キャリア・ライフ「キャリアコンサルティング技能検定 試験対策講座」

利他の心を追求する「埼玉のキャリアコンサルティング技能士」フリーランスとして試験対策講座の運営、子供3人の子育て日記や趣味の記事も気ままに書いてます。

【SPONSORED LINKS】


第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレケース1逐語録ver3前編

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20170920185314j:plain

 

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

どうやら今年の関東地方は観測史上最も暑かったという噂です・・・。

そんな猛暑の中ですが、2級試験対策講座は一息つきましたし、新たに1級試験対策講座を始めることにしました。 

www.careerlife.jp

この機会にご興味のある方はご検討下さい。

 

さて、今回の記事は第20回キャリアコンサルティング技能検定2級試験対策講座の個別指導内で実施したロールプレイの逐語録になります。  

www.careerlife.jp

個別指導では、実技面接試験出題の仮想ロールプレイを実施し、逐語録を分析してキャリアコンサルティングスキルやカウンセリング技法などの確認を行っています。 

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

 

第20回検定は終了しましたが、次回の第21回検定に向けて、文字に起こした逐語録を見ながら勉強したい方もいらっしゃるでしょうし、私自身もこの受講生のロールプレイをしっかりと振り返って個別指導の更なる質の向上に役立てたいと思います。

 

さて、キャリコン2級を受験される方は、こういったロールプレイを徹底的に練習されると思います。 

その一方で、自分のロールプレイを録音して聞く、試験対策講座の先生に指導を受けたりはしていても、文章に起こして添削されたことはあまり経験がないのではありませんか? 

案外、同じことを何回も言っていたり、マイクロ技法などの細かいカウンセリングスキルのチェックシステマティックアプローチのカウンセリングプロセスをきちんと踏んでいるかなどは、その場の相談支援や指導の会話だけで確認しきれていないのではないかと思っています。 

そんな皆様に、キャリア理論と実際のリアルなロールプレイをご覧頂き、試験やコミュニケーションに役立ててもらえたら幸いです。 

※ロープレ内容につきましては、試験と全く同条件の表示はできませんので、基本情報等は変更しておりますが、キャリアコンサルティングスキルの確認という視点であれば、それほど違和感はないかと思います。 

 

CL役はスギタさん、CC役はスズキさん(仮名)でお送りします。  

 

 

では、行ってみましょ~う!!

 

音声動画はコチラ!

逐語録と同時に音声を聴きながらロールプレイを勉強・体感・練習できます。 

youtu.be

 

相談事例

◆ケース1 スギタさん 22歳

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1 

スギタです。 

CC1

よろしくお願いいたします。

どうですか、お席の位置はお話しやすいようになってます?

私はちょっと動かさせて頂きます。

 

CL2 

あ、どうぞ。 

CC2

それから時計なんですが、見えやすい位置に動かしていいでしょうか。

最初にスギタさん2点だけお話をさせて下さい。

スギタさんがここでお話頂く内容っていうのは、私どもコンサルタントには守秘義務がございますので、スギタさんの許可なく外部に漏れるようなことは一切ございませんので、どうぞ安心して何でもお話下さい。

それと本日の時間なんですが、20分ということが決まっておりますので、大体この時計で33分位から始まっておりますので53分位までという風なことで進めさせて頂きます。その時間内で色々お伺いしたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します(はい、お願いします)

それでは本日はどのようなご相談でお見えになられましたか。 

 

CL3

はい、私、大学4年なんですが情報学科というところに在籍してまして、ちょうど就活をしていてですね、

就職してから趣味の時間を確保したいと念頭に置いていて一般事務の仕事を希望して活動してたんですね。

ただ、なかなか内定がもらえなくてですね(ええ、ええ)

そんな時に大学に就職支援室があるんですけど、そこからのアドバイスで、IT業界を受けたんですよね。

そうしまたら6月下旬位にシステムエンジニアの内定がもらえまして(はい)で、いざ内定がもらえたらですね、逆に本当にこの仕事で良いのか、ちょっと不安になって今日ちょっと相談に来たんですが(ああ、そうなんですね) 

CC3 

この仕事でいいか不安になってということなんですね。

スギタさんは今、情報関係学科の4年生(はい)それで当初は一般事務の方で就職活動をされていたっていうことで、趣味の時間を取りたいというご希望で、ご自身なかなか決まらずに就職相談室の方からIT企業を勧められたということで、それで6月下旬に内定をシステムエンジニアでもらわれたということなんですね、おめでとうございます。

頑張られましたね(はい)

ところがいざ決まってみると本当にこの仕事で良いのか、不安になってきたということなんですが、この仕事でいいのか不安な気持ちを詳しくお伺いできますか?

