キャリア・ライフの自己研鑽カレッジ

フリーのキャリアコンサルタントが試験対策講座の運営、子供3人の子育てや趣味の記事を気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレ⑤&口頭試問ver3総集編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20180211110129j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。  

 

さて、今回の記事は第20回キャリアコンサルティング技能検定2級試験対策講座の

個別指導内で実施したロールプレイの逐語録になります。 

www.careerlife.jp

個別指導では、実技面接試験出題の仮想ロールプレイを実施し、

逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルや

カウンセリング技法などの確認を行っています。 

www.careerlife.jp 

第20回検定は終了しましたが、次回の第21回検定に向けて、

文字に起こした逐語録を見ながら勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、

私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返って

個別指導の更なる質の向上に役立てたいと思います。

 

さてさて、キャリコン2級を受験される方は、

こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います。 

 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞く、

試験対策講座の先生に指導を受けたりはしていても、

文章に起こして振返った経験は少ないのではありませんか?

 

逐語録に起こすのがまず大変ですよね(笑)

 

ただ、逐語録に起こしてみると同じことを何回も言っていたり、

ご自身の喋り方の癖はもちろんのこと、

マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェック

システマティックアプローチのプロセスをきちんと踏んでいるかなど、

その場の相談支援や指導の会話だけで確認しきれていないと思っています。

 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、

試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

※ロープレ内容につきましては、試験と全く同条件の表示はできませんので、

基本情報等は変更しておりますが、

キャリアコンサルティングスキルの確認という視点であれば、

それほど違和感はないかと思います。 

 

CL役は佐々木さん、CC役はスズキさん(仮名)でお送りします。  

試験を受けない方でも相談を受けた時や

コミュニケーションなどに役立つスキルですから参考にして下さい。

 

では、行ってみましょ~う!!

 

音声動画はコチラ!

逐語録と同時に音声を聴きながらロールプレイを勉強・体感・練習できます。 

youtu.be

 

相談事例

◆ケース5 佐々木さん 52歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1

佐々木です。

CC 1
キャリアコンサルタントのスズキと申します、

どうぞよろしくお願いいたします。

佐々木さんどうでしょう席の位置なんですが、

お話しやすいようになってますか。


CL 2
大丈夫だと思います。
CC 2
私は佐々木さんの方に動かさせていただきます、

時計もちょっと見える位置に動かしていいですか。

最初に2点だけお話をさせてください、

私共キャリアコンサルタントには守秘義務というものがございまして

今日ここで佐々木さんがお話しいただく内容というのは

許可なく外部に漏れるようなことはございませんので

どうぞ安心してお話ください。

二つ目は今日の時間です。

20分ということが決められておりますので、

この時計でだいたい38分ですので58分くらいまでということで

その時間内で色々お話お伺いできたらと思いますのでご了承ください。


CL 3
よろしくお願いします。
CC 3
よろしくお願いいたします。

佐々木さん本日はどのようなご相談でお見えになられましたか。

 

CL 4
私、大学出ましてその後化粧品会社で15年勤務して、

そこで転職して健康食品卸会社に転職しまして15年目ですね。

営業職をやってまして顧客回りなんかをやってるんですけど、

車での移動がほとんどなんですよね。

最近体への負担を感じていて週末休みなんかあっても

あまり疲れが取れない状態で、営業成績の方は悪くないですし

できれば仕事も続けていきたいと思っているんですが

体のことなんかを考えると、負担の少ない仕事って言うんですかね・・・

そういう仕事に転職した方がいいんじゃないかと思い始めてまして、

これからどうしていけばいいかなということで今日は相談に来ました。

CC 4

そうなんですか、これからどうしたらいいかということなんですね。

佐々木さんは今の会社で15年ですか、

営業一筋でやってらっしゃって実績もあげてらっしゃるということで

このままできれば続けていきたいということなんですよね。

仕事は嫌ではないということなんですよね。

 

CL 5

そうですね疲れますけど。

CC 5

今言われたようにお疲れがひどくて、

土日休んでいても疲れがなかなか取れない状況だと。

それで少し体の負担が少ないお仕事に変わられるということで

転職を視野に入れて、ただどうしたらいいかわからないということなんですよね。

そのお疲れの状況なんですけども、どういう状況ですか。

 

