キャリアコンサルティング技能検定 個別&出張レッスン合格講座

フリーのキャリコン(2級技能士)が、キャリアコンサルティングのスキルアップと合格に役立つ情報等を一所懸命に書いてます。

【SPONSORED LINKS】


第8回1級キャリアコンサルティング技能検定実技面接ロープレケース➂前編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180914232537j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルティング技能士こと敬天愛人です。

2級検定が終わっても訪問して頂きましてありがとうございます。

 

我が家の子供たちが恐れるたちの饗宴

節分も終わりまして、1級検定の実技試験はいよいよ本番ですね!

 

保育園へ向かう朝の車から降りる時に「保育園に行きたくない・・・」

という一番下の子供の気持ちも分かる今日この頃ですが、

我々は1級検定に向けて、

怖れを抱きながらも「勇気」を持って一歩一歩、

粛々と試験対策を進めて行きたいと思います!

 

さて、私自身はといいますと、

1月27日まで2級の試験対策講座に全力を尽くしていたこともあり、

電車の移動時間やスキマ時間を活用するなど、

自分のペースで少しずつ1級試験対策を進めてまいりました。

 

受講生ファーストですから、まずは自分のことよりも

2級に挑む受講生の講座が終わってから本格始動ですね。

 

そんなわけでして、2月になりまして約1か月半ぶりに

練習パートナーと調整が付きましたから、早速、1級ケース3

オリジナルケース記録を作成して、ロールプレイの練習をしてきました。

 

今回はそのHOTな練習内容を逐語録で起こしましたので、

これから1級検定に臨まれる方や、勉強されている方に

是非、役立てて頂こうと思います! 

 

1級検定を受験される方だけでなく、2級の勉強をされている方、

国家資格キャリアコンサルタントを初めて受験される方まで幅広く、

1級ってどんなロープレか知りたい方の参考になれば幸いです。

 

台本などはもちろんありませんし、即興で生のロールプレイなので

お見苦しい言語表現等もあるかと思いますが、私も皆さんと一緒で

一生懸命に勉強して1級合格を目指していますので、

温かい目で見守って頂けるとありがたいと思います。

 

今後もしっかり逐語録を起こして自分へのフィードバックを行い、

1級検定に向けて自分自身の課題点を振り返りスキルアップしながら、

ここをご覧の皆様に役立つ情報提供をしていきたいと考えております。

 

多少、お見苦しい点もあるかもしれませんが、ご了承くださいm(_ _)m

1級キャリコン試験対策ロープレ カテゴリーの記事一覧 - 勇気が出る!『キャリア・ライフ』の自己研鑽カレッジ

1級キャリアコンサルティング技能検定体験記 カテゴリーの記事一覧 - キャリア・ライフ「キャリアコンサルティング技能検定2級 試験対策講座」

 

1級検定は試験対策講座など少なく、情報も多くないですし、

1級ロープレの逐語録はネット上でも拝見したことがありませんので

少しは皆様の参考になるのではないかなと思います。

 

今回の逐語録は私の実力が分かる2/2実施のロープレです。

 

CL役は田中さん、CC役は私(敬天愛人)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時や

コミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。

 

では、行ってみましょ~う!! 

 

相談事例

◆ケース3

事例相談者キャリアコンサルタント(相談歴 1 年)

相談者  :Cさん、男性(22 歳) 大学4年生

 

事例相談者(以下CLと表記)

事例指導者(以下CCと表記)

 

CL1

こんにちは田中と言います。

CC 1

こんにちは、田中さん、よろしくお願いします。

本日事例指導を担当させていただく敬天愛人と申します。

CL 2

よろしくお願いします。

CC 2

本日はお忙しいところ、来談いただきましてありがとうございます。

ここまでは迷わず来れましたか?

 

CL 3

大丈夫でした。
CC 3

どうですか、椅子の位置なんかは?

話しやすい位置にしておきましたが。

CL 4

大丈夫です。

CC4

では私はこのままでやらせていただきます。

最初にご存知だと思うんですけども、我々キャリアコンサルタントには

法律に課せられた守秘義務がありますので、ここでお話しした内容は

外に漏れることはありませんのでご安心してお話ください。


CL 5

はい、わかりました。

CC5

ただ、田中さんですとか第三者に生命の危険ですとか危害が及ぶ場合ですね、

そういった場合はその限りではありませんので

ご存知かと思うんですけどご了承ください。

 

CL 6

はい。

CC 6

では初めてお会いしましたので、安心して話してもらうためにも

簡単に私の自己紹介のさせていただいてもよろしいですか。(はい)

では私の方なんですが端的に言いますと

キャリアコンサルティングの実践を10年ほどやってまして

こういった事例指導と言うんですかね、

担当を担わせてもらって3年ほどになります。

理論と言うとちょっと堅苦しいんですけども普段使っている立場というか

態度に関しましては来談者中心療法をご存知ですかね(はい)、

そういった立場でやってまして、面談の技法なんかは

システマティックアプローチって覚えてます?(なんとなく)

その実践をしておりまして、それ以外に勉強会の主催ですとか

講演会ですとか、そのように仰々しいものでもないんですけど

主催をしたりなんかして普及ですとか教育活動に従事しております。

今日は田中さんから面談の悩みというか

ケースをお持ちいただいたということでしたので

そういった今回の面談の中での課題ですとか、

それについての不安というか解消ができたりですとか、

後は事例指導ということですので、育成的な視点でも

お話の方を伺いながらやっていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

CL 7

よろしくお願いします。

CC 7

それと本日は大事なお話ですのでメモを取らせて頂きながら

進めていきたいと思いますので、終わりましたら廃棄しますので

責任をもってこちらで処理いたしますのでご了承いただければと思います。


CL 8

はいお願いします。

CC 8
ではよろしければ田中さんのプロフィールなんかも

簡単に教えていただいてもよろしいですか?

