キャリア・ライフの自己研鑽カレッジ

フリーのキャリアコンサルタントが試験対策講座の運営、子供3人の子育てや趣味の記事を気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレ③&口頭試問ver5後編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

 今回は前回の「第20回キャリコン2級検定仮想ロープレ③

&口頭試問ver5前編の続編になります、どうぞご覧ください。  

www.careerlife.jp

 

~約10分経過~

 

CL 20

そうですね、逆に仕事はちょっと手を抜いちゃいましたけどね。

勉強も大変だったんで・・・どっちかと言うとまずそっちかなと、

せっかく大学で勉強したので仕事にも役立つかなとは思ったんですけど。

CC 20

なるほど、その不安な部分ということなんですけどね。

お子さんがまだ小さくてこれからも将来的なマネープランとか

色々なお気持ちがあると思うんですけど、

もうちょっとその不安な部分を具体的にお話しいただけますか。

 

CL 21

先ほど言った家庭のこともありますし、妻が結構保守的というか

会社員でいて欲しいみたいなことは言ってたんですよね前に。

若い時にそういう資格を取って税理士の話をしたことがあったんですけども、

子供もできると余計、安定した仕事でいてほしいという思考が強い人なので、

やっぱり家族の理解とかが必要じゃないですか

勝手に事務所を継ぐわけにもいかないので。

その辺もありますかね、いくら羽振りがいいと言っても

こういう世の中なんで分かんないじゃないですか。

CC 21

そういった奥様のお考えに西川さんは今までどう向き合ってこられたんですか。

かたや財務の仕事もバリバリなさってると思うんですけど。


CL22

やっぱりそういう妻の意向を汲みつつ仕事も頑張ってきましたし、

やっぱり子供が生まれるとちょっと変わるじゃないですか。

やっぱり安定していく仕事、下の子が1歳ですから20歳になる時に

私が60歳ぐらいになってますから、やっぱり大学卒業までって考えると

定年の先まで頑張んなきゃいけないというのもあるので。

そっちの安定面もしなきゃいけないし、ただ資格を持っているわけですから

活かしたい気持ちもあるじゃないですか 、やっぱり独立って言うと

なんか夢があるし、その葛藤みたいなのはありますけどね。

CC 22

うんうんなるほど。

ご自身の意思として税理士の事務所の方に向けて、

歩んで行こうとした時にどういう風なことがリスクとして考えられますか。


CL23

そうですね・・・

やっぱり個人事務所なので一人でやっていくことになりますから、

何かあった時っていうんですか体調面とか、収入面とかは

そんなに心配しなくてもいいような気はするんですよね。

実際の実務もやってみてどうなるかというものもありますし、

その辺は実もやっているわけではないので

やってみてどう思うかってのあるかもしれないですね。

その辺も不安といえば不安ですけど、まあ引き継ぎはあるんでしょうけど

どの程度見てくれるのかとか、

そういう細かいところの不安っていうのはありますね。

CC 23

実際、実務をやっているわけではないので、

引き継ぎがどうだとか実務の面での不安、

後は健康面での将来的な保証がないですからね。


CL 24

その辺は子供ができると余計心配になりますよね。

CC 24
会社の方はいかがなんですか、税理士の夢を取るとなると会社の方は。

 

CL 25

まあとにかく忙しいんで、仕事的にはやりがいはあるんですけどね。

本当に休出が多くてですね。

結構祝日とかもほとんどないですし、

長期休暇何かもあんまり取れてないですし、

このままでいいのかなあと思うんですよね。

CC 25

会社の方でお忙しいというふうなことで、今、土日も出たりという風な

お話をお伺いしましたけども、もし税理士の事務所に踏み出すとして

会社に対する思いとか、あるいは会社と切れない部分とか

そういう風なことはいかがなんでしょう。

そういうリスクはどうなんでしょうか。

 

