードバックを行い、

1級検定に向けて自分自身の課題点を振り返りスキルアップしながら、

ここをご覧の皆様に役立つ情報提供をしていきたいと考えております。

 

多少、お見苦しい点もあるかもしれませんが、ご了承くださいm(_ _)m

1級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - 勇気が出る!『キャリア・ライフ』の自己研鑽カレッジ

1級キャリアコンサルティング技能検定体験記 カテゴリーの記事一覧 - キャリア・ライフ「キャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座」

 

1級検定は試験対策講座など少なく、情報も多くないですし、

1級ロープレの逐語録はネット上でも拝見したことがありませんので

少しは皆様の参考になるのではないかなと思います。

 

今回の逐語録は私の実力を計測する意味でも2/2現在のロープレです。

 

CL役は田中さん、CC役は私(敬天愛人)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時や

コミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。

 

では、行ってみましょ~う!! 

 

相談事例

◆ケース3

事例相談者キャリアコンサルタント(相談歴 1 年)

相談者  :Cさん、男性(22 歳) 大学4年生

 

事例相談者(以下CLと表記)

事例指導者(以下CCと表記)

 

CL1

こんにちは。

CC 1

こんにちは、事例指導を担当させていただく敬天愛人と申します。

 

CL 2

よろしくお願いします、田中と言います。

CC 2

田中さんよろしくお願いします。

椅子の位置は話しやすい位置にしときましたけど大丈夫ですか。

 

CL 3

大丈夫です。

CC 3

私はこのままでさせて頂いて、最初に田中さんもご存知かと思うんですけど

我々キャリアコンサルタントには守秘義務がございますので

ここで話した内容については外に漏れることはありませんので

安心してお話ください。ただ第三者の生命ですとか

危害が及ぶ場合についてはその限りではありませんのでご了承ください。

 

CL 4

はい、承知しています。

CC4

では初めてお会いしましたので、安心してお話ししていただくためにも

簡単に自己紹介をさせていただいてもよろしいでしょうかね。

 

CL 5

はい。

CC5

ありがとうございます。

私は民間の相談機関の方でキャリアコンサルティングの実践を

10年ほどやってまして、事例指導についても

3年ほど担当させていただいております。

拠る理論というか普段面談をする立場というか

そういったものに関してはご存知かと思いますが

来談者中心療法を態度としては実践していまして、

面談の技法なんかはシステマティックアプローチ、

は知っていますか?(はい、聞いたことはあります)、

勉強されたと思うんですけども技法の実践をしています。

普段の活動に関しましては勉強会の主催ですとか、

講演活動というのかな、教育と普及活動に努めています。

今日はですね、田中さんの方から事例ケースを

お持ちいただいたかと思いますけども、それに沿って

面談の中の改善点であるとか課題点であるとか不安な点ですね。

そういったものの解消に向けてのご相談を受けながら

事例指導ということなので育成的な視点で

一緒に考えていければなと思いますので

それに向けてよろしくお願いします。

 

CL 6

よろしくお願いします。

CC 6

それと本日の相談ではですね、大事なお話かと思いますので

こちらでメモを取らせて頂きながら、アドバイスなんかも

この中でして行こうと思いますので、終わりましたら廃棄しますので

まずはメモを取らせて頂きますけども大丈夫でしょうか。

 

CL 7

はい、大丈夫です。

CC 7

ありがとうございます、ではですね、よろしければ田中さんからも

プロフィールなんかも教えていただけると

ありがたいんですけどもよろしいですか?


CL 8

はい、私は普通の会社員だったんですけども

ブームに乗ってキャリアコンサルタントの資格を取りまして。

CC 8

いやいや素晴らしいことですね、はい。

 

CL 9

社内でいかせればと思ったんですけども人事部に配属されていたので

せっかく取った資格を活かして今後仕事をしていきたいと思いまして。

CC 9

キャリアコンサルタントとしてですね。

 

CL 10

はい、運良く大学のキャリアセンターの方で就職が決まりまして、

キャリコンとしての仕事を始めて1年 というところなんですが。

CC10

それは良かったですね、一年ですか。

 

CL 11

それを専門に仕事をしております、よろしくお願いします。

CC 11

こちらこそよろしくお願いします。普段はどうですか、

面談は学生さんが多いということでしょうか?