CL 6

いやなんか、仕事が終わった後どっと疲れがくると言うか、

帰ってひと休みするとすごい疲れが出るんですよね。

毎日が結構辛いというのがあって、

週末土曜日曜が一応休みにはなってるんですけども、

そこで休んでも月曜日が少し憂鬱というか疲れていて辛いと言うか、

そんな状況なんですよね。

CC 6

なるほど、毎日の疲れがドッと溜まってきて土日休んでも月曜日の朝が辛い。

そんな状況はいつ頃からですか。

 

CL 7

そうですね、45を過ぎたあたりですかね。

6・7年前からかな・・・。

CC 7

6・7年もそんな状況で、お辛いのによく頑張ってこられましたね。

 

CL 8

まあ毎月毎年少しずつなんですけども

疲れが取れなくなってきたな~という感じで。

CC 8

6・7年前と変わったこととかありますか、原因となるようなことは。

 

~約5分経過~

 

CL 9

そうですね、うちは妻が15年ぐらい前に亡くなってまして、

息子が二人いて長男は21で次男は17なんですよ。

当時だと次男が10歳くらいかな・・・、

5年生とか6年生ぐらいになってくると父と子の関係みたいになってきて、

長男なんかはちょうどその頃中学2年生ぐらいだったんで、

母親がいないじゃないですか、私も仕事で疲れて帰って来て忙しかったりして、

そんな状態であまり口も聞けなかったりですとか

結構長男には負担をかけちゃったなーと思うんですけども、

ちょうど反抗期だったのかな。

その辺りから結構関係的にもギクシャクしているというか、

結構あの辺が自分としても変わった時期というか

子供との対応というかそういうのがありましたね。

CC 9
なるほど、6・7年くらい前にお子さん2人おられる、

長男さんに負担をかけたとおっしゃってましたけど、

次男さんですか反抗期というのは。

 

CL 10
長男ですねその時は。

次男の方が長男を慕っているというかくっついてますので、

少しグレるじゃないですけどね、ちゃんと学校行っていたのかなとか。

今大学までちゃんといってるんで自分の中で持ち直したんだと思うんですけど、

一時は夜遅くなったりとか高校の時よくありましたからね。

そういうのは親としての責任も感じますし、

親としてもっと言ってあげたら良かったなと思いましたかね。

そう考えているうちに何のために頑張ってきたんだろうとかね、

思ったりもしますし。

CC10

6・7年前に息子さんとのことでギクシャクっていうのがあったけれども、

今は大学生で乗り越えられたということなんですよね。

今はどうですか当時のことを振り返って、

息子さんとどんな話とかをされてるんですか。

 

CL 11

あんまり話しはしないですね。

長男はアルバイトとか学業の方で忙しそうにしてますし、

次男とはね、まだ高校行ってるんで顔を突き合わせれば

最近どうなのとか聞きますけどね。

CC 11

なるほど、お家の中での長男さんにご負担かけたと言ってましたけども、

お家の中での家事とかはどうなさってきたんですか。

奥様が亡くなられた後です。


CL 12

私の方でなんとか色々やっていたと言うか、

食事なんかもね、当時はまだ私の両親もいたので、

妻が亡くなった時には子供も小さかったので実家に戻りまして

転職して私の母とか父が見てくれたんですけど。

まあその両親もその時期だったのかな亡くなりましてね 。

その時には中学生と小5くらいだったので、

そっからある程度自分たちでできるじゃないですか、

だから子供達で頑張ってやってましたけど。

CC 12

うーん、なるほど。

ご実家の方のご両親が家事育児をやってくださっててということなんですね。

そちらが亡くなられて・・・、

その後ですか佐々木さん自身も頑張らなきゃとか思われて、

長男さんも長男だからということで頑張ってお互いご負担だったんでしょうかね。

 

CL 13

そういうのもあるでしょうね。

ちょうどそういう時期もあったし、

私も課長になったのがそのくらいの時期だったんで、

そういうのも重なってたのかなと思いますし。

だから長男としては息苦しかったのかなと、

そういう時期も重なって何で自分がみたいなところもどうであったでしょうね。

次男の面倒みなきゃだしとかね、よくやったんじゃないですかね。

CC 13

なるほど、今、佐々木さん長男さんのことよくやったんじゃないかなということで、

長男さんにしても男同士だからあまりお話はなさらないと思うんですが、

お父さんは仕事が大変だし課長にもなったし

疲れているようだけどそれなりに家のこともやってくれるっていう風に

お父さんの背中を見てじゃないですかね。

 

