キャリアトーーク!

利他の心を追求する「埼玉のキャリアコンサルタント」試験対策講座の運営や実践的スキルアップも応援しています!!

【SPONSORED LINKS】


不本意ながら専業主婦となった後の再就職相談【第19回キャリコン2級/仮想逐語録ケース⑤】

【SPONSORED LINKS】


 

f:id:career-life:20171230091211j:plain

はじめに

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。 

 

いや~2017年も終わりますね、皆さんはどんな年でしたか(*´ω`*)

世の中の流れは正直、まるで分かりませんが・・・、

本当に色々とあった1年でした。

 

これまでの足跡

去年は一生を終える心持ちでいた勤め先を辞めて、

フライング気味に起業準備をしたものの、

頼みの第16回2級キャリコン技能検定に不合格。

 

「合格」

消沈したまま勉強を続け、

メンタルヘルスマネジメントの理解を深めるために

精神障がい者の就労支援施設で働きながら第17回試験に合格。 

www.careerlife.jp

 

「起業」

少し計画が遅れたが目標通り2017年4月に起業する。 

www.careerlife.j

 

「成功」

兼業しながら創業期を迎えて初めは集客できず絶望的になるも、

6月末からブログを始め、少しずつ顧客が増えて予想通りの成果が出始める。

www.careerlife.jp

 

「試練」

一方で、11月初め家族に予想外の災いが降りかかり、

初めて自然と涙があふれる茫然自失となる経験をさせて頂く。

 

「挑戦」 

落ち込む間もなく助け合いながら、軌道に乗ってきた仕事の質を保ち、

1級キャリアコンサルティング技能検定の勉強も同時進行。 

www.careerlife.jp

 

「実力」

学科の自己採点あと2問届かなかったものの、

論述試験では十分な実力を発揮することが出来た。 

www.careerlife.jp

フリーランスの仕事としては、試験対策講座の個別指導を中心に、

国家検定補佐員、個別キャリアコンサルティング、電話ロールプレイ、

人材開発支援助成金セルフキャリアドック依頼等、様々な経験を得る。

 

「感謝」

特にブログではこちらに訪問して頂いたすべての

皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

 

先日、「はてなブログ」から半年継続のお祝いメールが来ましたが、

お蔭様で何とかここまで来ることが出来ました。

 

SEO的な視点でいえば、私の記事の検索順位はキャリコン関連で、

ほとんどが5~20位圏内に入る躍進を遂げさせてもらえました。

 

本当にありがたいことでありますm(_ _)m

 

まあ、振り返りはこのくらいにして、

今年の締めくくりは第19回2級キャリコン技能検定の仮想逐語録です。 

 

今回の仮想逐語録 

さて、先日は【第19回キャリコン2級/仮想逐語録ケース④】をお届けしました。  

www.careerlife.jp

先日のロールプレイ特化対策ではそれほど話題になりませんでしたが、

社長が亡くなり廃業という環境要因心理的要素

大学時代から勤めている30年勤続という「感情」という要素、

モチベーションというよりは落ち込みや空虚感のようなものが、

複雑に絡み合うロープレケースになると思います。

場合によっては前向きな意思決定の一歩手前くらいまでしか、

実技面接の20分では進められないことも想定した

キャリアコンサルティングが必要とされるかもしれません。 

 

最後の詰めで個別指導などを希望される方もご連絡頂ければ幸いです。

 

心より、お待ちしておりますm(_ _)m 

 

というわけで、今回は、 

第19回 国家資格キャリアコンサルティング技能士2級検定のファイナル、

ケース⑤のロールプレイ対策講座で使用するオリジナル逐語録を

少しご紹介して行きたいと思います。

 

今回のケース⑤の相談者は36歳の専業主婦、

不本意ながら専業主婦となった後の再就職についての悩み相談ですね。 

   

では、行ってみましょーう!