 

CL4 

はい、ずっと趣味の時間を確保したいというか、まあきちんと休みを取って自分の時間を取りたいというのがありまして、ずっと一般事務を探してたんですが、そこで急にSE職が決まったので、時間確保について心配というか不安なところがあるんですよね。(なるほど)

CC4

趣味の時間を取りたいということで、時間確保を重視のお考えでいらっしゃるんですね。

 

CL5 

そうですね、休みとかそういうのしっかり取れるところっていうのを思ってて(う~ん)

CC5

休みをしっかり取れるところっていうのをね。

今、決まったシステムエンジニア、IT企業の方は就職相談室とか実際に面接に行かれて、そういう風なことは情報どうですか?

 

CL6

あ~そうですね、時間的なところでいうとですね、求人票とか面接で内定をもらった時、見学に行った時なんかも聞いたんですけど、残業が1日数時間ありまして、で~仕事の状況によっては休日とかも出たりとか、そういうのがあるような話なんですよね。

まあただ内定を取ることも大事だったので、そっちも優先したというか。 

CC6 

う~ん、実際面接に行かれたとか、あるいは募集要項とかを確認されて、残業はある、それから土日も休日出勤なんかもあるみたいだという風なことなんですよね。

そこらあたりで時間確保ということを一番メインに考えられてたから、心配に思われている?

 

~約5分経過~

 

CL7

そうですね、趣味の時間が取れないんじゃないかなと思いまして。 

CC7 

なるほど、今スギタさんが一番重視されている趣味なんですが、どういう風なことか教えて頂けますか?

 

CL8

はい、イラストですとか、あとはインターネットのゲームとか、そういったものが私なんかの世代だとみんな好きで、私も友達とかと同じでそういうのが好きだったんで。

それで情報系の学科にも入って、それで勉強しながらネットとかも趣味でやってたんですけど・・・それはそれでこれからもやっていきたいので。

ある程度そういったところも時間取りたいなと思うんですよね。

CC8 

なるほど、イラスト書いたりもなさるんですね。

ゲームの方も好きってことで。

 

CL9 

はい、結構時間忘れてやっちゃいますね 。

CC9 

時間忘れるくらいそちらの方でお楽しみってことで、ずっと続けたいと思われている、それはあくまで趣味としてお考えですか? 

 

CL10 

う~ん、そうですね。それはもう仕事へのモチベーションですとか、勉強もそうですけど楽しみとの両立みたいなのしていきたいなと思ってますね。

CC10 

なるほど~、仕事へのモチベーションということで、自分の時間に発散できること大事ですもんね。

 

CL11 

そうですね、そういったところは取りたいなって思ってます。

CC11

そういう風なとこ、これからね、スギタさんのお仕事始められてからも人生でもそういう発散とかモチベーションに繋がるような楽しみって大事なので、そういう風なことよく気付かれましたね。

 

CL12 

そうですね、やっぱり仕事やるってなると・・・まだ仕事してないので分からないですけど大変なこともあるでしょうし、勉強とかも楽しみとかあると頑張れるってところもあったので。

CC12

今までも勉強の中でもそういう楽しみがあったら勉強も頑張れるっていうようなご経験されてきたんですね。

あのITのシステムエンジニアですか、お仕事の中身はどうなんでしょうか?

どういう風なことをやっていくと認識されていますか?

 

CL13 

求人票とか支援室の方からも、元々うちはその情報学科なので、IT企業へのアプローチもそうですし、面接練習なんかもするじゃないですか。

ああいうので色々調べさせられたというか・・・やってまして。

基本的にあ~いうIT系というのは開発なんですよ、今アプリとかそういったものも結構やってるので、勉強しているプログラミングですとか開発、そういう体験学習を生かせるような・・・情報学っていうんですけど、それを仕事に応用していくって感じなんですよね。

お客さんからのニーズとか、こういうプログラミングして欲しいみたいなのがありまして、それに対して要望を聞きながら、ソフトを作っていくというか、そういう仕事になりますね。

CC13 

なるほど、アプリとかプログラミングの開発ってことで、今、情報関係学科の方で学ばれていることも相通じる部分もあって(もちろんですね)そうですよね。

じゃあ、今までの勉強してきたことが生かせるお仕事なんですよね?

 

おわりに 

次回は、第20回キャリコン2級検定 仮想ロープレケース1逐語録ver3後編へ続きます。 

本日もお忙しいところ、お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

個別指導のご予約はこちらから 

受講生ファーストで指導中です! 

 

www.careerlife.jp

 

論述・実技面接対策テキスト販売中

キャリコン2級検定試験対策のテキストも販売しています。

ご興味のある方、お待ちしております!  

 

www.careerlife.jp

 

試験対策講座関連の過去記事はこちらです、合わせてお読み頂けると大変ありがたいです。  

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

 

 

 

 

Copyright©2017careerlife All Right reserved