キャリア・ライフの自己研鑽カレッジ

フリーのキャリアコンサルタントが試験対策講座の運営、子供3人の子育てや趣味の記事を気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレケース⑤逐語録ver6口頭試問編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

 今回は前回の「第20回キャリコン2級検定仮想ロープレ⑤&

口頭試問ver6後編」の続編になります、どうぞご覧ください。  

 

ここから、口頭試問です。 

 

口頭試問

今回の口頭試問は応答スキルを深めて頂く為の指導バージョンです。

ほぼそのままロールプレイ内容を逐語録で起こして添削していますので、

内容は口頭試問と少し違いますが、こんな感じで指導しているのだな~と

参考にして頂ければありがたいです。

 

試験官(以下SIKと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

SIK1

この相談書の相談したい問題点と

あなたの考える相談者の問題点とは何ですか。

CC1

佐々木さんの考える問題点は、佐々木さん自身はマネジメントと

営業という仕事を両方やっていて、マネジメントの方に

力を注ぎたいと言って、やりたいという気持ちがあるんだけども

顧客回りの営業職が体の負担に感じているので

それを軽減するためにはどうしたらいいかと言うことで

お話を聞いていたんですけど、自分がやっている営業職を ・・・

営業として回らなければいけないことで疲れている、

それでどうしていいかわからないことが問題です。

 

私が考える問題点は、体の負担を軽減するために今までやってきた

営業職とマネージメントがあるのを、マネジメントの方に

力を注ぎたいと思っているのに、営業の仕事を軽減するために

どうしたらいいのか考えられないところが問題点だと思います。

それは自分の働き方や会社としての仕事理解が不足していると思います。


SIK2

今のロールプレイで良かったところと改善点があれば言ってください。

CC 2

良かったところは、体の負担が軽減できれば

今の会社で働いていこうと・・・

良かった点は、体の負担が軽減できればあと3年頑張って

営業職の課長としてやっていける、やってきたいという

佐々木さんの気持ちが聞けたことが良かったことです。

 

SIK 3

それはどうして聞けたんですか。

CC 3

・・・。

 

SIK 4

ロールプレイの内容ではなくて、

鈴木さんとしてどういうアプローチができたから聞けたんですか。

CC 4

え~と、佐々木さんが体の負担とか、疲れが取れないというのを

最初に言ってきたので、それがどこから来ているのか

どういう想いなのか、状況とか佐々木さんの今現状を

丁寧に聞いていったことで佐々木さんも考えて、

これからあと三年働いていくためにはどうしたらいいかというのを

気づきを与えることができたので良かったと思います。

 

SIK 5

もっと簡単に言うと、佐々木さんの思いに寄り添いながら傾聴して

気持ちや感情を大事にしたからそういうことは言ってもらえたわけですね。

もしくは佐々木さんのためを思って純粋に興味・関心を持って、

仕事の内容やそう言ったことを傾聴できたから

深掘りして気持ちをしっかり聞けたとか。

では改善点はどうでしょう?

CC 5

自分ができなかったことですよね・・・、

 

SIK 6

鈴木さんの技法としてできなかったこと、悪い癖や傾向なんかですね。

CC 6

佐々木さんのどう思っているのかを聞くことに重きを置いたので、

集中してしまったので、目標設定一緒にやっていこうというところまでは

できたけど方策、次へのステップの方策が伝えられなかったことが

改善すべき点だと思います。

もう少し目標設定した後でも・・・

明確な方策を伝えられれば良かったと思います。

 

SIK 7

困ったときは適切な方策を一緒に考えられれば良かったなと

まとめてもいいと思います。

例えば

「適切でマネジメントなど進捗状況を確認できるような方策を

 一緒に探していけるともっとよかった」

とか、これが教科書通りの 答えだと思います。

佐々木さんの適切な選択肢を導き出しましょう。

既に佐々木さんとの面談は終わってるので、

鈴木さんが次にどういうアプローチをするかが大切ですし

その方が口頭試問としての評価点も高いと思います。

ちょうど方策の話が出ましたので、次回の相談機会があれば

どんな方策を実施したいと考えますか。

 

