キャリアトーーク!

利他の心を追求する「埼玉のキャリアコンサルタント」試験対策講座の運営や実践的スキルアップも応援しています!!

【SPONSORED LINKS】


飛龍の法則、初志貫徹の龍が閃くとき、時は満ちる 易経編❺の2

【SPONSORED LINKS】


 

易経編❺の2

f:id:career-life:20170724171849j:plain敬天愛人のキャリアトーク

を少しさせて頂くと、会社員時代の最後の1年から、今この瞬間も躍龍の時だと思っています。

私が独立したささいなきっかけは、以前勤めていた職場で総務部の採用担当のリーダーとして大きな成果を上げた後、人事担当も任されることになった瞬間です。

ここで様々な人と人、企業と人の間に入り、話をしたり、調整やマッチングしている瞬間に価値を見出したのが始まりです。

 

その会社では目標管理制度を運用していて、職能レベルの違いはあるものの、自分が全社員中で年間トップの評価点であることを知りました。

上司との人事面談で「いよいよ人事も任せたい、試しに社労士でも取ったらどうだ?」という彼にとってはたぶん何気ない一言でしょう。

 

この時点で私は、この企業に骨を埋めるつもりで、未来の経営者である方の片腕としてナンバー2か3を最終目標としており、その方が現役を退くであろう15~20年後のタイミングで起業するビジョンを理想として描き、行動計画を進めていました。

 

しかし、この言葉が妙に腑に落ちた私は、こんな些細な一言で理想のビジョンが少しずつ変化していきます。

 

まず、私は上司の期待に応えるため、社労士の勉強を通信講座を使って約200時間、すぐに一通りやりました。

しかし、当時は社労士の受験資格がなかったので、どうしたら少しでも早く受験できるのかを探すという行動をします。

 

国家資格キャリアコンサルティング技能士 

ここで、社労士の受験資格の一つ、

私の実務経験でも受けられる、

「国家資格キャリアコンサルティング技能士」という資格に出会うのです。

 

こちらはとってもマイナーな資格でしたが、学科と実技を合わせた合格率は10%ほどなので簡単ではありません。

しかもまだ日本に7,000人くらいしか居ないではないですか!

そして勉強を始めてみると・・・とても楽しかった

 

キャリアコンサルティングとは他人の働きがいや生きがいに貢献して、幸福を追求する仕事で、働く人の良き人生パートナーであり、相棒のような存在です

少なくとも私の信念と経営理念はこれが根本的精神です。

 

我々はただ仕事紹介したり、愚痴を聞くだけの存在ではありません。

相談してくれる人、支援を必要とする人のために、あらゆるキャリア理論や経験を駆使して貢献し、その人の理想とするキャリアを一緒に共有して実現していくのが使命です。

 

キャリア系では唯一の国家資格

ですし、ファイナンシャルプランナーが資産設計のプロなら、我々は人生設計のプロであるべきです。

f:id:career-life:20170724172142j:plain

 

これが、

「キャリアで悩む人たちのために貢献したい」

という、私の初志に合致しました。

 

もしも、

キャリアコンサルティング技能士というキャリアの専門家が、何も知らなかった若かりし日の自分の身近に居てくれて、アドバイスや援助をしてくれたら、どれだけ心が救われたか、進路に迷わず済んだか、就職で失敗せずに後悔の無いキャリアを選択できたのではないか・・・。

と大真面目に思ったのです。

人との出会いがきっかけで、自分のキャリア形成や人生がどれだけ変わっていたのかを考えると、私が目指そうとしているものは、この世の中に必ず必要とされるし、価値あるものであると確信しました。

 

そして、この志と理想のビジョンを掲げて独立して、広く世の中を見渡し、どんな個人や組織にも役に立つ人間になって、人と人、人と企業、企業と組織の間で価値を提供できる、垣根をなくしてみんながWin-Winになれるような世の中にしたいと考えるように変容して行ったのです。

 

 3つの評価

それと、もう一つ、些細なきっかけがあります。

当時の私には3人の尊敬する部長が居たのですが、

それぞれ私をこう評価してくれました。

 

君は、

  1. 真面目
  2. 信頼できる
  3. 冷静で穏やかである

あれ、もしかしてこれが私の強みなのだのと、言われた瞬間にひらめきました。

たぶん、彼らは覚えてないくらい何気なく言ったと思いますが、私にとっては自分がやっと確立されてきた兆しだったのです。

 

先日紹介した孔子のリーダーの五徳と照らし合わせると、真面目は誠実・勤勉さが大切だし、信頼を得るには誠実さや慈愛が必要です。

穏やかさは人に寛大であるから発揮できる徳ですよね。

冷静さは生まれながらによく言われてきたのですが、私は慎重さに欠けるのです。

これは色々な「大人」の意見を客観的に聞く素直さと、私の軽率さを最も知る妻の直言に耳を貸すことで補えるとすぐに思いました。

この個性を育み、人間性を高めて徳を積み、国家資格保有者としての肩書をしっかり取って、世のため、人のためにどうやって貢献していくか真剣に考えて取り組めば、キャリアコンサルティング技能士として開業しても必ずうまくいくと思っています。

 

キャリアコンサルティングにはそういう人を変える力と活かす力、活人的な要素と可能性を秘めているのです。

 

だから、そういものもあるんだ~、と知ってほしくてこのブログを始めました。

 

あとは、試行錯誤しながら、時の的を射るだけ・・・自分は躍龍なんだと勝手に解釈しています(笑)

 

少し熱く長く自分のキャリアトークをしましたが、皆さんのキャリアにも照らし合わせて、「至るを知りてこれに至る」という思考、意識、認識を大切にして頂きたいと思います。

こういった些細なきっかけやひらめきは起こるべくして起きる必然なのですから。

 

 躍龍のまとめ

  1. 飛躍のための試みをする
  2. いつでも飛び立てる態勢をとる
  3. 機を見る、見えないものを観る

志は変容したり、しぼんでいくものです。

志を失ったリーダーはやがて亢龍という降り龍になりその地位を失います。

しかし、龍の変還過程を着実に経たならば、躍龍では、あなたが時に及ぼうとしたイメージを描けば描くほど、その通りになるという現象が起こってきます。

共時性、シンクロニシティです。

これは超人的と勘違いしそうですが、春に植えた苗が秋に米を実らせるような、自然な現象として機が熟し、時が満ちるのです。

たぶん、これを見ているブロガーの皆様は分かると思います。コツコツと書いた記事が、やがて圧倒的なアクセス、ドメインパワーとなって返ってくるわけです。

 

私がフリーランスとして今ここに居ることも自然の法則なのかもしれません。

 

試みを重ねるうちに、偶然というパズルがはめ込まれて準備が整い、描いてきたあなたの志、明確なビジョンが現れてきます。

 

躍龍のあなたには、

自然に、

機が熟し、時が満ちてくるのです。

 

 

次回「飛龍天に在り、大人を見るに利ろし」

 

 

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

 

 

【SPONSORED LINKS】


Copyright©2017careerlife All Right reserved