~約10分経過~

 

CL 14

だといいんですけどね。思っているかもしれませんね。

CC 14

辛い時期、6・7年も頑張られたということで、お仕事の方はどうですか。

何か楽しいこととか。 

 

CL 15

そうですね、その頃の仕事といったら集中と言ったら変ですけど、

そっちは頑張ろうかと思って営業一筋でやってきまして。

私は転職組なので先々と言うかそっから上という意識はあまりないんですけども。

課長としてやってきて、役職定年みたいなのがありまして

55で定年になるんですよね、役職の方が。

そこからは、また外れて働き方も少し変わるかもしれないんですけど、

そういう意味でも先のこととなるとあまり考えられないところがあるので。

CC 15

なるほど、55で役職定年になったら役職外れて

お給料自体もダウンとかあるんですか。


CL 16

そうですね、役職の分は外れますね。

でも同じようなことをやっぱりやんなきゃいけないんでしょうけどね。

CC 16

大変な時に課長にもなられて、実績もあげてこられた、

課長だから部下もいらっしゃるわけですよね。

 

CL 17

はい少ないですけどね。

CC 17

頑張ってこられましたね。

今お辛いということなんですが、

今お話し聞いた一番しんどい時に辛い時に昇格もされて

仕事でも負担となってご家庭でもご両親が亡くなられて

長男さんと頑張る気持ちでぶつかっちゃったということで、

その両方が負荷になったということがお辛かった原因かなと思ったんですけども。

 

CL 18

そうかもしれませんね。

当時はそういう葛藤もありましたし、母親がいないですからね。

父親としてはそういう役割はなかなかできないんじゃないですか、

少なくても収入面とかね、食ってくことに関しては

負担をかけないように心配させないようにと思ってましたけど。

優しい言葉をかけたいとかはあまりできませんしね。

CC 18

なるほど、お母様がおられない分収入面だけは何とかキープということで、

そういうのではお子さんに寂しい思いをさせないように

頑張ってこられたんですよね。

男同士だから優しい言葉なんか気恥ずかしいとか、

おありなんじゃないですか。

 

CL 19

我々の世代だとそう思いますよね。

CC 19

収入面でもこれからも寂しい思いをさせない、

これからも頑張っていこうというような気持ちはどうなんでしょうかね。

 

CL 20

そうですよね、今後も働き続けたいなというのはありますからね。

CC 20

そうなんですよね、ここまでのところお話を整理させて頂いていいですか。


CL 21

あーはい。

CC 21

冒頭に営業職で実績を上げられて来られて

課長でも頑張ってこられたということで、

6・7年前から体がお辛いという風なことがお悩みで、

それの原因っていう風なことで今振り返っていただくと

その間を家で見てくださったご両親が亡くなって

長男さんがそれで自分が頑張らなくちゃということで

お父さんの課長職やられて仕事が忙しいということで

双方頑張ろうというお気持ち葛藤があったということでギクシャクされたと。

ただ佐々木さんのお子さんをお気持ちというのが責任もありますしお強くって、

経済的な面だけはちゃんとやりくりして

プランニングしていきたいというお考えなわけですよね。


~約15分経過~


CL22

そうですね。

CC 22

そういう意味でも頑張っていこうというようなことで

思ってらっしゃるんですが。

冒頭になんとか楽な仕事にということなんですが、

転職も考えたりということなんですが転職については

どんな仕事をやりたいですとか情報収集なさってることとかございますか。

 

CL23

そうですね、ずっと営業職で行ってきましたから

あまりこれと言ってはないんですけども。

同じ営業職でももう少し顧客回りとかでも、

ルート営業ですとか少し違う方面というんですか 、

負担の少ないような仕事はないのかなと思ったんですけど。

ただ探し方も求人票を見てもよくわからないし、

実際にどうなんだろうとか収入面とかやっぱり下がっちゃいますしね。

そう考えるとどっち優先したらいいんだろうとか、体のことも不安だし。

CC 23

なるほど、収入面でキープしたいというお考えと、

営業一筋やって来られたからそこの面で

負担の少ない仕事はあるかなと思いながらも

求人についてはよくわからないという風なことなんですよね。

体も辛いというようなリスクを考えると、

ちょっと転職についてはご年齢的にはハードルが高いかなと

リスクもあるかなと思うんですけどもいかがですか。

 