CC 7

実施したい方策は、営業職とマネジメントを両方やっている

ということだったので、佐々木さんが抱えている、やっている仕事の

詳細な内容を聞くことと、あとは軽減するために

周りの人がどうゆう仕事のやり方など情報収集をしてもらうこと。

それを踏まえてどうやったら軽減できるのか一緒に考えることを

やっていきたいと思います。

 

SIK8

はい、良いですね。

中長期的にはどういう支援をしますか。

CC 8

中長期的には役職があと3年で手当が終わるということもあるのと、

佐々木さん自身の働きがいとか、生きがいもご本人が気にしていたので

佐々木さんにとって良い生きがいや働き方を一緒に考えていきたい。

 

SIK 9

そうですね、継続的に支援していきたいということですね。

では関係構築は相談者とうまくできましたか。

CC9

関係構築についてはできたと思います。

体の負担の軽減をするために一緒に考えていきましょうという

提案を言った時にお願いしますと言っていただいたことと、

後は負担が軽減できればやめることはないのかなと

佐々木さん自身が言ったことは関係構築ができたからだと思っています。

 

SIK 10

来談した時と認知が変わったということですね。

どうして疲れているのか、そこに気づきを促せたから

そういう気持ちや表現をしてくれたわけですね、

そういう意味でよろしいですか。

CC 10

はい。

 

SIK11

では最後になりますが、 今の相談であなたがやったことと

やろうとしたことというのは何でしょうか。

CC 11

行ったこととやろうとしたことは、佐々木さんの体の負担が

どこから来ているのか佐々木さんに気づいてもらったこと。

気づいてもらったことが、気付かせたことがやったこと。

具体的に言うと、体の負担は営業とマネジメントを両方やっているから、

やっていることで体の負担を感じているので、今後佐々木さんとしては

マネジメントの一つに絞ってやっていきたいという気持ちが

明確になったことは、これからも働いていこうという気持ちに

最初に来た時よりかは気づきがやったこと。

やったことはどうしたらいいかわからなかったことから、

自分の働き方や生きがいを明確にしたこと。

 

SIK 12

そういった方向性を目標共有したとか、問題把握の絞り込みができて

ある程度佐々木さんがこういう風にやっていきたいと言うところの

認知の変化が見られたとか、ある程度主体的な意思決定の支援ができたとか、

それをやろうとしたとかでいいと思います。

職業生活設計や職業能力開発のために何をしたかなので。

やろうとしたことはどうですか?

CC 12

やろうとしたことは、今後の人生の生きがいだったり

働き方について考える考えていただくためにまず、やろうとしたことか・・・。

やろうとしたことはまず今の仕事を・・・う~ん。

 

SIK 13

(考え込んでしまったので)言ってしまうと、

方策をやろうとしたじゃないですか、やろうとした方策は

例えば佐々木さんが今後プレイングマネージャーとしての

仕事を軽減ですよね、それが方策ですよね。

CC 13

はい。

 

SIK 14

それによって今後働いていく上での不安を解消しようとしたとか、

その不安を解消した上で、ライフプランと理想的な展開というのを

一緒に考えていこうとしたとか、そういう形でいいと思います。

方策はこうだ、じゃあその方策は

何の為にやろうとしたのかということですよね。

その人のプランだったりその方策をやったことによって、その方の

不安解消や主体的な意思決定体のためにやって行くことです。

不安を解消した上で、その方の働きがいを一緒に職業生活設計を

考えていこうとしたとかで良いのではないですかね。

ちょっと難しいので言っちゃいましたけど。

大きい視点と小さい視点を行ったり来たりするイメージですね。

そもそもやろうとしたことを聞かれているので、

あなたの役割は何かということです。

キャリアコンサルタントとして、キャリアコンサルティングとして

何?ということだと思います。

では以上で口頭試問を終わります。

CC14

ありがとうございました。

 

おわりに 

次回は、第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレ⑤&

口頭試問ver6総集編へ続きます。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

個別指導のご予約はこちらから 

受講生ファーストで指導させて頂きます!   

www.careerlife.jp

 

論述・実技面接対策テキスト販売中

キャリコン2級検定試験対策のテキストも販売しています。

ご興味のある方、お待ちしております!  

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、

合わせてお読み頂けると大変ありがたいです。  

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

 

 

Copyright©2017careerlife All Right reserved