CL 26

会社の方と切れない・・・

会社を辞めることのリスクみたいなことですかね。

CC 26

はい、そうですね。


~約15分経過~

 

CL 27

辞めるってなると長くいましたからね、係長としてやっていて

それなりの信頼ですとか収入面も安定していますから、

仕事が多いということはそれだけ収入もあるということなので、

その辺が実際に税理士事務所と比べ

ちょっとどうなのかっていうのも考えなきゃですし。

まあ忙しいといえ、せっかく経営の中枢に携わってきてますからね、

そういうところはもったいないなとか。

CC 27

なるほど、経営の中枢に携わっていられるお仕事だということで

その面のやりがいとか仕事に対する思いなんかはどうなんでしょう。

 

CL 28

そうですね、ずっと財務部でやってきてるのでそういうスキルとか、

そういう業務的なところというのはもったいないのかなとは思いますけど。

それなりに福利厚生とかもありますし誰でもそうですけど、

そういう収入面とかも不満はそこまでないんですけどね。

そういったものがなくなるリスクというのはあるのかなと、

後は退職金とかね後々考えればあるでしょうし、

そういうところはリスクがありますかね将来的に考えると。

会社だって潰れないわけじゃないからわかんないですけどね。

それがゼロじゃないですけど、仕事は忙しいんで経営状況はいいですから

財務として分かりますけど、まあ当面は心配ないでしょうけどね。

CC 28

なるほど、今までお話をお伺いしてきて

ここでちょっと整理させていただいてよろしいですか。

今、会社の財務で中枢に携わるお仕事をなさっていて、

やりがいも感じてらっしゃるけども

とにかく忙しくてご家庭の方でお子様と過ごす土日も

不定期だけども出られてお子様とお過ごしになる時間が

なかなか取れないというお悩みがあって

そこにおじさんの税理士事務所を継がないかというお話が

親戚の集まりの中であって、西川さんご自身としては

税理士資格をお持ちで将来的なライフプランとしても

税理士を志していたというのも元々あって

今のお気持ちとしては税理士事務所の方に行きたいという気持ちはあるけども、

ご家庭の方でのお子さんがまだ小さいので

将来的なマネープランを含めたことを考えたら

安定した企業の方がという今の企業の方が福利厚生もしっかりしているし

奥様も企業人でいてほしいというような気持ちがもともとあって、

お子さんができたら余計そういう風な安定志向になるということもあって、

そこの方ですごくお悩みというようなことでよろしかったでしょうか。

 

CL 29

そうですね、はい、そんな感じだと思いますね。

CC 29

他に何か感じているとか引っかかっているとかありますか。

 

CL30

う~ん、うーんそんなところだと思いますね。

CC 30

じゃあ将来的に叔父さんの税理士事務所の方を継ぐという道を

取るとして今引っかかっていることで

何を一番最初にするべきだという風に思われますか。


CL31

事務所を継ぐ前提でですか。

CC 31

事務所を継ぐとしたらどういう風な、それも将来的なことで

プラン立てはもちろん必要かなということで、

まず最初にプラン立てというのもありますし

ご家庭での奥様とという風なこととかご自身としてはどう思われますか。

 

CL 32

プランみたいなやつですか、今後どうしていきたいみたいな。

CC 32

まずご自身として何が一番最初に行ったらいいかなという風なことを。

 

CL 33

そうですね、何をやればいいのかな・・・。

 

ピピピピピ・・・。 

ここで時間切れとなりました。  

 

おわりに 

次回は、第20回キャリコン2級検定

仮想ロープレケース③逐語録ver5口頭試問へ続きます。

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

個別指導のご予約はこちらから 

受講生ファーストで指導させて頂きます!   

www.careerlife.jp

 

論述・実技面接対策テキスト販売中

キャリコン2級検定試験対策のテキストも販売しています。

ご興味のある方、お待ちしております!  

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、

合わせてお読み頂けると大変ありがたいです。  

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

 

 

Copyright©2017careerlife All Right reserved