CL 24

そうですよね、もう52ですからね。

これから転職となるとリスクが大きいような気がしますので。

むしろリスクしかないくらいな。

CC 24

じゃあ今の会社で課長職という負荷がかかってらっしゃると思うんですが、

もうちょっと体の負荷が軽減されるという方向性が

見えてきたら今の仕事で頑張れそうですか。

 

CL 25

そうですね、

体への負担というのが軽減されればやっていけると思うんですよね。

CC 25

なるほど、じゃあ体への負担をいかに軽減するかという風なことで、

生活習慣とかお仕事面での見直しというのを

目標にやっていくというのはいかがですか。

 

CL 26

そういうのは確かにあまり考えてこなかったですね。

まあ健康面もそうですし男手一つという感じなんで。

結構その辺は適当じゃないけどあんま上手くないと思いますけど。

仕事もなんとか頑張らなくちゃいけないという思いでやってきましたから、

そんなに賢く調整してやるタイプではないので

その辺のところができれば確かに解消されるかもしれませんね。

CC 26

なるほど、生活の面ではお楽しみと言うか

今後役職定年も外れて先を考えたらちょっとくらいみたいな

お話も先ほどおっしゃっていたので。

仕事を離れて何かを楽しみとか趣味とかなさっていることとかありますか。

 

CL 27

そうですね、趣味と呼べるほどのものはそんなにないんですけども、

時折、釣りとかね一人になりたい時はあるんで心休ませるというか。

そういったことはしたりしますけどね。

CC 27

なるほど、釣りが趣味ということですよね。

生活改善面でそういうような趣味を取り入れるとか、

後は先ほど言ったように仕事の分担の見直しとかという風なことですが。

今何か考えてられてることというのはありますか、

体の負担を少しでも楽にする。

 

CL 28

そうですね、車での移動がやっぱり多いんで、

どっちかって言うと運動する機会もあんまりないですし。

健康診断なんかやるじゃないですか・・・

 

ピピピピピ・・・。 

ここで時間切れとなりました。  

ここから、口頭試問です。 

 

試験官(以下Sikと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記) 


sik1

今の相談でよく出来たところと、

出来なかったところを言ってください。

CC1

まずよく出来たところとしては、

仕事面では充実しているんだけども実績もあげていて、

ただひたすら体がお辛いという風なことのお気持ちをちゃんと傾聴して、

そのことがやはり分析という風なことで

何に起因しているかという風なことで一緒に振り返っていただいて、

やはり6・7年前にご両親が亡くなったことで長男さんに負担が入ったと

それで長男さんとも心の軋轢とかという風なことで

ご自身でもその頃ちょうど課長職になって

仕事も家のことも頑張ろうと思われて

長男さんも長男だから頑張っていこうと

お互いの葛藤がギクシャクしちゃったなというようなことが起因していると

気づいていただいて、その気づきをもとにそうだったんだという風に

ちょっとハッとしたというふうな表情にもそうだったんだという風な

表情がお見受けできたのでそこが出来た点だと思っております。

 

出来なかったこととしては、

体の辛さと共に精神面でのモチベーションが下がっている

というようなことをおっしゃったので、

55歳以降の役職定年の話も視野に入っているようなことを

おっしゃったのでそこのところが

どの程度心の中のモチベーションの低さに起因しているかというのもあるんですが、

それ以降のプランニングを一緒に考えていこうというところまで

それが必要であるという意図的な問いかけができなかった

というようなところが今回できなかったところだと考えております。

 