 

CL 12

みんな就職活動をしている大学生が相手なので、最近は将来に向けて

就職活動がうまくいかない子も多いと聞いているんですが、

とはいえうちはありがたいことに国立大なので

優秀な学生さんが多いものですから。

CC 12

優秀な学生さんが多いと。

 

CL 13

就職活動に特別悩む子は少ないんですけども。

CC 13

最後の決めに来るみたいなところでしょうか。

 

CL 14

情報収集と最後の決定くらいなんですよね。

CC14

皆さんできる人は自分である程度決めてきてしまうって聞きますもんね。

 

CL 15

そうなんですよ、日頃楽をさせてもらってるんですけど。

今回はちょっと就職活動につまずいている子で・・・。

CC 15

そういった相談ケースなんですね、はい。

 

~約5分経過~

 

CL 16

久しぶりに腕を試されてるような感じだったんですけども。

CC 16

まだ1年ですしそういう機会も初めてに近いんじゃないでしょうか。

 

CL 17

まあちょっと気合を入れて望んだつもりだったんですけど、

恥ずかしながら2回目の面談がキャンセルになってしまいまして

今後そういったケースがないとも限りませんので。

CC 17

キャンセルになってしまったんですね。

 

CL 18

はい、ここで一つご指導いただければなと思ってお伺いさせていただきました。

CC 18

大変な中で頑張っていらっしゃるんですね。

 

CL 19

いやまだまだ勉強の最中でやはり現場は違いますね。

CC 19

勉強されているのは素晴らしいと思います。

本日お持ちになった事例は結構大変だった、

難しい事例であったということでしょうかね。

 

CL 20

そうですね、自分にとってはちょっと悩ましい・・・。

CC 20

早速ですけど事例のケースの方拝見させていただいてよろしいですかね。

 

CL 21

ケース記録をちょっとまとめてきましたのでこちらになります。

CC 21

大変なところありがとうございます。では拝見します。

はい・・・相談者の方は22歳で4年生ですね。

8月ということですと結構ギリギリというか。

 

CL22

そうなんですよ。
CC 22

来談経緯、面談経過、所感ですね。

三つにまとめていただいたということですね。

 

CL23

はい。

CC23

普段はこのようにまとめたりする機会はあるんですか。

 

CL 24

もちろんどんな相談をしたかという記録はつけていますけども、

ただここまでしっかりしたものは今回初めて作成しました。

CC 24

普段お忙しい中、記録をつけたり面談したりで大変な中、

作って頂いたんですね。

 

CL 25

いやいやこの時期になると本来だいぶ楽なんですけども、

今回は見ていただくにあたりきちんとと思いまして。

CC 25

ありがとうございます。作成はどのようにされましたか?

 

CL 26

昔養成講座に通っていた時に学んだ知識を思い出しながら

作ってみたんですけどもどうでしょうかね。

CC 26

うん、よくまとまっていますよね。 来談経緯も書いてありますし、

面談経過できちんとどのような関わりをしたか、

支援内容まで書いてありますので非常にまとまっていますし、

所感で気づいた点というのかな、今後の方向性についても

指導を受けたいということで書いてありますので

非常にわかりやすくていいと思います。


CL 27

あ、本当ですかありがとうございます。

CC 27

今後も、もしよろしければ毎回は大変なので、

ちょっと難しいケースですとか困った時には書いておくと

振り返りで役立ちますので、実際今日もこのように役立ってますので

自己研鑽にもつながりますので今後も続けてください。

 

CL 28

分かりましたやってみます。

CC 28

ではちょっと拝見させて頂きますね。4年生・・・

就活の方ですけどもうギリギリな中、内定をもらったんですね。

 

CL 29

ええ。

CC 29

ただ再チャレンジを考えているということですね。

どうですか、振り返っていただいた中で作りながらでもいいですし

気づいた点ですとか、ご自身の中であ~した方が良かったなとか

そんなことは出てきましたかね?


CL 30

そうですね、どっちかって言うと最近の子の

傾向なのか分からないですけど、人からどう見られているのかというのを

気にしていた子だったなぁという印象で。

CC 30

人からどう見られるのかを?

 

CL 31

特に家族の皆さんが優秀なご家庭だったようで。

CC 31

国立大の方ですもんね。

 

CL 32

なので自分の気持ちがこうしたいというよりも、

周りからどう見られるか、家族にどう思われるかという思いが

強い子だったのでそれも織り交ぜると良かったかなぁと記録に。

CC 32

いえいえ、今気づかれた新たな気づきとして、周囲の意見を聞いて

ちょっと振り回されてしまっているようなところもあったんでしょうか。

 

CL 33

そういう子だったような印象ですね。

CC 33

その辺を傾聴されたわけなのですね。

 

CL 34

そうなんですよ、というか思いが溢れるようにすごく話す子だったんで

正直、傾聴に徹するしかできなかったと言うか・・・

CC 34

思いが溢れるようにね、

しっかりお話を聞く姿勢なんかもできていたんでしょうね。

 

CL 35

本来はもう少し違う感じで面談はできていると思うんですけど。

CC 35

あ~、そうなんですか。

 

CL 36

できているとは思っているんですけども、

今回はひたすら傾聴で終わってしまって。

CC 36

ひたすら傾聴した感じなんですね。

 

CL37

そのぶん、関係はしっかり構築できたと思ったんですけどね。

CC37

関係構築はできたんではないかなと。

 

~約10分経過~

 

おわりに

次回は、「キャリアコンサルタントの「傾聴技法」と

単なる「愚痴聞き」との違いとは?へ続きます。  

  

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

1級の個別レッスンご予約はこちらから 

受講生ファーストで指導中です! 

www.careerlife.jp

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved