キャリアトーーク!

利他の心を追求する「埼玉のキャリアコンサルタント」試験対策講座の運営や実践的スキルアップも応援しています!!

【SPONSORED LINKS】


名もなき詞❶ 若気の至りという「音」「詩」とキャリアビジョン

【SPONSORED LINKS】


 

皆さんおはようございます、名もなきキャリコンこと敬天愛人です。

 

世界陸上の100M、盛り上がってますね。

日本勢の頑張りが清々しい、この爽やかな朝の時間帯、

リラックスして読んで頂けるものは何なのか・・・

と、考えながら自宅の資料を整理していました。

 

すると、私が昔、

バンド活動でvocalをしていた時の作詞が出てきました。

  

懐かしきバンドブームf:id:career-life:20170805133949j:plain

当時は第二次バンドブーム、BOOWYの後くらいですね。

GLAY、ラルクアンシエル、ルナシー、黒夢、よく聞いて真似してました。

 

少々、

 

若い時の自己開示すると、

 

私は高校時代に野球部を退部してからは、

単車(バイク)が好きで、それなりにヤンチャもして、

結構自然な流れでバンドもやっていたわけです。

 

バンドは結局、地元で有名なライブハウスに出たくらいで、

モノになる前に脱退しました。

 

他のメンバーはその後もCDを出して頑張ってたけど、

10年ぶりくらいに会った時はサラリーマンやってましたね。

 

 

結果どうだったのか、まったく知りませんが。

 

 

彼らなりの夢の終着点があったのかもしれません。

 

 

燃え上がるように、刹那の温もりをくれる、

 

 

 

夢のかがり火。

 

 

ライブって、

 

そんなみたいな、ノスタルジーがあるんです。

 

 

久しぶりに読むと、多感な時期に書きなぐった文章に新鮮さを感じて、

たまには自由な表現をブログに求めるのもありなのかなと、

思ってしまいました。

 

今考えると恥ずかしい表現もあるけど、

それは今の私にはもう失われた価値観と感性であるわけです。

 

でもその失われた時が、今の自分を感化して与える価値も持っている。

 

いきなりですが、

 

 

人生って、面白っ!!

 

本当に生まれて良かった!!!

 

そうリアルに感じていた頃を思い出して、

 

また、今もそう思うのですよ。

 

 

そんなノリで、個人的には面白いから記事にします。

 

サ~っと気楽に読めるので、

 

今日も頑張るか~!

一日楽しんでみるか~!!

 

って、一瞬でも思えるような

朝を迎えてくれたらうれしいし幸せに思います。

 

たまに、わけわからないのありますけど、

若気の至りで許してください(笑)

 

 

では、夢のかがり火、ご覧ください。

 

プロローグf:id:career-life:20170805141831j:plain

虹の光がキレイなこの丘で

君と永遠の口づけを交わそう

いつか

 

僕はノックし続けている

だから

おびえないで

心のドアを開くだけでいい

 

窓を開けてごらん

街はもう

奇跡に溢れているから

 

雨上がりの澄んだ青空を見上げてみて

天使が舞い降りて

優しい光が君を抱き寄せるから

 

深い眠りが邪魔しても呼びかけるよ

君に辿り着くまでは

 

あの青空に届け

この思い焦がれて

 

堕ちていかないで

出口のない迷路は終わったから

 

何もかも脱ぎ捨てて

見えない心の仮面も

裸の君を素直に受けとめた

 

僕の瞳は揺れていて

 

知っているよ

君のドアは開かれたから

 

あの白い雲に届け

春の風に吹かれて

 

広がっているよ

果てしない大地

明日へと続く道

 

壊れるくらい抱きしめたい

この素敵な世界に溺れよう二人で

 

虹色の光がきれいなこの丘で

君と永遠の口づけを交わすから

 

知っているから

心のドアはゆっくり音を立てている

 

いつの日も僕の旨に輝く

貴方が居るのだから

 

お読みいただきありがとうございました。

f:id:career-life:20170714163319j:plain

 

 

【SPONSORED LINKS】


Copyright©2017careerlife All Right reserved