キャリアトーーク!

利他の心を追求する「埼玉のキャリアコンサルタント」試験対策講座の運営や実践的スキルアップも応援しています!!

【SPONSORED LINKS】


ロレックスの魅力!世界の高級時計メーカーと比較した精度と耐久性(堅牢性)

【SPONSORED LINKS】


 

【この記事は平成29年9月15日に更新しました】

ロレックス編 Ⅱ

ロレックスの精度と耐久性(堅牢性)

f:id:career-life:20170724153725j:plain

https://www.rolex.com/ja/watches/submariner.html

 

ロレックスの歴史に欠かせないのが堅牢性(頑丈さ)です。

 

ロレックスサブマリーナ―、

一度は聞いたことありません?

 

今でこそ300mの防水性能は当たり前の技術ですが、

当時から頑丈で有名でとても人気のある時計でありロングセラーモデルです。

 

ロレックスのこだわりなのか、

フルモデルチェンジというのは一度もありません。

※ロレックスのスポーツタイプをスポロレと言います。

 

映画007のジェームスボンドもずっとサブマリーナーでした。

※今はたしかオメガですが、ジェームスボンド役の俳優は実はロレックス愛好家です。

 

とにかく浸水しません、

時計は生活水にさらされるものなので防水性能はけっこう重要です。

 

私は汚れたら直接水道水で、歯ブラシでゴシゴシしています。

 

7年くらい経ちますがまったく問題ありません。

 

デイトジャストは100m防水という設定です。

 

サブマリーナーの三分の一ですが全然大丈夫です。

 

そして、とにかく壊れない。

 

15年から20年、オーバーホールなしで動くのは

ロレックスくらいなのではないでしょうか。

 

他の高級時計メーカーではまず無理ですし、

ロレックスのオーバーホール代が6万円位に対して、

オーデマ・ピゲのロイヤルオークなどは研磨に非常に技術がいるため、

スイス行きなどで倍の金額を取られるケースもあります。

 

歴史的にロレックスは労働者階級向けの時計なので、

こういった特徴があるんですが、アメリカのケネディ元大統領、

ダライ・ラマ、世界の大富豪ウォーレン・バフェットまで、

とても幅広い支持を受けているのもロレックスの魅力です。

 

世界の高級時計メーカーから見たロレックス

www.careerlife.jp

 

ロレックスの歴史の中で世界三大時計メーカーのオーデマ・ピゲを紹介しましたが、

他の2メーカーはどこだと思いますか?

 

ロレックスが入っていると思いますか?

 

実はロレックスは3大メーカーどころか、

近年になって台頭しているランゲ&ゾーネなどを含めた新六大時計メーカーにすら入っていません。

 

世界三大時計メーカー
  1. パテックフィリップ
  2. ヴァシュロンコンスタンタン
  3. オーデマ・ピゲ

ここに、ブレゲやランゲ&ゾーネ、ジャガールクルトあたりが高級時計としてランクインするかなという感じです。

 

レディース新作腕時計はこちらの過去記事が面白いです。 

www.careerlife.jp

 

ブレゲは天才時計師と呼ばれ

時計の歴史を200年早めたという偉大な方です。

 

永久カレンダーやブレゲヒゲ、トゥールビヨンなど、

ブレゲが亡くなって200年くらい経ちますが

未だに最先端技術として君臨しています。

 

どれだけ凄いかと言うとトゥールビヨン機構というのは

重力の影響を受けない機構で、最低でも5,000,000円以上する時計です。

 

ランゲ&ゾーネはドイツが誇る最高の手作り工芸品と思ってください。

時計の裏がスケルトンになっており、

素晴らしい装飾とムーブメントが見れるのが売りです。

全部手作りなので、数が少なく、とても希少価値が高いです。

 

ジャガールクルトは1000時間のテストを誇る自社基準を持っており、

スイスのクロノメーター検定を凌駕する精度を誇る時計を作っています。

 

一方でデザイン面などは非常に生真面目で

面白味に欠けるところがあるかなという感じ。

 

そして、

世界一の高級時計メーカーは?

www.careerlife.jp

 

は上記1、の

 

パテックフィリップです。

 

顧客には貴族層、エリザベス女王、アインシュタインなども居ます。

 

購入すると修理が永久保証で、顧客名簿に自分の名前が載ります。

 

名だたる人物と肩を並べられることができます。

 

ふつうは修理って永久なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、

時計にもモデルチェンジがあるため部品供給期間というものが各社存在します。

 

日本のグランドセイコーは10年、

ロレックスは25年で部品無くなり次第オーバーホールを受け付けません。

 

もちろん、その辺の時計屋で修理可能ですが、

ロレックス純正部品ではなくなってしまうと思ってください。

 

2、のヴァシュロン・コンスタンタンは

250年以上続く世界最古の時計メーカーなのですが、

一度経営不振で売却されていることもあり、

パテックフィリップには及びません。

 

スポーツタイプのオーバーシーズが人気で、

クラシックなタイプも非常にエレガントです。

 

オーデマ・ピゲはロイヤルオークが超人気モデルですが、

ドレス系の三針時計やクラシックデザインのものも含めて

パテックフィリップに及びません。

 

ロイヤルオークはジェラルド・ジェンタ氏という天才デザイナーが

一日で描いたという不変的なデザインです。

 

パテックフィリップのノーチラスという大人気スポーツモデルや

ロレックスの5桁モデルのメンズモデルもデザインしています。

 

ブルガリにもジェラルド・ジェンタ氏のデザインというものがありますが、

少し違和感を感じます。

 

格好いいんですけどね。

 

時計業界から見たロレックスの立ち位置は、

高級時計メーカーとしては大したことないが、

ブランディングやマーケティングは最強レベルと思ってください。

 

ロレックスは完全な手作りではないので、

供給量も多く売上自体は凄いと思います。

 

高い買い物です。

140476【中古】【ROLEX】【ロレックス】デイトジャスト 116200 ランダム番 SS ブラック(黒)文字盤 自動巻rolex ルーレット メンズ時計

価格:462,240円
(2017/7/13 16:38時点)
感想(0件)

くれぐれも資産運用は計画的に。

 

ロレックスを詳細に語った過去記事はこちら です。

www.careerlife.jp

www.careerlife.jp

 

 

 

【SPONSORED LINKS】


Copyright©2017careerlife All Right reserved