 

CL 9

私は大学のキャリアセンターに勤め始めて約1年というところで、

国家の資格も取りまして、こちらの大学のキャリアセンターの方に

うまく転職できまして勤め始めたんですけども

初めての一年なのでまだまだ卒業生としては最初の子達で

優秀な子達が多いんですけども一人どうしても

相談に来なくなってきてしまった方がいまして。

CC 9

相談に来なかったんですね。


CL 10

そうなんですよ、そのケースが気になっているので

時期的にもその子の相談が続くようであれば、今後どうすればいいのか

その辺りも含めて相談に対してご指導いただけたらなと思いまして伺いました。

CC10

田中さんにとってはちょっと大変なケースと言うか、ことだったんですね。

CL 11

初めてのケースでしたね。

CC 11

1年ぐらいですとどうですか業務の方は慣れましたか?

 

CL 12

自分自身がようやく業務としては一通りしたというところですね。

CC 12

まだ1年ですもんね。

 

~約5分経過~


CL 13

はいそうなんですよね。

CC 13
そうしましたら早速相談記録を拝見させていただいてもよろしいですか?


CL 14

はい、こちらになりますよろしくお願いします。

CC14
お預かりします。相談記録は今回どのように作られたんですか?


CL 15

今回は以前資格を取った際に学んだ資料を引っ張り出しまして

久しぶりにちょっと形式ばった形で作成してみました。

CC 15

素晴らしいですね、書き方なんかはその時に勉強したことを

活かしながらという感じですか?

 

CL 16

そうですね、学んだことを思い出しながらまとめさせていただきました。

CC 16

では内容を拝見させていただくと、

来談経緯・面談経緯・所感の三つにまとめていただいたということで・・・

面談経緯かなんかもすごく丁寧に書いていただいてますね。

あとはどのように関わったかというところも書いてあるんですね。

うんうん、支援の様子なんかも書いてあって、

すごく分かりやすいと思いますので、まずは 大変だったと思います。

ご丁寧にありがとうございました。

 

CL 17

あ、いえいえ。

CC 17

あとはもし・・・そうだな、相談者に抱いた感情なんかも書いていただくと

より参考になるかと思いますので、こういった振り返りの際には

意識してみたりとか、してみてもいいのかなと思いましたけども。


CL 18

はいわかりました。

CC 18

どうですかね、振り返ってみて頂いて、書き直して見ていただくと

また振り返りというかできますので。

気づいたこととか整理されたことなんかもあったんじゃないですかね。

 

CL 19

そうですね鮮明に思い出しますね、こういうものがあるとね。

CC 19

何か気づいた点何かありました?

 

CL 20

そうですね、この形式で相談記録を書いていて、

逆にもっとアドバイスをした方が良かったのかなーとか・・・。

CC 20

所感のところに書かれていますね。

 

CL 21

はい、そういう気持ちになってきましたね。

CC 21

うんうん、それはアドバイスをした方が良かったな

という気持ちになったのは、どういったところから感じたんですか?


CL22

今回はすごく気持ちを大切にしたつもりだったんですけども。

CC 22

相談者の気持ちに寄り添いながらというか、大切に?

CL23

結構いろんなことを話ししてくださったので、

自分の中で関係も構築できたと思ったんですけども、

ただ2回目に来ないとなると・・・何て言うんですかね

アドバイス的なことをしなければいけなかったのかなと

ちょっと思ったりしまして。

CC23

なるほど、来てくれなかったことによって何か足りなかったんじゃないかと

そういう感じを受けたんですね。

 

CL 24

う~ん。

CC 24

そこがアドバイスなのか、ご自身としてしっかり気持ちを受け止めたのに

どうしてきてくれないのか、そういったところですよね。

 

CL 25

そうなんです。

CC 25

わかりました、はい。今振り返っていただくと、

今2点出ましたけども気づきもあったと?

 

CL 26

う~ん・・・。

CC 26

悩みと言うんですかね、解決する問題点について

少し気づかれたのかなと思いましたので、

せっかくご丁寧に作って頂いて恐縮なんですけども改めて思い出しながら

来談経緯からですね、またニュアンスなんかも作って頂いてるものとは

違うと思いますので、田中様の方からお聞きしながら

私も聞いていきたいと思うんですけどもよろしいですかね。

 

CL 27

はい。

CC 27

そうしましたらまず来談経緯から振り返っていただくといかがですか?

 

CL 28

そうですね、場所が大学の中のキャリアセンターというところで、

当然、就職活動をする学生さんたちが来るんですね。

今、売り手市場なので私が勤務しているところは

国立大というところなのであんまり大きく就職活動につまずくこというのは

多くなくて最後のアドバイスをもらいにとか

情報収集のために利用する子が多いんですけども。

CC 28

皆さん結構決まってる方が多いんですね。


CL 29

優秀な大学というところで、比較的スムーズにいく中で

今回の相談に来た方はちょっと就職活動がうまくいかないというところで

比較的キャリコンに相談に来たというスタンスだったんですよね。

CC 29

あ、うまくいかないと?

結構悩んで来られたような感じだったんでしょうかね。

 

~約10分経過~

 

おわりに

次回は、「第8回1級キャリアコンサルティング技能検定

実技面接ロープレケース➂中編へ続きます。  

  

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

1級の個別レッスンご予約はこちらから 

受講生ファーストで指導中です! 

www.careerlife.jp

 

 

 

Copyright©2017-2019careerlife All Right reserved