キャリア・ライフの自己研鑽カレッジ

フリーのキャリアコンサルタントが試験対策講座の運営、子供3人の子育てや趣味の記事を気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


第6回キャリアコンサルティング技能検定1級 論述試験 選択問題解答例②

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180706171420j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

12月の1級キャリアコンサルティング技能検定に向けて、

私自身も皆さんと一緒に学びながら、ブログの試験対策と合わせて

情報提供していきますので参考にして頂ければ幸いです。  

www.careerlife.jp


1級検定の解答例を記事にした例としまして、前回、

「第6回キャリアコンサルティング技能検定1級 論述試験 必須問題解答例」

を、書きまして過去問では2回目の「必須問題」の解答例となりました。

www.careerlife.jp

勉強されている方はよく分かって頂けると思いますが、

回数を重ねるごとに内容も精査されていきます。

 

根気は要りますが、成長する為には大切なルーティンですね。

 

今回は選択問題解答例の2回目バージョン、 

第6回の1級キャリアコンサルティング技能検定の論述試験対策として、

選択問題解答例を改めて掲載して行きます。 

 

ちなみに2級試験を受検される方の参考にもなると思いますので、

ご自身のキャリアコンサルティングについてスーパービジョンを受ける気持ちで

客観的に振り返っても新しい気付き、学びになり面白いかもしれません。  

 

第6回1級キャリコン論述試験/事例3:【選択問題(需給調整機関分野)】

次の文章は、

事例相談者(キャリア・コンサルタント:男性42歳、相談歴3年)が

事例指導を受けるためにまとめた事例である。

この事例を読み、以下の問いに答えなさい。

解答は指定された解答用紙(必須問題)に記述すること。

解答用紙(選択問題)の選択した分野は「需給調整機関分野」を〇で囲むこと(〇がついていない場合、採点されません)。

相談者:C(男性:68歳)、四年制大学商学部卒、地方自治体の元総務部長。

 家族:妻(65歳)、長女(38歳)と長男(32歳)はそれぞれ結婚して独立。

リンク先:キャリアコンサルティング技能検定HP

過去問題|国家検定キャリアコンサルティング技能検定

https://www.career-kentei.org/download/2016_6th_grade1jitsugi.pdf

問1 

この事例相談者が抱えている問題は何か。

あなたの考えを記述せよ(10点)

第1問についてはこの過去記事でも少し触れましたが、 

www.careerlife.jp

問1を少し詳しく説明すると、

◆事例を相談しに来たCCの視点

◆それを見る我々(指導者)の視点

それぞれの視点で真の問題を把握しながら、

事例相談者にどのような問題があって、何を気付かせてあげれば、

事例相談者を最大限尊重した指導が出来るのか、どうすれば、

事例相談者の成長や、より良いキャリアコンサルティングプロセス、スキル向上に繋がるのか、

母性的な風土で見守りながら、倫理的に問題点を明確化していきましょう。

 

そのためには、

「事例相談者がどんな支援をして、どのような支援をしたいのか」

「こうやったけど・・・、こうやろうとしたけど出来なかった」

この辺りを傾聴・受容しながら進めて行くと、事例相談者の意図や心理傾向が、

少しずつ明確になっていって、事例相談者が抱えている問題が

明らかになってくると思っています。

 

基本的には【面接経過】や【所感】から根拠や論拠をもとに考えますが、

事例相談者に最大限寄り添って、人物像・背景・感情部分から読み取れる

問題に書かれていない問題点を指導者としての視点で探したいと思います。 

 

問1解答例

事実や状況確認が多く気持ちへの応答が少ないため傾聴が出来ていない。

関係構築不足により、CL視点の問題が的確に把握できていないため、

問題の共有化と目標設定をしないで提案をしているのは問題。

総務部長の経験があるというだけで職責や労働条件の情報提供をせず、

立派に務まると判断して提案し面談を進め、

CCの価値観で具体的な案件まで探そうとしている。

 

前回の解答例は下記の内容ですが比較すると・・・

事例相談者は相談者の「引け目を感じた」とあるが、OB会が転機となり、働きがいや生きがいを持って働きたいと思う相談者に感情への応答をせず、求人が多いという価値観を根拠に福祉の仕事を提案するなど、傾聴やリレーション不足によって問題の核心を掴めていないと思われる。

「人の役に立つ仕事が希望を満たせる」という事例相談者の思い込みにより、推測や希望的観測に基づいた対応で相談者の背景や奥さんとの情報などが把握できていない。

相談者が介護は難しいと思っているにも関わらず、職種が違う管理の仕事を場当たり的に提案するなど、キャリアプランニングの理解が不足している一方で、不適切なアドバイスにより、相談者の主体的な意思決定を阻害する要因になっていると思われる。

一見、良く書けているようですがまとまりがない・・要約が不十分ですし、事例相談者ではなく相談者の問題点にまで言及しているように見えますね。 

 

問2

この事例相談者が抱えている問題に対して、優先して取り組むべき目標は何か。

またその目標を達成するために効果的な支援を行う方法や

内容について具体的に記述せよ(20点) 

問2解答例

【目標】

気持ちや感情への応答については傾聴技法と

関係構築のアプローチ方法を理解した上で、

問題解決の提案をする前に大切なことは何かを一緒に確認していく。

 

前回の解答例は下記の内容ですが比較すると・・・

キャリアコンサルティングの役割は、相談者の気付きを促しながら自己変容を促進し、自らが自立・自律してキャリア・マネジメントできるよう支援して行くことを理解して頂き、キャリアコンサルティングプロセスに沿った相談支援をして頂く。

う~ん、内容としては少し具体的になりましたね。

目標の範囲を明確化した上で、「中長期的な視点でプランニングする」と、

2級の指導でよく口にするのですが、そういう視点を持ってもいいのかも。

 