 

 ~仮想ロープレ逐語録編~

◆ケース5 相談者 ヨシダさん 36歳 専業主婦

 

相談者(以下CLと表記)

キャリアコンサルタント(以下CCと表記)

 

CL1 

今日はよろしくお願いします、ヨシダと申します。

CC1

こんにちは、キャリアコンサルタントの●●と申します。最初にお話しますが、法律の規定でキャリアコンサルタントには守秘義務、秘密を守る義務があります。ここで話した内容は外に漏れることはありませんので安心してお話しください。時間は20分ですができる限りご相談を伺いたいと思いますので、リラックスしてお話しください。

 

CL2

はい。

CC2

今日はどのようなご相談ですか。

 

CL3

大学卒業後、食品メーカーに勤めていたのですが、育児休業から復帰した後の仕事と育児の両立が上手くいかなくて、不本意でしたが4年前に退職して今は専業主婦をしています。今までは育児や家事に夢中でしたが子供も小学生になり、今の生活に物足りなさを感じています。以前のようにやりがいのある仕事をしたいのですが再就職には不安や心配もあります、どうしたらいいでしょうか。

CC3

以前は食品メーカーに勤めていて仕事と育児の両立が上手くいかず不本意ながら専業主婦をされている。子供が小学生になり育児や家事が落ちついたことで生活に物足りなさを感じる一方で、前のようにやりがいある仕事をしたいけれど再就職への不安や心配もあるというご相談で宜しいですか。

 

CL4

ええ、そんな感じです。

CC4

もう少し詳しく知りたいので教えて頂けますか。

 

CL5

子育ても落ち着いてきて少し余裕が出てきたので、再就職を考えているのですが以前に仕事と育児の両立が上手くいかなかったこともあって不安があるんです。

CC5

不本意ながらと初めにおっしゃっていましたが、仕事と育児の両立が上手くいかなかったと不安に思っているのですね。

 

CL6

はい、不本意ながらというのは仕事しながら子供一人育てることくらい問題ないと考えていたのですが両立は出来ませんでした。

CC6

両立できなかったと感じている。ヨシダさんにとって不本意ではない仕事と育児の両立とはどんな状態だと思われますか。

 

CL7
そうですね、仕事の成果や実績も上げながら、会社や夫にも迷惑かけずにこなしていくことでしょうか。子育てに関しても思い通りに進めるというか、段取りを考えながら育児本なんかを参考に勉強や運動を適度にやらせて才能を伸ばしてあげたりすることですかね。

CC7

なるほど、仕事では育児前と変わらない貢献をしながら、夫に迷惑かけないように育児に関してもプロセスや教科書通りに進めながら才能を大切にしてあげたいわけですかね。

 

CL8

そうですね、出来ればそうしたかったと思います。

CC8

出来ればそうしたかったと思われている。ヨシダさんはどうして理想通りの両立が出来なかったと思われますか。

 

CL9

う~ん、子供がよく風邪を引いて仕事を休みがちになってしまったり、会社では同僚や上司から心配されて迷惑をかけているような気もしていました。両親も近くに住んでいるわけではないので、私が体調不良の時などは夫にも迷惑かけてしまったし。

CC9

うんうん、お子さんの体調不良やご自身の自己管理で心配をかけてしまったと思われているわけですね。他に思い当たることはありますか。

 

CL10

そうですね、うまく両立できなかったのはどちらもしっかりやろうとし過ぎたのかもしれません。何かに夢中になっている時はいいのですが、同時進行することや人から助けをもらうのは上手くないと思います。頼みづらいというか。

CC10

しっかりやろうとし過ぎたと思うのですね。お話を聴いているとヨシダさんは理想というか仕事や育児の意欲が高いように感じますからね。頑張りすぎてしまったり、自分でも気づかないうちにサポートを活用できていないところがあるのかもしれません。
以前のお仕事では復帰後に働き方を変える、例えば業務負担を減らしたり、短時間勤務を使用するなどは考えませんでしたか。

 

CL11

ええ、育休前と同じ成果を出さなければ認めてもらえないというか、迷惑かけるんじゃないって思っていました。1年半も休んでいたわけですし。

CC11

そうですか、会社のことや復帰後の心配をされて頑張ってらっしゃったのですね。以前の職場で仕事と育児を両立するためにはヨシダさんはどうしたら良かったと思われますか。

 

