キャリアトーーク!

利他の心を追求する「埼玉のキャリアコンサルタント」試験対策講座の運営や実践的スキルアップも応援しています!!

【SPONSORED LINKS】


採用・人事担当のリーダーとして、最後に贈った手紙

【SPONSORED LINKS】


 

皆さま今日も良いことありましたか?

名もなきキャリアコンサルタントこと敬天愛人です。

 

採用・人事担当のリーダーとして・・・シリーズ、

www.careerlife.jp

 

 

私が退職するときに、同僚に託した最後の手紙の内容です。

f:id:career-life:20170726041543j:plain

 良かったら、読んで下さい。

 

こんな文章が何かの気付きになって頂けるなら幸いです。

 

採用・人事担当のリーダーとして、最後に贈った手紙

youtu.be

 

出会いと別れf:id:career-life:20170726042029j:plain

短い間でしたが一緒に仕事が出来て楽しかったです。

 

本当にお世話になりました。

 

退職する事実に驚かれたとは思いますが、

 

出会いがあれば別れもあり、

 

これも自然な流れです。

 

私を必要として下さる発言や、

 

気遣いを含めて有り難く頂戴します。

 

畏まった挨拶はこれくらいにしまして、

 

恐縮ですが、

 

託したいもの f:id:career-life:20170726042841j:plain

一つ助言させて頂きたく思います。

 

意思決定における思考プロセスの話です。

 

 

人は思考行動習慣人格形成(自己変容)過程を経て

 

 

成長サイクルを回転させていきますから、

 

初めの思考や初志がとても重要です。

 

即ち、

 

良い意思決定を導くにはどうしたらよいか、

 

理論的かつ直感的に備えることです。

 

 

以前にも話したことがあるかもしれませんが、

 

大切なことなので文章でお渡しします。

 

 

これは安岡正篤さんという方が考案し、

 

部長も重要視している思考プロセスです。

 

 

まあ、前置きはさておき、思考プロセスは3つです。

3つの思考プロセス

youtu.be

  1. 目先に捉われず、出来るだけ長い目で見ること。
  2. 物事の一面に捉われないで、出来るだけ多面的に、出来れば全面的に見ること。
  3. 何事によらず枝葉末節に捉われず、根本的に考えること。

 

要約すると… 

 

1、長期的 

2、多面的 

3、根本的 

 

視点で物事を捉えることです。

 

 

1、 長期的とは、「因果関係で考える」

 

即ち時間軸で考えるに相当します。

 

出来るだけ将来(影響結果)を考えようとするものです。

 

将来だけではなく、過去(原因)にも考えが及びたいものです。

 

必然性のあるものは自然に永続性を保ち、

 

永続性のあるものは

 

世の中に受け入れられている証拠ですから、

 

比較的正しい視点と言えるわけです。

 

 

2、 多面的とは、「分けて考える」

 

即ち空間軸で考えるに相当します。

 

全体と部分を考え、

 

出来るだけ網羅するように考えたいものです。

 

同僚や上司・部下、

 

お客様や顧客の家族、

 

地域や関係機関の方々にとってどうなのかという視点です。

 

 

3、 根本的とは、「目的を考える」に相当します。

 

これを木に例えています。

 

解決策や現象問題(原因)は枝葉に相当し、

 

幹が目的に相当し、

 

ねらいが根に相当するわけです。

 

出来るだけ、目的・ねらいをまず考えたいものです。

 

真の原因は何かを考え、

 

世の中の秩序や長い歴史を踏まえて洞察し、

 

法律や常識から考えたらどうなのかという視点です。

 

 

この3つの視点で物事を考え、

 

メリット・デメリットを比較・検討し、

 

最終的な意思決定をします。

 

 

さらに、

 

この先には、

 

一般的な鍛錬での習得は難しいのですが、

 

ロジカルシンキングに偏らないf:id:career-life:20170726042804j:plain

高次意識という直感的な意識レベルから

 

答えを導き出すという次元も存在するようです。

 

 

アインシュタインやスティーブジョブズ、

 

理論や産業に革新を起こすアイデアはこの次元だと思います。

 

 

 このような思考を主観ではなく客観的に、

 

先入観や固定観念を削ぎ落として分析し、

 

事実という正しい情報をもとに精査します。

 

 

正しい情報を得るには経験と教養が必要であり、

 

一方で、情報を持っていても

 

正しい思考法を習得していなければ

 

疑問は生じない上に、

 

周りに迷惑をかけることさえあります。

 

 

私は、

 

この思考プロセスを大切にすることで、

 

少しでも正しい判断や意思決定を行い、

 

関わる全ての人に貢献し、

 

幸せになってほしいと願っています。

 

 

その為には仕事におけるキャリア形成や

 

ライフスタイル等の人生経験だけでなく、

 

本を読むことの大切さf:id:career-life:20170726043331j:plain

長く読み継がれた良書から正しい生き方を学び、

 

現世の秩序に対応する知識を吸収して、

 

確固たる意志と柔軟な発想が出来るように

 

事上練磨していかなくてはなりません。

 

 

ですから、

 

 

人の上に、

 

 

いや、

 

 

人と共に立てるような人には

 

 

読書や自己啓発をすすめます。

 

 

世を照らす一燈照隅の灯は、

 

多ければ多いほど世界を明るく輝かせてくれるでしょう。

 

 

伝えたいことは以上です。

 

どう受け取るか、

 

どう捨てるかはあなた次第です。

 

 

最後になりますが、

 

今までの感謝の気持ちを込めて

 

餞別を送らせて頂きます。

 

 

ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

youtu.be

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

 

 

 

【SPONSORED LINKS】


Copyright©2017careerlife All Right reserved