sik 2

この相談者の相談したい問題点と、

あなたが考える相談者の問題点とは何でしたか。

CC 2

佐々木さんが考えられている問題点とは、

とにかく仕事の上では実績を上げているけども、

体が辛いそれが67年くらい前からだと。

休みの日に休んでも疲れが取れないという風なことで、

今の仕事よりもっと楽な仕事に変わった方がいいんじゃないかな

という風なことが冒頭のお悩みで相談事項だったので、

そこの面での原因は6・7年前の長男さんとの

お互い頑張らなきゃいけない家庭での葛藤であることが一つわかったんですが、

そこに対して今後どうプランニングとして進めていったらいいか

というようなことがご自身の考えている問題点だと捉えました。

私の考えている佐々木さんの問題点としましては、

まず、第1にご家庭を含めた中長期の視点でのライフプランニング

という風なことができていないという風なことで、

体が辛いという風なことを一つは6・7年前の長男さんとの葛藤だったんですが、

もう一つは役職定年を踏まえた55以降のライフプランニングというのが

中長期的な視野でお考えができていないことがあるというようなことが

今気づいてられないという風なことがひとつ。

それから自己理解という面では、今この人はキャリアチェンジもなさってて、

いろんな新しい仕事に向き合ったり、

いろんな局面を越えられてきたんですけども、

奥様もお亡くなりになったとか色々な人生の局面を

乗り越えられてきたはずなんですが、

そのご自身の強みというのをその時の体験をもとに

今の辛さに生かされていないという自己理解の乏しさが

お見受けできるという風なこと。

とにかく体が辛いので仕事理解という面では、

自分が課長職ですごく負担になっている部分を見直しをする

そこを考えていくという部分が今のところできていないということで、

仕事理解の乏しさがお見受けできるという点です。

 

sik3

では、ちょっと時間も無くなってきたので手短にお願いします。

最後の質問になりますが今の相談でどこに目標を置いて、

どのような方策を立てましたか。

CC 3

はい、とにかく当面の目標としては、

お体の負担が楽になるようにということで生活習慣の見直し、

それから業務の中での無駄とか分担の見直しというふうなことを

プランニングしていこうという風なことを合意いただきました。

今後については、まず生活習慣については

朝起きてから就寝するまでをスケジュール化して、

どこに辛さがあるかという風なことを見える化して

一度見直していただくことがひとつ。

お仕事に関しては、自分としての課長職としての抱えている部分だとか、

あと営業という風なことで、ダブり、今までの慣例で

やらなくてもいいような省けるようなことを

ずっとやり続けていることとかあると思うので

チームメンバーを含めて業務を棚卸しすることで

その改善に取り組んでいただくということが当面の目標に思います。

中長期については、役職定年も視野に入れてご家庭の中で

まだまだ下の方が高校生というのもありますので、

マネープランとかこの方の生きがい、ご家族でのお楽しみ含めて

中長期的な視野でライフプランニングできるという風なことを

長い目で支援していきたいと考えております。

 

sik4

はい、では口頭試問を終わります、本日はお疲れ様でした。

CC 4

ありがとうございました。  

 

おわりに

さて、第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレ⑤&口頭試問ver3総集編

のまとめです。

 

全5回分のロールプレイをご覧頂きましたが如何だったでしょうか?

この受講生の話し方の癖やキャリアコンサルティングスキルにおける問題点は、

このロープレからも良く分かるわけですが、検定試験へ向けて

修正する点と修正しない方が良い点も、人それぞれあると改めて思います。

※添削指導では無いので細かい点は割愛します

 

試験日までの期間や受講回数・受講時間など限られた範囲で指導しますので、

そういう意味では合格する為にはどこから習得や成長を促すのか、

その方の個性や背景なども見極めることが重要でしょう。

せっかくなら普段の面談業務にもスキルを生かして頂きたいですし、

当然、キャリアコンサルタントとして、

今後の成長と活躍が大切になるわけですからね。

 

長い醸成期間を経て、人の言葉遣いや話し方などは形成されるものですし、

一点に集中すれば全体のプロセスが疎かになることもあります。

 

指導する側は本当に考えさせられる試験内容ですね。

 

この日の講座で全ケース5回分を3時間で全てこなしたこともあり、

受講生はヘトヘトになりながら頑張っていました(笑) 

 

その一方で、細かい注意点はさておきまして、

5連続ロールプレイでもここまでの内容、

キャリアコンサルティングプロセスが保てる集中力は素晴らしいと思います、

本当に頑張ってくれました!

改めてお疲れ様と言いたいです。 

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

こういったきめ細かい指導を受けてみたい方は下記の応募フォームから

お問い合わせお待ちしております!

もちろん、自分が本当はどうしたいのか分からない方、転職相談や就職相談、客観的に自己分析を知りたい方など、キャリア相談もこちらまで!

docs.google.com

 

テキスト販売中

2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売【お申込みフォーム】 

www.careerlife.jp 

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、合わせてお読み頂けると大変嬉しいです。  

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp
www.careerlife.jp
www.careerlife.jp

 

 

 

 

 

 

Copyright©2017careerlife All Right reserved