CL12

ちょっと頑張りすぎたというか、両立するためにはバランスを取らないといけなかった気がします。

CC12

はい、ワークライフバランスというものが昨今叫ばれていますが、働きながら子育てをする世帯が増えていますから、企業でも様々な制度が整いつつあります。せっかくそういった時代の流れがありますので出来れば利用された方が、働きがいや、やりがいを実感しやすいかもしれません。そういえば先ほど頼みづらいと言っていましたね。

 

CL13

はい、夫は大手商社勤務で忙しいので、育児のことなどは言いにくいというか。

CC13

旦那さんに配慮されて言いづらいと感じているのですね。今までは育児や仕事の悩みについてご相談はされていますか。

 

CL14

平日は夜遅いですし、休日も付き合いが多いので不在がちです。たまの休みは子供と遊んでくれて一緒に遠出するので、落ち着いて話す機会はあまりないです。少し愚痴っぽく話した時はそんなに気にしなくていいとは言ってくれます。

CC14

旦那さんは忙しくて不在がちだけれども、家族サービスをしてくれるわけですね。ヨシダさんが愚痴を言った時は気にしなくていいと言ってくれている。

 

CL15

はい、大切には思ってくれているのではないでしょうか。

CC15

分かりました。ここまで少しまとめさせて頂くと、以前の職場で不本意ながら両立できなかった経験があり、原因としてどちらもしっかりやろうとしすぎたことやサポートを得られていないことがあった。一方で頼みづらい性格というか旦那さんへの気遣いもあって上手くバランスが取れていなかったのかもしれないということですかね。

 

CL16

はい、そうですね。自分でも気づかないうちにそうなっていたのかもしれません。

CC16

ここまでお話し頂いて他に言っておきたいことや気になることはありますか。 

 

・・・この先は試験対策講座で!!

 

この後はシステマティックアプローチを軸に、

逐語録から要約のタイミングや問題定義を理解して、

目標共有や方策のコミットメントを実践しながら

身に付けて頂けるような指導をしております!! 

 

ここが一番難しいポイントというお話をよく頂きますし、

関係構築から問題把握、目標共有と方策のコミットメントは

終盤の山場ですからね、ここが上手くいかないで悩んでいる方は

是非、こちらまでお問い合わせください(*´ω`*)

 

お問い合わせフォーム

docs.google.com

 

「個別指導」値段改定のお知らせ

2018年1月1日から個別指導は値段改定します。 

www.careerlife.jp

 

個別指導予約表

2級試験対策の個別指導のご予約はこちらからどうぞ(*´ω`*) 

www.careerlife.jp

 

おわりに 

さて、

 不本意ながら専業主婦となった後の再就職

【第19回キャリコン2級/仮想逐語録ケース⑤】

は如何でしたでしょうか?

 

専業主婦というブランクを経て再就職するという、

最近は共働きも多いですがまだまだありえるケースでしょう。

 

ということは、

こういう相談者が来た時に安定的な相談支援をするための練習、

勉強ができる上に、試験でも合格を目指せるとポジティブに捉えましょう!

 

まずは参考にして頂ければ幸いです(*´ω`*)

 

以前の試験対策で作成したこちらの第18回仮想逐語録よりも、 

www.careerlife.jp

より実践的で普段の相談業務で応用できる技法を散りばめて作りました。

 

たぶん繰り返し音読していくと、私と同レベル以上の

キャリアコンサルティングプロセスが理解出来るようになるはずです。

www.careerlife.jp

そして、この後の中盤から後半部分については、

受講生の方に直接指導する形になります。

 

口頭試問も分かりやすく答えやすく覚えやすいよう、

解答ポイントを押さえてまとめましたから、参考にして頂けると思います。

 

他ケースについても仮想逐語録の作成を進めておりますので、  

興味のある方は引き続きご覧ください。 

 

本日もお忙しいところ、

お読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

2級の勉強方法はこちらを参考にして下さい(*´ω`*)

www.careerlife.jp

2級試験の結果分析はこちらです!

www.careerlife.jp

試験対策講座やってます!

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

【SPONSORED LINKS】


Copyright©2017careerlife All Right reserved