キャリア・ライフの自己研鑽カレッジ

フリーのキャリアコンサルタントが試験対策講座の運営、子供3人の子育てや趣味の記事を気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレケース➁逐語録ver3後編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20170920185314j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。

 

今回は前回記事の第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレケース2逐語録ver3前編の続編です、ご覧ください。  

 

音声動画はコチラ!

逐語録と同時に音声を聴きながらロールプレイを勉強・体感・練習できます。 

youtu.be


~10分経過~

 

CL18

そうだと思うんですよね、それがなんか申し訳ないと言うかね。

CC18

今まで頑張ってこられただけにね 、そういう風な思いはお辛いですよね 。
今までの10年間振り返ってみて、どういうお仕事に力を入れて取り組んでこられたんですか。

 

CL19

そうですね、総合職で入社してますので そういう意味では会社の中心と言うか そういう役割の中で自分ができることですとか、私は英米文学科というの出てまして、 特別英語がそんなに得意というわけでもないんですけど そういう自由闊達と言うか文化的なところにも興味があって そういう視点も日本の会社 とか自分の勤める会社でも取り入れたいと言うか そういう気持ちもあってコミュニケーションとかね。

そういうものを大事にしながらいろんな部署とのつなぎ役じゃないですけど そういったところを意識してまたそれを営業に活かしながら 顧客の管理ですとか 新規の法人の開拓とか そういったものにも一生懸命やってきた、そういうところは頑張ってきましたね。

CC19

なるほど 大学の時は英米文学科で いろんな文化に接せられて、まあそういう風な人との連携 、人との輪の拡大みたいなところに凄くスキルをお持ちで そういう風なことを大事にして営業の時も新規開拓にしても、お客様とのつながり 文化的なことから心のつながりっていう風なことで開拓に尽力をあげてこられてた、実績もあげられてこられたんでしょうね。

 

CL20

まあ頑張ってきたつもりなんですけどね。

CC20

やはりそういう風な人との連携とか 人のサポート役に立つ 気持ちとか そういう風なことが認められて 本当に頑張ってこられましたね。

 

CL21

そうですねその分なんかうまくいかないのは 逆に辛くて。

CC21

それでその上司の方から そういう風なお話があったというのは 今回係長昇進を言われたのもその課長さんですか。

 

CL22

そうですね、その課長から言われて まあやっぱりその年上の方、人間関係と言うか指導管理と言うか なかなか大変そうだねと言われまして。

その時は何とかやっています頑張りますと言ったんですが、 元々総務にいた人なんで そういうのも分かってはいるんですかね、課長もね、 だから大変だったら言ってくれよみたいな感じで言われたんですけど。

CC22

なるほど課長もその年上の方のことは 正社員の頃からご存知ということなんですよね。
それでなんかあったら言ってくれみたいなことで 今お伺いすると心配して 言ってくださったんじゃないですか。

 

CL23

あーそういう心配だったのかもしれませんね。

CC23

だから、当然初めてのマネジメントですよね、 当然いろんな障害があると思うんです。 だからサカイさんの事を心配されて少しでも力になりたいと思ってくれてるんじゃないですか。

 

CL24

そう思ってくれてるんですかね。

CC24

どうなんですか、その課長さんに相談とかされました?やはり大変なんですという風なことで。


~約15分経過~

 

CL25

一週間くらい前にその話があって でもどうやって言ったらいいのかなというのがあったんですよね。
まあなんとなくうまくいってないってのは分かっておられるんで、 自分としてもそれを伝えるにあたって 何をやってどうだったから駄目だったとか、 そういったところの整理も必要なのかなとか、 ただ言うだけだったら簡単なんですけど やっぱり役職も着きましたから 係長としての報告の仕方ですとか 役割としての責任の取り方みたいなのがあるのかなと思いまして。

CC25

なるほどここまでの話を整理させていただいてよろしいですか。

今4月から係長になられて 初めてのマネジメントに直面されて、 部下二人のうち元々総務にいられて今派遣の年上の方が あれこれ言いっぱなしみたいな形で言ってくるという風なことで、 その部分の対応がうまくいかない だから自分には管理能力がないんではないかと 自信を失われてその時に 上司の方からうまくいっていないんじゃないのというお話があったんだけれども、今、振り返ってお話を聞いていたら その方のことをよく知ってる方で 知ってる課長さんで 当然大変だよなと心配して 自分で何か力になれるという風なことがあったらと 助ける意味で言ってくださったと思うんですね。
それでサカイさんとしてはその方に相談するにしても 係長としての報告の仕方がある、先を見据えた先に繋がるような報告をしたい ということなんですよね。

 

CL26

そうですね、当然係長としての評価軸も変わってくるんで そこに部下のマネジメントっていう欄も加わったんですよね 、だからそこを踏まえると そういう視点も持った方がいいのかなとか。

CC26

なるほど、今まで実績もあげてこられて、 評価も高く取られて、 今回管理能力の件で評価も気にされているので そこを係長としての報告の仕方をちゃんとやって そちらをキープしたいという考えはもちろんありますよね。

 

CL27

そうですね、今後につなげていくためにも それはマネジメントのスキルじゃないですけど 学んでいかなきゃいけないことですもんね。

CC27

そうしましたらその心配してくださっている課長は、課長のご発言で自信をなくされたってことだけどもやっぱり心配して当然大変だろうから 手を差し伸べてくれてると思うんですよ 。
それで課長に向けて今おっしゃっているように すごいこれから先に繋がるような報告の仕方を 相談内容として持っていくというようなことを目標としてやって行きませんか?

 

CL28

そうですね やっぱりそこが報告できるようになれば マネジメントとしての自信というか、自分としてもきっかけになるかなと思いますので。

CC28

なるほどその報告がうまくいって マネジメントに対するうまくいくきっかけみたいなものを その課長さんから学ぶことができたら どうでしょうかね。

冒頭に 転職も考えてというふうなことをおっしゃってましたけど 今の会社のキャリアパスで 上昇志向で来られてるんで。

 

CL29

そうですね、転職なんかも考えなくていいのかなと思いますね。

CC29

うんうん、じゃあその課長さんに相談する内容を 一緒に考えてみるという風なことで 今までの色々な会社の報告資料とか そういう風な書き方ご存知だと思うので それを作るという風なことを当面の目標にして やってみませんか?

 

CL30

そうですね、はい、お願いします。

CC30 

困りごとと言うか、課長さんもその方のキャラクターよくわかってらっしゃると思うんですが、困りごとと自分のマネジメントとして、 やっていきたいことという風なことがあって 、次に困る事があってそれに今後どう対応していくか 課長としてサポートしていただきたい というようなことを、今、口で言いましたけども どうなんでしょうか。

会社の報告ということでしたら サカイさんの方がプロでいらっしゃいますのでどうでしょうかイメージは湧きますか?

 

CL31

そうですね、報告事項に関しては業務改善報告書みたいなもので悩みの解決するツールはありますので・・・ 

 

ピピピピピ・・・。 

ここで時間切れとなりました。  

 

おわりに

次回は、第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレケース➁逐語録ver3口頭試問へ続きます。 

 

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

個別指導のご予約はこちらから 

受講生ファーストで指導中です! 

www.careerlife.jp

 

www.careerlife.jp 


www.careerlife.jp

 

 

 

 

Copyright©2017careerlife All Right reserved