【方策】

  1. 傾聴スキルは受容・共感とラポール形成をレクチャーし、事実確認が多く自己理解・仕事理解を促せていない点を含め、問題把握のための傾聴技法を再確認する
  2. CCの価値観で問題解決の提案にならないよう、意思決定支援を振り返り、一般論で支援する認知と対応力を習得して頂く。

 

前回の解答例は下記の内容ですが比較すると・・・

  1. キャリアコンサルタントの行動規範として、相談者の主体的な意思決定を尊重しながら導く必要性について理解して頂く。
  2. 知識・スキル習得として、傾聴技法・キャリアガイダンス6分野。システマティックアプローチをレクチャーし、関係構築から問題評価のプロセスと、目標共有(コミットメント)方法などをロールプレイで確認する。
  3. 傾向や行動特性の向上として、個人&グループスーパービジョン、職場の仲間やネットワークを通じて学習共有を行い、支援事例や一般論の認知を学び、柔軟な対応力を身につけて頂く。
  4. 相談者のためを思って提案したことを労い、今後の自己研鑽に向けた勇気づけを行う。

こちらも良いか悪いのか、実際の検定で試してみないと分かりませんが、

事例に即した具体的な内容で、簡潔に、

事例相談者の方策を述べることが出来るようになったかもしれません。

事例相談者が失敗で落ち込んでいたり、自己効力感が下がっているなら、

「労い・承認・賞賛」をどこかに盛り込んでも良いですよね。

 

問3

この事例相談者が相談者を支援するために必要なネットワークや環境への働きかけは何か。またなぜそれが必要であるか根拠を記述せよ。(20点)

 

問3解答例

【ネットワークや環境への働きかけ】

相談者自身が中高年の興味適正に合った企業、

就職情報を提供するセミナーへの参加や、

公務員時代のOB会や人脈の活用にも気付きを促す。

事例相談者の面談スキル向上の為、組織内の養成機関や外部の研修参加、

スーパービジョンを受ける必要性を働きかける。

上司・同僚から今回の事例をもとに情報共有とアドバイスをもらい、

需給調整機関のデータベースから活用できる情報を収集する。

 

 

前回の解答例は下記の内容ですが比較すると・・・

相談者の興味・適正・能力に適合した企業や就職情報を検索・提供できるように、中高年を対象とした働き方や自己啓発セミナーを活用できるよう事例相談者へ促す一方で、役所のOB会や今までの人脈を広く活用した情報収集への働きかけを行う。

事例相談者の職場の上司や同僚へ相談し、中高年の再就職支援についてアドバイスをもらいながら、今回の事例を情報共有した上で、より良い支援をするための問題提起とキャリア教育の実践を促す。

事例相談者自身の面接スキルアップとキャリアコンサルティングの資質向上のため、外部の研修機関の活用を働きかける。

 

【根拠】

需給調整機関では就職の斡旋が優先されがちな傾向が伺える。

この事例相談者は傾聴や問題把握が不足しているため、

相談者に対する支援が不適切である。

よって相談者に質の高い援助をするために、

キャリアコンサルティングプロセスの基礎概念や技法の強化、

経験豊富な指導者の教えを受けることで自身の課題に気付き

改善に向けて成長していけるような働きかけが必要である。

今回の面談の事例指導を行い、実務でうまくいかない点を整理して、

次回の対応への不安を解消するためにも第三者視点の評価や指摘など

スーパービジョンで課題を見つけることが大切である。

 

前回の解答例は下記の内容ですが比較すると・・・

需給調整機関分野では就職の斡旋が優先されている傾向があるため、相談者の背景や内的キャリアを尊重した意思決定支援が出来ていない状況が伺える。

よって、今回の事例を組織全体の相談支援の問題と捉え、中高年のニーズに応じた小規模セミナーの企画やキャリアコンサルティング強化に取り組むための環境への働きかけが必要である。

また、キャリアコンサルタントには、変化する中高年の労働市場とのマッチングに対する具体的な対策や、仲間と情報共有する専門職同士の交流、スーパービジョンや事例指導、CC協議会の継続学習セミナーへの参加など自己研鑽する必要があるため。

問3は簡単なようで結構難しいんですよね。

需給調整機関(ハローワーク)の方は、

どんなネットワークや環境への働きかけができるのか、

キャリアの青本Ⅱを読んでも載ってないので

イメージしづらいし分かりづらいのです。 

キャリアの青本?

キャリアの青本?

  • 作者: 1級キャリア・コンサルティング技能士の会
  • 出版社/メーカー: 1級キャリア・コンサルティング技能士の会
  • 発売日: 2015
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

実際はどうなんでしょうかね~。

まあハローワークとは書いていないから、

民間の需給調整機関(人材派遣会社)というイメージの方が

私にはイメージしやすいかもしれませんね。

専門職同士のネットワーク(組織外)などもありですな。

  

 

おわりに 

さて、

第6回キャリアコンサルティング技能検定1級 論述試験 選択問題解答例②

は如何でした?

少しは参考になりましたでしょうか(*´ω`*)

 

今回は2回目の選択問題ということで、じっくり取り組みましたが

 

ここで加筆・修正していると内容も締まってきて良い勉強になります。

 

第7回検定では必須も選択も大体60分位で書けたので、

次回はタイムマネジメントを含めてチャレンジしたいと思います。

 

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございました。

 

2級の勉強方法はこちらを参考にして下さい(*´ω`*)

www.careerlife.jp

 

試験結果の分析はこちらです!
www.careerlife.jp

 

 

2級検定の試験対策講座をやってます! 

www.careerlife.jp

 

1級検定の試験対策講座も始めました! 
www.careerlife.jp

 

 

 

 

Copyright©2017careerlife All Right reserved